蕎麦とラーメン食べ歩き と読書のブログ

蕎麦とラーメンの食べ歩きと読書のブログです。蕎麦は、結構詳しいので、蕎麦の評価は信用出来ると思います。ラーメンは、素人です。読書傾向は偏りがちです。

 お薦めの本を紹介してください!  コメント欄ではちょっと・・・。という方は、メールください。生意気言ってすみませんが、「恋愛もの」以外でお願いします。     

拉麺 阿修羅 (船橋市)

2017年12月13日

以前も書きましたが、僕のいる業界は談合というモノが全くない業界でして、大きな案件程、叩き合いで利益が無いのですが、それでも取らなければならないので、特値申請しましたら却下されてしまいました。以下上司からの返信メール抜粋です。

価格だけでとるなら営業マンいらないよ。会社の利益のために1円でも努力することで育ってきたんじゃないの?

なんて返信が着ました。こっちは長年のデータと分析で受注ラインを割り出して申請しとんじゃい!と叫びましたが、小心者なので、勿論直接は言えないので、こっそりミツオ先輩のPCからこの上司にメールしてやろうかと思ってます。(*´∇`*)

で、今日のランチは『拉麺 阿修羅』さんに行ってきました。毎回書きますがこちらの「胡麻らーめん」は他では食べる事が出来ない味なんで定期的にお伺いしたくなるんですね。

特製胡麻らーめん
「特製胡麻らーめん」(1000円)です。スープは毎回毎回同じ事を書くのですが、このマイルド感ある胡麻スープがめちゃめちゃ美味しいんです。そしてこのスープに合わす、細ストレート麺が美味しいんですね。この美味しいスープを吸ったこの麺は最強タッグです。

この胡麻らーめんは、スープまで完食する率100%です。大満足でした。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ
続きを読む

人形町 兎屋

2017年12月12日

少し早いですが、2017年を振り返りまして一番印象に残っているのは息子の国体出場ですね。中古で購入した「タント」で愛媛まで半日かけて応援に行きまして、成績はパッとしなかったのですが、興奮させて頂きました。そして来年の福井県で開催される国体にも「タントで行くぜ!」なんて盛り上がったのですが、もう今年限りで辞めるそうです。このチャンスを逃すと僕は福井県に行く事なく死んでいきますね。(*´∇`*)

で、今日は人形町で打ち合わせがありましたので、チェックしていた(中休みがあり1回フラれてます)店に行ってきました。

兎屋
中央区日本橋人形町3−9−2 『人形町 兎屋』さんです。前回は15時過ぎにお伺いしまして【中休み】でフラれてしまいましてやっとお伺いする事が出来ました。13時半過ぎの訪問で外待ちがありました。人気店になってますね。メニュー的には、「らーめん」と「つけめん」という感じです。今日は「つけめん」という気分でしたので、

つけめん
「つけめん(大盛)」(950円)を頂きました。スープは最初の方は少し【オイリーさ】を感じるのですが、食べ進めるうちに鶏の旨味の加減が穏やかになりまして優等生なスープで美味しいですね。魚介はこれを下支えしてまして最後まで飽きない演出です。こちらの「つけめん」の最大の特徴は、この平打ちのピロッとした太麺ですね。この麺は凄く美味しいです!この麺の美味しさを際立たせる為に作られたスープという感じの構成で、想像以上に多い麺量に(客先でカステラを5切れも食べてしまいました)最初は食べきれるか不安だったのですが全然問題なく、余裕で頂けました。

満足しました。次は「らーめん」を食べてみます。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

Ramen ドゥエ Edo Japan (千代田区内幸町)

2017年12月11日

僕がチェックしている「流通ニュース」を見ようとしたら、

流通ニュース



















こんな感じになってまして、金曜日辺りから見れません。因みにPCでも見れないです。金融情報は盗まれたくないですね。(*´∇`*)

で、今日は霞が関で商談がありましたので、『Ramen ドゥエ Edo Japan 』さんに行ってきました。新しいメニューもありまして(何とか「せいろ」が魅力的でした)色々迷ったのですが、

醤油らぁ麺
「醤油らぁ麺」(1000円)+「替え玉」(150円)を頂きました。スープは、凄く軽やかで温度が高いうちは、醤油が前面に押し出してきて醤油の美味しさをガッチリと感じるスープで美味しいです!スープ温度が落ち着くと鶏の旨味も主張するバランスタイプの落ち着いた味に変化していきまして、この時のスープも美味しいですね。麺は滑らかな細ストレート麺でスープをしっかり吸って美味しい麺ですね。そしてワンタンがまた美味しい!

