201612191242

Galaxy Note 7のバッテリー爆発不具合とリコール問題。

2017年のスマホ関連の事件としては最もショッキングなニュースだったと言っても過言ではないと思います。

この爆発・炎上はバッテリーの欠陥が原因だとは言われていますが、具体的な問題箇所についてはまだサムスンの調査結果待ちの状態です。

そんな中、このNote 7の後継機となるGalaxy Note 8についてちょっと興味深い情報がでてきました。

Android Authorityが伝えたもので、これによるとGalaxy Note 8にはLG製のバッテリーが搭載される可能性が高いとのこと。

現在、GalaxyシリーズのバッテリーはSamsung SDIと中国のATLというサプライヤーが供給しています。

ただ、LG製バッテリーはこれらのサプライヤーのバッテリーと完全に置き換わるということではなく、あくまでNote 8向けバッテリーの1サプライヤーになるということのようです。

なお、今回のバッテリー調達先の追加がNote 7でのバッテリー問題と関連性があるのかは不明。

ただ、わざわざライバル会社からバッテリーを調達しなければいけないというのは、なんらかの事情がありそうですね。