蕎麦とラーメン食べ歩き と読書のブログ

蕎麦とラーメンの食べ歩きと読書のブログです。蕎麦は、結構詳しいので、蕎麦の評価は信用出来ると思います。ラーメンは、素人です。読書傾向は偏りがちです。

 お薦めの本を紹介してください!  コメント欄ではちょっと・・・。という方は、メールください。生意気言ってすみませんが、「恋愛もの」以外でお願いします。     

くだらない話

つけめん あの小宮 六本木グランドプラザ店

2018年9月6日

2011年の時は津波の影響で非常用電源が駄目になったのと、電源車を派遣出来なかったのがメルトダウンの原因だったので、泊原発が外部電源を喪失したと聞いた際に、津波の状況をまず確認しました。今回は津波の影響は無かったけど、福島の教訓は活かされていて、津波があった場合でも対策が取られていたかをチェックしたいです。今日も勿論酔ってますが、流石に頭の何処かは冴えてます。( -д-)ノ

で、今日は赤坂で商談でした。ランチは、歩いても近そうだったので、チェックしていた店に行ってきました。

つけめん あの小宮
港区六本木3-1-25 六本木グランドプラザ 1F 
「つけめん あの小宮 六本木グランドプラザ店」さんです。
六本木一丁目駅からほぼ直結といったところです。都立大学に2店舗→上海→大崎店ときて、5店舗目のお店です。今回は屋号でも分かる様に「つけめん」推しな店です。小宮さんの人脈と資金力、恐るべしですね。(こちらも住友不動産系ですわ)

六本木店券売機


















メニューは、こんな感じです。なんと平日のランチタイムは、麺類を注文すると300円でカレー丼、麻婆丼、卵かけご飯が食べ放題と言う「満腹ランチセット」なるメニューがありまして、これはアツいですね。かなり魅力的なんですが、今回の業態は「つけめん あの小宮」と言う店名なので、最初は「つけめん」を食べるべきだと思ったんですね。僕はつけめんの時は、ご飯モノは食べないので、今回は「つけめん」だけを頂きました。

大盛!つけめん
「大盛!つけめん」(950円)+「味玉」(100円)です。スープは、煮干しが香る「さらっと」系のスープで、後味に酸味を効かせたスープで美味しいです。イメージ的には、富田食堂さんで頂いた「つけざる」のスープが浮かびました。そして、麺は舌触りがツルツルのムチムチの弾力の太麺で、この麺はめちゃ美味しいです。しかし、スープとの絡みは悪いので、このようにして食べるがのがベストです。

つけめんの食べ方
一瞬、これが大盛?なんて思ったのですが、この麺なら、もっといけます。ランチは特盛無料もやってもらいたいです。

最後はセルフで、丼ブリを持って、カウンター前にあります「割スープ」がおいてある所まで行きまして、自ら「鰹だし」の割スープをよそいにいきまして、再び席に戻ってスープ割を頂きましたが、この手のスープには「柚子」が良いアクセントになって美味しく完食しました。次は、らーめんにして、ご飯系を食べまくってみます。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

防災グッズの用意はしておかないとですね。


『日輪の遺産』観てきました!

 映画、『日輪の遺産』を観てきました。原作は、次郎的浅田次郎作品ランキングの堂々3位ですよ。一応、押えない訳にはいきません。この作品(小説の方)を貶す人は結構いますが、僕的には好きなんですよね。そんでもって、映画を観た感想なのですが、


 つまらなかったよ!(#`皿´) ムキーーーー!
 
