2017年で印象に残ったお店を纏めてみました。(2017年1月からの訪問順)

秋刀魚煮干清湯そば
丿貫(へちかん)さんの「秋刀魚煮干し清湯そば」(850円)です。このスープはめちゃめちゃ美味しかったですね。1月に頂いたのに、まだ味のイメージが頭に残っている位です。その他の魅力的なメニューや限定もやっていますし、店の雰囲気も凄く良くて、また行きたいとずっと思ってます。


醤油
「麺処ほん田」さんの「手揉み中華そば(醤油)」(770円)です。僕が日本蕎麦屋さんで、今一番美味しいと思っているのが、東十条の 『一東庵』さんなのですが、 『一東庵』さんにお伺いしたら、売切れ終了だったので、久しぶりに「ほん田」さに行こうかと軽い気持ちでお伺いして頂いたのですが、これが記憶・想像以上に美味しくてびっくりしました。その後に再訪しましたがやっぱり凄く美味しくて、東十条に用事がある時にどちらに行こうか迷います。


醤油
保谷の「麺屋彩香」さんの「味玉醤油」(850円)です。毎年の「まとめ」に登場しておりますが、この鶏の重厚な旨味の中から現れるのこの醤油スープはホント僕的にナンバーワンです。ほんと美味しい醤油です。今年は3回訪問して2回臨休に当たって、1回しか頂けなかったですが残念でした。


白菜タンメン
「白菜タンメン 楽観」さんの「タンギョウ」(ランチタイム価格780円)です。アツアツのスープは、白菜の旨味が沁み出てめちゃ美味しかったです。白菜が全然好きじゃないのに美味しく頂けました。この業態はやり方次第で行列店になると思ってます。立川に仕事があったら、こちらが第一候補になりますね。


黒胡麻担々麺
「麺処 そばじん」さんの「黒胡麻担々麺」(880円)です。先輩のオススメでお伺いしてみたのですが、この黒胡麻担々麺は、味の構成が凄く良くて、ストーリーになってるんですね。この紹介してくれた先輩はいつもたくさんのお店を紹介してくれるのですが、その中で断トツで美味しかったです。接客も素晴らしいし、他のメニューも魅力的だし、また行きたいです。

IMG_0352

IMG_0353




































『八王子 響』さんの「背脂煮干し味玉」(850円)+「チーズチャーシューご飯」(200円)です。この背脂煮干しのスープは、背脂の甘味からカエシ→煮干しの味の流れがきりっとした構成で美味しかったです。そして、この背脂煮干しのスープをインして頂く「チーズチャーシューご飯」がめちゃ美味しくて、このセットは最強でした。


ベジ白湯そば
京橋の『ソラノイロ トンコツ&キノコ』さんの「キノコのベジ白湯ソバ」(1000円)+「味玉」(120円)です。キノコの風味と後味にくる豆乳のマイルド感が美味しかったですね。まだ実現してないですけど、女性を連れて行くならこちらに連れて行きます。


らぁ麺
『麺屋 庄太 六浦店』さんの「らぁ麺(並)」(800円)+「半ライス」(150円)です。ずっとチェックしていた店だったのですが、想像以上の美味さに感動しました。「ド豚骨」系のスープなのですが、凄く洗練されているスープで、苦もなくスープまで完食してしまいました。僕的には「ド豚骨」系のジャンルでは1番好きになったと思います。最初が5月の訪問で、その後、会社主催のバーベキューがこちらの近くであったので、軽めに済ませて家族を連れてお伺いしましたが、嫁が初めて「あんたがラーメンの食べ歩きをしているのが分かった」と言ったお店でした。


沢むら

鶏丼






































藤沢の『鮮魚鶏出汁麺 沢むら』さんの「鮮魚出汁麺」(780円)+「鶏飯」(280円)です。鮮魚出汁が猛烈に主張するスープは、めちゃ美味しいですね。よく、「次郎さんのオススメのラーメン屋さんは何処?」って聞かれるのですが、ラーメンも好みがあるので迷うのですが、僕的には毎回こちらをオススメしてます。多分、どの方が食べても一定の満足をして頂けるだろうと思う店です。



汁なし担担麺

カリー
『担担麺 香噴噴 東京木場』さんの「汁なし担担麺」(830円)+「ミニ咖喱飯」(150円)です。辛いのが得意でないのですが、「汁なし担担麺」が好きなりまして、色々な所で食べる様になったのですが、こちらの「汁なし」が一番中毒性がある気がします。最後の締めとして「ミニ咖喱飯」も美味しくて、このセットが980円で頂けるというのも最高ですね。


徳島ラーメン全部増し
『徳島NOODLEぱどる』さんの「徳島ラーメン全部増し 小」(900円)+「ライス」(ランチタイムサービス)です。トロンとした口当たりの濃厚なスープに濃いめのカエシが広がるスープは美味しかったです。中毒性ありありです。


IMG_1752

IMG_1751





































「麺屋 中川會 住吉店」さんの「醤油そば」(850円)+「チャーシュー丼」(350円)です。鶏の旨味に下支えされた【貝だし】やら何やらの旨味を強く感じるスープはめちゃ美味しかったです。スープを一口飲んだ瞬間の感動度は一番でした。2017年次郎的ラーメン大賞がこちらですね。


IMG_1709
上野の「さんじ」さんの「Crazy Crab」(1000円)+「うずら」(50円)+「和え玉」(200円)です。こちらのこの油多めのスープはかなり好みが別れるかと思いますが、僕的にはハマってしまいました。動物系の旨味の中から突き抜けてくる蟹の旨味が衝撃的でした。濃厚煮干も美味しくて中毒性ナンバー1の店です。


特製醤油らあめん
成田の『らあめん clover 』さんの「特製醤油らあめん」(1000円)です。まずこの見た目にやられますね。そして、スープの温度が高い時から、温度が落ち着くまでの味の流れが凄く良くて美味しかったです。(最初はしっかり醤油が前にきて、徐々に鶏の旨味が主役になっていくこの流れが凄く楽しいです)チャーシューも味玉も美味しくて、こちらに来たら「特製」がオススメです。


IMG_1785
湯島の『中華そば万来之陣』さんの「醤油中華そば(並)」(750円)+「小ライス」(50円)です。最初の一口は薄いな?なんて思うのですが、スープを飲み進めるうちに、徐々に沁み出す旨味が「す〜」と体内に吸収される感覚に陥るスープで、美味しかったです。


こばやし
北千住の「こばやし」さんの「ラーメン」(750円)です。こちらの鶏の上品な旨味を感じるスープがめちゃめちゃ美味しかったです。後味にくる魚介も上質な感じで、とにかくこのジャンルのトップクラスだと思いました。


味噌チャーシュー
松戸市根本の『らーめん 風』さんの「味噌チャーシューらーめん」(1000円)です。2017年の味噌部門の1位でした。今の気分ですと松戸で仕事があったら、必ずこちらに行こうと思います。


鶏葱そば
「饗 くろ喜」さんの「鶏葱そば」(1200円)です。今まで食べた限定の中で1、2位を争う程美味しかったです。こんなネギが美味しいんだと思わせてくれた一杯でした。


味噌らぁ麺
『Ramen ドゥエ Edo Japan 』さんの「味噌らぁ麺」(980円)です。このスープも複雑に旨味が襲ってきて美味しかったです。以前からの「フロマージュ」も安定した美味しさですし、今後もチェックしていく予定です。前回訪問時に石塚さんがいたので握手して頂きましたが、オーラがありました。