201502100844


最近、「問題が発生したため〇〇を終了します」といったエラーメッセージが出て、特定のアプリやプロセスが強制終了してしまうという不具合を頻繁に見かけます。

端末やOSによっては「予期せぬエラーが発生したため・・・」という文体の場合もあるようですが、基本的には同じことのようですね。

特にXperia Z3やZ3 CompactなどのAndroid 4.4以降の機種での報告が多いという印象を受けますが、これは単にユーザー数の問題かもしれません。

よく見かける症状としては:
  • 問題が発生したためChromeを終了します
  • 問題が発生したため連絡先を終了します
  • 問題が発生したためwalkmanを終了します
  • 問題が発生したため、スケジュール&メモを終了します
この「問題が発生したため」問題、様々な発生例があり、一概には言えませんが、一般的に多い原因としては以下の様なもののようです:

・SDカードの破損・接触不良
音楽アプリやギャラリーアプリなどが破損したmicro SD、もしくは破損したmicroSD内のデータにアクセスしようとして強制終了してしまうという場合があるようです。

この場合、解決策は基本的にSDカードのフォーマットしかありませんが、とりあえずは問題特定のため、端末からSDカードを取り外して様子を見てみましょう。

・Android 4.4以降のSDカードへのアクセス制限
Android 4.4では基本的に第三者アプリによるSDカードへの書き込みができなくなりました。
これにより、一部アプリがアクセス制限にも関わらずSDカードへの書き込みを行おうとしてエラーを起こしているケースが結構あるようです。

一度、microSDカードを外してみて、問題が改善するかチェックしてみましょう。

キャッシュの問題
アプリのキャッシュが何らかのエラーを引き起こしていることは非常に良くあります。
特ににアプリのアップデート直後に多いという印象を受けます。
こういった場合は、「設定」→「アプリ」→「キャッシュの削除」から怪しいと思われるアプリのキャッシュを削除してみましょう。

・省バッテリー・タスクキラー系アプリ

バッテリーの使用量をモニターしたり、バックグラウンドプロセスを自動的に停止するタスクキラー系のアプリが許可されていないタスクまでキルしようとして問題を起こしている場合があるようです。

基本的に、Android 4.x以降のスマホにはタスクキラーは必要ないと言われています。
どうしても必要ならばまた再インストールすればいいだけなので、とりあえず、これらのアプリを削除して様子見をしてみましょう。

・アプリ自体の不具合・OSへの未対応
アプリ自体にバグが有るということも少なくありません。また、最新OSに対応していない古いアプリがバックグラウンドで動いていると、この「問題が発生したため」メッセージが出ることもあるようです。

関連記事:
「問題が発生したためブラウザを終了します」不具合の対処・改善方法