森でのできごと

横浜自然観察の森友の会です。
活動記録、観察の森で見たこと、聞いたことなどをお知らせします。
掲載の記事、写真等はすべて無断複写・転載を禁じます。

2017年08月

友の会 9月 行事予定

============
(1)森の作業体験
9月16日(土)
 ============
内  容:雑木林の手入れ(間伐)を体験します。
時  間:10時─14時
対  象:小学生以上30名(先着)、中学生以下は保護者同伴
集合場所:炭小屋(タンポポの道14付近)
申  込:電子メール、FAXのいずれかで次の事項をご記入の上、
下記の申込先にお申し込みください。
申込 先:電子メール kansatsunomori☆gmail.com(☆を@に変えて送信)/FAX 045-894-8892
1.行事名「森の作業体験9月申し込み」と明記(メールの場合はタイトルに) 
2.参加者全員の氏名とふりがな(お子様は年齢と学年も)
3.電話番号
4. (電子メールの場合)電子メールアドレス、(FAXの場合) FAX番号
5.このイベントの情報源「友の会ブログ」と明記
締  切:9/8(金)
※個人情報の取扱について:お申込みの際にお知らせいただく個人情報は、
今回のイベントに関する連絡の目的以外では使用いたしません。


☆…定例行事…☆
横浜自然観察の森友の会の主催行事です。(事前申込不要、参加費無料)


【9月3日 第1日曜日】
●季節の森を歩こう●
季節や生きもののつながりを楽しむガイドツアー。
時間:(1)11時─12時 (2)13時─14時


【9月9日 第2土曜日】
●定点カメラで動物調査●
森に仕掛けたカメラの写真をチェック!なにが写っているかな?
時間:11時─12時 *雨天時はセンターへ問い合わせ


【9月10日 第2日曜日】
●みんなでバードウォッチング●
森の野鳥を観察し、親しみます。初心者の方も安心してご参加ください。
双眼鏡の無料貸出もあります!
時間:9時─13時ごろ


【9月16日 第3土曜日】
●畑と作物を作ろう●
畑作業を通して自然と親しみます。
時間:10時─12時(◆雨天中止)


【9月20日 第3水曜日】
●森の絵本を楽しもう●
簡単なミニ絵本づくりと、これまで制作してきた絵本の読み聞かせも行います。
時間:10時半─12時


【9月23日 第4土曜日】
●自然と遊ぼう●
ゲームを通して、その季節に見られる生きものや自然と親しみます。
時間:(1)13時─14時 (2)14時─15時

▼▽定例行事について▽▼
▽いずれも申し込みは必要ありません。
時間までに自然観察センター前にお集まりください。参加費は無料です。
≪持ち物:飲み物、帽子、汚れてもよい服装、
「みんなでバードウォッチング」は昼食も≫
▽どの行事も、当日朝7時の時点で横浜市内に気象や災害に関する警報、
特別警報が発令されている際は中止します。
▽小学生以下は保護者が同伴してください。
▽雨天時について記載のないイベントは雨天決行します。


8月の「自然と遊ぼう」

8月26日(土)

ちょっと薄曇りですが、緑一杯の、暑い暑い夏休み最後の土曜日です。

さて今日のテーマは、「セミのぬけがらさがし」です。
手に手に「セミのぬけがらづかん」を持って
涼しい木陰の道を選んで熱中症に気を付けながら歩きました。
次々と「ぬけがら」を発見して「づかん」と見比べながら
IMG_4048t
IMG_4045t
IMG_4044t
IMG_4041t
IMG_4050t
見つけたぬけがらは
「アブラゼミ」「ミンミンゼミ」「ヒグラシ」「ツクツクボウシ」「ニイニイゼミ」の5種類でした。
「クマゼミ」はみつかりませんでしたが
楽しくてあっという間のお散歩でした。


恒例の「せみのぬけがらさがしま賞」をみんなにお渡しして解散!
今日のスタッフは、山本さん、新倉さん、むらじいの三人でした。

 