最後に替え玉を頂きまして、お腹も一杯になりまして満足しました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ
続きを読む

12月に読んだ本

2017年12月読んだ本

2017年12月



































12月に読んだ本です。ブログアップはまだ未定ですが、今月はこれに、浅田次郎の新刊と真山仁の新刊辺りを読む予定です。( ´∀`)つ

決戦!大坂城

決戦!大坂城
『決戦!大坂城』です。「決戦!」シリーズの第2弾です。今回は、

『鳳凰記』(葉室麟)
『日ノ本一の兵』(木下昌輝)
『十万両を食う』(富樫倫太郎)
『五霊戦鬼』(乾緑郎)
『忠直の檻』(天野純希)
『黄金児』(沖方丁)
『男が立たぬ』(伊東潤)


からなる7人の作家の競作です。決戦シリーズの題材的には、僕的に【大坂城】が一番惹きかありました。次郎的ランキングは下記の通りです。

1位『鳳凰記』(葉室麟)
2位『十万両を食う』(富樫倫太郎)
3位『男が立たぬ』(伊東潤)
4位『忠直の檻』(天野純希)
5位『五霊戦鬼』(乾緑郎)
6位『黄金児』(沖方丁)
7位『日ノ本一の兵』(木下昌輝)


1位の『鳳凰記』は奥深い作品に仕上がっていて楽しめました。慶長16年の1月、豊臣秀吉の正室で落飾して高台院と呼ばれている寧々が、新年の祝賀と称して大坂城に訪れた事から物語は始まります。後陽成天皇の言葉として、豊臣家に朝廷を守ってもらいたいという話しだったんですね。

「帝の思し召しはありがたく承りますが、されど、いまの豊臣に徳川と張り合うほどの力がありますかどうか」
寧々は頭を縦に振って言葉を添えた。
「そのことはわたくしも承知しています。されど、豊臣家のほかに朝廷をお守りすることができる者はおりますまい。それに徳川殿は既に七十歳になられておる。徳川殿か亡くなられた後、秀忠殿では大名はまとまりますまい。時が武器となりましょう。一日、一日と徳川殿のいのちを削いでゆけば、秀頼殿の天下となり、帝をお守りする盾となることもできるのではありますまいか」
一日、一日と家康のいのちを削ぐのだ、という寧々の言葉に茶々は大きく頭を縦に振った。


ここがこの作品の肝ですね。この視点は面白い。大坂の役を舞台に、女人としての茶々と家康の戦いが描かれていて面白かったです。

2位の『十万両を食う』は、大坂夏の陣を舞台にした、米商人の【近江屋伊三郎】が主人公の物語です。大坂冬の陣の前に、高騰した米価のおかげで大儲けをしたんですね。そして、伊三郎は【長い戦になる!】と予想して、まだまだ米価は高値をつけると踏んで、自分の金だけでなく、親戚や同業者からまで借金して金を掻き集めて米を買い付けたんですね。一年や二年は続くと伊三郎が見込んだ大坂冬の陣は、わずか二カ月足らずで終結し、大坂に集結していた諸大名が帰国を始めるや、米価は暴落したんですね。
四十年以上も続いてきた近江屋が破産の危機に立たされている時に、一発逆転の話が舞い込むんですね。商人の視点での大坂冬の陣の話だけでも十分面白いのに(よくある歴史ミステリーではあるのですが)しっかりと歴史小説的としてのエンタメ的な要素が織り込められていて楽しめました。詳細は省きますが、国松の脱出には、この手があったか!なんて思いましてランキング2位にしました。

3位の『男が立たぬ』(伊東潤)は、坂崎出羽守直盛の物語。千姫事件に【太閤の位牌】というアイテムを用いて奥深い作品に仕上げてました。


読書日記 ブログランキングへ

                      

潮 くろ喜(千代田区神田和泉町)

2017年12月8日

今日はボーナスが出たし、金曜日だしで勿論、飲みに行ってきました。飲みの話題は「こういう人は〇〇だ」的な話とかで盛り上がりました。僕の主張は全くの偏見なのですが、「結婚指輪をしている男は駄目や」という主張ですね。僕は結婚指輪をする事が理解出来ないんです。何でしてるの?との問いに明確な意思で答えたヤツがいないからかもしれませんが、男で結婚指輪をしている方には最初は「嫌い」から入ります。(*´∇`*)