 僕的には残念でした。(ノд・。) グスン ストーリーの展開からキャストまで不満だらけでした。別に「原作至上主義」な訳ではないですが、あれじゃあ、せっかくの原作がもったいない。唯一良かったのは、小泉中尉とマッカーサーの場面です。(福士誠治の演技だけね) ユースケ・サンタマリア、八千草薫の演技が嫌いでした。20名の少女たちの「ワザとらしい笑顔」が僕の心を醒めさせました。音楽も心に響かなかったな。

 周りの方の気配を探ると、泣いている方が多かったので(鼻を啜る音が方々から)、僕の意見の方が少数派かもしれませんが、客入りは、ガラガラ×2の客入りで、1列に1組もいない状態でした。興業的には・・・・・・・。

くだらない話〜心理学〜

 今はもうないみたいですが、僕が大学の頃は一般教養の授業がありました。その中でも『心理学』を選択していて、授業が楽しみでした。とにかく面白い授業をする先生で、本業の「シェイクスピア」研究より真面目に授業を出席してました。

 黒川博行の「誘拐もの」の作品にも出てた記憶があるのですが、誘拐された被害者が、犯人と時間や行動を共にする事によって、犯人に同情してしまうという事を『ストックホルム症候群』と言います。

 僕くらい心理学に精通していると(勿論、冗談ですよ)、これを仕事に応用出来るのです。最近、この技を使いまして難局を乗り切りました。(・∀・)つ

 うちの会社の商品を購入してもらって、ソフトをインストールして、運用しようとしたお客様が、説明通りやっても全然上手くいかないと何度も電話がかかってきて、僕が何度も説明しても上手くいかない。実はこの商品、発売されたばかりの新商品で、僕も全然分からないのです。(ノд・。) グスン 僕も取説見ながらアタフタしている。そりゃあ、お客様も怒りますよね。周辺機器含めて、300万の商品です。僕もこの商品がまだよく分からないので、技術の方に問い合わせて、またそれを伝達する。それでも上手くいかない。もうイライラMAXで、技術の方に、

 「すみませんが、お客様に直接説明してくれませんか?」

 とお願いすると、

「私が出てしまっては駄目なんですよ!私が前に出てしまえば、それにかかりっきりになってしまう。それは、営業の次郎さんが説明してください!」

 なんて言われてしまい、アタフタが続く。

 ここら辺で、お客様もイライラMAXです。

「この出来ない作業は、明日までに終わらせなければならないから、次郎さんが徹夜でやってよ!」

 なんて状態です。誠心誠意がモットーの僕は、そう言われればやりますよ。相手先の会社に行って、深夜までパソコンと格闘ですよ。結局、CSVファイルのなんたらが原因だったのですが、まだよく分かってないです。

 とにかく、僕が先方の会社に着いた時は、も〜最悪の状態ですよ。険悪ムード。ホントに「来やがったな〜」という感じで、怒られる訳です。しかも、直るか分からないのに、とりあえず来ただけ。しかし、色々聞き取りしながらじゃないと、解決しないから、嫌でも会話する訳です。この状態が、誘拐したての、犯人と被害者の関係と似ています。それが徐々に時間立つと、会話の中に

「実家が蕎麦屋なんです」「嫁さん、鬼嫁です」「上司は頭の線が1本切れてます」 

 なんて会話を盛り込む訳ですよ。ストックホルムの応用です。それで、相手が何に反応するか、相手の表情を読み取る。今回は、上司の話に、少し反応しました。この時の気分は、初めて結ばれる女性の性感帯を嗅ぎ付けた時の気分に似てます (* ̄∇ ̄*)エヘヘ 性感帯が分かったからと言って、そこばかり攻めても駄目です。上司の話なんか、そんな広げる事なんて出来ないから、他の性感帯も探すのです。そして、徐々に絶頂へと誘っていくのです。そうすると、

「次郎君も大変だね〜」「うちの上司もバカでさ〜」「機械ものは当たり外れあるよね〜」 

 なんていう事になって、激怒していた客とのなんとなく仲良くなってしまったのです。この現象を

 「次郎性感帯症候群」 

 と言います。誰でも使っていいです。ストックホルムの現象と同じで、ここの場所から離れるとまた徐々にぎくしゃくした関係に戻ってしまう確率が高いので、気をつけてください。

