長く高い壁
浅田次郎の『長く高い壁』です。浅田作品初の戦場ミステリとの触れ込みで、期待して読んだのですが大した事なかったです。また僕の好きなラーメンに例えちゃうと、ライトなスープに化調で味を調えたチェーン店のラーメンという感じでした。この本の帯は、作品以上に良い出来過ぎて、詐欺に近いです。(*´∇`*)

1938年秋。流行探偵作家の小柳逸馬は、従軍作家として北京に派遣されていた。だが、突然の要請で、前線へ向かうこととなる。
検閲班長の川津中尉と共に、北京から半日がかりで辿り着いた先は、万里の長城、張飛嶺。
そこで待っていたのは、第一分隊10名が全員死亡という大事件だった。
なぜ、戦場に探偵作家が呼ばれたのか。10名は戦死ではないのか
分隊内での軋轢、保身のための嘘、軍ならではの論理。
従軍作家の目を通し、日中戦争の真実と闇が、いま、解き明かされる。

「戦争の大義」「軍人にとっての戦争」とは
何かを真摯に捉え、胸に迫る人間ドラマ。


主人公は、従軍作家として北京に派遣された流行作家の【小柳逸馬】です。簡単に言うと、張飛嶺守備隊として警戒に当たっていた第一分隊10名全員が、何らかの原因で死んでいるのが発見されたんですね。その調査を【小柳逸馬】が命ぜられまして、助手役として検閲班長の川津中尉を伴って張飛嶺に向かいます。そして紆余曲折を経て事件を見事に解決するという物語です。物語の展開もライトな感じで、解決までの道のりに「ミステリ」としてのドキドキ感もなく、帯にある様な「日中戦争の真実と闇が解き明かされる」訳でもなく、「戦争の大義」「軍人にとっての戦争」を真摯に考えさせられる事もなく、最後までライトは仕上がりとなってました。せめて何処かに感情移入出来たら良かったのですが・・・・・。

浅田次郎の「戦場モノ」としては、最低ランクだと思います。( -д-)ノ


読書日記 ブログランキングへ

それでもファンは読んでみてください。