201411211545

今年もあと一ヶ月と10日ほど。
発売時期すら不明なNexus 6を除き、日本での今年発売予定のメジャーな機種は全て出揃いましたね。

そんな中、Expert ReviewsがiPhone 6やXperia Z3、Galaxy Noteなどなど、最近のスマートフォン60機種の電池持ち比較し、結果を発表していました。

比較検証の方法はディスプレイの輝度を一定にし、同じ動画を自動的に何度も再生し続けるというもの(なぜか『スパイダーマン2』だそうです)

電池持ち比較の結果は以下のとおり:
smartphone_battery_life_2014
よくもまあ、60機種もテストしたなあ、と感心ですね。
ある程度予想はできていましたが、やはり、XperiaシリーズとGalaxyシリーズが上位を独占している感じですね。

そして、見事1位に輝いたのはXperia Z3 Compact
あの小型ボディーで兄貴分のXperia Z3よりもバッテリー持ちが良いというのはかなり驚きです。

ちなみにiPhoneシリーズについては、やはりバッテリー容量が一番大きいiPhone 6 Plusが11位。
しかし、iPhone 6に関しては16位と、iPhone 5sよりも電池持ちが悪い、という結果になってしまいました。

なお、1位のXperia Z3 Compactはディスプレイが4.6インチと、4.7インチのiPhone 6とほぼ同サイズですが、バッテリーサイズはZ3 Compactが2600mAhなのに対して、iPhone 6は1810 mAhとなっています。
やはり、このバッテリー容量がこの順位の差となったのでしょうかね。 

もちろん、普段、20時間もぶっ続けで動画を見ることは稀なので、これだけで体感での電池持ちを的確に評価できているとは思いませんが、一つの指標にはなると思います。