2019年2月1日

これに行きたい

今のプロレスは詳しくないのですが、当時は頻繁に観に行ってまして、この案内を見たら行きたくなりました。川田さんの特製料理も食べれて、ツーショット撮影、サインとかついてのトークイベントが7,000円なら良心的です。明日、ハニーに7,000円出してくれないか交渉してみます。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

で、今日は秋葉原の販売店さんにお伺いしたので「饗 くろ喜」さんに行ってきました。1月7日の仕事始めの際にお伺いしましたが、まだ冬季休業中でフラれましたので、今年初の「くろ喜」さんです。昨日、友人のTwitterに、くろ喜さんの限定の「猪味噌つけそば」がアップされてまして、これが食べたくなりましてお伺いしたのですが、昨日まででした。そして本日は「限定」はやってなかったので、

塩そば

トマトクリームカレー

「味玉 塩そば」(1100円)+「鶏トマトカレー」(200円)を頂きました。限定めしの方はやってましたので、限定めしを頂く事にしました。麺はいつもの「細麺」でお願いしました。塩そばは、相変わらずの美味しさで、これ程洗練された「塩そば」はなかなか無いですね。(「洗練て何や?」と友人から言われそうなので、僕なりの洗練された塩を説明しますと、色々な具材を使っているのんでしょうけど、味が単一化されていて、シンプルで分かり易い美味しさと言う意味です)くろ喜さんで言えば、醤油より塩の方が好みですわ。ほんと美味しい。

限定めしのカレーも、辛さの中にクリーミーさがありまして美味しかったです。神田カレーグランプリに出てみてください。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ



2018年12月25日

12月のアフィリエイト

毎月恒例となった「アフィリエイト」報告です。今回は20回の更新で、報酬の77円で割りますと、ブログを1回アップしまして1回辺り【3.85円】の収入となります。0円よりは良いですわ。(*´∇`*)

で、今日は挨拶回りで秋葉原の販売店さんにお伺いしたので「饗 くろ喜」さんに行ってきました。今年の締めくくりとして、こちらの「醤油」を食べておこうと思ったんですね。

醤油

焼売

「味玉 醤油そば」(1300円)+「焼売」(300円)を頂きました。麺は、「細麺」か「手揉み麺」を選べるので「細麺」をお願いしました。スープは、前回の発売当初よりも「魚介」の旨味が強くなっている印象で、更に美味しくなっている印象ですね。前回の印象だってめちゃ美味しかったのですが、更に洗練された「醤油」という感じです。類似の「醤油」は思い付かないです。麺は相変わらずの安定感ある美味しい麺で「ツッコミどころ」なしです。ただ、一度食べてみたいのは、前回の限定で使用していた【ミナミノカオリ2種類の全粒粉をたっぷり練り込んだ多加水の麺】で、この醤油を食べてみたいです。多分、このコンビの方が僕の好みかもです。

チャーシューも味玉も美味しかったですし、大満足でした。(焼売は、前回の方が肉汁感が凄くて美味しかったですが)来年も期待してます。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ





2018年12月17日

今日のランチは「饗くろ喜」さんに行ってきました。今月は沢山買いたい本があるので悩んでるのですが、黒木さんの

饗くろ喜

「饗くろ喜 春夏秋冬」を買おうか買わまいか悩んでます。レシピ本という事で、僕が買って意味があるか悩んでるんですね。(*´∇`*)

で、今日は何か限定やってるかと思ってお伺いしたのですが、本日は限定が無かったので、

味玉塩

焼売

「味玉 塩そば」(1100円)+「焼売」(300円)を頂きました。麺は、「細麺」か「手揉み麺」を選べるので「細麺」をお願いしました。スープは、慈悲深い味わいのスープで、鶏の旨味と後味の塩ダレが洗練されてまして、

やっぱめちゃ美味しいです!

高額なランチ代も高いと思わないですわ。焼売も最強の美味しさで満足度が高いです。これで今年の「ミシュラン」から外れたという事はやっぱり、ラーメンのジャンルだけで言うと、やっぱりミシュランは3流という印象ですね。(掲載されている店は文句ないですが)

今回も満足しました。やっぱり僕がこの本買っても意味ないので購入は見送ります。(*´∇`*)



東京食べ歩き ブログランキングへ





2018年11月8日

もう20年以上サラリーマンをやってますが、「上座下座」とか面倒ですよね。今日は同行依頼がありまして、秋葉原のとある喫茶店で商談となりました。こちらは、僕と同行依頼してきた女性営業マンで、相手は女社長と会長(多分、社長のパパ)という感じです。僕等が約束の喫茶店に到着しましたら、まだ相手は来てなかったんです。

上座下座

このテーブル席で、とい2人で座っているのも「バカップル」かと思われてしまうだろうし、会議室とかならまだしも、地味な喫茶店如きで「上座下座」もないだろうと思いまして、,忘造蠅泙靴燭蕁同行者から、

次郎さん何年営業マンをしてるんですかこれから商談なのに上座に座ってどうするんですか

なんて怒られてしまいました。そんな理由で失注するなら別に失注で良いです。(*´∇`*) 会計は僕が払いましたが、この喫茶店のレジが故障して【領収書】を出す事が出来なくて、2000円自腹となりました。ハニーに怒られるでー。

で、商談も上手くいきまして、秋葉原にきたのだから、「饗 くろ喜」さんでランチしました。今日は、こちらの黒木さんのブログを見まして、昨日までの限定で提供してた、梅野製粉の【ミナミノカオリ2種類の全粒粉をたっぷり練り込んだ多加水の麺】が11食だけあるとの事だったので、ダッシュでお伺いしました。店員さんに聞いたら、まだあるとの事でしたので、

鶏塩つけそば
「味玉 鶏塩つけそば」(1300円)を頂きました。先ずは、何も付けずに麺だけを頂きましたが、大げさでは全くなくて、小麦の風味が強烈に前面に押し出してくる麺で、

これ以上、美味しい麺に出会った事ないです!

