本気で営業~地域と共に~

AC長野パルセイロ 営業事業部・営業担当 大橋良隆のブログ!! 営業指針 『地域と共に』

ハシです。

昨日は、ブログを更新せず。
三日坊主
試合で疲れてしまい、更新する気力もなく眠りにつきました。


単なる言い訳です


昨日は、寒い中Uスタにお越しいただき、ありがとうございました。

レディースリーグ開幕戦勝利!!

パルセイロに関わる人達、みんなで勝ち取りました☆
おめでとうございます。



トップチームは、残念ながら負けてしまいました。
敗戦を引きずる事は、良くない。
今週のトレーニングでしっかりと課題を修正してくれます。
期待してください。

そして今シーズンUスタ、全勝中!!
まだ2試合しかしてないと言うのは、関係ない。

この連勝をどんどん伸ばしていきましょう。
Uスタ勝利ジンクス作りましょう。

しっかりと足元を見つめながら、ポジティブに前に進んでいく。
過去は、変えられない。
ネガティブな事も言ってられない。

現在、未来をしっかりと見据えて一歩一歩すすむだけ。

4月2日トップチーム福島戦、一体となり全員で勝利をつかみ取りましょう。

沢山の方のご来場をお待ちしております。

こんばんは。大橋です!

明日は、いよいよレディース開幕戦。

相手は、浦和レッズレディース。

自分が生まれ育った街にあるチーム。

なんて事は関係ない。
今は長野!!
今住んでる場所が、地元!
パルセイロが勝てるように、自分のやれることをやるのみ。

なでしこ1部で、優勝候補筆頭とも思われるチーム。
そんなチームにも向かっていくのが、パルセイロ☆
明日の開幕戦、皆で一丸となって戦いましょう。
1人よりも2人、2人よりも3人、100人よりも1000人、1000人よりも5000人、5000人よりももっとたくさんの人数で力を合わせて戦いましょう!!

座席の準備は、バッチリです☆
多くのサポーターの方と一緒に、座席拭きしました。
レディースの選手も開幕に向けて、座席拭きをしました。

見せつけてやりましょう!
長野の一体感☆

たくさんの方のお越しをお待ちしております👍



AC長野パルセイロ
営業担当  大橋良隆

こんばんは。

ハシです。


今日は、週一回行ってきたパルセイロサッカースクール須坂校の年度最終日。

そして、自分が行う最後のサッカースクールでした。
卒業です。

指導者として右も左もわからずに、今までの自分の経験を元にやってきた指導。

一年間やってきて、子供からも多くの事を学ばせてもらい、一緒にやってきたスクールでした。

何が出来たかと言うと、正直わからない。

けれど、サッカーの楽しさ・体を動かす事の楽しさを子供達には伝える事が出来たんじゃないかとは思う。
自分が受け持ったクラスは、年間でも休む子が少なかった。
それだけでも何だか、非常にうれしい気持ちになる。

これでスクールからは、離れてしまうが今後の彼ら彼女らの活躍に期待したいと思います。


そしてこの時期は、世の中の体制が変わる時期。
自分としても2年目は、勝負の年になると思う。

営業として、第一は、応援してくださる企業様を増やす事。
2番目は、観客入場者を増やす事。
この2つが大きな目標になる。

今年はスタジアム内で、パルTV、パルセイロだよ全員集合、アフターザゲームに出演する機会が増えてくる。
自分としても新たなチャレンジ。
スタジアムでしか味わえないものをお届けできるようにやっていきたいと思う。

チームにとってプラスになることを、小さい事からコツコツ積み上げていく。

皆さんにご協力をお願いする事もたくさんあると思いますが、その時は、よろしくお願いします。


image1 (002)








せな












これも営業。


新グッズ出てますよ。

上の写真の森田コーチ(左)と能本コーチ(右)が持っている・身につけているのは、2017シーズンの新グッズ。
タオルマフラー。エンブレムがついてます!!
グリップ付きフラッグ。スタジアムの一か所で多くの人達で振ってたらカッコよさそうですね。
バンダナ。使い方は、あなた次第。色んな応用も効きそうです。
そして能本コーチと下の写真の三浦レディース運営担当が身につけているのが、
ショルダーバッグ。普段の街中でも使いやすいデザイン、さりげなく入っているパルセイロのロゴもおしゃれです。

3月26日のレディース戦、グッズ売り場で販売されてますので、良かったら手に取ってみて買っていただけたらと思います。

チームみんなでこんな感じでやってます。

クオリティーに関しましては、いろいろ考えないでください(笑)
ブログセンスの方がちょっと。。。
すいません(^O^)

3月26日レディース、リーグ開幕戦。
皆様の沢山のご来場をお待ちしております。


このページのトップヘ