2006年11月14日

皇帝ダリア

 昨日は良い天気。
 
 仕事途中で、異様な花を見た・・・。
 こんな花を咲かせる木は何だろう!! ・・・急停車である。

皇帝ダリア

 

 人家の庭に咲いていたもので、アップに見て驚いた。
 何と、ダリアではないか!!
 こういうのは生まれてはじめてみたものである。
 
 ネットで調べてみると、愛好家が多いようだ。
 しかし、何とも豪快なダリアである。

はな

 

 広い庭が必要かも知れないが・・・、
 住人に座蒲団一枚!


 
ranking...............ありがとう

ダリアについて大百科全書の一部。

 


ダリア
Dahlia pinnata Cav.
(大図鑑 P344参照)
キク科の春植え球根草。天竺(てんじく)(インド)から伝えられたボタンの意味から、和名をテンジクボタン(天竺牡丹)という。メキシコおよび南アメリカの山地の原産。地下に大きい塊根があり、肥大部には芽はなく、塊根が茎に付着している基部から新芽を出す。茎は太く空洞で高さ0.3〜1.5メートルとなり、各節から葉が対生する。葉は羽状に裂け、表面は濃緑色で裏面はやや白みを帯びる。夏から秋、分枝の先に径3〜30センチの頭花を開く。切り花用、花壇用とし、多くの品種があり、高性種から矮性(わいせい)種まである。
 <記事は長いので後略。>


Posted by nakamura at 07:19│Comments(8)TrackBack(1)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ynakamura1/51268827
この記事へのトラックバック
キク科 ダリア属 学名 Dahlia imperialis 英名 Tree Dahlia 別名 コダチダリア(木立ダリア) 花期 秋〜冬 花径 約15cm 原産地 メキシコ 家の近所の皇帝ダリア nakamuraさんのブログで見てから、いつ??p-e??
コウテイダリア(皇帝ダリア)【かうちぽてとガーデン】at 2006年12月18日 23:19
この記事へのコメント
先日テレビで立川の昭和記念公園の皇帝ダリアが紹介されていました。
日本ではまだ珍しいって言っていたので見たいな〜とは思っていましたが、こちらでお目にかかれるとは。
Posted by かうちぽてと at 2006年11月14日 12:59
こんにちは
皇帝ダリア、名前に相応しく立派で
美しいですね。
実物を見てみたいです。
Posted by mico at 2006年11月14日 14:19
へえ、こんなのもあるのか、と驚きました。
ずいぶんと背も高いのですね。
Posted by ディック at 2006年11月14日 20:53

かうちぽてとさん、こんばんは。
日本では珍しいのですか?
ラッキーでした(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年11月14日 21:39

micoさん、こんばんは。
見上げるような草など、そうそう見られません。
根元は幹そのものでした。
Posted by nakamura at 2006年11月14日 21:45

ディックさん、こんばんは。
2階まで届くそうですよ。ダリアがこれほど大きくなるなど、これは異端です(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年11月14日 21:47
こちらで見ていた皇帝ダリア、先日初めて見ました。
生るほど木と見間違えても不思議じゃありませんでした。
後ほどTBさせていただきます。
Posted by かうちぽてと at 2006年12月18日 23:19

かうちぽてとさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
>生るほど木と見間違えても不思議じゃありませんでした

でしょう!!
私は急停車しました(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年12月19日 20:49