2018年12月22日

「ブラック企業大賞2018」が発表されましたね。三菱電機が大賞を受賞したとの事ですが、このブラック企業大賞はネットニュースとかでも取り上げられるので、ある程度の抑止効果があると思います。(*´∇`*)

で、今日は成田で打ち合わせがありましたので『手打蕎麦切 久呂麦』さんに行ってきました。13時過ぎの入店でほぼ満席でした。メニュー的には、「二八」「粗挽き」「生粉打ち」のラインナップです。

セット系

色々なお得なメニューもありまして迷ったのですが、まだこちらでは食べた事がない「生粉打ち」を頂く事にしました。そして、こちらの「天ぷら」がめちゃ美味しかった記憶がありましたので「天付き」でお願いしました。

海老天ざる
「海老天ざる」(1380円)+「生粉に変更」(100円)+「大盛」(300円)を頂きました。先ずは「生粉」から頂きました。蕎麦は太めの切り口で、甘味の広がり方が力強くて美味しいですね。僕の好きな「生粉打ち」は、喉越しは別としても、「二八」と遜色無いモノの方が好きなんですね。ちゃんと啜れて、それでいて「甘味」「風味」が「二八」より優れている「生粉打ち」が好きなんです。その僕の好みで言いますと、こちらの「生粉打ち」は【ドストライク】です。辛汁は、以前の記憶よりも「カエシ」の主張が強めで、後味でしっかりと「出汁感」が広がるモノで、こちらも僕も好みの辛汁で美味しいです。天ぷらも記憶通り、期待通リの美味しさで、大満足でした。

蕎麦湯は、そこそこ濃度があったのですが、温度が低めで残念でした。しかし、トータル的には大満足でした。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ



2011年5月16日  

今日は千葉市やら成田市で作業でした。ランチ時には成田市にいたので、チェックしていた蕎麦屋さんに行ってきました。

成田市飯田町133‐8『手打蕎麦切 久呂麦』さんです。蕎麦の世界では、僕が信頼している方にだいぶ前からお薦めしてもらっていて、是非行きたいと思ってまして、此度やっと訪問出来ました。13時過ぎの入店で店内は満席でした。奥に座敷があるとの事で、座敷でお願いしました。席に着くと、

 「お茶と蕎麦湯どちらにします?」

と聞かれました。最初に蕎麦湯を選択すると食後に出なくては困ると思い「お茶」にしました。(店員さんに聞けばいいだけなんですが小心者なんで (*´Д`*) )メニューを見るとお得なセットとかもあって悩みます。蕎麦的には、「二八」、「粗挽」、「生粉」があります。しかし、「生粉」は本日はないとの事。まずは、

2011051612550001

「粗挽ざるそば」(735円)を頂きました。まずは香りですが、香りはあまりないですね。何も付けずに食べると、腰があって甘味が広がって美味しいです。でも、かなり期待して来たので、その期待してた程には、ビンビンと甘味が伝わってこなかったです。辛汁は、出汁が最初と後味に結構主張してくるのですが、カエシの味を邪魔する事もなく、カエシはカエシで主張してきて、これは美味しいです!!簡単に言えば、バランスが良くて僕の理想の辛汁ですね。(最初から簡単言えばいいですよね)次は、

2011051612580000

「二八ざるそば」(630円)です。こちらも香りはあまり感じないですが、甘味は(そりゃないだろと思うかもしれませんが)「粗挽」よりあるんじゃないかと思う程甘くて美味しいです!「粗挽」の後に食べて、この感想なんだから、多分ホントですよ。とにかく美味しいです。

2011051612550000

「天麩羅・野山のもの」(1050円)です。天麩羅は、多分、ピンク岩塩だと思うのですが、それを付けていただきましたが、どれも「フワッと」甘味が広がり美味しいです!(何の野菜かは半分は、僕ごときでは分からないのがですが)僕の天麩羅の判断基準は、いかに「甘いか」です。天麩羅にしたが上に、甘味が増して感じるような天麩羅が好きです。それには「素材」が良くて、「油」が良い油で、「温度」「あげるタイミング」が重要との話を何処かで聞きました。(あ、僕のと−ちゃんが言ってたんだ (*^o^*))それでいうと野菜それぞれの特徴はあるけど、こちらの天麩羅はみんな甘くて美味しかったです。(サツマイモの天麩羅は、なかなか喉を通らなくて好きになれませんが)

最後に「蕎麦湯」をいただきましたが、「どろっと」タイプでとても美味しかったです。天婦羅に関しては、僕的に1番好みの天婦羅を出す「すず季」さんに匹敵する美味しさでした。


関東食べ歩き ブログランキングへ