で、今日は秋葉原で商談でしたので『潮 くろ喜』さんに行ってきました。13時半くらの到着で約25人待ちでした。その待ちの3割が外国人という感じでした。ここ何年かの「くろ喜」さんは外国人率がめちゃ高いですね。前回は「潮そば」を頂いたので、「牡蠣味噌スパイスそば」を食べてみたかったんですね。

牡蠣味噌スパイスそば
「牡蠣味噌スパイスそば」(1300円)です。まずはスープを頂きましたが、

スパイシイ〜

というのが第一印象です。スープ温度が高いうちは、このスパイシーさが強烈に前面に押し出してきてます。そして、通常の「くろ喜」さんの味噌と同じ位、ドロドロ感ある牡蠣味噌スープは、「牡蠣」の風味が後味で押し寄せてきて美味しいですね。最初はこの「牡蠣味噌スープ」に、このスパイシーさは無くても良いかもと思ったくらいなのですが、スープ温度落ち着いてきますと、このスパイシーさも落ち着いて、牡蠣味噌スープと一体感が出てきまして、スパイシーさありきの「牡蠣味噌スープ」だと思えるんですね。そしてこの超濃厚なスープに合わせるのが、平打ちの太麺で、この麺はスープとドンピシャの相性で美味しいですね。口当たりも良いしパスタ感覚に陥ります。やがて濃厚なスープ故に、中盤から少し飽きてくるのですが、その時にキャベツのコールスローを箸休め的に頂きますと良い感じです。そしてそれでも後半はまた少し飽きてくるのですが、ここで「ローストトマト」を頂きますと、このトマトの旨味に牡蠣味噌スープに再び命が吹き込まれて美味しく頂けるんですね。スープが無くなりそうになる頃に「山椒」主張してきまして、この味がもっと早く出来てきた方が良かったので、途中から一旦混ぜ混ぜし直すと良いかもです。

更に更に牡蠣もチャーシューも凄く美味しくて大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ続きを読む

そば上人(台東区駒形)5

2017年12月7日

今日のランチは『そば上人』さんに行ってきました。昨日は、うちの会社の中部やら関西やらの支店の先輩が上京して来まして飲み会となったのですが、この先輩達がミツオ先輩以上に悪い奴等で、Wハイボールを飲ませれまくったので、ランチはさっぱりと蕎麦が食べたかったんです。飲みは奢って頂きまして、ハニーから貰ったお金が余っていたので今日は(僕的に)豪華にいきました。

五色蕎麦
「五色蕎麦」(1800円)です。今日の五色は、「せいろ」「田舎」「ゆずきり」「けしきり」「茶きり」の五色です。蕎麦の「のび」の早さで言うと「更科系」から頂いた方が良いのかもしれませんが、【次郎的】には、蕎麦の「味」のシンプルさ順で頂いた方が良いかと思います。それで言いますと、「せいろ」→「田舎」→「けしきり」→「茶きり」→「ゆずきり」ですかね?(茶と柚子はどちらでも良いかもです)先ずは「せいろ」ですが、香りは「新そば」という割には左程ないのですが、甘味がありまして美味しいですね。細切りゆえの口当たりの悪さもありますが、今日の僕が欲していた味です。次は「田舎」です。以前の記憶よりも「薄皮」の割合が増した感じで、強烈なコシがありますね。その所為か分かりませんが、噛んだ後の甘味は「せいろ」よりも強烈で美味しいですね。甘い甘い。この田舎の時に薬味のネギと大根を投入して、田舎と一緒に頂きました。次に「けしきり」を頂きました。この「けしきり」はほんと美味しいですね。「けしきり」のジャンルを作ったらナンバー1だと思います。平打ち気味の形状も作用しているのか分かりませんが、ほんと美味しいです。「茶きり」は前回同様の感想でやっぱり美味しい。最後に「ゆずきり」を頂きました。「ゆず」が大好きなんで当然美味しく感じるのですが、それにしても美味しいですね。後味でキックしてくる「ゆず」の風味が最高です。三色そばを頼むのであれば、「ゆずきり」「けしきり」「田舎」がおススメですね。

最後に「そば湯」を頂きましたが濃厚で美味しかったです。ぶっちゃけ、うちの実家のそば湯の方が、もっと濃厚なのですが、そば湯の美味しさでは、こちらの方が断然美味しかったです。何でだろ?とにかく大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ
続きを読む

麺屋 辛じろう (江戸川区平井)

2017年12月5日

ライブドアが、

2017年に活躍した50組を発表!

