蕎麦とラーメン食べ歩き と読書のブログ

蕎麦とラーメンの食べ歩きと読書のブログです。蕎麦は、結構詳しいので、蕎麦の評価は信用出来ると思います。ラーメンは、素人です。読書傾向は偏りがちです。

 お薦めの本を紹介してください!  コメント欄ではちょっと・・・。という方は、メールください。生意気言ってすみませんが、「恋愛もの」以外でお願いします。     

相模原市のラーメン屋

中村麺三郎商店(相模原市中央区)

2018年11月15日

日販が六本木に入場料のある本屋「文喫」を出店

なんてニュースを見まして凄く興味を持ってます。約3万冊の書籍を販売するそうで、入場料の1500円で一日中本に浸かる事が出来るそうです。(税抜きな所がショボいですが)顧客の希望に合わせてスタッフが本を選ぶサービスも展開予定との事で、月数回の特別スタッフとして僕もバイトしたいですね。来る方来る方に「花村萬月」の性描写の素晴らしさを伝えたいです。(*´∇`*)

で、今日は淵野辺で商談でした。ランチはずっとチェックしていた店に行ってきました。

中村麺三郎商店
相模原市中央区淵野辺4‐37‐23 「中村麺三郎商店」さんです。オープンするや否やイッキに人気店となった印象の店でチェックしておりました。醤油、塩、白湯と評判が良いですね。14時ちょい前の訪問で店内満席でした。人気がありますね。最近、「塩」の美味しい店ばかり訪問していましたので、比較する意味でも、

海老ワンタン塩らぁ麺
「海老ワンタン塩らぁ麺」(1030円)を頂きました。スープは、鶏の旨味が前面に押し出してきて、魚介系に下支えされた塩がキックしてくるスープで、

噂通リに美味しいです!

「塩らーめん」の美味しさというのは、スープの厚みと塩ダレの深さなんですね。スープを一口飲んだ時に最初に感じる味から後味にくる塩のキックまでに、どれだけ厚みがあるかなんです。こちらのスープは、その塩のキックまでに「鶏」や「魚介」や、判別出来ないけど色々な素材を感じるんです。その厚みの構成が、店それぞれに違っているのが楽しいんですね。そして、こちらの柔柔な細ストレート麺が凄く美味しくて、僕のドストライクの麺ですね。こういうスープには、これしかないと思う麺ですわ。

そして、海老ワンタンもチャーシューも美味しいですし、大満足でした。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ



家系ラーメン クックら(相模原市南区)

2018年4月18日

今日はちょろっと飲みに行ってきました。食べ物も注文していたのですが、ミツオ先輩の飲みのペース早いので、注文したつまみが到着する前に既に3杯目のハイボールを注文していて、それを届けた店員さんに

すみません。うちは最低でも一人一品はつまみを注文しないと駄目なんです。

なんて言われて、ミツオ先輩が

とっくに注文してるがな!早く持ってこいや!

とキレてました。タッチパネルで注文しとるんやから、注文状況チェックしてから言えやという感じです。僕は大人なのでキレませんが。(*´∇`*)

で、今日は相模原市で作業でしたので、チェックしていた店に行ってきました。

クックら
相模原市南区相模大野5-27-5 『家系ラーメン クックら』さんです。王道家さん出身ということでチェックしてました。ドアを開けると階段がありまして、2階に上がります。店内はBarの様でオシャレですね。店員さんも丁寧な接客です。家系なのでいつものセットを頂きました。

ラーメン
「ラーメン」(680円)+「のり」(100円)+「半ライス」(30円)です。お好みは全部「普通」でお願いしました。スープは、パワフルな動物系とそれに負けないカエシ感、そして後味に燻製チャーシューの風味がキックしてくるスープで美味しいです!僕の記憶からは【王道之印】さんスープが頭に浮かんできました。とにかく、こちらのスープは美味しいです。麺は「普通」で注文しましたが、若干硬めな仕上がりでしたが、スープとの相性も良くて美味しいです。

味も美味しいですし、ほうれん草の量も多いし、チャーシューが3枚入ってるし、半ライスが30円だし、良いお店です。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ 

清勝丸 相模大野店

2018年3月28日

今月はホント忙し過ぎてミスの連発です。一日に50件位の電話がかかってくるので、電車移動の際は電話に出る事が出来ないので「ショートメール」活用しています。本日、お客様が「FAXしてくれと」というので、それに対してショートメールで返信したのですが、間違って、

