僕のラーメン食べ歩きは、「本格派」では無いので、仕事上で何処に行くかで店が決定するので偏りがあります。それでも、せっかくなので、2018年で印象に残ったお店を纏めてみました。(2018年1月からの訪問順)

鴨らぁ麺
御徒町の「らーめん 鴨 to 葱」さんの「鴨らぁ麺」+「鮪屋のトロたくちらし」セット(980円)です。こちらのスープは、「鴨・葱・水」のみで作った無化調スープというのがウリなのですが、決して上品過ぎず、僕みたな素人でも分かり易い、ハッキリとした「鴨スープ」という感じで美味しかったです。そして、このスープに合わす、中細のストーレート麺も口当たりが良く、しなやかで美味しかったです。


つけ麺(中盛)
足立区西竹ノ塚の「つけ麺 和」さんの「つけ麺」(800円)+「中盛」(100円)です。濃厚豚骨魚介つけ麺というジャンルで言いますと僕的に1番好きな店が「つけ麺 道」さんなのですが、そこの出身という事でお伺いしたのですが、期待通りの美味しさでした。


つけ麺(中盛)
そして、亀有の「つけ麺 道」さんの「つけ麺」(950円)+「中盛」(100円)です。濃厚なスープはマイルド感の中から溢れ出る旨味が半端なくて美味しいですね。僕的にこのジャンルでは1番です。


梅塩
荒川区南千住の「牛骨らぁ麺 マタドールANNEX」さんの「梅塩らぁ麺」(880円)です。先月にもこちらでランチしたのですが(ブログ未アップですが)、残念ながらメニューが変わっていて、この「梅塩らぁ麺」が無くなってました。(現在のメニューはBB系、味噌、鶏塩、まぜそば)牛骨ならではの上質な甘味が広がり、中盤から後半に広がる魚介の風味がとっても上品で美味しいんですね。梅無しの状態でも最強なのですが、それに「梅」を崩したスープはめちゃ美味しいです。梅塩の復活を希望です。( ´∀`)つ


特製醤油らあめん
成田の「らあめん clover 」さんの「特製醤油らあめん」(1000円)です。こちら「醤油」は僕好みのスープでして、千葉でこのタイプの「醤油」は希少ですね。トッピングも全部美味しくて、ビンボーな僕ですが、こちらでは特製を注文してしまいます。


中華そば
保土ヶ谷の「櫻井中華そば店」さんの「中華そば・醤油」です。バランス良いスープと、自家製の「手揉み麺」が美味しかったですね。


煮玉そば
戸塚の「中華そば しんの助」さんの「煮玉そば」(880円)です。上質感ある豚骨魚介のスープで、魚介の存在感が良いですね。麺もスープと相性ぴったりで、このジャンルの根強いファンをがっちり掴んでますね。ラーメンのジャンルでは「家系」の次に好きなジャンルなので、常に僕のリストに載っています。


中華そば
柏の「AKEBI」さんの「中華そば」(780円)です。魚介の上質な旨味と、後味でねっとりと纏めてくるカエシ感が美味しかったです。何の情報も無くて、同行者に連れて行ってもらっただけだったので、期待値を遥かに超える美味しさにビックリしたので凄く印象に残りました。


厚木家
厚木の「厚木家」さんの「ラーメン(並)」(640円)です。前から書いてますが、ラーメンのジャンルで1番好きなのが「家系ラーメン」でありまして、家系ラーメンの中でも沢山のカテゴリに分ける事が出来るのですが、やはり「直系」のこちらは別格ですね。


ラーメン並
大田区の「横浜家系らーめん いずみ家」さんの「らーめん+ライス」(850円)+「のり」(100円)です。家系好きの仲間がいまして、ずっとオススメされていまして、やっと食べる事が出来たのですが、家系好きなら見た目で美味しいと分かるビジュアルです。こってりとしたスープは、修行先より深いコクで凄く美味しかったです。余談ですが、僕の会社は今、倉庫を探していまして候補が沢山あるのですが、こちらにちょこちょこ行けると思いまして、僕は大田区の倉庫を推してます。(権限は無いのですが)(*´∇`*)


醤油蕎麦
「神保町 黒須」さんの
「味玉醤油蕎麦」(850円)

塩そば
「塩そば」(800円)です。こちらの「醤油」と「塩」は安定感あるスープで両方ともめちゃ美味しいです。どちらかと言えば「塩」の方が好きですが、ほんと甲乙つけがたいです。150円で頂ける「チャーシューご飯」も美味しくて、弱点なしです。


特製中華そば醤油
亀有の「手打式 超多加水麺 ののくら」さんの「特製中華そば(醤油)」(980円)です。こちらは麺がめちゃくちゃ舌触りの良い、もっちりとした弾力がある太縮れ麺で美味しいですね。初めて頂いた時よりもスープとの親和性が上がった感じがしました。ワンタンもめちゃ美味しい。


