2024年3月12日

寝姿

うちの愛犬は、昼寝の時はいつもこんな感じで寝てます。もっと近づいて写メ撮りたいのですが、これ以上近づくと、

気付かれた

起きてしまいます。いつも一緒に寝ているのですが、夜は、僕の股の間にうずくまって寝てます。(*´∇`*)

で、3月12日は、世田谷で商談でした。ランチは、たまたま同じエリアで仕事があったラーメンの師匠に、
世田谷区赤堤4丁目1−1
「つけめん 満を持して」さんに連れて行って頂きました。TETSUさん出身との事です。(師匠情報ですと、TETSUのマネージャーまで登りつめた方との事です)更に言いますと、小宮さんが運営していた「ラーショマルニャー」の店舗を譲り受けての独立との事で期待出来ますね。

券売機


ポップ1


ポップ2

メニューはこんな感じです。このメニューを見て思った事は、これ程までに「TETSU」のメニューを踏襲している「TETSU」出身の店は殆ど無いと言う事です。「TETSU」愛を感じますね。更に言いますと「焼き石」まで踏襲出来るのは、小宮さんの許可無しでは有り得ないので、この時点で「つけ麺」のレベルが想像出来てしまいました。

特製つけ麺1


麺アップ


スープアップ


特製トッピング

「特製つけめん」(1,300円)+「大盛」(100円)を頂きました。麺の「大盛」は、茹で前で330gとの事です。券売機の横に麺量に関する表記がありまして、これがあるのは嬉しいですね。アツアツのスープは、鶏メインの動物系の旨味が前面に広がるスープで美味しいです!!濃いめのカエシですが、見た目ほどは濃く感じなくて、動物系のスープと一体感がありまして美味しいです。そして、後味に広がる魚介系の旨味が上品に広がりまして美味しいですね。入店した際に感じたのは、魚介系の心地良い香りだったのですが、魚介系の効かし方が僕好みで嬉しいです。TETSUファン向けに云いますと、以前の「千駄木本店昼の部」の鶏魚介のスープを、更に分厚くさせた感じのスープです。そして、中太のストレート麺が甘味があって凄く美味しいです。こちらで独立する前は、「和利道」さんにいたからか、カネジンさんではなく「村上朝日製麺」さんの麺です。スープと相性良くて美味しいです。

最後に「割りスープ」を頂きました。TETSUさんの「まぜそば」に付いてくるのと同じ感じの小さい陶器に「かつお出汁」を入れて提供されました。これを投入して頂きまして美味しく完食しました。

オペレーションも手慣れた感じでしたし、女性スタッフの接客も気が利いてましたし大満足でした。(*´∇`*)


東京食べ歩き ブログランキングへ