ファック教えてください。

とメールしてしまいました。僕はこんな言葉使わないのですが、僕の携帯の予測変換はどうなってるんだか。(*´∇`*)

で、今日は相模大野で作業でしたので、近くのお店に同行者と行ってきました。

清勝丸 相模大野店
相模原市南区相模大野3-3-1 bono相模大野 サウスモール(2F)
「清勝丸 相模大野店」さんです。同行者が何回かお伺いした事がありまして、そこそこ美味いとの事でお伺いしました。メニュー的には、つけ麺、濃厚煮干しつけ麺、濃厚中華そば、濃厚味噌、あっさり煮干し、濃厚豚骨醤油までは暗記しましたが、まだ他にもありまして迷いに迷って、

つけ麺大
「つけ麺(大盛)」(930円)です。大盛が400g、特盛が500gで、同じ料金の930円です。明らかに「特盛」に寄せた値段設定ですので、特盛にしないと勿体無い気がしましたが、流石に500gは食べる事が出来ないので400gにしました。麺が「中太麺」か「極太麺」を選択可能との事で「中太麺」でお願いしました。そしてこちらは「つけ麺」でも、味のお好みを選択出来るのが良いですね。味濃いめでお願いしました。スープは濃厚な豚骨魚介のスープで「THE濃厚豚骨魚介」というスープで美味しいですね。麺は、低加水の中太のストレート麺で、スープによく絡む麺でいい感じです。スープの中に入っているチャーシューは、少し寂しい気がしますが、アツアツなのが良いですね。お腹一杯になりました。

店員さんもしっかりとした接客で満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ




貝だしラーメン 貝ガラ屋(相模原市中央区)

2015年1月29日

 最近、同行依頼が多くて大変です。基本的には、2週間先くらいまで予定が埋まっていまして、「来週は一杯です」と断ると、僕が余程ヒマな営業マンかと思われているのか、「そんな忙しいの?」って、ビックリされるんですね。一応、女性の方からの急な同行依頼分のコマは空けてありますが、3月まではすっとこんな調子です。
(ノд・。) グスン

 で、今日は町田の大学へ商談に行ったので、近くのチェックしていた店に行ってきました。

 相模原市中央区淵野辺本町3-24-3 『貝だしラーメン 貝ガラ屋』さんです。ランチタイムをだいぶ過ぎていましたが店内2人待ちでした。メニュー的には、「濃厚牡蠣つけ麺」と「貝だしラーメン」という感じですね。ここはラーメンの方で。


貝ガラ屋















 「貝だしラーメン・貝めしセット」(860円)です。スープは、上品な豚骨スープに下支えされたカエシがプワッと広がり、後味に貝の旨味が広がるスープで美味しいです!この味の構成の中で、後味の貝の旨味が広がる前に「美味い!」と感じましたね。この感じだと、後味に何を持ってきても美味しそうです。麺はややウェーブのある細麺でスープの絡みも良いです。チャーシューもめちゃ美味しいです。麺が無くなった後に貝めしを丼に投入するのがお薦めみたいな案内がありましたが、スープが美味しくて投入するのが勿体なくて、別々で頂きました。

 貝めしはそれだけで十分美味しかったので、僕的には、別々がおススメです。かなり満足しました。( ´∀`)つ

町田家 相模原矢部店

 歌って踊れる営業マンの私は、修理もこなすんですね。今日は納品の合間に修理に行ったのですが、頭の悪いうちの息子でも出来る様な簡単な修理だったのですが、持ってるプラスドライバーしょぼくて、ネジ山削ってしまって、ネジが回らなくなってしまい、5分で完了するはずの修理が1時間半もかかってしまった。(ノд・。) グスン やっぱり道具は、高くても良いものを買わないと駄目ですね。

 で、今日は八王子から相模原に行く途中で遅めのランチとなりました。

 模原市中央区矢部1−6−13『町田家 相模原矢部店』さんです。看板の100%が消えてからは初めての訪問です。家系なので、いつものやつで。

町田家 矢部店















 「ラーメン(並)」(700円)+「のり」(100円)+「ランチサービス半ライス」です。お好みは、「硬め」、「濃いめ」でお願いしました。以前に来た時は、「並」が650円だったのですが、値上がりしたんですね。家系で「並」が700円は少し高い印象です。スープは、ライトでもなく濃すぎもせず、【丁度良い】という感じの濃度のスープで美味しいです。ホント丁度良いわ〜。麺はもっちり、酒井さんの麺だと思いますが、「硬め」の注文で「普通」よりの硬さの麺です。でも美味しいです。のり増しにすると、半ライスじゃ足らないですね。

 またまたスープまで残さず完食しました。矢部店のみの限定も気になったので、近いうちにまたお伺いします。( ´∀`)つ

とつき(相模原市南区)

 今日は会社の新年会で飲み過ぎてしまい、電車で寝過して千葉駅まで行ってしまいました。セットした駅に着いたら、知らせてくれる無料アプリってないんですかね?

