萬月信長

 花村萬月の『信長私記』です。タイトルからも分かる様に、萬月が描く「織田信長」が大いに語っております。「武蔵(一)」ときて、この作品を読んで分かった事は、花村萬月に、実在した人物の物語を書かせては駄目ですね。特にこの「信長私記」の様に、一人称で話が進むパターンは駄目ですね。内面描写が「信長」ではなく、ほとんど「萬月」自身の思考回路に近いので、違和感が付きまといます。萬月が悪いのではなく、この作品を描かせた編集者が悪いですね。イチローに右打ちをさせるようなものです。( -д-)ノ

 で、内容的には、信長が元服前の「吉法師」の頃から家督を継いだ辺りの頃までの話です。本の帯には、

 なぜ瓢箪をぶらさげたのか。なぜ合戦に強かったのか。
 なぜ道三の娘を愛したのか。なぜ父親の葬儀に遅れたのか。
 なぜ鉄砲を集められたのか。なぜ秀吉を重用したのか。
 なぜ弟を殺したのか。なぜ地獄をも怖れなかったのか。


  すべての点が線になる、
 
 花村文学だから成しえた衝撃作


 とありますが、久々に怒りを覚える帯ですね。全ての点が線になるってありますが、この「なぜ」の萬月的な答えに萬月ならではの個性的な解釈はない気がします。いろんな「信長」関連の本にあった事ばかりです。しいて言えば、「なぜ道三の娘を愛したか」というのは、初めて知る解釈だと思いますが、利害関係や容姿以外の理由で「なぜ愛した」かどうかは、歴史の上では別に必要ない気がします。

 とにかく、この作品は、「信長」の時代や信長の事を知らない方が読めば、さっぱり意味が分からないと思います。それを知っている方が読んだら、特に何ともなく、少しイラッとする作品だと思います。おススメはしません。(。・ω・)ノ゙
 もう少しだけ書きます。この作品で一番僕を落胆させたのは、あの有名な

 「鳴かぬなら 殺してしまえ 不如帰」

 の話です。僕の知識が正しいか分かりませんが、この句は、後世の方が、信長、秀吉、家康の気性を表したものだと思うのですが、この作品では、信長自身が上記の様に語っているんですね。これは萬月らしくないですね。なんでわざわざこんな文を信長自身に語らせてしまったのか・・・・。反省会を開いて欲しいですね。( -д-)ノ

 最後にあと一つ、


 直後、吼えた。
 いまだかつてない雄叫びをあげた。
 俺の烈しく切ない脈動。


 まるっきり同じ文章ではないですが、精子が飛び出した際の萬月がよく使う表現です。これかなり飽きちゃいました。僕自身が、吼える&雄叫びをあげる程、精子を迸った事がないので、嫉妬しているのかもしれませんが、この文見ると、少しイラッとします。(●´ω`●)