僕の得意の「蕎麦」のジャンルで例えると、新蕎麦の時期の茨木産「秋蕎麦」の蕎麦並みに強烈な印象ですね。通常の「鶏塩つけそば」の細麺の「パキ麺」だと、他のメニューの方が魅力的に思うのですが、この麺だと、くろ喜さん史上(僕が食べた事あるメニュー限定)ベスト5に入るメニューです。そして、こちらの「味玉」も最強に美味しいんですね。

最後に「スープ割」をせずに、そのままスープまで残さず完食しまして、大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ






2018年8月2日

らーめん食堂あの小宮
僕のブログの先月の人気記事を見ますと、圧倒的に「らーめん食堂 あの小宮 大崎店」さんの記事なんですね。やっぱり「新店」の情報には皆が群がりますね。よく、「新店情報はどうやって入手しているのですか?」なんて聞かれるのですが、僕の場合は、

.蕁璽瓮鷏呂両霾鵐汽ぅ箸痢嵜慧江霾鵝廚ら
▲▲襯丱ぅ半霾鷸錣痢嵜卦オープンニングスタッフ募集」から
厨房会社の所長の肩書を持つ「師匠」から
て眩会社、有線(USEN)、ユニマット、廃棄業者に勤める方から


という感じなのです。昔は「新店ハンター」のブロガーさんにせめても並びたくて、この情報網にビンビンとアンテナを立てていたのですが、ある時、気が付いたんですね。僕みたいな「ラーメン素人」が新店を紹介しても、その新店店主の出目、系譜、歴史等を分からない状態でアップしても意味が無いと気がついたんですね。ですので、方向性を「のんびりスタイル」に変更したのですが、「あの小宮大崎店」さんは、多分、,砲論儷謀に情報を出す事なく、△眤隋硬にする事もなく、メジャーなブロガーさんのフォローが遅れたんですね。今回の僕は、orい両霾鵑らオープンを知りまして、しかも、ビビッてオープンして3日後にブログアップしたのに、山路さん位しか紹介してなかったので、検索から僕の記事に流れてきたんですね。因みに、8月上旬に「六本木店」がオープンするのは、ネットで結構出てしまってますが、まだチャンスあります。(僕は8月下旬にゆっくり訪問予定です)

で、今日は酔っ払いながらブログ書いてるので「前フリ」長くてすみません。今日のランチは、

オープン初日から通っている!

秋葉原の「饗 くろ喜」さんに行ってきました。こちらも「」の情報からオープン初日から通ってます。(*´∇`*) 前回のブログで書いた様に今回は、

味玉塩そば
「味玉 塩そば」(1100円)を頂きました。先ずは、スープなのですが、重厚な鶏の旨味が前面に押し出してきまして、その鶏の旨味の後から「じんわり」と塩ダレの「波」が広がるスープでめちゃくちゃ美味しいです。「慈悲深い」という表現がぴったりなスープです。そして、こちらの「細麺」が、ある程度のもっちり感と滑らかさを持ち合わせている麺で、また堪らない美味しさです。小麦の風味がほんと強い麺でヤバい位の美味しさです。そして、味玉は最強の美味しさですね。

前回は新しくなった「醤油」を頂きましたが、「塩」の方がオススメです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


東京食べ歩き ブログランキングへ





2018年6月27日

今日は、56歳独身のデジとミツオ先輩の3人で浅草橋の「みかみ」で飲みでした。56歳独身のデジは結婚願望があるのに結婚出来ないのです。ずっとプロ一筋。そして男性機能も薬剤に頼らないと駄目になった今の楽しみは「酒」だけなんですね。そんな「おっさん」が会社にいたら、飲み会の回数が上がるのは当然です。(*´∇`*)

で、今日は秋葉原で打ち合わせでした。ランチは、メニューを変更したとの情報を頂きましたので、早速、「饗 くろ喜」さんにお伺いしてきました。メニュー的には、「塩そば」、「醤油そば」、「塩つけそば」、「富士幻豚和えそば」、「地鶏あぶらそば」という感じで【味噌】が無くなりました。ま、こちらはいつも限定メニューをやっているので、また登場するかもですね。あとは、こちらの売りが「焼売」となったとの事です。17人待ちの列に並んでいる時に、スタッフさんが食券を回収しに来た際に聞いたのですが、新しい「塩そば」は、以前のメニューの「塩そば」とも「潮そば」とも違うとの事です。色々迷いましたが、

焼売

醤油そば
「醤油そば」(1200円)+「焼売」(300円)を頂きました。先ずは、見た目で予想していた「醤油ラーメン」じゃなくてビックリしましたね。僕の想像では、クリアな「鶏と水だけチック」な醤油ラーメンを想像してました。しかし、出てきたのは「あっさり豚骨醤油」の様な見た目のラーメンです。そしてそのスープは、スープ温度が高いうちは、豚の旨味が前面に押し出してきて、後味に優しくカエシが広がるスープで美味しいですね。魚介など色々な食材に下支えされて豚のコクが前面に押し出されているんですけど、ファーストインパクトは、そんな印象です。そして、スープ温度が落ち着いてくると、魚介の旨味が主張してきますね。今まで何処にいってたんだ?といった感じで、メインは、分厚い魚介の旨味で、この時は、貝出汁醤油ラーメンといった感じです。スープ温度が落ち着いてきてからのラーメンは、有りそうで無い味のスープで凄く美味しいです。提供時に、スタッフさんから、

「丼の縁に生醤油を吹きかけてあるので、丼を持ってスープを飲んで下さい」

なんて案内されたのですが、水で舌をリセットもしなかったからか、そのコクなど感じる事は出来なかったです(≧∀≦)

麺は、細麺と手揉み麺を選べるのですが、細麺にしました。その細麺は、相変わらずの美味しさで、これはラーメンの麺としては最高峰の麺だと思います。もちろん、その他の具材も美味しかったですし、焼売もめちゃ美味しかったです。

次は「塩そば」を頂きます。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ






2018年1月29日

昨日は実家の蕎麦を食べに行ってきました。

せいろ
ウチの父は40年も蕎麦を打ち続けていまして、ここくらいまでくると流石に、かなりの域に達している訳です。このクラスの蕎麦を無料で好きなだけ食べれる事が、蕎麦の食べ歩きがなかなか増えない理由なんですね。今の僕の悩みは、店を継がないにしても、この技術を継承しようかしないかで悩んでます。(*´∇`*)

で、今日のランチは「饗 くろ喜」さんに行ってきました。【季節の限定そば】の「芹そば」(1500円)を頂く予定だったのですが、財布を見たらなんと1,000円しかなかったので、泣く泣く諦めまして、

味噌
「あさり味噌そば」(1,000円)を頂きました。毎回同じ様な事を書いてますが、ドロドロのスープは、動物系の旨味の中から「あさり」の旨味が勢い良く飛び出してくるスープで美味しいですね。平打ちの麺を絡ませ、大根を絡ませ頂くのですが、これがウマウマなんです。ケイジャンチキンも凄く美味しいですし、相変わらずの安定感です。

大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ


2018年1月10日

僕はNHKが大嫌いなので観てないのですが、NHKの大河ドラマで「西郷どん」をやっているみたいですね。僕は「西郷どん」が大好きで関連の本を沢山持っているんですね。女性で「西郷どん」に興味ある方募集中です。飲みに行きましょう。(*´∇`*)

で、今日のランチは、今年一発目の営業となる「饗 くろ喜」さんに行ってきました。一発目の営業だけあってか11時20分頃の到着で、並びが25人位ありました。ま、こちらは回転早いので問題ないです。今日も魅力的は限定がありましたので、それを頂きました。

松坂牛すじつけそば
「松坂牛すじつけそば」(1200円)です。つけ汁の方は、くろ喜さんにしては、ビジュアル的にあまり惹きがないのですが、一口飲んでみたら、これはヤバすぎる!松坂牛の出汁の甘味が凄いわ、旨味がぶっといわで、

めちゃめちゃ美味しいです!

吞兵衛の僕的には、これで焼酎飲みたいですね。こんな美味しい牛すじは初めて食べましたわ。そして、更にこちらの「平打ち麺」が上品でスベスベでめちゃ美味しいですね。1200円という価格でも割高感は全くなくて、逆に割安感がありますわ。

最後は「割スープ」を頂きまして、最後まで美味しく頂けました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ


2017年12月14日

うちの会社が契約している運送会社が一杯で、年内の納品を断られてしまったんですね。なので先輩2人(がんちゃん・きょうちゃん)にお願いして納品を手伝って頂きました。その御礼に「くろ喜」さんでランチを奢る事にしたのですが、取説に時間がかかってしまい先輩達も次の予定があるとの事で、先に食べて貰う事にしたんですね。封筒に2千円を入れて「これで先に食べてください」と渡したのですが、夕方にこの【がんちゃん】から電話かかってきたので、きっとランチの御礼の電話かな?なんて電話に出たら、

「限定の【鶏葱そば】を食べたけどめちゃウマかったよ。でも1200円だったから、200円足りなかったよ」

なんて電話ありました。あほか!予算内で食べろ!そんなんイチイチ言ってくんな!と腹立ちましたね。(ノ`Д´)ノ

で、僕だけ遅れて「饗 くろ喜」さんに行ってきました。限定を頂きました。

鶏葱そば
「鶏葱そば」(1200円)です。(16日でこの限定は終了してます)最後の調理工程で、九条ネギの上に何かの脂をふりかけるのですが、これの効果か、九条ネギが香ばしくて美味い美味い!九条ネギがこんなに美味しく感じたのは初めての経験で感動ですわ。スープは、鶏の旨味に優しいカエシが広がり、最初の一口は「鶏鍋」を想像してしまい、ラーメンというより「鍋」を食べてる感覚に陥るのですが、徐々にラーメンのスープという感覚になりまして、勿論どちらの感覚でも美味しいのは美味しいです!そして画像では見えないのですが、この大量のネギの下には煮込まれた【大根】の輪切りがありまして、これがまためちゃ美味しいです。麺は、口当たりがツルッとした平打ち気味の中太麺なのですが、この麺も美味しいです。

くろ喜さんの限定をそんな食べてる訳では無いのですが、この「鶏葱そば」が僕的に限定ランキング1位にランクインしました。大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ



2017年8月3日

営業マン同士の飲み会などでは、「1案件で最高いくらの商談を纏めた事があるか?」なんて話が出たりします。僕的にはショボい額しか扱った事ないのですが、やっぱり夢は数十億円の商談を纏めてみたいですね。そんな僕にとってこの前の
「海喜館を巡る積水ハウスの63億円の詐欺被害」
のニュースには衝撃を受けましたね。妄想癖があるので、1日ずっとこの事を考えてました。不謹慎ですが、この舞台の主人公に尊敬の念を抱きました。例えこの舞台には別に脚本家がいたとしても、この舞台で不動産のプロを相手に演じきった主人公は凄いですね。想像しただけで興奮するのに、実際に演じた方は、最高のエクスタシーを感じたはずです。(*´∇`*)

で、今日のランチは「夏麺」が始まっている「饗 くろ喜」さんに行ってきました。こちらの店主のブログの「新小麦の鶏醤油つけそば」の画像を見て無性に食べたくなったんですね。

新小麦の鶏醤油つけそば
「新小麦の鶏醤油つけそば」(1200円)です。具は、ニラの湯引き、きゅうりの浅漬け、鶏むね肉のペッパーチキン、モモ肉、ミニトマトのお浸しという感じです。まずは、麺だけを頂きましたが、つるっと食感で、口に含んだ瞬間はそうでもなかったのですが、麺を噛んだ瞬間の小麦の香りの広がり方は半端ないですね。この麺は美味しいですね〜。そしてつけ汁に付けて頂きますと、更に甘味を強めに感じる事が出来まして更に美味しいです!スープは優しい鶏のスープで、これはこれで美味しいのですが、ひたすら脇役に徹している感じで、僕の頭の中は、麺の美味さだけが駆け巡ってましたね。

具は勿論美味しかったのですが、特につけ汁の中に入っていた雲吞が美味しかったです。昆布出汁の割スープが用意されていたみたいですが、それだけで十分美味しいので「割スープ」なしでそのままスープを飲み干しました。

この麺は、先っちょにだけ生醤油をちょんちょんと付けて食べても美味しいだろうな。満足しました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ


2017年4月26日

今日のランチは「饗 くろ喜」さんに行ってきました。こちらの「あさり味噌そば」が無性に食べたくなったんですね。

9味玉あさり味噌そば
「味玉あさり味噌そば」(1100円)です。濃厚動物系に下支えされた「みそ」ロケットが打ち上げられるのですが、大気圏を突入後には、更に「あさり」が主張してくるスープでほんと美味しいですね。これは、ハマる。(新しい事務所の方も、こちらの味噌に結構ハマってます)そして、この平打ち麺がこのスープと相性バッチリで美味しいです。

具の大根もあさりも全部美味しくて満足しました。( ´∀`)つ
 

東京食べ歩き ブログランキングへ


2017年2月15日

昨日の「金正男氏暗殺」のニュースはビックリしましたね。以前から、暗殺されるだろうとは言われてましたが、まさかこの時期にホントに暗殺されるとは思ってなかったです。今後どんな動きかあるか興味深いです。

で、今日は担当している秋葉原の会社に行ったので、『饗 くろ喜』さんに行ってきました。

限定
限定のこちらが食べたかったんですね。最終日になんとか間に合いました。


寒締めほうれん草のとろみそば〜佐渡島黒豚ロース叉焼〜
「寒締めほうれん草のとろみそば〜佐渡島黒豚ロース叉焼〜」(1500円)です。スマホ見ていて調理過程見てなかったのですが、スープは、餡掛けのスープで、繊細な甘味がジワっと広がるスープで、めちゃめちゃ美味しいです。ほうれん草との相性もぴったりでほうれん草も勿論美味しいです。後半になると先程の甘味にプラスして、更に鶏の旨味が主張し始めて、後味には昆布出汁が広がる構成になりまして、後半のスープは更に美味しいですね。麺は、この餡掛けスープに凄く合う、平打ちのビロビロ麺で、この麺も美味しいです。
 そして、佐渡島黒豚ロース叉焼ですが、2枚あったので、1枚は、スープの熱が広がる前にすぐ食べたのですが、黒豚の旨味がダイレクトにビシビシと広がり、噛めば噛むほど、その旨味が増殖してくる感じでめちゃウマです。そして、もう1枚は最後の方に頂いたのですが、食感的には、やはり少し硬くなっていたのですが、旨味の広がり方は、こちらの方が濃縮されていて、また違った感じで美味しかったです。

ほんとこちらは値段相応の味を楽しませてくれますわ。大満足でした。( ´∀`)つ
 

東京食べ歩き ブログランキングへ


2016年10月19日

 息子が部活を引退しまして、夜な夜な息子の試合のムービーを見るという楽しみが無くなってしまったんですね。なので夜の楽しみというとエロサイトしか無くなってしまったのですが、僕も結構なおっさんなので、毎日は観ないんですね。なので最近はユーチューブで「お笑い」系を観てます。好きなのは「ナイツ」です。
 
で、今日は秋葉原で商談でした。ランチは今週の限定がかなり魅力的だったので『饗 くろ喜』さんに行ってきました。

牛と松茸の醤油そば
「牛と松茸の醤油そば」(1800円)です。昨日は1000円超えるのが嫌でサイドメニューを控えた貧乏な僕ですが、さすがに「くろ喜」さんの限定なら、今日のランチ代の1000円と財布のカード入れの場所に隠してあります1000円札を足して、惜しげもなく食券を購入しましたよ。スープは、遠くで「牛鍋」を感じさせつつも、カエシと動物系の構成がしっかりと「醤油そば」を演出しておりまして美味しいですね。味の構成がしっかりとしないと単なる「鍋料理」となってしまうのですが、しっかりと「醤油そば」になっております。牛ロースは提供時のすぐの状態がベストだと思ったので、まずは牛ロースから頂きましたが、これがめちゃ美味しいです。この美味しい牛ロースが惜しげもなく2枚半位入ってまして満足感あります。そして、主役の松茸がやっぱり美味しいです。ここまで食べた時に、1800円という価格が高いと思わなかったですね。そして、牛肉も松茸もなくなり、三つ葉に向かったのですが、この三つ葉がスープを吸って美味しいです。三つ葉は「鴨汁そば」のつけ汁に投入するのがベストだと思っておりますが、それに引けを取らないですわ。麺はつるっとした食感の平打ち麺で、今日の平打ち麺は特に美味しく感じました。

勿論、スープまで完食しまして大満足でした。( ´∀`)つ
 

東京食べ歩き ブログランキングへ


2016年9月14日

 公共関係の入札情報を教えてくれるサービスに僕の会社は加入しているのですが(入札情報が出た時に動いていては遅いと言えば遅いですが)便利だしチャンスがない訳ではないので、費用を払ってでも損はないサービスですよね。それでまた【次郎のビジネスのアイディアあげます】のコーナーなのですが(前に書いたかもですが)

ニュースのその後を教えてくれるサービス

があったら加入しますね(値段が安ければ)ニュースは、起きた事を報道するだけで、話題性がなければ、なかなかその後の追跡はしないですよね。僕なんて、その後の気になるニュースが沢山あって、例えば、中国でスパイ容疑で拘束されている日本人がどうなったとか、コンビニのATMの「不正キャッシング」事件がどうなったとか、ずっと気になっているんですね。事件で逮捕された後の判決までを追ってくれる様なサービスやれば儲かります!探偵事務所辺りの方のサイドビジネスとしても良いかもです。(・∀・)つ

 で、今日は秋葉原で2件の商談でした。ランチは、メニューがリニューアルされてからまだ「味噌」を食べてなくて、店主のブログで「味噌」が再開との案内があったので、『饗 くろ喜』さんに行ってきました。限定の「秋刀魚まぜそば」も魅力的ですね〜。

味噌
「あさり味噌そば」(1,000円)です。方向性は、以前の「味噌そば」を継承しつつ(ドロドロな所とか)パワフルな「あさり」が加わった「味噌そば」ですね。「貝だし」を謳ったラーメン屋さんの「貝出汁らーめん」を凌駕する程の「あさり」の主張が、ドロドロの動物系+味噌を引っ張って凄く美味しいです。強烈なんだけど嫌味がない仕上がりで良いですね〜。具に入っている大根も大根嫌いな僕が食べても美味しいですし、身がプリッとしたあさりが十分過ぎる量が入ってます。麺は平打ちの太麺ですが、これはその為の麺という感じで相性抜群です。

 大満足でした。この味噌は1,000円という価格も全然高いと思いません。(この貧乏な僕が)
 

東京食べ歩き ブログランキングへ

2016年7月14日

 僕のブログのカテゴリの欄にある作家の新刊出たら、無条件に購入すると一応、決めてはいるのですが、

真保と池井戸
 真保と池井戸の作品が今回は惹きがないんですね。真保の「行こう」シリーズはそんな惹きがないんです。池井戸作品に至っては、特設コーナーで大々的にプッシュされてるのと今回の作品の帯を読んだ感じで惹きがないんです。(*´Д`*)

 で、今日は秋葉原で商談でした。ランチは、メニューがリニューアルされたという『饗 くろ喜』さんに行ってきました。まず今日は「塩」から頂く事にしました。

塩そば
「塩そば」(1,000円)です。細麺か平打ち麺を選べるので「細麺」でお願いしました。こちらは何のメニューでも「盛り付け」が素敵ですね。最初の見た目から勝手に美味しいと妄信してしまいます。それで実際スープを頂きますと、鶏の旨味が「ぐわ〜」と押し寄せてくるスープで美味しいですね。以前のスープと旨味の重厚さが2層位増えた感じしますね。後味で感じる塩もキリッとこの旨味の纏めてます。そして、麺を掬った瞬間に麺の風味と先程のスープの鶏の風味が鼻孔を突き抜けます。このスープはホントに美味しいですね。麺は、パキッとした食感の細麺で、この麺も美味しいですけど、しなやかな細麺で頂きたいです。

 大満足でした。僕の感覚だと、こちらの「塩そば」は、最初のスープ温度が高い所が、この「塩そば」の旨味の最高潮だと感じるので、サイドメニューを頼んだとしても、まずは、ひたすら「塩そば」だけに専念して、それが終わった後にサイドのご飯を食べるのがおススメですね。( ´∀`)つ
 

東京食べ歩き ブログランキングへ

2015年12月11日

 今日は担当している会社の忘年会に出席させて頂きました。世の中の女性陣で誤解してる方がいるので僕が代表として言っておきますが、営業マンたるもの付き合いで【キャバクラ】如きは、普通ですよ(・∀・)つ
しかし、僕ので場合は、金銭的理由で二次会からの出席は無理なんですね。今日はその会社の専務から、
 「次郎さん、今日こそは逃がさないよ〜」
 なんて言われてガッチリとガードされたのですが、会計のバタバタの際に、ビルの階段を上って、何とか逃げ切りました。(*´∇`*)

 で、今日は秋葉原で商談だったので、久しぶりに『紫 くろ喜』さんに行ってきました。13時過ぎの到着で20人位待ちがありましたが、回転良くてそんなに待たずに入店出来ました。


紫くろ喜


























 「味玉鴨そば(細麺)」(1000円)です。スープは、くっきりとしたカエシが広がり、追っ付け鴨の旨味が追いかけてくるスープで美味しいです。前回同様、スープ温度が落ち着いてくると、鴨の旨味が更に主張してきて美味しいですね。
 あ〜ほんとうめ〜な〜。
 麺jはパキッとした食感の細ストレート麺で、これも美味しいです。

 勿論スープまで残さず完食しました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

2015年10月28日

 僕の勤める会社はしょぼい会社なのですが、一応全国に支店があるんですね。ちょこちょこ全国の支店長クラスが集まって会議があるのですが、その時は皆さん、お土産のお菓子を買ってきてくれるです。それでいつも思うのですが、その全国の支店長が買ってくるお土産を比較しますと、九州が一番レベル高い気がします。毎回違うお菓子を買ってきてくれるのですが(いつも食べるだけ食べて名称チェックしてないです)九州支店が買ってくるお菓子は毎回美味しいんですね。お土産お菓子のレベルは九州が一番説を唱えます。(・∀・)つ

 で、今日は担当している秋葉原の販売店さんに行ったので『饗  くろ喜』さんに行ってきました。今月末までの「季節の限定そば」狙いです。


牡蠣味噌つけ麺















 「牡蠣味噌つけそば」(1200円)です。まずはこのビジュアルにやられますよね。くろ喜さんの限定は、まず見た目が綺麗ですね。スープは、ホント牡蠣の旨味が凝縮されたスープで、味噌を最初に感じるやいやな牡蠣の旨味が勢い良く襲ってくるスープで、

 すげ〜美味しいです!

 一口のスープに感じる牡蠣の密度が凄くて、そしてこの何だか香ばしさを感じる、口当たりのめちゃめちゃ良い太麺が牡蠣の旨味を良く拾って、美味しいです!牡蠣のスープも美味しいけど、この麺も凄くいい感じですね。更に長茄子もまた良い食感で美味しくて、更に更にこのさつまいもですが、後味にレモンの風味がキックしてきて凄く美味しいです。

 これは参ったという感じですね。僕が独身だとして、付き合っている彼女が手料理で、この「牡蠣味噌つけそば」を出してきたら、土下座してプロポーズしますね。

 スープまで残さず完食しました。今回も大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

2015年6月10日

 前にも書いたかもですが、この歳になると感動する事って滅多にないんですね。好きな読書の世界でも感動するレベルの本に出会えるのは、1年に1,2冊くらいだし、エロサイトに至っては、企画は出尽くした感あるし、【感動する】って、ホントに稀な出来事なんですが、今日の『くろ喜』さんの限定は感動の美味しさでしたね。


くろ喜限定















 「小麦つけ蕎麦(限定)」(1000円)です。まずは、麺の上にかかっている(何なのかは分からないのですが)プルンプルンした物体と麺だけで頂くと、プルンプルンな食感から溢れ出す何かの塩味と平打ちの口当たりの良い麺が絡み合って、これだけで凄く美味しいです!
 この組み合わせだけもどんどんいけちゃうのですが、せっかくなので「つけ汁」で頂きますと、鰹出汁が効いた更科系の辛汁を彷彿させる「つけ汁」と先程の口当たりの良い麺がまたナイスなコンビで、これまた美味しいです!
 そしてそして、更に「辛味大根」を投入して頂きますと、キリッとした辛味が効いて、更に美味しいです!実は僕は【日本一辛味大根を愛する男】なんですね。辛味大根の話だけで1時間は語れるくらい好きなんですね。そして、この「つけ汁」の構成に、オクラ、茗荷と大葉が合わない訳ないですね。更に更に美味しいです!!お薦めしてもらった「煮干し葱オイル」は使わなかったです。鶏ももの旨味とさっぱり感も良かったです。

 最後に「そば湯」の代わりの「割スープ」を頂きまして、完食しました。今日の暑さにもぴったりだったし、この「小麦つけ蕎麦」の完成度は、今の所、今年ナンバーワンでした。( ´∀`)つ

 余談ですが、うちの実家の蕎麦屋は、この辛味大根に大葉を細かくカットしたものと梅肉を混ぜて食べる商品が人気なんですね。辛味大根と梅肉も合うんです。     (*´∇`*)


東京食べ歩き ブログランキングへ

2015年5月14日

 以前、とある女性に話したら「やだ〜キモい」なんて言われてしまったので、ブログ上でしか言えないのですが、つい一昨日まで(部屋の数とか布団の数とか色々事情があって)中2の娘と寝ていたんですね。昔は奥さんと寝ていたのですが、鼾がうるさくて殺意が沸くと言われて(ホントに夜中に鼻をつままれて殺されそうになりました)息子の部屋で息子と寝る事になったのですが、息子が小学校高学年になってから、思春期となって追い出されてしまい、その後、娘の部屋に移動して娘と寝るに至って、一昨日まできたのですが、とうとう退去命令が娘から出まして、昨日から小2の娘と寝てます。購入した家に僕の部屋がないんです。(ノд・。) グスン

 で、今日は担当している秋葉原の販売店さんに行ったので『くろ喜』さんに行ってきました。限定がかなり魅力的だったので、限定にしました。


くろ喜限定



















 「ローストトマトと鴨の和えそば」(1000円)です。店員さんから、レンゲでよくかき混ぜて召し上がりくださいとの案内がありましたので、よく混ぜ混ぜして頂きますと、鴨の旨味が麺に絡まって、ぷわっとした太麺の食感と鴨の旨味で、僕的なネーミングで言うと【鴨麺】として口の中に広がって美味しいです!そして、時々拾うローストトマトが、

 絶品です!