 昨日は、お薦めしていただいた、北方謙三の「檻」を「モバオク」で落札しました( ´∀`)つ オークションとは縁がなくて、人生初のオークションでした。落札価格は、「400円」で、送料と合わせれば、「560円」でした。なにせ、初めての経験なので、昨日の0時位から、「モバオク」の登録から始めて、落札して、相手の方と打ち合わせが終わったのが、3時でした。出品者の方に質問したりして、相手の方からしたら、かなり迷惑な奴だったかもです。(*´Д`*) しかし、1度やると当分嵌りそうです。欲しい本がブックオフなんかよりも全然安いので、振込み等の手間は面倒ですが、こちらの方が安くていい。そんなに金に困ってなかった頃は、「新刊」を大人買いしたりしてたけど、最近の貧乏ぶりな僕にはいいかもです。

 話はかわるのですが、金曜日は、「次郎的お会いしたい人ベスト10」に入っている方とお会いする事が出来ました。順位は。9位か10位の方のですが、それでも、かなり感動しました。好きな作家さんとか、握手会や講演などで、ただ会うだけなら出来るものですが、今回は、

 「僕と一緒に仕事しましょう!」

 てな感じで、ビジネスの話でした。まぁ、ホントは、その方に会えれば、ビジネスの話なんかどうでも良かったのですが、ビジネスとして、(相手の方にとっては、軽い副業程度な事なのですが)一緒に仕事が出来る事となりました。相手の方は、有名な方で、最近はメディアにも登場しているし、かなり金を稼いでいるので、僕の提案のビジネスは小さすぎて、相手にもされない話なのですが「パッション」勝負でした。(゚∀゚)アヒャヒャ 
 金に釣られる方ではないので、熱い思いをぶつけてみました(笑)今後が楽しみです。しかし、この舞台をセッティングしてもらうのに、知り合いの社長のそのまた知り合いの社長などを介してだったので、その副産物として、とある政治家主宰の研究会みたいなパーティーに参加させられるはめになりました。そのチケットを見ると、会費が「2万」になっていたので、気絶しそうになったのですが、金は、社長が出してくれるみたいです。そういうパーティーに「金」を出す人は、複数分の金をイッキに出して、あとは、参加する人を誘うだけみたいです。
 次回、食い散らかしに行ってきます。( -д-)ノ

日本小説知識能力検定協会設立

 少し前の件ですが、「日本漢字能力検定協会」の問題がニュースになった時に、僕は閃きました。問題についてはおいといて、「ビジネススキーム」は、なかなかのものです。これを、普通に、株式会社でやればいいんじゃない?と思うのですが、素人の僕には、詳しい事が分かりませんし、色々問題があるんでしょう。僕が考えたのはこの事ではありまあせん。これをヒントにした別事業です。

 名称は、「日本小説知識能力検定協会」です。名前がいまいち納得出来ないのですが、これを勝手に設立しました。このブログだけの中の事なので、登録するわけでもないので、「いける!」と思ったら、ぜひ、実際に法人でも個人でも何でもいいので、まねしてパクッてかまいません。謝礼の図書券でもいただければ満足です。
 手法は、漢字検定を参考にさせていただいて、全国の「読書好き」の方達にお金を払ってもらって、試験を受けてもらって、級を与えるのです。「ラーメン検定」だってあるのですから、「小説知識検定」もあっていいと思います。(もうあるか?あっても、別組織で行きます。こちらの方もメジャーにします)名作の主人公の名前や、タイトルなど問題として出す。歴史ものから恋愛もの「総合部門」と各カテゴリの部門の問題を出す。これをネットの上で行えば、漢字検定のように、印刷会社がどうのとかもない。検定を受けたい人の数だけ、お金が入ってくる仕組みです。どうですか?金の匂いがしてきましたか?僕くらいの人間になると、ただ真似するだけではありません。独自のアイディアもあります。この「日本小説知識能力検定協会」には、別で、「小説推薦士」という資格もある。これは、今の所、僕しか持ってないのですが、その時の気分を説明してもらって、いろいろ相談にのり、その時の気分にあった「小説」をお薦めする。相談料も貰えて、しかも、処方箋として、指定のネットショッピングサイトで、その小説を買ってもらって、そのサイトからバックマージンをもらう。