みそらーめん並
川崎の「麺小屋 てち」さんの「みそら〜めん(並)」(780円)です。ドロドロの動物系に甘めの味噌とラー油が合わさったスープは、めちゃ中毒性が高いです。味噌では今の所1番です。僕がお伺いした際は「味噌まぜそば」の率が高かったので、次はこちらも食べてみたいです。


味玉醤油
西東京の「麺屋彩香」さんの「味玉醤油」(850円)です。相変わらずの美味しさで、醤油の部門では僕的にずっと1番でした。先月の12月下旬で閉店してしまってホント残念です。


味玉らーめん
江東区の「麺屋 吉左右」さんの「味玉らーめん」(890円)です。スープは、動物系の旨味の中から魚介の旨味が前面に押し出してくる「上質」なスープで飽きる事が無い美味しさです。最近、このジャンルの新店が殆んど無い状態なので貴重なお店です。


肉ニラスタミナメン
世田谷区経堂の「YOKOHAMA中華そば かみ山」さんの「肉ニラスタミナメン」(800円)てす。こちらのスタミナメンは凄く美味しくて中毒性がありました。その他のメニューも魅力的で、2018年で絶対再訪しようと思った店の1位です。


ラーメン並
「金八家」さんの「ラーメン(並)」(690円)+「海苔増し」(80円)です。家系好きなので好きな店が沢山あるのですが、他人にオススメを聞かれると、真っ先に頭に浮かんでくるのが「金八家」さんです。2018年もめちゃ美味しかったです。


鮮魚かつおだし麺
藤沢の「鮮魚鶏出汁麺 沢むら」さんの「鮮魚かつお出汁麺」(850円)です。真鯛のらーめんも美味しかったですが、「かつお」のスープも美味しかったです。やはり「鮮魚」を使ったスープは絶品です。


塩ラーメン

壱六家大和店のチャーハン
大和市の「壱六家 大和店」さんの「塩らーめん(並)」(680円)+「チャーハン」400円)です。家系ラーメンの「塩」では、大和店さんの「塩」がナンバー1ですね。更に「チャーハン」も美味しいという最強コンビです。


味玉塩豚骨

チャーハン小
秦野の「豚骨ラーメン 脇や」さんの「味玉塩豚骨」(750円)+「チャーハン(小)」(350円)です。こちらのドロドロの「塩豚骨」は食べ易い「ド豚骨」で美味しいです。そして、チャーハンも負けずに美味しいです。こちら近くの大学を担当しているのですが、商談の際は必ず寄ってます。


牛王らーめん
武蔵新城の「牛骨らーめん 牛王(ごおう)」さんの「牛王らーめん」(950円)です。牛を使ったスープは、マー油とスパイスとトマトのハーモニーが食べた事ない味でめちゃ美味しかったです。2018年の初訪の店では、オリジナル性は1番です。


らーめん並
四谷の「横浜らーめん 龍馬」さんの「らーめん(並)」(600円)+「のり増し」(50円)です。武蔵家さん出身らしい、ずっしりとしたスープで、後味のキレもあって美味しいです。本格派のスープに、並が600円でライス食べ放題という事で、味を伴った家系で言えば、首都圏エリアでナンバー1のコスパです。


濃厚真鯛らーめん

雑炊セット

錦糸町の「真鯛らーめん 麺魚」さんの「濃厚真鯛らーめん雑炊セット」(1,050円)です。全部アップしてないけど、2018年で1番食べたのがこれです。それでも全く飽きないです。これホント大好きです。因みに、2018年度の訪問回数ランキングは、

1位「真鯛らーめん 麺魚」さん
2位「饗 くろ喜」さん
3位「武蔵家 東船橋店」さん
4位「十五家」さん
5位「拉麺阿修羅」さん
5位「ひよこプリン」さん


です。これらの店は、中毒性があって、僕の仕事上の動線上にあるので、本能で寄ってしまいます。


白らーめん
平井の「ひよこプリン」さんの「白らーめん(豆乳)」(800円)+「ちょこっと肉玉ごはん」(200円)です。この豆乳のスープがめちゃ美味しくて、他のメニューも絶対美味しいと思いまして、全メニュー制覇チャレンジ中です。たしか、あと1メニューで制覇となります。


味玉塩

焼売

秋葉原の「饗 くろ喜」さんの「味玉 塩そば(細麺)」(1100円)+「焼売」(300円)です。こちらの「塩そば」は激ウマです。何でも美味しいのですが、大将にお聞きしたら「醤油」の方が出ると言ってました。僕は、この「塩そば」で、2018年度の「次郎的ラーメン大賞」を授与したいと思います。(*´∇`*)