森でのできごと

横浜自然観察の森友の会です。
活動記録、観察の森で見たこと、聞いたことなどをお知らせします。
掲載の記事、写真等はすべて無断複写・転載を禁じます。

カワセミファンクラブ

☆特別写真展「野鳥の親と子の姿」開催中☆

===========================
横浜自然観察の森 友の会 設立30周年記念企画
カワセミファンクラブ 特別写真展「野鳥の親と子の姿展」開催中

===========================

20180930131125


横浜自然観察森 友の会 カワセミファンクラブのメンバーが
この森で撮影した野鳥達の親と子の貴重な写真を展示中です

よく見る野鳥からちょっと珍しい野鳥まで
知っているようで意外と知らない成鳥と幼鳥の違いを
メンバーの自信作()でお楽しみいただけます

20140531関谷奥9時56分15秒-1

自然観察センター横「ごろすけ館」にて
皆様のご来館をお待ちしております!!

1657797e

開催場所:自然観察センター隣接「ごろすけ館」
開催日時:9月30日(日)~12月23日(日)
開館時間:9時~16時半(休館:月曜日・月曜祝日の場合は翌日)


【カワセミファンクラブ 廣瀬】


☆カワセミファンクラブ定例写真展 実施中☆

野鳥

横浜自然観察の森友の会カワセミファンクラブのメンバーが
一年間撮りためた野鳥や昆虫写真の中から厳選した傑作()を
展示しています
素敵な野鳥・昆虫写真が「ごろすけ館」で皆様を
お待ちしております
ぜひご来館ください

虫

開催場所:自然観察センター隣接「ごろすけ館」
開催日時:4月1日(日)~6月2日(土)
開館時間:9時~16時半(休館:月曜日・月曜祝日の場合は翌日)

ごろすけ

【カワセミファンクラブ 廣瀬】






☆カワセミファンクラブ定例写真展 実施中☆

 
定例写真展①

横浜自然観察の森 友の会カワセミファンクラブのメンバーが
一年間撮りためた野鳥やチョウ・トンボ写真の中から
厳選した傑作(?)を展示しています。
素敵な野鳥やチョウ・トンボの写真がごろすけ館で
皆様をお待ちしております。
ぜひお立ち寄りください!
 
定例写真展②

開催場所:自然観察センター隣「ごろすけ館」
開催日時:4月2日(日)~6月3日(土)
開館時間:9時~16時半(月曜日休館・月曜祝日の場合は翌日休館)

ごろすけ館
【カワセミファンクラブ 廣瀬】

野鳥とんぼチョウの写真展を開催しました

写真展7157

  5月12日(土)から6月17日(日)まで恒例の写真店展を開催します。
 場所は、新しく出来ました横浜自然観察の森活動拠点です。
  展示写真は、横浜自然観察の森で見られた野鳥・チョウ・トンボの写真
です。 今日は展示初日ですが、早速横浜自然観察の森を訪れた来園者
の方にご覧になっていただきました。
  (ブログに写真を掲載することの事前了解をいただいております)
 
  この活動拠点は、横浜自然観察の森友の会が活動していないときは
閉まっており、まことに申し訳ございませんが、ご覧になることはできませ
んのでよろしくお願いいたします。
  活動日は土・休祭日に行っております。

ヒメウラナミジャノメ7143
ヒメウラナミジャノメ
アオスジアゲハ4511
アオスジアゲハ

 今横浜自然観察の森はハルジオンが咲き誇っております。
ヒメウラナミジャノメやアオスジアゲハ等多くのチョウが
食事に訪れております。
  天気の良い日は、自然がいっぱいの横浜自然観察の森
に来て、春の息吹を体全体で感じられたら如何でしょうか。

              カワセミファンクラブ  平野貞雄

もみじの紅葉真っ盛り

今年のチョウ・トンボの調査も終わり
今日は冬鳥の観察のために横浜自然観察
の森園内を歩いてみました。
園内の木々は葉を落とし、春に向けての準備に
入っています。
冬景色

今年は台風の影響で、園内の木々の紅葉はいまいちですが、
もみじの紅葉は、例年より遅いようで、今が一番綺麗です。
このもみじの紅葉は、のぎくの広場に行く途中で見れます。
紅葉

カワセミファンクラブ  平野

小さい秋見つけた

 今日の横浜自然観察の森は大変よい天気でした。
 今年の紅葉はいまいちですが、ハゼが綺麗に紅葉
していました。
ハゼ3594

 今日はモニ1000チョウの調査でしたが、こんなかわいい
昆虫を見つけました。
 花の直径が15mm程ですから、昆虫の大きさは5mm程度です。
ツユムシの仲間らしいのですが、種類は不明です。
不明3585

