森でのできごと

横浜自然観察の森友の会です。
活動記録、観察の森で見たこと、聞いたことなどをお知らせします。
掲載の記事、写真等はすべて無断複写・転載を禁じます。

6月の「自然と遊ぼう」

6月24日(土)

初夏の陽射し一杯、緑一杯の、穏やかな土曜日です。

さて今日のテーマは、「もりのてざわり」です。
午前中の下見の途中、見つけたのは
IMG_4010t
レンジャーに聞いてベニボシカミキリとわかりました。
サンプル瓶に入ってもらって、みんなで観察しました。
このカミキリムシは、もともと先島諸島の石垣島や西表島に分布しているもので、タブノキなどを餌にしているとのこと。温暖化のせいで横浜まで渡ってきたのでしょうか。

次の写真は
IMG_4011ts
なんだかよくわからないものです。
始めはゴミかとも思ったのですが、両端に脚があるように見えます。
よく見ると6本ずつあるようで、どうやら交尾している昆虫のようです。
近づいて見ようとしたら「ピョン」と跳ねて逃げてしまいました。

IMG_4013t
IMG_4014t
オオバウマノスズクサの近くには
ジャコウアゲハの幼虫も見つかりました。

葛のツルと綱引きをしたり、サルトリイバラやママコノシリヌグイ、ハリギリなどののとげとげや、アカメガシワ、コクサギ、アオキ、の葉っぱなどなど見て触って匂いをかいで、初夏の森を楽しみました。

楽しくてあっという間のお散歩でした。

恒例の「自然と遊ぼう大賞」をみんなにお渡しして解散!

今日のスタッフは、小泉さん、新倉さん、山本さんと、むらじいの四人でした。

 

さて、次回は

7月22日(土)  
1回目 13:00~
2回目 14:00~15:00まで
         
 どんな遊びをするの?
「はっぱのいろいろ」です。
森を散歩しながら、どんな葉っぱがあるか、あちこち見て触って、どんな感じがするかな。
お気に入りの葉っぱが見つかるかな?
みんなで探しに行ってみましょう。


観察センター・ごろすけ館前に集まってください(事前申し込み不要)。
長袖、長ズボンの衣服と飲み物をもってご参加ください。
お道具は特に要りません。
     (小学生以下は保護者同伴)
 
         
                  =自然と遊ぼう・むらじい=
 
(注)
雨が降っていたら雨に濡れないように、ごろすけ館内で遊びます。
但し、
当日朝7時の時点で横浜市内に気象や災害に関する警報、特別警報が発令されている際は中止します。



    

雨の森を歩いてみる

21日は絵本の活動日でした。けっこう激しい雨の日です。でも私たちは今、雨や水をテーマにした絵本を作ろうとしているので、これは絶好のチャンス!と、キレイな雨の森の写真を撮りに出かけました。

CIMG1110
観察センターの前で「葉っぱの付け根にゾウムシがいるよ」と教えてもらいました。雨に濡れてじいっとしています。
CIMG1111
アカメガシワはこちらが雄花で
CIMG1112
ちらが雌花だそうです。どちらも只今、花盛り。雨に真っすぐ立ち向かうようにツンツン咲く花々に見送られて、いざ雨の森へ!

CIMG1114
雨の森はみずみずしくてキレイです。次の絵本では、こんな雨が森の地面にしみ込んで、ゆっくりとじっくりと森を潤し、そしていたち川の源流を作っていくことを書いて行きたいと思っています。

CIMG1129

でも美しい雨の森の写真を撮るのは,ことのほか難しいものでした。しずくはどんどん落ちて行ってしまうし、カメラのレンズには水滴がつきます。葉っぱの先の水滴に森が丸ごと入り込むような写真を撮りたかったのに・・・。そのような写真は、雨真っ盛りではなく、むしろ雨上がりに撮りやすいものなのだということがわかりました。

すずき

6月の森ボラ

6月18日は「森を守るボランティア体験」の日でした
今回は鳥のくらし発見隊の担当、ということで下見を兼ねて長倉口から

森に入る前からにぎやかなガビチョウの声
見ると大きな声で鳴くガビチョウのそばに1羽の小鳥
シジュウカラの幼鳥でした
シジュウカラ幼鳥2
そのあとから次々に来るのはエナガ、メジロ、またシジュウカラ
幼鳥の混群でした
色合いはぼやっとしてるし、しぐさも成鳥と違ってちょっとおっとり?
可愛い一群でした

トイレを見ると壁にいろんな虫たち
蛾が3種、カゲロウの仲間1匹、常連のアオカミキリモドキが何と3匹もいました
オオトビスジエダシャク1
これはオオトビスジエダシャクかな?
他の2匹はわかりませんでした

曇り空のせいかあまり鳥の声もしないし、トンボも見ない
ミズスマシの池も干上がってしまっているし
とにかくセンターに行こうっと


9時過ぎから受け付け開始
次々と参加者の方が来園されました
今日は8名です
IMG_6825
開始してすぐにスタッフ紹介やら参加者の自己紹介など
レンジャーさんから森の説明、友の会の紹介は鳥くら担当

IMG_6835

10時過ぎ、いよいよ鳥くらのメンバーと鳥を探して歩きます
バードウォッチングはあまり経験ないとのことでしたが
ゆっくり歩いて、鳥だけでなく、植物や虫、タイワンリスのことなどを話しながら回ります
桜林ではヤマガラが水浴びした直後の姿
草地の中で虫を採るシジュウカラなどがいましたが動きが早くて苦戦です

でもだんだん慣れてきたのでしょうね
長倉口手前ではいろいろ幼鳥が出てきたのが観察できました
また、ラミーカミキリやフタコブルリハナカミキリなども観察しました

フタコブルリハナカミキリ2
でもその時はこの虫、アオジョウカイかと思いました
後程調べてフタコブルリハナカミキリとわかったんですよ
よく似ていますよ 違いは頭部の大きさがポイントだそうです
興味のある方は図鑑で調べてみてね

アキアカネの丘を回って行くうちに雨がぽつぽつ
炭小屋や畑を回ってセンターに戻りました
ハシボソガラスが変なしぐさをしています
IMG_6844
どうも道に何かあってそれを食べるつもり?


午後はまず振り返りの鳥合わせから
IMG_6846
そして友の会入会の手続きの説明やアンケートなどで終了
そのころ外はすごい雨でした

おかげでゴロ報発送を手伝ってくださる方が増えて大助かりでした
楽しくお話も出来ましたし、入会も2名(やった!)
嬉しい森ボラでした

鳥のくらし発見隊  上原
今日の情報
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: