僕と年賀状のやり取りをしている方におきましては、ご連絡をしてなくて申し訳ございませんが、喪中につき、年賀状を出してない事をお詫び申しあげます。旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願い致します。

僕自身としましては、2018年は特に代わり映えしない年だったのですが、僕くらいの年齢になりますと、僕を取り巻く環境は、毎年、何かあるもんでして、特に2018年は、次郎一族としましては大事件と言っていい程の事件があったりしまして、長男の僕としましては忘れる事が出来ない年となりました。それが原因で、今年も大きな山場を越えていかなくてはならないのですが、何とかなるでしょうと言った感じで軽く考える様にしてます。(*´∇`*)

元旦から次郎一族の新年会がありまして、現在まで、ずっと飲み続けている状態で、今も酔っ払いながらブログ書いているので、素面になった時に削除するかもしれませんが、今の状況で書きたい事を書いてみます。


天皇陛下の85歳の誕生日の会見です。ニュースでは、一部しか報道されていませんが、ノーカット版を見ると、陛下の心情等が浮き彫りになりまして心打たれましたね。「象徴としての運命」を受け入れて過ごされてきた重みを感じました。時間があれば、是非ノーカット版を見て欲しいと思いました。(*´∇`*)



年末の那須川天心とフロイド・メイ ウェザーの一戦です。格闘技が好きな方なら、このルールでのこの結果は容易に想像がついてまして、何か番狂わせ的なものを期待して観たのですが、想定通リの結果でしたね。しかし、キックでの那須川天心は、ホント100年に一人の逸材な訳ですよ。体重差もキックがあればという所にボクシングルールで戦うのは無謀な訳でして、天心と同じ歳の息子を持つ(しかも僕の息子が憧れているのが那須川天心)僕としては、涙なしでは観る事が出来ない試合でした。
 余談ですが、僕の息子も、とある大会で優勝したら、大学の授業料が免除で、その大学に入学出来るという大会で負けてしましいて、その道を諦めた経緯がありまして、その時の心情と今回の天心の敗戦がリンクしまして、号泣でした。天心、頑張れ!ずっと応援すれで!

2018年、まだまだ沢山あるのですが、取り合えず直近での僕の想いでした。( ´∀`)つ 

それでは、今年も身内ブログ的な内容となると思いますが、よろしくお願いします。(*´∇`*)