森でのできごと

横浜自然観察の森友の会です。
活動記録、観察の森で見たこと、聞いたことなどをお知らせします。
掲載の記事、写真等はすべて無断複写・転載を禁じます。

ハンミョウの会

6/2(日)は「季節の森を歩こう」

6/2(日)は定例の「季節の森を歩こう」です。私たちスタッフが季節の生き物たちをガイドします。一緒に森を歩いて、生き物たちの暮らしを覗いてみませんか。

初夏の森。広がる新緑、広がる野花、虫たちも集います。

①DSCN3241-t2_1
小さな白い花を、枝一杯に吊り下げる形で咲かせます。

②DSCN3103-tc_1
幼虫期に毒のある食草で育ち、体内に毒を蓄積します。

③DSCN3151-tdc2_1
とっても可愛い5枚の花びら、ひと目で虜になりました。

④DSCN3169-tlc3_1
オスはお尻をクルリと巻き上げ、サソリのような尾です。

⑤DSCN3199-tlc_1
白に黒紫色、とってもシンプルな色合いが目に残ります。

⑥DSCN3216-t2_1
淡い紫褐色の花を、下向きにたくさんつける独特の風貌。

ガイドツアー1回目10:30から受付11時スタート、2回目12:30から受付13時スタートです。センター前で受付、各回先着25名。皆様のご参加をお待ちしています。お気をつけてお越しください。

ハンミョウの会  久門

5/5(日)は「季節の森を歩こう」

5/5(日)は定例の「季節の森を歩こう」です。私たちスタッフが季節の生き物たちをガイドします。一緒に森を歩いて、生き物たちの暮らしを覗いてみませんか。

春爛漫。森は野花の色に包まれ、たくさんの命で溢れています。

①IMG_6197-t_1
ふわふわの綿毛、見つけると吹いて飛ばしたくなりますね。

②DSCN2959-t_1
鮮やかな赤紫色に、真っ白なひだひだ。とっても不思議な形。

③DSCN2924-ts_1
笹のような葉に鐘のようにぶら下がる花、独特な姿ですね。

④DSCN6201-t2_1
「チョットコイ チョットコイ」 森にお出でお出でと響く大きな声。

⑤DSCN2946-t_1
葉っぱも見てみると、こんな子も元気に活動しています。

⑥IMG_6171-t_1_1
シワシワの花びらですが、実は赤く熟し甘くて美味しいです。

ガイドツアー1回目10:30から受付11時スタート、2回目12:30から受付13時スタートです。センター前で受付、各回先着25名。皆様のご参加をお待ちしています。お気をつけてお越しください。

ハンミョウの会  久門

トンボの季節がやって来た。

4月21日 トンボ池でハラビロトンボの羽化が見られました。撮影 中山連P4210143hara
続きを読む

ハンミョウ初見

P4140342TR
春先は低温が続き桜の開花も遅れましたが、この数日はやっと暦に季節が追いついた感じです。
林縁の散策路では今年初めてのハンミョウが見られました。
この日は他に、カラスアゲハ・ジャコウアゲハが今季初見でした。

ハンミョウの会・昆虫調べ隊。 イシカワ

4/7(日)は「季節の森を歩こう」

4/7(日)は定例の「季節の森を歩こう」です。私たちスタッフが季節の生き物たちをガイドします。一緒に森を歩いて、生き物たちの暮らしを覗いてみませんか。

春を告げる「色」、春を告げる「声」が森に広がります。

①IMG_6092-tdc_1
春を代表する植物のひとつ、土から出る姿は文字通り土の筆。

②DSCN6918-t2
春の訪れを伝えてくれるホーホケキョ。日本三鳴鳥のひとつです。

③IMG_6073-t2_1
鮮やかなコバルトブルーの小さな花、地面いっぱい広がります。

④DSCN2517-t2_1
3月なのに飛び回る蝶、成虫のまま冬を越し早くから活動します。

⑤IMG_6102-t_1
モミジのような葉に、下向きに咲く花。甘い黄色の実をつけます。

⑥IMG_6027-ts_1
昔は花が咲くと、稲の種もみを水につけ苗代作りの準備です。

4/7(日)から1日2回ガイドツアーを行います。1回目は10:30から受付11時スタート、2回目は12:30から受付13時スタートです。センター前で受付、各回先着25名。皆様のご参加をお待ちしています。お気をつけてお越しください。

