2018年6月26日

今日の午前中は大崎駅西口側にある、とあるビルに入っている法人さんと商談でした。大崎駅西口付近に営業車で約束の30分前に到着したのですが、全然、駐車場が空いてなくて、グルグル回って東口にあるビルの地下駐車場に止めてやっとの事で客先に着いたのですが、20分の遅刻でした。大崎駅西口側は駐車場が少な過ぎです。(ノд・。) グスン

で、今日の昼は都筑区で作業でしたので、チェックしていた店に行ってきました。

藤花
横浜市都筑区池辺町4800−6 『支那蕎麦屋 藤花』さんです。「麺屋翔」出身で、美味しい「塩ラーメン」のお店との情報を頂き、チェックしてました。店内入ってすぐ左側に券売機があるのですが、対応してくれたお姉さんにオススメを聞くと「塩らぁ麺」で、「最近【つけ麺】も始めました」なんて説明して頂きました。やっぱり先ずは「塩らぁ麺」を頂く事にしました。

塩らぁ麺

藤花
「塩らぁ麺」(780円)+「炙り丼」(200円)です。最初のスープ温度の高いうちは、「塩ダレ」が前面にじゅわっときて、鶏の旨味が後から追いかけてくるスープです。スープ温度が落ち着くと、代わって鶏の旨味が前面に押し出してきまして、鶏油で厚みを出しつつ、塩ダレがギュッと後味を締める構成で、この時のスープが一番美味しいですね。この時の味の構成が凄くクリアで、これぞ淡麗系という感じです。そして、平打ちのツルツルとした舌触りの太麺が美味しいですね。普通の淡麗系でこの麺を合わせてしまうと、麺とスープの味が別れてしまって、相性が良くないはずなのに、こちらのスープには凄く良く馴染みますね。

最後に「炙り丼」を頂きましたが、これも美味しかったです。このセットが1000円で収まるのはお得ですね。余程のオススメが無い限り、次も「塩」を頂きたいです。(*´∇`*)


関東食べ歩き ブログランキングへ