 これで、漢字検定並の利益を目指そうと思っているのですが、どうですかね?読書はみんなするので、結構興味がある人がいるのではないでしょうか?しかも、話のネタになるので、面白がって、受験する人もいるのでは?ランニングコストもかからないし、リスクゼロです(笑)

次郎的2008年度千葉蕎麦大賞

 今年は、千葉の蕎麦屋さんを中心に食べ歩きました。そもそも蕎麦屋さんの食べ歩きを始めたきっかけは、師匠のばんさんが食べ歩きのブログをやっていたのがきっかけです。それまでの僕は、実家が蕎麦屋で、自家製粉で結構こだわっている蕎麦屋なので、他の蕎麦屋へ行っても、なかなか実家の蕎麦屋より美味しい蕎麦屋がなく、高い金を出して、実家より不味い蕎麦を食べる事に嫌気がさしてしまって、あまり他店には行ってませんでした。でも、ばんさんがブログ上で美味しいと言っていた所へ行ってみたら、ホントに美味しくて、それから、ばんさんが美味しいという所に行ってみるようになりました。もともと蕎麦が大好きなので、楽しくなっていって、僕も積極的に食べ歩くようになりました。


 蕎麦とラーメンの違いは、蕎麦の世界は、ラーメンの世界と違って、目指す方向性がほぼ同じだという事です。ラーメンは、醤油、塩、豚骨、味噌など様々な方向性があり、麺の太さとか様々な工夫ができます。麺に関しても、香りや甘みが重要な点ではないです。しかし、蕎麦は、「美味しい」と判断する基準がほぼ同じで、蕎麦の香りや甘みが重要な点を占めます。いかに、甘みや香りのある蕎麦を打てるか。というテーマが蕎麦を打つ人なら全て人が目指すテーマとなると思います。(更科蕎麦は、変り蕎麦というモノを作る為のものだと僕は思うので例外にしておきます。更科蕎麦に香りは必要ではないですが、今の時代、変り蕎麦だけをメインで、蕎麦の経営は難しいので、やはり、テーマは前述の通りだと思います)
 蕎麦は、小手先の技が使えない、誤魔化す事が出来ないという事が魅力なのだと思います。

 で、今年は、千葉で、僕が行ける範囲で、美味しいと言われる蕎麦屋に行ってきたのですが、僕の中で1番美味しいと思ったのは、流山市の

 「更科 すず季」

 さんです。生粉打ち、あら挽き、天ぷら、から汁、蕎麦湯の総合力で、すず季さんが1番でした。生粉打ちの美味しさ、あら挽きの蕎麦の香りのすごさ、天ぷらの美味しさ、から汁の美味しさ、蕎麦湯の美味しさ(蕎麦粉を入れてくれるタイプ)、辛味大根、僕の求めるものが全てありました。かなりのお薦めです。僕のブログを見ている方で、蕎麦が好きな方はぜひ行ってみてください!



 来年は、僕の家から遠い方の千葉に行ってみようと思います。石本くんに2軒ほど、お薦めされてるお店があって、その2軒は、すず季さんと互角に美味かったそうなので、楽しみです。

丸紅巨額詐欺事件

 僕は、浅田次郎の本を読んでから、「詐欺事件」にすごく興味を持つようになりました。浅田次郎もアウトローな時代は、こういう詐欺グループの一員だったみたいです(今では、否定してますが、だいぶ前は、そのように言ってました)

