森でのできごと

横浜自然観察の森友の会です。
活動記録、観察の森で見たこと、聞いたことなどをお知らせします。
掲載の記事、写真等はすべて無断複写・転載を禁じます。

2018年03月

花盛り、ぽかぽかの日でした

3月28日は絵本の活動日でした。ついこの前、雪が降ったとはとても信じられない暖かい日。私たちは新作絵本の絵コンテを並べ、担当を決めたり、登場人物ならず登場生物の正しい生態を調べたり、キャラクターを考えて楽しい時を過ごしました。CIMG2637
帰り道、山をながめると桜が波のようにせまってきて、ついつい「わぁ~きれい」と声を上げる美しさ!
でもあまり急に暖かくなったため、ハイペースについて行けてない木はまだ裸で、ちょっと可哀そうな感じです。CIMG2641
地面を見ると「地獄の釜の蓋」と呼ばれる濃いムラサキの
花が咲いています。これは薬草で、地獄に行きかけた人を助けるから付いた名だという説もあります。
CIMG2645
サルトリイバラの花も見つけました。秋の赤い実は目立つけど、花はすいぶんと慎ましやかですね。でも複雑な形です。
CIMG2629
そして目が慣れてきたら、小さな小さな巻貝をみつけました。キセルガイ?キセルガイモドキ?この周りにはこれと同じ形の貝殻がたくさん散らばっていて貝塚みたい。森に貝がたくさんいるなんてちょっと不思議です。一同、不思議は大好きなので、この日一番の盛り上がりで貝の写真を撮りました。楽しい春の一日でした。

すずき


2018年3月「はじめてのちいさなしぜんかんさつ会」中止

2018年3月25日(日)に予定していました「はじめてのちいさなしぜんかんさつ会」は,都合により中止となりました.担当者一同,この行事を復活していきたいと思っており,その際には,来年度以降の横浜市広報やHP等で広報いたしますので,またよろしくお願いいたします.

[ ふじた・かおる ] 

3月の「自然と遊ぼう」

3月24日(土)
お空は真っ青で、昨日までの寒さはどこへやら。おだやかな春らしい土曜日です。
今日のテーマはBINGO「新芽をさがそう」です。

BINGOカードのテーマは
①まあるいふゆめ
②とんがったふゆめ
③あかいふゆめ
④うえをむいたわかば
⑤したをむいたわかば
⑥ねそべったわかば
⑦ぴかぴかのわかば
⑧しわしわのわかば
⑨けむくじゃらのわかば
⑩あけびのはな
⑪ひめおどりこそうのはな
⑫おおいぬのふぐりのはな
⑬ほとけのざのはな
その中から9つを選んでBINGOカードのますに自分で書き込みます。
出来上がったカードを持って出発です。
観察センター前から始めて、生態園、桜林を通り、ミズキの道⑱~⑲~⑳~モンキチョウの広場を通って観察センターまでの一回り。
みんな次々に発見してBINGO!の連発でした。
いろんな新芽やお花を見つけられて楽しい散歩になりました。
終りに表彰状「自然と遊ぼう大賞」をもらって解散しました。

 

さて、次回は

4月28日(土)  
1回目 13:00~
2回目 14:00~15:00まで
         
 どんな遊びをするの?
「オタマジャクシと遊ぼう」です。
寒い寒い1月下旬に産まれた卵から孵ったオタマジャクシもすっかり大きくなって元気よく泳いでいます。
手ですくって良く観察してみましょう。
オタマジャクシを驚かさずに、優しく上手にすくえるかな?
眼、口、お腹はどんな様子をしているかな。
良く見てオタマジャクシと仲良しになろう。


観察センター・ごろすけ館前に集まってください(事前申し込み不要)。
長袖、長ズボンの衣服と飲み物をもってご参加ください。
お道具は特に要りません。
     (小学生以下は保護者同伴)
  
(注)
雨が降っていたら雨に濡れないように、ごろすけ館内で遊びます。
但し、
当日朝7時の時点で横浜市内に気象や災害に関する警報、特別警報が発令されている際は中止します。