さて、次回は

8月26日(土)  
1回目 13:00~
2回目 14:00~15:00まで
         
 どんな遊びをするの?
「バッタのとびくらべ」です。
森を散歩しながら、どんなところに、どんなバッタがいるか、みんなで探しに行って、つかまえて、みわけかたも研究してばったと仲良しになりましょう。
さいごには、みんなでバッタのとびくらべをしてバイバイ(@^^)/~~~


観察センター・ごろすけ館前に集まってください(事前申し込み不要)。
長袖、長ズボンの衣服と飲み物をもってご参加ください。
お道具は特に要りません。
     (小学生以下は保護者同伴)
 
         
                  =自然と遊ぼう・むらじい=
 
(注)
雨が降っていたら雨に濡れないように、ごろすけ館内で遊びます。
但し、
当日朝7時の時点で横浜市内に気象や災害に関する警報、特別警報が発令されている際は中止します。



    

マゴタロウに会いに行こう!

8月23日は絵本の活動日でした。絵本読み聞かせ練習や、新作の構成を話し合った後、一同は水中生物の観察に繰り出しました。
CIMG1564
センター前でレンジャーに「ハンミョウ(別名ミチオシエ)が道案内に来てますよ」と教えてもらい、下を見ると・・・
カラフルボディの小さなガイドさんがぴょんぴょん!メタリックな背中を日の光でキラキラ輝かせながら「こちらへどうぞ~」と森へ誘ってくれているようでした。
水辺に到着するまで、何匹ものハンミョウガイドさんに出会いました。本当に人の前を少しづつぴょんぴょん進むので一同感激でした。しかしこれはハンミョウがあまり飛ぶのが得意でなく、藪の中より開けた道沿いが安全だど認識しているので、こんな動きに見えるようです。
わいわいがやがや、あちこちわき見しながら、ようやく水辺に辿り着き、いよいよザルを持って水中生物の採集に!水はヒンヤリ心地よく、気温35℃の猛暑日にはもってこいです。
P8230780
皆が会いたかったマゴタロウムシ(ヘビトンボの幼虫)は、さっそく見つかりました!ケースの1目盛が5mmですので3.5cmくらいでしょうか?図鑑によるともう少し大きくなるようです。なので今、マゴタロウ君は育ち盛りの真っただ中!観察用のバットの中でも、採集した他の水生昆虫をバクバク食べてしまいました!やはりウワサ通りの大食漢なんですね~慌てて個室に移っていただきました。
P8230781
他にカゲロウ、ガガンボ、カワゲラ、ヤゴなどの幼虫、カワニナ、シジミなど貝類、ヨコエビ、サワガニなどの甲殻類が30分くらいで沢山見つかり、観察用のバットは大賑わいでした。
P8230771
特にこの子は、小さいけど目立っていました。サソリのように尾っぽを反らせるのです。カワトンボの幼虫らしいですが、小さいのに威厳がありました。でもきっとマゴタロウにはぱくっと食べられちゃうんでしょうね。

だった1~2時間で、こんなに沢山の個性豊かな生き物に出会える水中生物の観察は、本当に楽しいね!と皆で大満足でした。夏も冬も意外に簡単に、色んな生き物の様子を観察できる事がわかったので、もっともっと多くの人に体験して欲しいと心から感じました。
皆さんが「マゴタロウに会いに行きたい!」と感じて下さるような絵本を作ろうと思います。

すずき

8月のバードウォッチング

今日は8月の「みんなでバードウォッチング」

昨日まで涼しい日が続いていたのに、今日は朝からいい天気(暑い!!)
気温も上がりそうです

受付当初は少しだった参加者も、次第に増え34人に。
真夏にしては大勢の参加がありました。
夏休みのせいか、お子さんの参加も多かったです。


いつものように、まずは今日の見どころから。
「この時期は鳥たちの羽の生え替わりが多い時期。特に大きな鳥ではそれが目立ちます」
お話のあいだ中、、近くでガビチョウが鳴いています
ガビチョウ4
 ガビチョウ 上原撮影
真夏でも元気ですね

グループ分けをしたところ、初心者グループが17名(最終的には20名に)
そこで予定していた3グループを2グループにして出発しました。
モンキチョウの広場で(1)
まずはモンキチョウの広場で肩慣らしならぬ目慣らし?
 