 今回、僕がすごく興味を持ったのは、「丸紅巨額詐欺事件」です。WBSで特集していて、すごく興味を持ったのですが、簡単に説明すると、「アスクレピオス社」による、病院再生ビジネスを装った、700億円の巨額詐欺事件です。その中でもっとも被害を受けたのは、「リーマンブラザーズ」で、投資額371億のうち、320億が回収不能に陥っているそうです。(話は、全然関係ないですが、うちの奥さんは、「Jブリッジ」の株価が1,000の時に、500株位持っていて、株価が、500円になってもLCしないので、僕が早く諦めて、LCしろと言うと、「Jブリッジ」のホームページで、社長の株価低迷の釈明が載っていて、これからは、「病院再生ビジネス」で復活しますみたいな事が書いてあったから、ずっと持っていれば、株価も戻るとか言って、LCがかなり遅れたのを思い出した)


 このアスクレピオス社の架空のビジネススキームは完璧で、しかも「丸紅」が元本保証するという稟議書も示して、投資説明には、実際の丸紅本社の会議室が使われ(丸紅の委託社員も一枚かんでいた)丸紅の偽の部長も登場して後押しする念のいれようでした(この時の偽部長の名刺がテレビに出てたけど、本物と少し違っていた)これには、「リーマン」も騙されるのも納得できます。そして、アスクレピオス社は、破産するのですが、「リーマン」は、アスクレピオス社からの資金の回収は不能と判断して、「丸紅」を訴えた。リーマンは、「丸紅の従業員が関連した詐欺行為で、使用者責任がある」という主張。丸紅は、「契約書や印鑑が稚拙で不審に思うべき」、「リーマンが得る金利は、年率25%とは、不自然」等反論して、丸紅とは一切関係ないとしている。


 浅田次郎が、「詐欺はスケールが大きければ大きい程ばれない。」と言っていたが、この事件もそのパターンだと思う。リーマンとか他の投資家も少し欲をかきすぎたと思う。この事件は、小説に出来る。幸田真音とか白川道あたりが書いてくれないかな?映画化も出来る事件だと思います。

タスポ効果で、コンビニ大手は、業績上方修正か?

 僕は、禁煙3年目で、挫折して、タバコを吸ってしまった。禁煙と恋愛は、似ている。よく、恋愛も、「3」が区切れ目だという。禁煙も、「3日」、「3ヶ月」、「3年」が、区切れ目です。僕の場合、健康の為に禁煙を始めたのだけど、3日目は、禁断症状に襲われた。3ヶ月経つと、


「3ヶ月出来れば、いつでも禁煙出来るから、また吸おうかな?」


 という思いに襲われて、何度も吸おうと思ったけど乗り切った。しかし、3年目になると、たばこを吸ってしまう夢を頻繁に見た。夢の中で吸ったのに、あの美味さがリアルに体感出来た。しかも、「何で禁煙してるんだ?」と禁煙の意味さえ薄れてしまう。そんなこんなでも、何とか乗り切れるはずだったのだけど、リストラされて、送別会を開いてもらった時に、勢いで思わず吸ってしまって、もう、駄目になってしまった。その時は、「今日のこの場だけだ。」と思っていたけど、もう駄目だった。



 そして今は、普通に吸ってしまっているのだけど、僕の住む、千葉県もついに、来月の7月1日から、 「タスポ」が開始される。タスポカードが無ければ、自販機で、タバコを買えなくなってしまう。ついこの前までは、僕には関係ない話だったのだけど、タバコを吸う様になった今は、作ろうかどうか迷ってる。自販機で買えなくても、店頭とかでは、今まで通り買えるし。とりあえずは、作らない予定。




 聞く話によると、7月1日から「タスポ」が始まるエリアのタスポの申し込み率は、タバコを吸う人のおおよそ、20%しか申し込んでないそうです。もう始まっているエリアの例を取ってみると、タスポを持ってない喫煙者は、ほとんどが、「コンビニ」に流れているそうです。これによって、コンビニ大手各社は、「ついで買い」のコーヒーとかの売上とかも合わせて、売上がかなり大幅に上がっていて、業績予想の上方修正を検討しているそうです(ファミリーマートは、据え置きを決定したという噂もありますが)それに合わせて、コンビニ各社は、タバコの棚とコーヒーの棚を増やして、タバコとコーヒーの充実に努めると新聞に出てました。