ハンミョウの会  久門

3/3(日)は「季節の森を歩こう」

3/3(日)は定例の「季節の森を歩こう」です。私たちスタッフが季節の生き物たちをガイドします。一緒に森を歩いて、生き物たちの暮らしを覗いてみませんか。

①DSCN2178-t_1
春を告げる山菜。独特のほろ苦さで、天ぷらもおすすめです。

②DSCN2037-t2_1
産んで間もない卵。親は冬眠から抜け出し産卵、また冬眠します。

③DSCN2127-t_1
小さい花がたくさん集まった花序、たわわに実る果実のようです。

④DSCN1648-t_1
早春の陽だまりの中、暖かくてとっても気持ち良さそうです。

⑤DSCN2116-t_1
高い木々が落葉したこの時期、太陽の光を受け花を咲かせます。

⑥DSCN2153_1
樹皮をはがれ白くなった木、一周はがれると枯れてしまいます。

3/3(日)は10:30センター前で受付開始(先着25名)、11時スタートです。皆様のご参加をお待ちしています。お気をつけてお越しください。

ハンミョウの会  久門

2/4(日)は「季節の森を歩こう」

2/4(日)は定例の「季節の森を歩こう」です。私たちスタッフが季節の生き物たちをガイドします。一緒に森を歩いて、生き物たちの暮らしを覗いてみませんか。

①DSCN1303_1
山眠る季節。白い木々が立ち並び、凛とした空気が漂う森。

②DSCN1330-t_1
昇る朝日。広がる温もりの中、目をつむりまどろんでいます。

③DSCN1622-t_1
足もとには薄紫色の可憐な花、春はもうそこまで来ています。

④IMG_5951-tc_1
真上を向いて割れる実、中に翼のついた種が入っています。

⑤IMG_5966-t2_1
食べ物の少ない冬、真っ赤に熟す実は鳥たちの貴重な糧。

⑥IMG_5959-t_1
実が熟し乾燥すると果皮が割れ、種を弾いて飛ばします。

2/4(日)は10:30センター前で受付開始(先着25名)、11時スタートです。皆様のご参加をお待ちしています。お気をつけてお越しください。

ハンミョウの会  久門

1/7(日)は「季節の森を歩こう」

新年の森、1/7(日)は定例の「季節の森を歩こう」です。私たちスタッフが季節の生き物たちをガイドします。一緒に森を歩いて、生き物たちの暮らしを覗いてみませんか。

①DSCN0892-t_1
冬枯れの森に所々残る紅葉。寒空の下、心が和みます。

②DSCN0456-t_1
ふわふわとした純白の穂、光沢がありすべすべの肌触り。

③DSCN0881-tl_1
森に彩りを与えてくれるピンク色。花は丸ごと落ちます。

④DSCN0387-tcl_1
木々の葉っぱが落ち、枝から枝へ飛び移る姿を見かけます。

⑤DSCN0848-t_1
白い球のように集まって咲く花、鳥も蜜を吸いにやって来ます。

⑥DSCN0886-tdc_1
真っ赤な実、古くからお正月の縁起物に使われてきました。

1/7(日)は10:30センター前で受付開始(先着25名)、11時スタートです。新年の森で皆様のご参加をお待ちしています。お気をつけてお越しください。

ハンミョウの会  久門

12/3(日)は「季節の森を歩こう」

初冬の森、12/3(日)は定例の「季節の森を歩こう」です。私たちスタッフが季節の生き物たちをガイドします。一緒に森を歩いて、生き物たちの暮らしを覗いてみませんか。

①IMG_5904_1
落ち葉の道。サクッサクッサクッ、歩くと聞こえる心地良い音。

②DSCN0014_2_1
陽ざしを受けて光り輝く葉、オレンジ色のグラデーション。

③IMG_5897-tlc_1
真っ青な空に映える泡立つような綿毛、もふもふで暖かそう。

④DSCN0058-t3lc_1
この森に来て冬を越す鳥、地面でよく種をついばんでいます。

⑤IMG_5887-t2_1
赤い莢(さや)に黒い種、森の中で鮮やかな色が目を引きます。

⑥IMG_5891-t_1
まだ熟していない実。真っ白な綿毛が全方向に伸びています。

12/3(日)は10:30センター前で受付開始(先着25名)、11時スタートです。皆様のご参加をお待ちしています。お気をつけてお越しください。

ハンミョウの会  久門

季節の森を歩こう (11月)

森は黄葉が広がり、秋から冬へと向かっています。そんな11月の森をみんなで歩きました。

①DSCN8565-t_1
キーキーキチキチキチ、木の上から聞こえる声。冬越しする縄張りを主張するモズの高鳴き、この森では秋冬に見られる鳥です。

植物たちも次の世代に命をつないでいっています。ひっつき虫と呼ばれ動物にくっつき種を運んでもらう植物、自分ではじけ種を飛ばす実、色々な工夫があります。

②IMG_6234_1
チカラシバ、コップを洗うブラシのような穂には小さい棘があり動物にひっつきます。

③IMG_5846-t_1
みんなで穂を集めて遊んでみました。熟した穂はこんなふうに集まります。何に似ているかな?

④DSCN8650-t_1
キンミズヒキ、アポロチョコレートがぶら下がったような実。ルーペで見ると、かぎ状の棘がありくっつきます。

⑤DSCN8663-t_1
ツリフネソウ、熟して膨らんだ実。触ると皮がはじけてクルクルッと巻き、種をはじき飛ばします。

⑥IMG_5861-t_1
みんなで実に触って、はじける感触を楽しみました。はじけて種が飛び出した後の巻いた状態です。

⑦DSCN8674-t_1
広場にはふんわりと積み上がった土、モグラ塚。モグラが穴を掘って出た土です。

⑧DSCN8673-t_1
下にモグラが生活するトンネルが広がります。指を入れると、内壁はしっかり固まっていました。

<その他> ひっつき虫(チヂミザサ、イノコヅチ)、ジョロウグモ

来月の「季節の森を歩こう」は 12/3(日)開催です。みなさんも一緒に森を回ってみませんか。スタッフ一同、ご一緒できるのを楽しみにしています。

ハンミョウの会  久門
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