 このローストトマトは、ホント美味しいですね〜。食べた瞬間、割ごはんで食べた時にゃ〜、美味しいであろうな〜なんて事が想像出来まして、それで実際にごはんを投入して食べたら、その想像以上に美味しかったです。(*´∇`*)

 鴨ロース、口当たりの良い太麺、ローストトマト、〆の割ごはんと全てが美味しかったですね。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

2015年3月20日

 今日は秋葉原で打ち合わせでした。相手先の専務とは仲が良いので、雑談ばかりだったのですが、同席したその専務の部下がいい女なんですね。雑談の中で、「大塚家具のお家騒動は、次郎ちゃんはどっち派?」なんて聞かれたのですが、僕的にはどっちでもどうでもよいのですが、部下のその女性は久美子社長派だったんですね。だから僕も「会長のビスネスモデルはもう古いでよね」なんて言いまして、今日から久美子社長派です。( ´∀`)つ

 で、ランチは、金曜日限定の『紫 くろ喜』さんに行ってきました。13時半ちょっと前の到着で9人待ちでした。(待っている間に、次の話題作りの為に、大塚家具の財務内容やら歴史やらを勉強しちゃいました)回転早くて、大して待たずに席に座れました。


紫くろ喜




















 「鴨そば(細麺)」(900円)です。スープは、以前食べた時よりもカエシの主張が強めなんですが、それが、「あ〜醤油〜」という感じで美味しいですね。その強めの醤油の味を楽しんだ後は、鴨の旨味が広がって「鴨そば〜」って感じで、何を注文したかを思い出しました。(*´∇`*) スープ温度が落ち着いてくると、鴨の旨味が前に出てきます。ここの分岐点くらいが一番美味しいですね。麺はパキッとした細麺で、好みの麺ではないのですが、噛んだ瞬間の小麦感が凄くて美味しいですね。

 毎回、満足させられますわ〜。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

 
2014年11月11日

 この前、久々に会った友人達と飲んで衝撃を受けた事は、みんな禁煙に成功していて、吸ってるのは僕だけだったんですね。止めたいと思っているだけに、何だか悔しいんですね。しかし、酒・射精・タバコ、健康なうちは続けます。( ´ ▽ ` )ノ

 で、今日は秋葉原で打ち合わせでした。ランチは、打ち合わせ相手が、何処かオススメの店に連れて行ってくれと言うので『饗 くろ喜』さんに連れて行きました。12時ちょいに着いて、11人位の待ちでした。この列見て圧倒してくれたので仕事は果たした感じになりましたね。今日は限定にしました。


チポトレトマト


















「チポトレトマト和えそば」(900円)です。チポトレソースをよ〜く絡ませて頂きますと、

 めちゃ美味しい!

 この和風の店内で、この洋風の和えそばを頂けるのもいいですね〜。麺に絡まってるチーズとチポトレソースが当たり前だけと相性抜群で、適度な辛さも美味しさを押し上げています。そして口当たりがツルっとしていて、モチッとした太麺も美味しいですね。ケイジャンチキンも美味しくて満足しました。

 これまた食べたいです。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ
 
2014年10月15日

 日々の業務に追われてまして、ずっと待たせていたお客様がいたのですが、ついに御立腹となりまして、急いで作業に取り掛かったのですが、その中に、韓国語と中国語で表現しないとダメな所がありまして、翻訳料まで頂いてる関係で翻訳してくれる会社に電話しましたら、納期が2週間かかると言うんですね。そこまで待たせたら、大変な事になるので【翻訳エキスパート】を駆使しまして、なんとか自力で完成させました。( ´ ▽ ` )ノ 速攻でクレームになるかもです。(≧∇≦) めちゃめちゃ可愛い、韓国と中国の女性と友達になりたいです。

 で、今日は、秋葉原で打ち合わせがあったので『饗 くろ喜』さんに行ってきました。こちらでまだ食べた事ないものにしました。


肉煮干塩そば





















 「肉煮干塩そば」(1050円)です。細麺と平打ちで迷ったのですが、細麺にしました。スープは、塩そばに煮干出汁を合わせたものだと思うのですが、これが美味しいですね〜。スープを一口飲むと中盤から後味の余韻にかけて支配する煮干感が弱過ぎず、強過ぎず、絶妙なバランスなんですね。これが小麦感ある細麺とよく絡んで美味しさがパワーアップしますね。

 ネギもアクセントになっていて良いですし、チャーシューも激ウマですし、突っ込み所のない完成度でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

2014年6月30日

 昨日のブログで、【男の美学】について熱く語ったのですが、友人レベルでは凄い反応が良くて、メールやらLINEやらでコメント貰ったのですが、そんな奴はいないという結論になりまして、それならと、今日から再び再開しました。(・∀・)つ

 で、今日は秋葉原で商談だったので、本日で当分の間、味噌やらの提供が休みになるという事で『饗 くろ喜』さんに食べ納めに行ってきました。3人体制になって並びも短くなりましたね〜。

くろ喜















 『特製味噌らーめん』(1050円)です。こちらの味噌の特長でもありますドロドロのスープは、魚介の効きも強めで、味噌と上手く共存していてホント美味しいですね〜。それにこの太麺も美味しいわ〜。濃厚なのに飽きがこないですね。

やっぱり美味しいです〜。またお伺いします。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

2013年12月6日 

 仕事で色々な所に訪問していると、ちょっとした経済の流れみたいなものを感じるんですね〜。ちょっと前までは、行く先々で、60分2980円のリラクゼーションの店がやたらとオープンしてるなぁなんて思っていたのですが、最近は、「東京チカラめし」の閉店ラッシュが気になりますね〜。行く先々で「東京チカラめし」の閉店に遭遇します。前回の第一四半期決算も17%以上の売上減だし、今後もどんどん加速していくでしょうね。マケスピの四季報見ても、本業の居酒屋の方がもっと駄目みたいだし、今後の戦略に注目してます。( -д-)ノ