 僕は、今吸っているたぼこは、「ケントウルトラメンソール」、「ラークウルトラメンソール」、「マイルドワンメンソール」を適当に吸ってます(1mmのメンソールなら何でもいいのですが)これらのタバコは、この前の値上げ前の値段は、270円です。1本1円更に課税されて、値上げされたのですが、この理論で言えば、タバコの値段は、290円のはずです。しかし、10円が余計にプラスされて、現在の値段は、300円です。この余計の10円の値上げの2%位は、タスポの運営の費用に当てられているそうです。(間違っていたら、すみません。多分、1%か2%のはずです)それを考えると、僕達もタスポの運営の費用を払っている様なものなので、タスポを作らないともったいない気もします。う〜ん、やっぱり作ろうかな?





 これは、長い前フリでして、僕が考えている事は、これに関連して、今、日経も落ち込んでいて、株価も安いときに、コンビニの株を買ったら、上がらないかな?という事です。僕のスイング用の口座にあった、「タカキュー」の株を、優待も取ったし、リストラされて、スーツも当分の間買わなくなると思って、損切りして、少し資金があるので、買ってみようかと少し思ったのです。しかし、こんな事は、誰でも知ってるし、タカキューで、業績が上がって、材料出尽くしで、逆に下がってしまった経験もしてるし、そんなの上手くいったためしないし。でも、この前の電池関連の賑わいを見てると、何か期待しちゃう気もするけど、やっぱり、もっとじっくり別のを考えよう。

最強格闘技?

 こんばんは!


 これからの話は、格闘技の話なので、格闘技好き以外は、多分面白くないと思うので、スルーしてください( -д-)ノ



 格闘技好きの友達と飲みに行くと、絶対に話題になるのが、



 「格闘技の中で、何が1番強いか?」

 「誰が1番強いか?」


 だいたいこの話題は、避けては通れない話題です。格闘技の中で何が1番強いかは、僕の持論では、


 「才能がある人がやっている格闘技が1番強い」


 という事です。何の格闘技でもいいという事はないですが、空手(フルコンタクト)、ボクシング、キックボクシング、総合格闘技あたりをやっていれば、才能がある人がやってる格闘技が強いと思います。(相撲あたりはちょっと除外)やはり、やってるものより、「やってる人です」ボクシングをやってる人は、蹴りと寝技がに弱いけど、他の格闘技の研究をすれば、何とかやってけれると思います。空手もそうです。総合格闘技のタックルを研究すれば、何とかなると思います。(大道塾なんかは、寝技等ありますし)キックもそうで、K−1から、総合に行った選手の対応力を見れば、明らかだとおもいます。

 なので、よく、格闘技の種類に拘る人がいますが、関係ないと思います。1つのモノに拘らず、広い視野でやっていけばいいのです。広い視野で見て、他の格闘技を研究すれば、その才能をもった人が勝つのです。それは、かなり難しい事で、しかも、異種格闘技戦の場合、ルール等で、有利不利があると思いますが。


 極真のフィリオが、K−1であまり、ぱっとしなかったのは、やはり、グローブの試合、顔面の突きに慣れてない、コンビネーションがない。等が原因です。極真の試合がつまらないのは、やはり、顔面の突きがない事です。極真も一撃必殺が前提みたいな感じなので、K−1ルールでやった場合、相手に当てても、相手がダウンしなければ、試合続行なので、極真では、一本でも、K-1ルールでは駄目なので、そのところを対応しなければなりません。その後、フィリオが、ボクシングのコンビネーションとかを必死で、トレーニングして色々特訓したけど、その後の試合でもぱっとしなかったのは、極真に限界があるというよりも、フィリオが、現代の格闘技界についていけなかったと思います。今、グラウベ・フェイトーザが、対応出来始めてるのを見ても明らかだと思います。