なんてやっていましたので、チェックしましたが、やっぱり僕のブログは無かったです。まあ期待してた訳ではないのですが、最近、なんかぱっとしないのでブログを辞めて、「ユーチューバー」に転身しようかなと思ってます。( ´∀`)つ

で、今日は平井で打ち合わせが入りましたので、「汁なし担々麺ランキング」の5位に入った『麺屋 辛じろう』さんに行ってきました。

汁なし担々麵
勿論、「汁なし坦々麺」(860円)を頂きました。麺量は「並盛り」、「ライスあり」、痺れ【2】、辛さは【1】でお願いしました。前回、

マイルド感も演出しつつも、しっかり痺れが主役を張って、もっちりとした平打ち麺と絡んできます。

と書いたのですが、痺れだけはもう少しあった方が良いとの思ったので、痺れは【2】にしたのですが、これが大正解!痺れを強めに主張させると、この「汁なし担々麺」は更に更に美味しさアップします!このバランスは良いですね。僕的にはランキング「3位」にアップしました。この構成に秋葉原の「広」の肉味噌に変更したら僕的には最終の理想形かな?なんて思いました。

大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ続きを読む

らーめん かつお拳(台東区浅草橋)

2017年12月4日

義兄さんから靴を5足頂いたんですね。状態の良い靴で、5足全て「こげ茶」系の靴なのですが、さすが何かの会社の社長(義兄さん)が履いていただけあって質の良い靴でした。本日さっそく頂いた靴を履いて行ったのですが、小さな事件が起こったんですね。本日、納品に行った先は新しく出来たばかりのビルで土足禁止だったので、靴を脱いで事務所に入り、PCの設定をしたりしていたのですが、いざ帰る際に様々な納品業者が脱いだ靴の中で自分の靴が分からなくなったんですね。こげ茶系の靴は15足位あったのですが、直感で選んだモノを履いて帰りました。(*´∇`*)

で、今日のランチは『かつお拳』さんに行ってきました。今年の3月に転勤となりまして(浅草と浅草橋の中間辺りです)一番多く訪れた店がこちらだと思います。今日はお気に入りの

ぶっつぶし
「濃厚ぶっつぶしらーめん」(800円)を頂きました。今日のスープは、スープ温度の高いうちは「かつお」が強烈に前面に押し出してきますね。今までで最高の「かつお」感です。今日は特に美味しく感じます!スープ温度が落ち着きますと「鶏」の旨味を強く感じて毎回微妙に味が違うのですが、とにかく美味しいです。ストレートの中細麺も相変わらず美味しいですね。

こちらは、あと「チャーシュー」だけもっと美味しくなったら欠点なしです。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ
続きを読む

らーめん福たけ 富里店

2017年12月1日

今日は会社の飲み仲間と飲みに行ったのですが、その席で11月の個人売上はいくらだった?という話になったんですね。そこで、飲み会ではリーダー、仕事面では「お豆」(方言かも)的な53歳の「デジ」というおっさんに、11月の売上を聞いたら、1,000万円だったと言うんですね。うちの会社では月に1000万円はそこそこの売上なのですが、11月29日にこっそり「デジ」の売上をチェックしたら80万円だったんですね。1日でそんな上がらんやろと飲み屋でPC開いてチェックしたら100万円でした。今日はデジの奢りでした。(*´∇`*)

今日は富里市で作業でした。ランチは

福たけ冨里店
『らーめん福たけ 富里店』さんに行ってきました。「福たけ」グループは、今は「大衆イタリアン食堂 大福」さんも手掛けてまして繁盛してますし、この先ももっと大きくなりそうな予感がします。相変わらずメニューが多くて悩むのですが、

メガ豚煮干しつけ麺
「メガ豚味玉煮干しつけ麺」(950円)を頂きました。麺量は「大盛」でお願いしました。スープはドロドロで、豚骨の旨味に下支えされて「煮干し」が強烈に前面に押し出してくるスープで美味しいですね。麺もぷりっとした太麺でスープと絡みまくって美味しいです。安定した美味しさですね。

この超濃厚なスープに300gの麺量だと、スープが残らない感じになってしまう店が多い中、こちらのスープ量は多くて、結構余りましたので「割スープ」を頂きましてスープまで残さず完食しました。満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ 
続きを読む
Categories
記事検索
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 拉麺 阿修羅 (船橋市)
  • 拉麺 阿修羅 (船橋市)
  • 拉麺 阿修羅 (船橋市)
  • 拉麺 阿修羅 (船橋市)
  • 拉麺 阿修羅 (船橋市)
  • 拉麺 阿修羅 (船橋市)
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ブログトピックス
livedoor 天気
Profile
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
J-CASTニュース
ブログトピックス
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