 で、今日は金曜日なので「紫 くろ喜」さんに行ってきました。相変わらずの行列ですね〜。でも、回転は良くてそんな待たずに入店出来ました。今日は、


紫くろき















 「鴨白湯つけそば」(880円)にしました。この鴨白湯のスープは、メチャ美味ですね〜。鴨の美味さが嫌味がなく引き出されていて、「くろ喜」さんのメニューの中で一番好きかもです〜。うちの実家の「鴨汁そば」も、ちょっと白湯気味にしてもらおうかな。なんて思いましたわ。ごぼう麺は、感動まではしないけど美味しいですね〜。

 予想を更に超えた美味さで大満足でした〜。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

2013年6月28日 

 最近忙しくて経費の精算が出来てなくて、先週にやっと精算出来まして、4万位の大金が入ってきましてウハウハだったのですが、先月のタクシーでの帰宅のカードの請求が露見してしまい、4万円没収と飲みの際は必ず終電までに帰えらないと、次回からの飲みが禁止という事になってしまいました。(ノд・。) グスン

 で、今日のランチは、上半期の営業が今日で最後との事で「紫 くろ喜」さんに行ってきました。(次は9月の下旬から)正確な時間は忘れてしまいましたが、13時前位の到着で20人位の待ちでした。「紫 くろ喜」が始まって、2回目の営業の頃に訪問しましたので、今回が2回目です。(ブログはアップしてません)前回はかなり回転が悪かったのですが、今回は予想以上に回転良かったです。


紫くろき














 「味玉鴨そば 細麺」(980円)です。スープは、最初のスープ温度が高いうちは、カエシが前にきて、鴨が後ろに控える感じで、カエシの主張が少し強いのですが、スープ温度が落ち着くと、鴨の旨味が前にきて、後味にカエシが広がるスープとなりまして、この時のスープは美味しいです!その後は、このバランスが最後まで続きます。春菊もこのスープに合っていて春菊もありですね〜。麺は、舌触りの良い細麺でスープと合っていて美味しいです。あっという間にスープまで完食しました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ 
 
2011年11月25日 
 

 今日は秋葉原で商談でした。ランチは、オープン初日以来の『饗 くろき』さんに行ってきました。こちらの店は、場所が良い訳ではないのに、あれよあれよと人気店になりましたね。やはり拘っている店は、分かる人には分かるのでしょうね。

 で、13時過ぎにお伺いすると、外待ち6人の店内待ち4人の都合、10人待ちでした。この後14時から浅草で商談がありまして、微妙に悩みましたが、浅草なら間に合うと確信して最後尾に列びました。しかし、思った程待たずに席に着けました。前回は「塩」を食べたので、今回は「味噌」にしました。


くろき

 「特製味噌らーめん」(980円)です。自分で自分を分析しますと、「特製」を選択したのは、列びのマジックですね。普通の「味噌らーめん」を頼むつもりが、こんな列んだのだから、せっかくだから「特製」にしようという心理が働きました。(*´∇`*) まず茹でた麺を丼に入れ、その上に魚粉をまぶしてから、中華鍋で作ったスープをかけます。そして、助手さんが、具を盛りつけて完成です。スープは、ドロドロの豚骨魚介の味噌で、スープが麺より下にある事もあってか、「まぜそば」のイメージに近いのですが、魚粉の味が前に来て、動物系に支えられた味噌が、麺にすっごく絡みつきながら飛び込んでくるスープで、

 「美味しいです (´▽`)」

 「塩」も美味しかったですが、この「味噌」は更に美味しいですね。僕がお伺いした際も「味噌」比率が塩より高かったのですが、僕も次に来ても「味噌」にしますね。中毒性のある美味しさです。チャーシューも味玉を美味しかったですし、麺も美味しかった。

 つまみも美味しいとの事なので、今度は夜行ってみます! 


東京食べ歩き ブログランキングへ

2011年6月8日

 今日の夜は、僕の会社で色々お世話になった師匠の送別会でした。かなり酔ってしまい、帰りの「津田沼駅」を3回も寝過ごしてしまい、終電もなくなり、タクシーでやっと帰宅出来ました。(●´ω`●) 

 で、今日は秋葉原で仕事でした。ランチは、本日オープンした店に、取引先の社長さんと行ってきました。

2011060813020000

 千代田区神田和泉町2−15『饗 くろき』さんです。「き」が変換出来ないので、今後は、勝手に平仮名表記に統一しましょう!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ こちらの建物は、既にすっかり溶け込んでいるし、本日オープンの案内もないので、ホントに本日オープンなのか確認しちゃいました。店内入ると「和」をイメージする綺麗なカウンターに座りました。メニュー的には、「塩」と「味噌」の二本立てと、夜限定の「タンメン」という感じです。勿論、僕が払うつもりでしたが、同行した社長に奢ってもらっちゃいました。(´∀`*)

2011060813080000

 「味玉塩そば」(850円)+「大盛」(100円)+「サービスライス」です。麺が細麺か平打ちの太麺を選べるとの事で、「平打ち」にしました。スープは、鶏の旨味が「プワっと」広がって、塩→魚介系が勢いよく追いかけてくるスープで美味しいです!結構、魚介が後味まで持続して感じられるスープで、この「深さ」は僕好みです。麺は、平打ちの中太麺で、同じ秋葉原で食べた「紬麦」さんの麺並に【つるつる】した食感で、跳ね返りの弾力もあって美味しいです。こちらも自家製麺みたいですね。味玉もチャーシューも美味しくて満足しました!

 こちらもまた行きたい店です。 


東京食べ歩き ブログランキングへ