スマホ口コミ評価速報

スマートフォンやタブレットの口コミ評価をお届けします。速報性を優先しているので、不具合情報などは必ずしも正確とは限りませんのでご了承くださいな。また、コメント欄では皆様からの評価、不具合報告などお待ちしていまする。

2016年版の次期Nexus、2つのパーティションが確認。目玉機能は「シームレス・アップデート」搭載が確実の模様

このエントリーをはてなブックマークに追加
201608240156

秋ごろにリリースが予定されている2016年版の新型Nexus、「Marlin」および「Sailfish」。

これら次期Nexusモデルのストレージ内には2つの区切られたパーティション(領域)が存在することが明らかになりました。

XDAのユーザーでもありHTC機種についての有名リーカーが伝えたもので、これはおそらく、Googleが以前発表したAndroid 7.0以降に搭載する「シームレスアップデート」のための仕様。


ストレージを2つのパーティションに区切り、そのうちの一つをアップデート用領域として使用することで、端末を使用している最中でもバックグラウンドでのアップデートダウンロード・インストールが可能になるというもの。

アップデートのインストール完了ののち、動作するパーティションを入れ替えることでアップデートにかかる時間を大幅に短縮できるそうです。

また、アップデート直後は事実上、2つのOSが存在することになるため、万が一アップデートに失敗してもシステムがおかしくなる、といった心配も無用とのこと。

ただ、この方法には欠点もあり、2つのパーティションが存在するということは理論上、ストレージの空き領域も2倍必要になる、ということ。

つまり、OSアップデートの為だけでに常に約半分のストレージ領域を空の状態にしておく必要がある、ということだと思います。

長短両面のあるこの機能ですが、ストレージ容量の問題さえ解決できれば便利・安心な機能。ある意味、新型Nexusの目玉機能になりそうですね。 




マシュマロ・アプデが切られたau版Xperia Z3、Android 6.0バージョンアップの署名運動が開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
201608110009

先日、ドコモ版にはAndroid 6.0バージョンアップが提供された「Xperia Z3」。

このモデルはauとSoftbankからも販売されていますが、ご存知のように、これら2キャリアのZ3に対してマシュマロ・アップデートは提供されません。

そんな中、au版のXperia Z3 SOL26について、このAndroid 6.0へのアップデート提供を求める署名運動がネット上で始まったようです。

昨日始まったばかりのようで、今のところの賛同者は5名程度。

ただ、アップデート打ち切りが判明した直後は相当な数の不満の声が挙がっていたことを考えると、今後一気に賛同者が増える可能性もありますね。

一方、auがこの署名運動によって「じゃあ」とAndroid 6.0アプデを提供するとは考えにくいです。

ただ、今後、他機種のアップデート予定に対する若干のプレッシャーにはなるかもしれませんね。

ソース 

AQUOS mini SH-M03でバッテリー異常消費。スリープに入らない「不眠症」が原因の模様

このエントリーをはてなブックマークに追加
201608020121

先月末にリリースされたシャープのSIMフリースマホ、「AQUOS mini SH-M03」。

同じSIMフリーの「arrows M03」ほどの注目機種とはまでは行きませんが、国産SIMフリーを好むユーザーの間ではそこそこ人気があるようですね。

ただ、このSH-M03、一部のユーザーかバッテリーの異常消費および電池持ちが非常に悪いという報告が挙がっています。

この問題、ちょっと調べてみたところ、原因は画面がオフの状態でも端末がスリープにはいらないという、いわゆる「不眠症」と呼ばれる症状の模様。

バッテリー使用履歴をみても「スリープなし」の一直線状態になるようです。

ただこの不眠症問題、2ちゃんねる上ではすでに対処法も発見されている模様。

AQUOS mini SH-M03でスリープに入らずバッテリー異常消費する際の直し方:

要はロック画面の設定周りに何らかの不具合・バグがあるようですね。

・「設定」→「セキュリティー」→「画面ロック」
・現在のロックの解除パターンを求められるので、入力
・画面ロックの選択画面で、自分の端末で使いたい画面ロックを選択
・ロックを設定すると「起動の保護」という画面が出る
・ここで「必須としない」を選択

これでとりあえず、端末がスリープ状態に入らず電池を異常消費する、という症状はおさまるようです。

この方法はもちろん応急措置でしかなにので、迅速なアップデートによる修正に期待したいところです。
 

インスタグラムで開けない・落ちる不具合が発生中。改善方法あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
201607260128

