2018年9月3日

ヤフーニュースで「ラーメンショップ」がロードサイド最強説みないな記事が出てましたが(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00005491-mesitsu-life)ちょっとしたラーメン好きからすると「ホンマかいなー」と思う方もいるかと思います。しかし、これは僕の師匠も言ってたんですね。ロードサイドで、ある程度の駐車場を確保可能で、何かのFC店をオープンさせるなら圧倒的に「ラーメンショップ」だと言うんです。僕は「豚骨一燈 」で勝負かけたいと師匠に言ったのですが却下をくらいました。「ラーメンショップ」のネームバリューとFC店でのロイヤリティ等、様々な事を勘案すると絶対に「ラーメンショップ」が良いとの事なんです。父から代替わりしたらやってみようかな(*´∇`*)

で、今日は松戸で商談でした。訪問前からほぼ受注が決まっていたのですが、誠意を見せに行ってきました。ランチは 『松戸中華そば 富田食堂』さんに行ってきました。今日は何にしようかな。なんて悩んでいたら、

始めました。



















つけざる 始めました」なんて案内がありましたので、

つけざる
「つけざる(大)」(950円)を頂きました。スープは、鶏の旨味に果汁の酸味、後味でしょっぱさが纏めてくるスープで、

さっぱりウマ‼

松戸に滅多に来る事がなくて、やっと来たという方にわざわざこちらの「つけざる」をオススメする事はないのですが、頻繁に来れる方なら一度は食べて頂きたい美味しさですね。スープ温度が冷めてきても、この味の構成も変わらないですし、美味しさも落ちないですわ。麺は、中太の縮れ麺で、もっちりとした食感と麺自体の甘味を楽しめて、スープによく絡んで美味しいです。

最初は麺量が多くて食べきれないかも。なんて思ったのですが、美味しくて余裕で完食しました。(*´∇`*)


関東食べ歩き ブログランキングへ



2018年2月1日

今日は経費が振り込まれる日なんです。ミツオ先輩なんかは、その金で「キャバクラ」へカモとなって飛び立つのですが、僕は本を買うんです。津田沼の昭和堂へ待ちに待った「馳星周」の新刊を買いに行きましたら、新刊コーナーに置いてないんですね。あ〜、1月17日の発売だからもう新刊コーナーに無いのかな?なんて思いまして、文芸書のコーナーを探したのですが無いんですね。店員さんに調べて頂いたのですが、置いてないとの事でした。これは光文社の怠慢ですね。泣きながら次の商談先の松戸に行きまして、駅前の「良文堂書店」に行きましたらありました!ゲットしました!!という事で今は電車移動が楽しいです。(良文堂では、端っこの分かり難い所にありました)(*´∇`*)

で、一昨日の商談相手からまたお呼びがかかったので、ランチは松戸駅前のチェックしていた店に行ってきました。

松戸中華そば 富田食堂
松戸市松戸1239−1 『松戸中華そば 富田食堂』さんです。移転前は(ブログアップしてませんが)2回程お伺いしまして「煮干しそば」と「つけ麺」を頂いたのですが、移転後初の訪問です。記憶が曖昧なのですが、移転して「中華そば(醤油&塩)」が追加された感じですかね?という事で「中華そば」を頂きました。

松戸中華そば富田食堂

中華そば
「中華そば(醤油)」(820円)です。スープは、最初の方だけはカエシが暴れている感じなのですが、何口か飲み進めるうちに落ち着いてきまして、カエシの芳香さが心地よく広がり、おっつけ鶏の重厚な旨味が広がるスープで美味しいです!鶏の旨味が太くて、重みがあって、それがつるっとした口当たりの中細麺によく絡んむんですね。この麺も凄く美味しいです。チャーシューも噛んだ時の旨味が僕好みの懐かしさもあるチャーシューで美味しいです。

スープまで完食しまして、満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