Image201309015


新型Nexus7で発売当初から報告が挙がっているタッチスクリーンの感度不具合。どうやら先日のアップデート後もどうやら症状は完治していないようですね。

最新のビルト番号、JSS15Qへのアプデ後も不具合が改善されていないとの報告は海外の大手サイトでも複数取り上げられているくらいなので、ほぼ確実な情報だと思います。
以前、キャンディークラッシュをやっていると突然タッチ反応をしなくなる、という症状をお伝えしましたが、確かに最新のビルト番号へアップデート後もたまに症状が出ます。

また、米国での発売直後にこちらでもちらっとお伝えしたのですが、この症状、どうやらアース不良が原因である可能性が濃厚になっています。

価格.comや他の海外サイトでも、タッチがズレる、勝手に反応する「お化けタップ現象」などについては机の上などの上に置いた状態やカバーをかけた状態、つまり絶縁状態で使用すると発生しやすいとの指摘が複数見られます。逆に、充電中や裸で端末を持っての操作では発生しにくいようです。

また、youtubeなどには症状を報告するかなりの数の動画がアップされていますが、そのほとんどが以下のように絶縁状態で撮影されているものとなっています。

 

 

アース絶縁が不具合発生の絶対条件ではないようなので(現に、私の端末では手に持った状態でもフリックが無反応になることがあるので)、他にも問題はある可能性は十分にありますが、一つの発生原因である可能性は高いと思います。

また、一部ではアップデート後のほうがむしろ症状が悪化したとの報告もあるぐらいです。

タブレットはスマホと比べてもどこかに置いた状態で使うケースが多いので、結構困ってしまう問題ですね。
新Nexus 7、個人的には良い端末だとは思いますが色々と問題がありますね。。。