だから、結局、どの格闘技というより、「人」なのです。だから、僕から見れば、ミルコ(少し古いかも)は、総合の適応力は、すごいと思った。でも、バンナは、K−1ではすごかったけど、総合ルールで、安田に負けちゃうのは、適応力がない。だから、キックボクシングがすごいって訳でもなく、プロレスがすごいって訳ではない。



 じゃあ、誰が1番強いかという話は、結構、みんな一致しますが、世界で1番強いのは、誰が何と言っても、



 「エメリヤーエンコ・ヒョードル」

 ですね。僕は、この人より強いと人を見た事ありません。さっきの話になりますが、何の格闘技が1番強いか?という話で、僕の理論じゃなければ、「サンボOR柔道」が1番強い格闘技という事になります。ヒョードルは、サンボ(軍隊の時は、コマンドサンボ)と柔道の出身だからです。しかし、僕の理論だと、ヒョードルが、サンボと柔道をたまたまやっていただけで、柔道というより「人=ヒョードル」が強いから、もうどの格闘技が1番とかどうでもいい感じですよね?ヒョードルは、打撃系の選手と思われがちですが、打撃を頻繁に使うようになったのは、プライド参戦以降からなのです。でも、ムエタイなど色々研究して、総合的にすごく強い選手になったのです。ヒョードルの強さは、何といっても、「パウンド」の強さですが、バランス力、判断力、相手の上になる速さは、世界一ですね。ヒョードル戦を全部見てますが、ノゲイラ戦は、最高の試合でした。


 とかいう話を、えんえんとしながら酒を飲みます。で、これからの、格闘技は、どんなのが見たいか?というと、特にありません。ヒョードルと戦ったら面白いな?と思うのは、ノゲイラだけだったので、今はないのです。もう一人のヒーローが育つのを待っている感じです。番外編で言えば、僕の出身である、「全空連」の出身の戦いが見たいです。僕の息子の試合を見ていただければ分かると思いますが、全空連の構えは、重心を低く構えて、左手か右手を前に出した構えです。このタイプの構えの試合をぜひ、K−1の試合で見てみたいです。(実際は、かなり不利な構えですが)全空連なんて、組織で言えば、1番大きな、空手組織なんだから、1人位でてきてほしいと思います。



 余談ですが、息子とかがいて、とりあえず、強い男に育てたい場合の格闘技は、何と言っても、総合格闘技です。打撃、投げ、関節技がトータルに習えて、少しセンスがあれば、打撃では、空手家に劣っていても、タックルと関節技で何とかなるからです。僕は、空手家として、異種格闘技で言えば、ボクシングとシュートの人と少しだけ戦った事があります。ボクシングは、体験入会みたいな感じで、スパーリングをさせてもらった事があります。(1Rだけですが)結果から言うと、蹴りも使えないし、惨敗でした。結構、和気あいあいとして、スパーリングをさせてもらったのですが、実は、僕の心の中では、「ボコボコにしてやろう。」と思ってました。しかし、ボクシングのステップについていけませんでした。(これはあくまで、空手界では、大した実績もないしがない僕の場合の事です)全空連の足の動きは、縦横を使った、十字の動きなのですが、ボクシングのステップは、変則で、相手を捕えられません。しかも、正拳突きと裏拳位しか突きの種類がなく、直線的すぎて、ボクシングの間合いでは、簡単に避けられてしまいます。しかも、短いはずの3分は、えらく長い。グローブは、すごく重く感じられるし、ヘロヘロになりました。(その頃は、毎日5キロを平気で、2本走ってました)この時から、僕は、ボクサーには、蹴りで勝負しないと勝てないと悟りました。次は、シュートととの戦いです。これは、多分20秒位で、負けてしまった。「始め!」の合図に、構えた瞬間に、タックルをくらって、倒されて、あっと言う間に、左腕を極められて、タップしました。この時、空手だけをやっている事に限界を感じました。


