201411191911

先日WiFi経由でのアップデートが開始されたAndroid 5.0ですが、OTAアップデート後、一部アプリが勝手に消え、再インストールもできないというかなり深刻な不具合が発生しているようです。

具体的に影響を受けているのは、Adobe Airというアプリ開発ツールを使って作られたアプリで、再インストールをしようとしても上のような「505」エラーメッセージが出てしまうようです。

Adobe Airはソーシャルゲーム系のアプリやチャットアプリなどでよく使われているそうなのですが、どのアプリが使って作られているのか、素人ではなかなか分からないため、非常に厄介な問題ですね。

ただ、この問題、Android 5.0にOTAアップデートをする前にインストールしてあったアプリのみで発生しているようで、初めてくインストールをする場合や、初期が後にインストールをする場合には問題がない模様です。

ちなみに、この問題は、アプリのAndroid 5.0への対応・未対応とは全くの別問題らしく、現在、GoogleとAdobeが調査中とのこと。

私はほとんどゲームをしないためか、今のところ、影響を受けているアプリは見つかっていません。
ただ、頻繁にゲームをする方は相当注意したほうがいいと思います。