2007年01月06日

楽園プーケット旅行!検淵廖璽吋奪肇侫.鵐織検次象のショー)5

楽園プーケット旅行!(バンコクからプーケットへ)
楽園プーケット旅行!(クラブメッドの部屋)

バンコクでサイアムニラミッドショーを見ていたので、それを上回るといわれる、プーケットファンタジーを私たち夫婦は本当に楽しみにしていました。そこでプーケットに到着した当日クラブメッドのオプショナルツアー、「プーケットファンタジー」を見に行くことを、その日29日にクラブメッドの受付に申し込みました。

勿論、プーケットファンタジーも、楽しく過ごすための様々な他の催し物への参加申し込みも、すんなり済んだのですが、その時のG・Oに
「この滞在中に是非!」
と熱心に勧められたのがピピ島スノーケリングツアーでした。

わが良人は子供の頃、入退院を繰り返していたので泳ぎが苦手。ママは日焼けが嫌い。そんな事情は、若く、お日様のようなエネルギーを放つ日本人女性G・Oは知る良しもなく
「プーケットのクラブメッドの一番力を入れているツアーです」
とからりと、でも強く勧めます。

その雰囲気に気押されそうになった其の時、我が良人が言いました。

「ここまできたんだ。これだけの組織を持つ中で、働いている人がこれだけ自信をもって勧めているんだ!挑戦してみよう!」

日焼けについては後で述べますが、良人のポジティブな熱意と、また
「新年をこの年齢になって未経験のものをはじめるのも悪くはない、いや、そういうものが目の前にあるこは、実はとても幸せなのではないか」
という思いと、もともと私が泳ぐのが好きで、美しい海に潜ることに興味があったことがあって、私は良人の目を見て頷きました。

果たして、12/30、31、1/1はG・Oの指導のもとで練習をし、1月2日に
「生まれてはじめて、ピーピー島の海でスノーケリングに挑む」
という平凡な中年夫婦にとっては、とてつもなく大きなハラハラドキドキの企画を立てたのでした。

さて、全ての申し込みを済ませた私たちはクラブメッドのダイニングで急いで夕食をとり、象やその他の動物を使った壮大なショーが見られるという、プーケットファンタジーに出かけました。

このツアーは流暢なフランス語と英語を話す若い気さくなタイ人男性のG・Oが同行してくれました。参加者はフランス人家族、関西からいらした家族、そして私たち夫婦です。フランス人の奥様は黒色で光るシルク生地の、とてもエレガントなワンピースを召していらっしゃり、とても素敵でした。

これがプーケットファンタジーの出入り口付近です。


 

ファンタジー4

光の中を通って、夢の世界に入場。
こうしたセンスは
ディズニーランドのようです。





ファンタジー6クリスマス後でしたが
キリスト教国と同じで、
クリスマス風のイルミネーションが
そのまま残っていて
綺麗でした。



ファンタジー5この建物の中で
ショーが行われます。






ファンタジー7

とにかく大勢の人が
このショーを見に
どんどん会場に入って行き
こんな通路付近から既に
熱気があります。


残念なことに写真を撮る事を禁止されていていました。

でも、本当に楽しいショーでした。ダンス、サーカス、マジック、等盛りだくさんのパフォーマンス。出演者のレベルは高いし、構成がとてもいいので、お客を厭きさせません。
Fantasy of a Kingdom Show



とりわけ象やその他の動物達のパフォーマンスに心を奪われました。特に数匹の象がお座りをしたり、二本足で立ったり、ずらりと並び、鼻をくるんと巻いてパオーンと客席にアピールする姿が愛らしくいじらしい。
Fantasy of a Kingdom Show
象使いの人々は、象の大きな体や耳に隠れて黒子に徹しています。ここまでに至った象や彼らのことを思うと、どうしても目がじんわりとしてしまうのでした。

こうして21:30に始まったショーは10:45分に観客の目をひきつけたまま終了しました。本当にいいショーでした。この舞台に関わる人々の真摯な姿勢に敬意を払う意味でも同行したフランス人のマダムのように、夜の服装で来るべきでした。

ショーが終わったあとは、出演した子象たちが外で私たちを見送ってくれました。ここでは象と一緒に写真を撮影することが出来ます。象使いの人々にチップを求められますが、彼らは撮影時、象にポーズをとらせたりしてくれます。

ファンタジー3出口にはクラブメッドのG・Oとミニバスが私たちを待っていました。
そして、11:45分には施設に到着し、私たちは明日のために急いで床に入り、12時過ぎには心地よい眠りにつくことが出来たのでした。







続く
次回は象のトレッキングツアーの様子です。

象のトレッキング




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 旅行の1週間前でも困らない英会話  [ 旅行の1週間前でも困らない英会話 ]   2007年06月07日 19:42
旅行の1週間前でも困らない英会話の注目情報の検討を進める中で、調査費など最近色々とお金が

この記事へのコメント

1. Posted by sirirak   2007年01月07日 15:35
中年夫婦なんて何をおっしゃいます!
ジェネレーションなど関係ありませんよ〜これから一番楽しい我が年代(油がのってる?!時期は過ぎたかも・・・あははっ)
プーケットファンタジーは昼間行ったので夜がこんなに素敵なイリュミネーションとは思いませんでした。
やはり再挑戦!今年の年末か!(ってまだ今年が始まったばかりじゃ)
2. Posted by ママ・チットロム   2007年01月08日 01:27
sirirakさんへ
励ましていただき有難うございます!
そうですね!
これからをもっと楽しい年代にしていかなくてはいけませんね!
プーケットファンタジーのショーは本当に行って良かったです。象がますます好きになりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