201412292110

ロリポップこと「Android 5.0」や「Android 5.0.1」を搭載したNexus機種で複数の報告が挙がっているメモリーリーク問題が公式に不具合として確認されたようです。

具体的には、全てのアプリを閉じた状態でも異常にメモリーの消費量が多いというこの症状。通常ならば500MB程度であるはずが、1.2GBも使用されているという状況が発生しているようです。
しかし、この度、GoogleのAOSPフォーラムのユーザーが、ディスプレイがオフになっている状態で“system_server”というプロセスがこのメモリーリークの原因になっていると指摘。

これを受け、Googleのプロジェクトメンバーも不具合を公式に確認したようで、同スレッドのステータスがFutureReleaseに変更されました。

PHANDROIDによると、これはGoogle側が問題を認識し、次回以降のアップデートで修正されるという意味だそうです。

なお、「次回以降のアップデート」ですが、順番で行けば「Android 5.0.2」となるはずですが、5.0.2はおそらくAndroid 5.0を搭載されたNexus 7 2012のみに提供されるようです。

よって、おそらくNexus 7 2012以外のNexus機種に提供される次期アップデートはAndroid 5.0.3になると思われます。 

一方、このメモリーリーク問題は、一部でAnroid 5.0以降の異常なバッテリー消費問題の元凶との指摘もあります。
よって、メモリリーク問題が解決すれば、バッテリードレイン問題も必然的に改善すると思われますので、結構期待できそうですね。