 で、今日は新年の挨拶廻りに相模原市に行ったので、チェックしていた店に寄ってきました。

相模原市南区南台5ー14ー21『とつき』さんです。年末の25日に一度お伺いしたのですが、まだオープンしてなくて、そのリベンジです。こちらは、【にぼしラーメン】と【アブラソバ】の二本に、夜限定の【柚子塩ラーメン】というラインナップです。【にぼし】の方を頂きました。


とつき

 『にぼしラーメン』(680円)です。スープは、優しく煮干が広がり、その後に、鶏の旨味が追いかけてくるスープで、美味しいです。煮干が突出する事もなく、バランスタイプのスープですが、美味しいですね。そして、自家製麺の麺は、つるっとした食感のストレートの中太麺で、なかなかです。

スープまで完食しまして、満足しました。出来れば、このスープを細麺でも食べてみたいです。( ´∀`)つ

獎<TASUKU> (相模原市)

 2012年12月25日

 今年から新たに担当になった販売店の社長から『次郎君、次郎君の家の住所教えて』って言われたのですが、これって困りますよね。明らかに、何の事か分かっているのに、ホイホイ教えるのも何ですし、『いや、何もいらないっす』と言うのも何ですし・・・・。これが、後に倍返しをしなければならない状態になるのが目に見えてるので、ホントに要らないのですが・・・・。(●´ω`●)

 で、今日は相模原市で打ち合わせでした。師匠から、小田急相模原駅近くに、期待値が高そうな【煮干し】をメインにしたラーメン屋がオープンすると聞いていたので、お伺いしましたが、まだオープンしてませんでした。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 ですので、小田急相模原と言えば『獎〈TASUKU〉』さんという事でお伺いしてきました。

タスク

 『らーめん 細麺』(750円)です。今日のスープは、カエシが濃いめでしたが、こてっとした旨味たっぷりのスープで、やはり美味しかったです。他のメニューも攻めてみたいのですが、ついつい同じものにしてしまいます。

 大満足でした。( ´∀`)つ 
続きを読む

相南家(相模原市南区)

 今日の夜は、担当しているお客様主催の飲み会がありました。様々な業種の方が集まると聞いていたので、何か素敵な出会いがあるかな?なんて期待して行ったら、おっさんしかいなくて、かなりショックでした。(ノд・。) グスン

 で、今日の昼間は相模原で納品だったので、納品先近くの店に行ってきました。

 相模原市南区東林間5ー17ー15『相南家』さんです。昼の部閉店間際の14時ちょい前の入店で満席でした。家系なのでいつもので。


f9a6198c.jpg

 「ラーメン(並)」(650円)+「のり」(100円)+「半ライス」(ランチサービス)です。「硬め」、「濃いめ」でお願いしました。ランチサービスの半ライスは、向こうから聞いてこないので、こちらからお願いしないと駄目です。(僕的には、「のり」のトッピングがあるから当然、聞いてくるかと思ったのですが)スープは、トロンした濃厚なスープで、カエシが突き出てくるタイプではないですが、このクリーミーな味わいが美味しいですね。麺は、もっちりの中太ストレートで、茹で加減も丁度良くて、スープとも良く絡んで美味しいです。

 椅子の高さが少し高くて、食べ難ったですが、味的には、満足しました。( ´∀`)つ

ななふく家(相模原市緑区)

 2012年7月26日 

 今日は相模原市の緑区で打ち合わせでしたので、前回訪問して、かなり好印象だった『ななふく家』さんに行ってきました。ネットとかの評判を見ると、こちらの店の評価は高いですね。ここまで話題になるとは思ってませんでした。前回訪問した際に頂いたものにしました。