 まぁ、僕のさっきの理論で言えば、何の格闘技ではなくて、「センスのある人がやってる格闘技」なので、ただ単に僕にセンスがなかっただけですが、総合は、色々な要素を取り入れてるので、自分よりセンスがある人でも、空手しかやってないひとなら、総合をやっていた方が勝つ確率があります。その、トップレベルの話じゃなければ、格闘技の種類は、少し重要になっていきます。

 

 



 

議論敗れる

 僕は、毎日、色々な方のブログをチェックしている。



 株関係・・・・・・・・・30人位

 白血病等の闘病記・・・・10人位

 ラーメン食べ歩き・・・・5人位

 読書関係・・・・・・・・3人位

 歴史関係・・・・・・・・3人位


 だいたいこれ位のブログをチェックしてます。株ブログの中で、1番にチェックするブログが師匠のブログですが、師匠のブログの次かその次にチェックしている、すごいトレーダーさんのブログで今日は、熱いバトルがありました。


 そのトレーダーの方が載せた、ブログの内容で、批判が相次いだのですが、最初は、コメントを普通に読んでたのですが、あまりにも、そのトレーダーの方がけなされていたので、たまらず、コメントに参戦しました。


 ブログとかのコメントは、顔が見えなく、誰か分からないので、ひどい事言う奴や、アホみたいな発言する奴が多い。僕は、この行為が許せない。きっと、向かいあった場合、何も言えない人が多いのではないかと思う。



 なので、僕は、あくまで冷静に、丁寧に反論した。・・・・・が、その方達に逆に批判を受けてしまった。相手は、かなりの論客だった。僕が言う事を理論的に攻撃してくる。少し粘ったが、議論敗れてしまい、退場した。とりあえず、2人の人と議論したが、両方の人にやられた。しまいには、納得してしまった。


 少しブルーな気分になった。アホな発言の奴なら、何とも思わないけど。厳しい事いう人は、それなりに議論に自信がある人ばかりだ。



 

 別の話だけど、幕末志士のテストなんだけど、相棒のノベッチに抜かれてしまった。今日、3回やったけど、抜けなかった。まだ25位(名前は、NVU)にいる。ちなみに、僕は、30位に載ってるけど、すぐ消えていきそうだ。
  

お礼!

 僕は、まだ会社に出勤するのだけど、僕の相棒達は、今日で最後でした。なので、今日が相棒達と一緒にする最後の仕事でした。僕のブログの「ラーメン探訪」の所でも出ていますが、一緒の仕事の時は、だいたい一緒にランチを食べていた仲間です。これから、それぞれ別々になるので、もう一緒にランチを食べる事は出来なくなります。会社を辞めるのには、未練がないけど、色々な美味しいお店に一緒に行けなくなるのは、寂しいものです。


 今日、それで、仕事の現場で会ったら、


 「次郎さん、これは僕等からです。お世話になりましたので。」


 と、プレゼント(贈り物?餞別?こういうのをどう言っていいか分からない)をもらった。全く予想してなかったので、驚いたのと嬉しさで、うるっときた。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン



 ホントにありがとう!すげ〜うれしかった。うちの会社は、管理職あたりは、別として、いい人ばかりの会社です。よく、会社の人間関係で悩む人とかストレスを抱える人がいますが、僕はこの会社の人間関係でストレスを感じた事が1度もない。(取引先とかには、嫌な奴はいるけど)同僚も先輩も何も気兼ねいらないいい人ばかりだと思う。給料安くて、拘束時間長くて、残業代なんて出ない会社で、11年やってこれた理由だと思う。


 とりあえず、相棒達が、これからいい人生を歩む様に願ってます!ホントにありがとね!
Categories
記事検索
プロフィール

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 麺屋 中川會 住吉店
  • 麺屋 中川會 住吉店
  • 麺屋 中川會 住吉店
  • 麺屋 中川會 住吉店
  • 麺屋 中川會 住吉店
  • 麺屋 中川會 住吉店
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor 天気
Profile

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
J-CASTニュース
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

次郎

  • ライブドアブログ