AnandTechグーグルの最新ネクサススマートフォン「Nexus 6」ですが、あるテストにより、Nexus 5よりも動作が遅いという結果がでたようです。

Android 5.0を標準搭載したNexus 6ではデフォルトで「端末の暗号化」がされています。
そしてAnandTechが行った調査によると、Nexus 6はこの端末の暗号化が原因でパフォーマンスが著しく低下しており、結果的にNexus 5以下であることが判明したようです。

201411210839

具体的にNexus 5と比較して遅いのは読み込み速度。
上のグラフで「Google Nexus 6」と表記されているのが、デフォルトで暗号化されているNexus 6です。
ご覧のようにNexus 6の「ランダム読み込み」と「シーケンシャル読み込み」がLollipop搭載のNexus 5よりも30-40%遅いことが分かります。

これらの読み込み速度が実際の操作感にどの程度影響を与えるのかは不明ですが、4割遅い、というのはかなり体感できるレベルではないかと思います。

そしてさらに問題なのは、現在のところ、Nexus 6ではこの「端末の暗号化」をオフに出来ないという点。
XDAなどではパッチを当てる?などで無効化する方法も紹介されているようですが、ちょっと知識の必要な方法のようです。

Android 5.0.1アップデートでオフに出来るよう改善されることを祈りましょう。 

関連記事: Nexus 6、「端末の暗号化」により動作がカクつく、モッサリするなどの症状がでている模様。