ななふく家2

 「ななスペ」(850円)+「ライス」(ランチサービス)です。お好みは、「硬め」、「濃いめ」でお願いしました。十分なこってり感あるスープに、結構、独特のつるっとした平打ち麺が美味しいんですね。昨日頂きました「じゃん家」さんを少しパワーアップさせた感じで、レベル高いです。

 今まで家系の「つけ麺」は食べた事がないので、次回は「つけ麺」にしてみます。( ´∀`)つ

 続きを読む

淵野辺 大和家 (相模原市)

 2012年7月1日

 今日は日曜出勤で、淵野辺で商談でした。ランチは「きじとら」さんに行ったのですが、定休日なんですね。( p_q)エ-ン で、今日は「1日」なんで、【大和家の日】だという事を思い出して(最近知ったのですが)、『淵野辺 大和家』さんに行ってきました。駅前は閑散としている感じなのですが、店内入ったらほぼ満席でした。こちらの店に着いたら、【大和の日】でラーメンが500円で食べれる事をすっかり忘れていまして、通常料金のものにしてしまいました。・゚・(ノД`;)・゚・


631

 「631ラーメン(並)」(850円)+「ウズラ」(100円)+「ランチサービスライス」です。お好みは、「硬め」、「濃いめ」でお願いしました。

 やはり淵野辺の大和家さんも美味しいですね。ライスをがっつりと2杯いただきました。( ´∀`)つ


続きを読む

らーめん きじとら(相模原市中央区)

 今日は、僕が担当している販売店の方と同行で相模原市をまわってました。ランチは、淵野辺駅近くに最近オープンしたラーメン屋さんがあるとの事で行ってきました。

 相模原市中央区淵野辺1−10−11 『らーめん きじとら』さんです。らーめん好きの同行者の話ですと、小岩にあった「はるかぜ」さんの移転オープンとの事です。(メニューを見て思ったのですが、確か、あそこは、「塩らーめん」のお店だったと記憶しているので、信頼性は薄いです)メニューを見ると、「らーめん」(600円)、「つけめん」(700円)、「煮たまご」、「ごはん」、「肉増し」のみのシンプルなメニュー構成です。しかし、麺の量は、小・並・中・大盛まで同一料金です。息の合ったコンビですと、ここは別々のものを注文する所なのですが、まだコンビ歴が浅いので、二人共同じものを注文。(ノд・。) グスン

image0018

 「つけめん」(700円)+「煮たまご」(100円)です。麺量は、「大」が、500gとの事でしたので、「中」(400g)でお願いしました。(麺量は記憶が曖昧です)がっつりの麺量にも耐えられる様にか、大きめの器で提供されたスープに麺を浸して頂きますと、背脂の甘味とニンニクが最初に飛び込んできまして、その後、十分な動物系の旨味とプリッとした食感の麺と良く絡んでいきまして、美味しいです。麺を噛んでいると後味でしょっぱと麺の甘味が融合してきて、口の中に広がります。これは、飽きずに最後までいけますね。煮たまごとチャーシューも美味しかったです。

 同行者は、途中で卓上にあった「魚介醤油ダレ」を投入して食べたのですが、投入した方が更に良かったと言ってました。

 この「つけめん」の感じだと、「らーめん」も食べてみたくなったので、次回チャレンジしてみます。あと、こちらは、夜営業やってなくて11時〜17時の営業みたいなので、注意です(*・ω・)ノ

大勝軒直伝 金太郎(相模原市清新)

 今日は学校関係に営業に行ってきました。学校が夏休みだからか、そんなやる事ないのか(失礼な発言ですよね)かなり話を聞いてくれまして、手ごたえありです。 この年になると、「もう1回、学生やりたいな〜」なんて思いますね。(´∀`*) 

 で、やっと落ち着いたのが15時で相模原市でした。かなりお腹が減っていたので、前回かなり腹一杯にさせてくれた店に行ってきました。久しぶりにお伺いしたら店名が変わっていました。

 相模原市清新7−1−1『大勝軒直伝 金太郎』さんです。経営は、前回訪問時の「相模原大勝軒」と同じだと思うのですが、残念な事に、640gまで並盛りと同じ料金というのはないですね。「大勝軒」のメニューと「金太郎」のメニューで悩みましたが、「大勝軒」メニューの【つけめん】にしました。