写真アプリ、Instagramで数時間前よりアプリが開けない、あるいはすぐに落ちるといった不具合報告が大量に挙がっています。

最も多い症例としては、本日リリースされたiOS向けのアップデート後にアプリが開かなくなったという事象。


ただ、アップデートをしていないユーザーでも同様の症状が出ているようなので、アップデート提供と同時にサーバー側になんらかのバグが発生しているのかもしれません。

ただこのトラブル、インスタグラム自体を一度アンインストール後、再インストールをすれば解消する模様。

お困りの方は一度お試しください。

iPhoneのストレージ容量、いまだに約5割が16GBモデルを購入

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのモデル/ストレージ別の売上データが掲載されていました。

以下はiPhone 6s/6s Plusが発売された昨年9月から今年6月までの推移を表したもの。

201607191904

6月の時点で一番多いのがiPhone 6sの16GBモデル。

正確な%までは分かりませんが、その他の機種も含めると全体の半分程度は16GBモデルで占められています。

また、過去9ヶ月間でも昨年9月から3ヶ月毎に内訳が大きく変化しているのが興味深いですね。

iPhone 6あたりからでしょうか。
アップルがエントリーモデルを16GBとして、その上を64GB、128GBとしていることに対して、「半強制的に64GB以上のモデルを買わせようとしている」と批評されることも度々。

ただ、この統計を見る限り、16GBモデルの需要はまだまだ高いと言えるのかもしれませんね。 

ちなみに今秋発売の「iPhone 7」シリーズでは16GBが廃止され、32GBがベースモデルになると言われています。 

iPhone SEユーザー、半数以上が購入を「後悔」。他モデルにしておけば・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月に発売された4.3インチの「iPhone SE」。

小型スマホへの需要に応えたためか、そこそこ売れてはいるようですが、このiPhone SEの購入者について興味深いアンケート結果がありました。

iPhone SEを買って満足していますか?という趣旨の質問で回答は以下のとおり:

201607121351

「満足している」との回答が44%、「iPhone 6s/6s Plusを買うべきだった」が29%、「iPhone 5や5sなどの古い端末を使い続けるべきだった」が11%、「その他の端末を使い続けるべきだった」が16%となっています。

つまり、端的にいうと購入者の5割以上がiPhone SEの購入を後悔しているとも言えます。

どんな機種でも欠点はあるものですが、購入者の55%が旧モデル、あるいは別機種にしておけばよかったと感じる機種はよほどの不具合多発機種ではないでしょうか。
  
iPhone SEはサイズ以外のスペック面ではiPhone 6sと同等でこれといった不具合もなく、端末自体の評判は悪くはありません。

よって、端末自体への不満、というよりも時期的な要因が大きいような気もします。

次期iPhone、「iPhone 7」を待っておけばよかったと感じている購入者も多いのかもしれませんね。

ソース

サムスン、7インチの巨大ファブレット、Galaxy J Maxをリリースか

このエントリーをはてなブックマークに追加
201607071124

サムスンが7インチの超巨大ファブレットを開発している模様です。

有名リーカーの@evleaksがtwitter上で明らかにしたもの。


Galaxy J Maxという名称の新モデル。

7インチという具体的なディスプレイサイズがどこから出てきたのかは不明ですが、カメラレンズとの比率から見る限り7インチ程度のサイズであっても全くおかしくはありませんね。

また、これはもちろんサムスンのファブレットとしては過去最大サイズ。

Galaxy Jシリーズは日本ではあまり馴染みがありあせんが、海外では「Galaxy J」から続くミッドレンジの人気ライン。

これにファブレット版が加わるということになりますが、7インチとなるともうファブレットではなくタブレットですねよね。。。

これで電話するとなるとチョット、、、という気はしますがニッチな需要はあるのかもしれません。 

ソース 

Antutu、2016年上半期のベスト・パフォーマンス機種トップ10を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
201607060853

2016年上半期にベンチマークスコア・アプリ、Antutuで測定されたスマートフォンのスコア、トップ10が発表されていました。

最低でも2000個のサンプル・データがある機種のスコアの平均値とのことなので、統計的にはかなり有意な結果とみて良いと思います。

1位は「OnePlus 3」で唯一14万点台を出しています。

あまり見かけない機種がずらりと並んでいますが、大半はSnapdragon 820搭載機種ですね。

国内でも販売されている機種で唯一ランクインしているのはGalaxy S7 Edgeのみ。

ただ、Xperia X PerformanceやAQUOSなど、S820搭載の国内モデルはすべて6月以降にリリースされているので、これらのモデルがこのランキングでどの程度の位置になるのかは不明です。

また、10位までのランキングではトップと最下位の差は10000程度なので、特定の機種がずば抜けて優秀、というわけではなさそうです。

ソース
オススメ記事
機種名