         
                  =自然と遊ぼう・むらじい=


    

3月の「畑と作物を作ろう」

3月17日の行事「畑と作物を作ろう」は、久しぶりに来ていただいた方1名と、スタッフ5名で行った。

 

この日の主な作業は、ジネンジョなどヤマイモ類の植え付けで、昨年ムカゴから育てた種イモ約20本を、畑の一角に植えた。

 

写真はジネンジョの種イモである。

種イモ

 

畑の片隅で作った腐葉土を漉き込み、伐採した木の枝で作った支柱をあらかじめ立て、そこに種イモを植え付けた。

植え付け
植え付け2

 

うまくいけば2,3年後には小さなヤマイモが味わえるかもしれない。掘り上げるのに大いに苦労したいものだ。

発芽を待つ

 

この冬畑の周囲で、主に関西に分布するアベマキ(この地域にとっては外来種)を友の会ZFC(雑木林ファンクラブ)の皆さんに5本伐採していただいた。大きいのは15メートル近くあって、大仕事だった。写真から、伐採した木が分かる。

17年12月
18年3月

 

2月に行ったZFCによる伐採作業の様子も紹介しておこう。

切り倒す
解体

 

畑にも春が来た。ツクシが1本だけ顔を出した。

ツクシ

 

オオイヌノフグリも今が盛りだ。

オオイヌノフグリ

 

もうすぐ夏野菜の植え付けの季節だ。

 

 さて、次回の畑の行事「畑と作物を作ろう」は、421日(土)10時からです。畝作り、種まき、伐採木での支柱作りなどを行います。自然や土と親しもうと思われる方や、作物を育てようと思われる方のお越しをお待ちします。尚、マダニの季節を迎えましたので、服装は長袖長ズボンで、できればお弁当を持ってご参加下さい。(雨天中止)

 

      畑プロジェクト  落合

3月のバードウォッチング

今日11日は「みんなでバードウォッチング」の日です

長倉口から入って進むとミズキの道14番付近の木が小さく揺れました
何かいる!と見回すといました ルリビタキのメスです
でも気づくと同時に飛んで行ってしまい写真を撮る暇もありません

せめて探鳥会の時に出てくれるといいんだけど

ミズキの池のハイドの上にウスタビガの繭が4つもありました
ウスタビガ繭6
最近はあまり見かけないのですが、こんなこともあるんですね


さて探鳥会の始まり
3つのグループで出発

Bグループです
霊園階段手前を左に折れてコナラの道に向かいました
鳥の声がするけど見えなかったり声だけだったり

そのうちヤマガラが出てキヅタで採食しているみたいでした
関谷の見晴台に出て、鳥待ち
アオゲラがちらっと見えて、あれれ飛んじゃった

次は何か猛禽の姿
ノスリでした
遠慮したのか遠くに行ってしまいました

見晴台を出るとすぐにエナガの登場
木の周りを動いているけど何でしょう
エナガ16
巣材を集めているようで、クモの糸を採っていました
集めるのも楽じゃないだろうなぁ

コナラの道を下って行くといろいろな声
コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリなど
さっきもそうだったけどメジロはキブシの花の蜜を吸っています
メジロ13
さかさまになったりして大変そう
でも美味しいよね

コゲラは樹からさがったツルを下りたり登ったり
コゲラ6
ほかの木に飛んでいちゃった
センターまで行って、ピクニック広場、アキアカネの丘、桜林とまわってモンキチョウの広場手前で「あ、ツクシだ」という声
道端にツクシがいくつも出ていました
ツクシ3
春を実感しましたね

鳥合わせの時間
22種  外来種2種   計24種


そしてその後ヒレンジャクが出たの知らせにあちこち見て、ついに見ましたよ
ミズキの池の木に12羽止まっていました
ヒレンジャク18-11
もっと早くわかればよかったのですが.....。


見聞きした鳥
キジバト カワウ トビ ノスリ オオタカ コゲラ アオゲラ ハシボソガラス ハシブトガラス ヤマガラ シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス エナガ メジロ スズメ カワラヒワ ホオジロ ベニマシコ ウソ シメ アオジ ガビチョウ コジュケイ