初心者グループではモンキチョウの広場で双眼鏡の使い方を説明しているとき、ケッケッケッケッというこえとともに広場を横切った鳥が。
アオゲラです。一同大興奮。

経験者のグループでは関谷の見晴しで、サシバやコシアカツバの姿を見ることができました。
また、朝の話の通り、羽がかなり抜けているトビの姿が。
「よくあんなに抜けているのに、飛べるな~」という声も起きました。
しかしやはり鳥の姿は少ない。
ツマグロヒョウモンはこの時期の常連さん
 ツマグロヒョウモン 鳥の代役ですか? 

子どもたちも鳥に興味を持っている子が多く、飽きずに熱心に観察してくれました。
気温が高いので、いつもより30分早くセンターに戻り、鳥合わせは冷房を入れた研修室で行いました。
鳥合わせはいつもと違って、参加者の皆さんから見聞きした鳥をあげてもらいました。
結果20種(17種 外来種3種)。真夏にしてはまあまあの数だったのではないでしょうか。

見聞きした鳥
キジバト トビ ハイタカ サシバ コゲラ アオゲラ モズ ハシボソガラス ハシブトガラス ヤマガラ シジュウカラ ツバメ コシアカツバメ ヒヨドリ ウグイス メジロ スズメ コジュケイ ガビチョウ ドバト

次回の「みんなでバードウォッチング」は、9月10日です
皆さんの参加をお待ちしています

鳥のくらし発見隊 中里

8月のモニ1000

8月8日はモニ1000植物相調査の日でした
前日の雨が引き続き降るのではとドキドキしながら森に来ましたが雨は無し
一度ざっと降ったけどほんの一瞬でした  やれやれ

風もあって気温よりは涼しく感じる森でした
でもコナラの道ではハチが次々出てきて、お地蔵さんのように目をつぶってじっとガマンガマン

クロモジ蕾1
クロモジの蕾がもう出ていました
花は来年春3月頃  ずいぶん早くから準備するんですよね
来春に咲くのにもう蕾が出ているのはほかにも 
キブシ アブラチャン シロダモなど

こんなキノコを見つけました
キツネノエフデ?1
もしかしたらキツネノエフデかな?キツネノロウソクではないと思いますが.....。

目立たないけどこれも咲いていました
ヒヨドリジョウゴ4
ヒヨドリジョウゴです かわいいでしょ?
秋になると赤い実がなって綺麗ですよ

レンジャーさんがこんな幼虫を見つけました
リンゴドクガ幼虫3
リンゴドクガですって
赤い毛が見えるのは尾のほうです
すごいモジャモジャさん おとなしいけど触りたくはないなぁ
レンジャーさんは持っていたけど


長倉口の草地ではセミの抜け殻が草の葉っぱにたくさんついていました
セミの抜け殻2

タマムシ6
つぎはこれ タマムシです
先日センターの前でも出ましたが高い木の上やツルにとまって見つけるのに一苦労
でもおかげで捕まらなくて助かります
見かけても観察だけでけっして持ち帰ったりしないでくださいね

ギンミズヒキの花も咲いていました

ギンミズヒキ4

園内にはあちこちあるけどミズキの道が一番早く咲いたようです
小さくて可憐な花を愛でてくださいな

10日は保全作業です
少しは涼しいといいのだけど

野草の調査と保護  上原

8月初めの森の畑

85日は、友の会の畑プロジェクト活動日だった。畑の様子をお伝えしよう。

 

畑は雑草だらけである。サツマイモは、葉の合間に雑草が少し生えているはずなのに、雑草の中に所々サツマイモの葉が見える、という状態になっていた。おまけにサツマイモの葉の虫食いが目立つ。仕方がないのでざっと除草した。

