201405170910

23日に発売を控えたドコモの夏モデル主力機種「Xperia Z2 SO-03F」。
前回の記事を書いた時とくらべてホットモックを触った人も多くなってきましたね。

それと同時に、心配される問題もでてきました。
以前、海外版で発生しているとお伝えした4Kでの動画撮影の際に異常発熱をしてカメラがすぐに落ちてしまう、という症状で、国内のSO-03Fでも実機を触ったユーザーさんから複数の報告が挙がっています。


もちろん、発熱の際に機能が制限されるのは、これ自体は不具合ではありません。
長時間カメラを使っていて発熱でカメラが落ちる、というのであればある程度許容範囲かもしれませんが、海外では4Kだとカメラが2分と持たず落ちる報告も挙がっており、これはかなり問題ではないかと思います。

一番の売りとも言ってもいい4K動画の撮影でカメラが異常発熱をしてまともに使えない、というのは確実に不具合だと思います。
まあ、動画撮影をほとんどしない方にはあまり問題のない不具合ですが、4K動画に期待をしている方にとっては致命的とも言える不具合だと思います。

また、海外と国内実機とですでにこれだけの報告があることから、日本での発売後も相当数の発生報告が上がってくることが予想されます。

発売まで一週間を切っているので製品版で問題が解消されているとは思えませんが、ソニーさんには迅速な修正アップデートをお願いしたいですね。