 チョウの調査と一緒にトンボの調査もしていますが、
この時期見られるトンボは、このアキアカネとオオアオイトトンボ
ぐらいです。
 ♀の方は羽がボロボロになっておりますが、子孫を残すために
一生懸命がばっている姿に感動を覚えました。
 チョウの法は、越冬種がほとんどですが、キタキチョウと
モンキチョウ・ヤマトシジミが頑張っています。
アキアカネ3596
                                 KFC 平野

オシドリがやってきました。

 横浜自然観察の森にオシドリがやってきました。
今日確認したのは、♂1羽と♀2羽ですがもっといるのでは
ないかと思われます。
 ♂はエクリプスから繁殖羽に向けての換羽途中で、
まだ頭の部分しか変化がありませんが、これからどんどん色変わり
していく状況が見られそうです。
 ハイドの窓から覗くときは静かにご覧になってください。
 また、窓からレンズや手を出さないよう、モラルを持って見ましょう。
余り、騒々しいとなかなか姿を見せてくれませんし、どこか別の場所へ
抜けてしまいます。
オシドリ3312

ホトトギスの花が咲き始めました。
日影にこっそり咲く姿は本当に綺麗です。
ホトトギス3311

  KFC 平野貞雄

秋の花の妖精たち

 今日の横浜自然観察の森は、27度まで上昇しました。
 歩くと汗ばむほどでしたが、それでも秋の気配が漂う
気持ちの良い日でした。

 今日10日はモニタリング1000里山「ちょう」の調査日。
横浜自然観察の森のちょうも段々種類が少なくなって

きています。
 それでも、園内のお花畑には、妖精たちが集まって
お食事会を開催していました。
 彼女たち、あるいは彼氏たちはいったいどんな話を
しているのでしょうか。
 今日見たチョウたちです。
 
モンシロチョウ
 モンシロチョウ3298
 
 モンキチョウ
  本当に久しぶりに見ました。
 モンキチョウ3302

 ヒメアカタテハ
  同じ場所で2頭見るなんて本当にラッキー
 ヒメアカタテハ3266
 
 ツマグロヒョウモン♂
  まだまだ頑張っています
  ツマグロヒョウモン3271
 
  ツバメシジミ
 ツバメシジミ3292
 
 キタテハ
  越冬種です
 キタテハ3277

 ウラナミシジミ
  秋口になると数が増えてきます
 ウラナミシジミ3300

赤トンボがよく見られるようになりました

アキアカネ♂0016

横浜自然観察の森も台風が来るごとに秋らしくなってきました。
今年は、赤トンボがなかなか見られませんでしたが、関屋奥の見晴台で
きれいなアキアカネの雄を見ました。

ウスバキトンボ♂0002

・このトンボはウスバキトンボの♂です。
今、横浜自然観察の森では空き地・広場で一番良く見られるトンボです。
このトンボは40日余りで卵から成虫にになります。
横浜自然観察の森でも産卵を見ていますが、非常に寒さに弱く
今見られるウスバキトンボも、春に南方から渡ってきたトンボの子供のまたその子供
いわゆる孫・ひ孫に相当する数世代後のトンボです。
・ちなみに、オニヤンマは卵から成虫になるには5年の歳月を必要としています。

多くの方が、アキアカネの♀と勘違いされているトンボです。
アキアカネとウスバキトンボの見分け方は、止まるときに、水平に止まるのが
アキアカネで、写真のように斜めに止まるのがウスバキトンボです。

カラスアゲハ♀0036

関屋奥の見晴台のヒガンバナに吸蜜に来たカラスアゲハの♀です。
大変色調の綺麗なカラスアゲハです。

KFC 平野

アジサイの花がきれいに咲いています

今は、 梅雨真っ盛り。
横浜自然観察の森園内では、ガクアジサイやアジサイの花が綺麗に咲いています。
アジサイの花は、土壌が酸性の場合はより青く、アルカリ性の場合は赤くなると聞いたことがあります。
そういえば、園内のアジサイも赤っぽいものや真っ青なものを見受けました。
(ガクアジサイ)
ガクアジサイ1631

ピクニック広場でネジバナが1本咲いていました。
ネジバナ1648
 
 ちなみに、ガクアジサイの花言葉は「 謙虚 」で、7月13日誕生日の花です。
 ネジバナの花言葉は「 思慕 」で、7月4日誕生日の花です。(ネットで調べました)

 今日は、モニタリング1000里山(チョウ)の調査日でしたが、生憎の梅雨空で、チョウも一寸葉蔭でお休み中なのか、なかなかその姿が見られませんでした。
 そんな中で、最近その姿をよく見るようになりました可憐なベニシジミです。
ベニシジミ1643
 KFC 平野
今日の情報
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