きんたろう

 「味玉つけめん(中)」(880円)です。(麺は、400g位だと思います)スープは、スタンダードな大勝軒のスープより濃厚で、甘みと酸味は控えめで、辛味が結構前に出てきます。麺との絡みは凄く良くて、美味しいです。麺は、ストレートの太麺で美味しいですね。チャーシューも沢山入っていて満足感ありました。結構、お腹一杯になりました。

中華そば専門店 大勝軒 鹿沼台(相模原市)

 今日は、淵野辺で仕事でした。ランチは、現場へ向かう途中で発見したラーメン屋さんに行ってきました。

 相模原市鹿沼台2-22-46『中華そば専門店 大勝軒(鹿沼台)』さんです。駅前のパーキングに車を駐めて、歩いてこちらに向かったのですが、店に近づいてくると、煮干のいい匂いが漂ってきてました。これは食欲そそりますね。12時半位の入店で、席的には全部埋まってました。開いてるテーブル席に相席させていただきました。

2010120212440000





 


 「ラーメン 玉子」(750円)です。スープは煮干が前面に押し出してくるスープで、僕的にはもう少し油が多い方が好みですが、美味しいです。油の量の所為か後味が少し寂しい感じがしましたが、スープ温度が落ち着くと馴染んだ感じで後味もよくなります。麺は、やや柔らかめの中太麺で、スープとの絡みもよくて美味しいですね。麺はすごく僕好みです。チャーシューと玉子は見た目で判断出来ちゃうと思うのですが、見た目通りですね。チャーシューは噛み千切る感じゃないと切れなかったです。

 量も十分な量で満足しました。あと3回位淵野辺に行くので、また行くかもです  (・∀・)つ

らーめん 風と花(相模原市)4

 今日は、相模原市で、商品の納品でした。相模原市のラーメン屋さんに行った回数だけ、本日納品したお客様の所に通った訳でありますが、納品が終わりましたら、暫くは、相模原市に来る事はなくなります。今日が、ラスト相模原であります。(と言っても、トラブルがあれば行きます)そんな最終日は、知り合いに教えてもらったラーメン屋さんに行ってきました。

 相模原市横山1−2−19「らーめん風と花」さんです。店内入ってメニューを見ると、「ぶた麺」というのがあって、無料トッピングが、野菜増し・ネギ・ニンニク・鰹・あぶら・濃いめなどがありました。こちらのメニューも気になったのですが、知り合いのお薦めのものにしました。

花と風







 「味玉花らーめん」(800円)です。写真では分かりにくいと思いますが、梅塩らーめんという感じのらーめんです。まずスープをいただくと、江東区の「美学屋」さんを思い出させるスープで、最初の一口だけは、しょっぱさを感じるのですが、その後は、全然問題なく、すごく美味しいです。途中から梅をほぐして、かき混ぜて、食べると更に美味しいです。麺もストレートの細麺でしなやかさがあって、美味しいです。美味しい塩スープとベストマッチです。チャーシューは、ごく普通に美味しいです。スープ→スープ→麺という順番で繰り返していたら、スープがあっという間になくなってしまった。もちろん全部完食しました。

 相模原のラストを飾るのにふさわしいラーメンでした。

六角堂 清新店(相模原市)4

 今日は、相模原市で仕事でした。なのでランチは、相模原市のラーメン屋さんです。前回、「相模原大勝軒」さんに行った時に、気になっていたラーメン屋さんにしました。

六角堂







 相模原市清新7−1−1「豚骨麺処 六角堂 清新店」さんです。相模原大勝軒さんの裏手にある感じです。店内入って左側に券売機があります。博多長浜ラーメンと旗があったので、それでいこうと思っていたのですが、券売機を見ると、「魚介豚骨麺」というのがあった。僕は、博多長浜系の豚骨をベースにした魚介のラーメンを食べた事がないので、かなり興味を持ちました。どんな味がするのか試してみたくて、魚介豚骨にしました。

特製魚介豚骨麺






 「特製魚介豚骨麺」(850円)+「ランチ半ライス」(50円)です。(半ライスは写ってないですが)博多長浜系の豚骨スープの上に鰹油がかかっているようです。そして、魚粉が少し浮いています。まずは、スープを1口いただくと、魚介系の味がさわやかに広がります。更に、鰹油の下の層の豚骨のスープをすくって、いただくとこれがすごく美味しい。臭みは全くなく、期待以上の美味しさです。この感じは、味わった事ないかもしれません。麺は、バリカタで注文したのですが、魚介豚骨をあの細麺で食べたのは初めてなので、新鮮な気分で、美味しいです。チャーシューもトロトロで美味しいし、味玉もすごく美味しいです。

 このてのラーメンを食べた事ある人なら感想も違うのかもしれませんが、僕的には初めてなので、すごく満足しました。

相模原大勝軒(相模原市)〜現在は大勝軒直伝金太郎に〜4

 今日も町田で仕事でした。メインは、1ヵ所なのですが、僕の仕事はエリアを選ばないので、その辺りを片っ端から飛び込みました。で、ランチは何処へ行こうか迷ったのですが、一昨日「支那そばや 相模原店」に行った時、大変繁盛していた店にしました。

相模原大勝軒







 相模原市清新7-1-1「相模原大勝軒」さんです。東池系の大勝軒さんで、山岸マスターとの2ショットのパネルがデカデカと店内に飾られています。僕が行った事のある大勝軒の店では、最大級のデカさです。店内入ってすぐ右側に券売機があります。初めての場所なので、やはり「もりそば」にしようと思ったのですが、こちらの店は、並盛、中盛、大盛の値段が同じなので、もちろん「大」にしました。

つけめん(大)






 「つけ麺」(700円)(大)です。(たしか表記は、もりそばではなくて「つけ麺」だったと思います。)後で店の外観の写真を撮る時に、外の看板にグラム表記してあったのに気づいたのですが、券売機には、グラム表記がなかったので、安易に「大」を注文してしまったのですが、こちらの「大」は、640gです。麺の量を見ただけで、なんかお腹いっぱいになった気がしました。640gは、未知のゾーンです。これは、満腹を脳に伝える前に平らげるしかないと思い、早食いでいく事にしました。

 麺は、自家製麺のストレートの太麺で、すごく美味しいです。量だけで満足させるのではなく、味でも満足出来ますね。スープに付けて食べてみるとすごく美味しいです。スープの方は、スタンダードな大勝軒より、砂糖少なめで、酸味も控えめなのですが、バランス良く美味しいです。粘度があまりない割りには、麺との絡みもいいです。今回は特に640gの量があるので、さっとしかつけ汁に付けないのに、十分に絡んでいきます。チャーシューは、スライスが3枚(多分)とぶつ切りチャーシューが大量にあり、これもなかなか美味い。気合いで、完食しましたが、さすがに、スープ割りまでは、無理でした。

 かなり満足できましたね。麺も、不味い麺なら、とても640gは食べられなかったと思います。美味い麺だから完食できたのだと思います。仕事の様子を見てたのですが、麺の水切りは、1回しかしてなかったので、最後の方は、水たまりの中に麺がある状態だったので、それを除けば、味、量、値段共に満足出来ました。この大勝軒さんは、僕の地元に欲しいです。

支那そばや相模原店4

 今日は、体に鞭打って出勤しました。風邪薬と栄養ドリンクと花粉症の薬とビタミンのサプリメントを飲んで1日を気合いで乗りきった。今日は、重要なアポが町田市であったので、その付近でランチを食べました。

支那そばや相模原店







 相模原市清新7-5-3「支那そばや 相模原店」さんです。ラーメンの鬼の佐野実氏のお弟子さんで、公認の暖簾分けの店みたいです。何気にこの付近は、ラーメンの激戦区らしく、ラーメン屋さんだらけです。ぐるっと練り歩いた感じだと「相模原大勝軒」さんが1番混んでいる感じでしたが、僕的には、「支那そばや」さんに魅力を感じたのでそちらにしました。店内入ると、カウンターのみで、12席位で、ほぼ満席でした。メニュー的には、醤油と塩の2種類だと思いますが、それに、トッピングがある感じでした。最近は、塩にはまっているので、塩にしました。

塩味ラーメン







 「塩味ネギラーメン」(750円)+大盛り(100円)です。ビジュアルは、メチャクチャ美味そうです。まずはスープを1口いただくと、それはそれは美味いです。ただ、「塩味は、マイルドで甘みがあり〜」みたいなアナウンスがあるわりには、濃いめが好きな僕からみても少ししょっぱい気がします。それでも、何口も飲んでいると慣れるのと刻みネギで、そんなに気にならなくなります。ナゴヤコーチンの丸鶏・ガラ・昆布・豚足・野菜からとったいう出汁は深みがあり、見た目以上に濃厚です。よく味が薄いという方がいますが、全然そんな事ないです。自家製の麺は細いストレート麺でこれはすごく美味いです。メンマも程よい味付けで美味いです。そして、チャーシューはすごく美味い。


 かなり満足出来る一品でした。公式ホームページを見ると、かなり素材にこだわっている事が書かれています。ここまでこだわるとは、頭が下がります。生意気言うと、この美味さなら、もう少し塩気を押さえた方がバランスがいいと思いました。(食べてから、夜まで、ずっと喉と口が渇きっぱなし状態でした。)とにもかくにも、また食べたくなるラーメンには、間違いないです。

東池袋大勝軒 節の一分(ぶしのいちぶん)(相模原市)

 今日は、相模原市の橋本で仕事だった為、そこら辺でランチを食べようと彷徨っていたら、大勝軒系のお店があったので、お伺いしました。

節の一分①節の一分②







 相模原市橋本6−2−2「東池袋大勝軒 節の一分」さんです。橋本駅北口を出て、サティの方の階段を下りたあたりにあります。「東池袋大勝軒」正規修行終了店と出ています。正規修行とはどんななんだろう?認められる前に辞めて、大勝軒を名乗る人とかがいるからでしょうが、この謳い文句は、期待出来ます。(1番弟子とか色々ありますね〜)外にある券売機で選んだのは、やはりつけ麺ですが、節つけ麺とニンニクつけ麺の2種類がありました。ここは、やはり正統っぽい「節つけ麺」にしました。

節つけ麺






 「節つけ麺」(680円)です。麺は、普通盛りなのに、300グラムはありそうです。スープは、スタンダードな大勝軒のスープより酸味があまりなく、ストレートに魚介系の味が伝わってきます。海苔の上に盛られた、魚粉を団子にしたような物体を崩して、混ぜると、更に濃い味になります。海苔の下は、団子が沈まないように、もやしがたくさんあり、もやしを土台にして、海苔をひいて、団子を載せていました。メンマは入ってません。チャーシューは、まあまあの美味さです。麺は、中太のストレートで、これは美味しいです。スープ割りは、ポットに入っているのですが、僕の時は、割りスープが冷めていて、すごく不味くなってしまって、スープを飲めませんでした。それだけが残念です。

 なかなか美味しかったです。僕のとなりの方は、野菜山盛り(多分100円)を注文していましたが、ものすごい山盛りでした。二郎と大勝軒をたしたような店と言えばいいんですかね。

九州大牟田とんこつらーめん きらら(相模原市)〜閉店〜

 今日は、相模原市で仕事だったので、昼時にいた所のラーメン屋さんに行ってきました。僕はこちらは、全くの不案内なので、適当に飛び込みました。

九州大牟田とんこつらーめん きらら






 相模原市橋本3−28−1にあります、「九州大牟田とんこつらーめん きらら」さんです。たしかこちらの店名は、五反田にもあった気がしますが、暖簾わけかFC店か分かりませんが、入ってみました。壁には、「豚頭を24時間以上かけてとろ火で炊き込む」とか色々な宣伝がありました。とりあえず、無難そうなのを注文。麺の固さは、バリ固でお願いしました。

白柳ばりこてらーめん






 「白柳ばりこてらーめん」(720円)です。スープは、豚骨臭がぷんぷん臭ってきます。最近は、嫌いじゃなくなりました。九州の方は、これじゃないととか思うんだろうな?濃厚なスープは、以外に飲みやすく美味しいです。麺は、前にも言いましたが、このての麺の違いが良く分かりません。どこも同じに思えてしまう。チャーシューは、薄すぎな感じがしますが、まあまあ美味しいです。

 この値段で、この量は、少し高いと思いますが、美味しかったです。ネットで調べたら、ぐるナビに、お徳なクーポンがあったので、そちら持参じゃないと、少し合わない気がするので、必ずプリントアウトして持っていった方がいいです。
Categories
記事検索
プロフィール

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ソラノイロ トンコツ&キノコ(中央区京橋)
  • ソラノイロ トンコツ&キノコ(中央区京橋)
  • ソラノイロ トンコツ&キノコ(中央区京橋)
  • ソラノイロ トンコツ&キノコ(中央区京橋)
  • らーめん かつお拳(台東区浅草橋)
  • らーめん かつお拳(台東区浅草橋)
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor 天気
Profile

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
J-CASTニュース
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

次郎

  • ライブドアブログ