 除草前
  除草後


インゲンは一度植えたら3度収穫できるはずなのに、実をつけて枯れていた。家のプランターでは2度目の収穫をしている。実を熟成させたので枯れたのか、それともやせた土地では三度の収穫は無理なのか。来年の種にと思って実を集めたら、100粒ほどになった。

 インゲン

ササゲも収穫適期となっていた。実が全部熟すのを待っていると、古い実は地面に落としてしまう。だから、熟した実だけを選んで収穫せねばならない。手間がかかる。

ササゲ
 

トマトは真っ赤な実を、少し付いていた。もっと沢山成っていてもよいと思う。少ないのは、森の先住民に試食されているからだろうか。全て食べられなかったところをみると、あまりお口に合わないのか。来年の種を採るため5個ほど持ち帰ることにした。残りはセンターに置いてきた。

  トマト

 作業をしながら、いろいろな虫に会えた。蝉の抜け殻もたくさんあった。一部を紹介しよう。

  チョウ 1
 チョウ 2
 バッタ 1
 バッタ 2
 セミのぬけがら 1
 セミのぬけがら 2

 さて、皆さんの参加できる行事「畑と作物を作ろう」の8月は、お休みです。次回は9月16日(土)10時からです。雑草を刈り、来年の春に向けて種まきをしましょう。何か収穫できるものがあると良いですね。虫も探してみましょう。自然や土と親しもうと思われる方や、作物を育てようと思われる方は、暑さ対策のうえ長袖長ズボンで、できればお弁当を持ってご参加下さい。(雨天中止)

 

      畑プロジェクト  落合

友の会8月 行事予定

============

森を守るボランティア体験~自然観察から始まる森のボランティア~

8月20日(日)

============

内容:友の会のグループである「森の案内人ハンミョウの会」の活動を体験。

時間:9時半─14時

対象:友の会のボランティア活動に興味のある方小学生以上 定員なし

※主に大人向けの行事です。

集合場所:自然観察センター

申込:電子メール、FAXのいずれかで次の事項をご記入の上、

下記の申込先にお申し込みください。

申込先:電子メール yokohama-nc☆wbsj.org(☆を@に変えて送信)/FAX 045-894-8892

1.行事名「森ボラ8月申し込み」と明記(メールの場合はタイトルに) 

2.参加者全員の氏名とふりがな(お子様は年齢と学年も)

3.電話番号

4. (電子メールの場合)電子メールアドレス、(FAXの場合) FAX番号

5.このイベントの情報源「友の会ブログ」と明記

締切:8/19(土)

※個人情報の取扱について:お申込みの際にお知らせいただく個人情報は、

今回のイベントに関する連絡の目的以外では使用いたしません。

 

☆…定例行事…☆

横浜自然観察の森友の会の主催行事です。(事前申込不要、参加費無料)

 

【8月6日 第1日曜日】

●季節の森を歩こう●

季節や生きもののつながりを楽しむガイドツアー。

時間:(1)11時─12時 (2)13時─14時

 

【8月12日 第2土曜日】

●定点カメラで動物調査●

森に仕掛けたカメラの写真をチェック!なにが写っているかな?

時間:11時─12時(雨天時はセンター問い合わせ)

 

【8月13日 第2日曜日】

●みんなでバードウォッチング●

森の野鳥を観察し、親しみます。初心者の方も安心してご参加ください。

双眼鏡の無料貸出もあります!

時間:9時─13時ごろ

 

【8月26日 第4土曜日】

●自然と遊ぼう●

ゲームを通して、その季節に見られる生きものや自然と親しみます。

時間:(1)13時─14時 (2)14時─15時

 

▼▽定例行事について▽▼

▽いずれも申し込みは必要ありません。

時間までに自然観察センター前にお集まりください。参加費は無料です。

≪持ち物:飲み物、帽子、汚れてもよい服装、

「みんなでバードウォッチング」は昼食も≫

▽どの行事も、当日朝7時の時点で横浜市内に気象や災害に関する警報、

特別警報が発令されている際は中止します。

▽小学生以下は保護者が同伴してください。

▽雨天時について記載のないイベントは雨天決行します。

今日の情報
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