青年海外協力隊!ソロモン!教師!

青年海外協力隊平成27年度1次隊、理科教育でソロモンへ派遣されます、西山裕介です!理科教師として、ソロモンの中、高学校で働きます。ソロモンのマルーという田舎町ですが、人々との触れ合いを一番大切に考え、一生懸命頑張ります。

『教会』での送別会。

教会へ、毎週通い続けました。

 DSCN8046

休むことはありませんでした。

 

最初に足を運び、教会で元気にチャーチソングを歌う子どもたちに魅了され、通い続けることに決めました。

 

通い始めてから分かってきたこともたくさんありました。

 DSCN8048

☆そんな教会で、送別会を開いてくださいました。

 

いつものお祈りを済ませた後、前へ呼ばれ、沢山のプレゼントをいただきました。

「こんなにいただくようなことはしていません・・・・」

いつも申し訳なさが込み上げる。

 DSCN8050

それと共に、寂しさがこみ上げてきます。

 

〇お母さん方のお別れの歌

 

写真はありませんが、教会のお母さんたちが、私の前に並び、お別れソングを歌い始めたのです。

 

「おいおい・・・そんなにしてもらわなくても・・・」

 DSCN8054

しかし、全身で、全力で感謝を受け取ろう。これも経験。

歌を聴きながら、涙が溢れました。

 

本当に優しい人々。

歌声がソロモンの生活をフラッシュバックさせます。

1年9カ月前を思い出し、涙が止まらない。

この文化に浸ることができて幸せだ。

 DSCN8061

私からも話すチャンスをいただきました。

感謝の言葉を述べたあと、「教会に通った理由」を話させていただきました。

 

教会に通った一番の要因。

 

『いったい彼らが信じる神とは何なのか』

 

その存在を悶々と考えていました。あらゆる著書を読み研究もしてみたこともあります。

 DSCN8062

彼らに伝えた、私が考えた結論。

 

『彼ら自身の心』

 

ソロモン、地域に根付く親切心、優しさはどこから来ているのか。

間違いなく、教会の文化の影響は大きいのです。

毎週歌を歌い、説教を聞き、教会の教えを心から信じる。

 

その影響を受けて創り出された文化は、彼らの「心」に根付くのです。

彼らの心の在り方が、彼らの信じる「神」なのです。

 DSCN8089

自分たちの幸せのために必要な架空の「対象」です。

自分を律してくれる対象なのです。

自分の心を創り出しているお天道様なのです。

 

「神とは何かをいつも考えて教会に来ていました。今分かりました。神は皆さんの心そのもの。親切心、優しさ、愛情、全てが神を表している。皆さんに入り込んだ神の親切心を、私も沢山いただきました。今私の心にも神が宿っています。」

 

そこまで言い切りました。

 

私は、無宗教。

一切宗教家ではありません。

 DSCN8091

しかし、宗教を抜きにして人間は語れません。

世界のシステムは、宗教からできているといってもよい。

経済システムであっても、資本主義社会であっても、宗教の影響を大いに受けている。

 

宗教を語れなくてはいけません。

宗教家であろうが、無宗教であろうが関係ない。

宗教について議論できる社会でなくてはならない。

 DSCN8098

なぜ学校で語れないのか。

日本は逃げているのではないか。

 

こんなに幸せな国があるのに・・・・

 

ソロモンで教会に通い、自分の考え方が大きく変わりました。

多文化理解=宗教理解。人間の深い部分に目が向けられるようになりました。

 DSCN8101

「フランスでは、公立学校に宗教のシンボルを持ち込むのは禁止されています。公立学校でははっきりとキリスト教徒と分かるような十字架がついた数珠や、イスラム教徒とわかる髪の毛を隠すスカーフを禁止しています。キリスト教のシンボルも同じように禁止されているのですが、イスラム教徒にしてみれば、自分たちの宗教が否定されているような感情を持つのですね。」(世界を変えた10冊の本:池上彰著)

 

世界は宗教で動いている。


学ばなければ戦争が起こる。学ばなければ、一生人間は理解し合えない・・・

活動紹介ムービー↓

https://youtu.be/HcskVpwr0dM

JICAボランティアからテレコムへのCMがアップされています↓

https://www.youtube.com/watch?v=rSWtCKaOtyM
いつもクリック↓していただきありがとうございます!




続きを読む

『クロスゲーム』

 

野球×サッカーの融合。

 

単純に、一人が二つのスポーツをすれば、スポーツ人口は増えます。

 

この発想と、色々なスポーツに触れることで、多くのことが学べます。

視野が広がり、広い世界を見ることができるのです。

 DSCN7990

 

☆チームスーパースター

 

思えば、ボロボロの一つのボールに群がる子どもたちを最初見たとき、ひらめきました。

「サッカーチームをつくろう!」

ボールと笛を持ってグラウンドを行くと、沢山の子どもたちが集まってきました。

 DSCN7890

そして、毎日、欠かさずグラウンドへ行くことで、

「こいつは毎日ここに来る!」

という印象を与えたのだと思います。

 DSCN7909

毎日子どもたちが集まるようになり、自然発生的にチーム「スーパースター」が立ち上げられました。

 

弾幕も作り、部内大会、地域大会、対外試合を数えられないくらい行ってきました。

 DSCN7918

部活動の意味をもう一度だけ考えます。

 

『教育のツール』

 

それに尽きます。要するに、人を集め、そこで、教育が行える機会を設けるのです。

ソロモンへ来て、このことをひしひしと感じながら、サッカーを行っていました。

 DSCN7955

では、ソロモン、マルーでは何を教育するのか。(くどいですが書くことがないので悪しからず)

 

1、部活動のように、集団でスポーツをする意義を感じさせる。

集団で行動するとき、そこには規範、ルールが存在します。それに従ったりすることを教えます。

 DSCN7957

2、学習に取り組ませる。

心のノートなどを作成し、文章を書かせたり、ミーティングで5W1Hを用いて発言させたり、色々心がけてきました。学校の授業態度を指導します。

 

3、心を育てる。

ミーティングで、ソロモンでは聞けない話を沢山してきました。子どもたちの弱い部分も指摘してきました。ほとんどが私の価値観の押しつけだったかもしれませんが、少なくとも、他の世界、感覚に触れられたのではないでしょか。

 DSCN7963

4、態度教育

グラウンドを整備したり、集団行動を徹底させたり。日本で言う礼儀の作法も教えていきました。ゴミを拾うこと、ビブスをたたんで返すこと、道具を大切にすることなど。

 

(最後まで偉そうに書かせていただきます)

 

 DSCN7987

☆スーパースターの最後の試合。

 

野球大会の後のサッカー。

子ども達は完全に気持ちを切り替えて、試合に臨みました。

 

ゴールが決まる瞬間に、感極まるものがありました。

 

たったの1年9カ月ですが、その間に関わった時間が一番長かったのが、このスーパースターの子どもたち。

 DSCN8004

「成長したな・・・」

 

もう、何も言わなくても、自分たちでミーティングをし、チームのポジションを決め、攻め方守り方を話し合うことができます。主体性が育まれました。

 

「もうこの試合は見られないのか・・・・」

 

カメラを回しながらそんなことを思います。だからこそ、必死で写真を撮ります。

 DSCN8018

清々しい。

最も青年らしい姿。

輝く額の汗。

夢中で仲間にかける声。

 

自分が育ってきた環境の中で備わった感覚から、「この姿がいい」と思う価値観があるのでしょう。

部活動をしている子どもたちを見ると、爽やかな気持ちになります。

 

「私が日本へ帰っても頑張ってほしい。」

 DSCN8009

最後に、現地の先生に、笛とビブス、マーカーなどの道具を渡し、

 

「自分がいなくなっても、絶対に続けてください!」

 

とお願いしました。

 

後4日。

 

土曜日に最後のバーベキューパーティーをして、チーム「スーパースター」を去ります。



 DSCN7990

活動紹介ムービー↓

https://youtu.be/HcskVpwr0dM

JICAボランティアからテレコムへのCMがアップされています↓

https://www.youtube.com/watch?v=rSWtCKaOtyM

いつもクリック↓していただきありがとうございます!





 

続きを読む

野球は教育のツール。

 

サッカーと同じです。

 

スポーツは教育に有効に生かすことができるツール。

 

ただし、「競技性」によって違いがあります。

 both teams

野球で言うと、大きな競技性の一つに、「文化」があります。

礼儀、生活態度から始まり、甲子園、プロ野球中継に代表されるように、「日本の性格」にうまくはまった競技。

 

道徳心を教える場面が多く持てるのが、日本に根付いた原因であるかもしれません。

 

また、道具が多いことから、道具管理を徹底できます。

練習が多いことから、様々なトレーニングにより、違った角度から教育していけます。

 DSCN7828

そして、ルールが複雑であることから、「考えさせる」場面が多い。

だから、プレーの中で、教材になる場面が多々あるのです。

 

そして、団体競技ということから、コミュニケーション能力、人間関係形成に大きな役割を果たすと考えます。

 

 DSCN7858

では、今回のソロモンの野球(ソフト)大会は、教育的に何の意味があったのか。

 

☆ソロモンで初野球大会の意味

 

一つだけ挙げます。

 

「グラウンド整備」

 

これに尽きます。

 DSCN7821

初めての野球大会を経験できることも意義はありますが、大会前のグラウンド整備に感動させられました。

 

ボールがサッカーよりも小さい競技なので、どうしても、長い草を刈っておかなくてはなりません。

 

そのために、沢山の子どもたちの力が発揮されたのです。

 

中高生に呼びかけ、私も率先して、ブッシュナイフという小刀で草を刈っていました。

 DSCN7699

すると、その様子を見た、小学生たちも、小刀を持って来てきて草を刈り始めました。

 

「ソロモンの文化に即した教育」

 

だと思いました。

 

小さい頃から、ブッシュナイフを用いた、草刈りには慣れています。

ソロモンでの、大切な「生きていく力」。

 DSCN7700

その力を生かして、新しい取り組みをしていく。

そこに意義があったと思うのです。

 

「ブッシュナイフを貸してみな!僕が全部刈ってあげる!」

 

得意気に私のナイフを奪い取り、せっせと働きます。

 DSCN7694

 

それぞれの国で、それぞれの教育スタイルがあると思います。

目的は、例えば、「生きていく力」という国もあります。

 

ソロモンでは、もしかしたら、

 

「産業社会へ移行するため」

「資本主義経済についていけるため」

「西洋文化を取り入れるため」

 DSCN7686

などという目的が隠れていると思います。

 

しかしながら、「今を生きる子どもたちは、どう生きていくのか」。

 

どこの国の子どもも同じ。

頭は真っ白なキャンパス!

 DSCN7685

大人の考えや価値観を押し付けるのではなく、学ぶ中で、彼らが選択していくことが大切。

 

草刈りからこんなことを考えました。

 


「私たちは、未熟で未成熟な人間ですが、人格的に成長すればするほど、成熟すればするほど、素晴らしい特性が現れてきます。誰でもその胸中に聖人が宿っているのです。」(王陽明より)


活動紹介ムービー↓

https://youtu.be/HcskVpwr0dM

JICAボランティアからテレコムへのCMがアップされています↓

https://www.youtube.com/watch?v=rSWtCKaOtyM
いつもクリック↓していただきありがとうございます!




続きを読む

↑このページのトップヘ