鳥のくらし発見隊  上原

3月のモニ1000

3月6日はモニ1000植物相調査の日でした
風の強い一日でしたが、無事調査が出来ました

春は名のみの風の寒さや~といった感じですが、園内あちらこちらに春を感じました
まずおなじみのウグイスカグラの花
ウグイスカグラ6
先月も咲いていましたが今は真っ盛り
センターのそばにもあります

次はキブシ
キブシ11
小さな花ですが早春に咲く植物の代表格ですね
園内あちらこちらに木がありますが雌雄異株
花も雄花の穂は長く、雌花の穂は短めのようです

足元ではタチツボスミレが咲き始めていました

その他に見たものはキノコ類
カワラタケ1
カワラタケと思われます
つぎはこれ
コガネニカワタケ
コガネニカワタケでしょうか
以前にもモンキチョウの広場の東屋付近で見たのですがすぐに消えてしまいました
これはコナラの道です

もう1種
タマキクラゲ
タマキクラゲです
触るとプニュプニュしています
キクラゲの仲間で、食用になるらしいのですが、もちろん園内では採集禁止


この春はアオキの実が目立ちます
アオキの実
ミズキの道13~14です
ヒヨドリがよく食べていますが、ほかの鳥には好まれないようです

アケビの蕾やキランソウも蕾を付けていてなにやらワクワク

これで花粉症が無ければいいのですが

8日は植物の保全作業の予定ですが雨のため中止としました

そういえばトンボ池にこんな虫がいました

アメンボ2
アメンボの仲間ですね
まだ3月なのに、と思ったらこのころから出てくる種もいたんです
なのでこれはヒメアメンボかもしれません
体長は10~12mm位でした

皆さんも森で春捜ししてみませんか?

野草の調査と保護  上原

2月の「自然と遊ぼう」

2月24日(土)
真っ青な空で良いお天気で陽射しが気持ち良い土曜日です。
春は近づいてはいますが、まだ冬景色。
そんな中にどんな春が見つかるか、みんなで探しに行きました。

始めに行った畑では、霜柱の溶けた土の表面になにやら
点々と
IMG_0201
どうやらタヌキさんの足跡のようです。
あちらこちらと散歩したようです。

タヌキさんの足跡を見ていると、その近くには
小さな小さなお花が
オオイヌノフグリ2
IMG_0204
IMG_0207
オオイヌノフグリが咲いています。
例年より咲き始めがおそいのか、まだほんのちらほらでした。
ヒメオドリコソウもまだ花を咲かせていませんでした。
フキノトウ
フキノトウを見つけたり、
ドングリが芽を出してしっかり根が踏ん張っていたり
IMG_0210
IMG_0203
こんなかわいい新芽を見つけたり、
地面に張り付いた「ロゼット」を見たりしながら
ヘイケボタルの湿地へ来て見ると
IMG_0213
いましたいましたオタマジャクシが。
まだまだ小さくて、水の底でじっとしています。
春の日差しを受けて、早く大きくなってね。

帰り道には林の中に小さな木の赤ちゃんがあちこちに見つかりました。
見上げて見た大きな木が親の木でしょうか。
タブの木の実生でした。

 

さて、次回は

3月24日(土)  
1回目 13:00~
2回目 14:00~15:00まで
         
 どんな遊びをするの?
「新芽をさがそう」です。
春がやってきました。
森を散歩しながら、どんなところに、どんな新芽があるか、みんなで探しに行って、いろいろ遊びましょう。

 観察センター・ごろすけ館前に集まってください(事前申し込み不要)。
長袖、長ズボンの衣服と飲み物をもってご参加ください。
お道具は特に要りません。     (小学生以下は保護者同伴)
(注)
雨が降っていたら雨に濡れないように、ごろすけ館内で遊びます。
但し、
当日朝7時の時点で横浜市内に気象や災害に関する警報、特別警報が発令されている際は中止します。

                  =自然と遊ぼう・むらじい=



    

今日の情報
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