蕎麦とラーメン食べ歩き と読書のブログ

蕎麦とラーメンの食べ歩きと読書のブログです。蕎麦は、結構詳しいので、蕎麦の評価は信用出来ると思います。ラーメンは、素人です。読書傾向は偏りがちです。

 お薦めの本を紹介してください!  コメント欄ではちょっと・・・。という方は、メールください。生意気言ってすみませんが、「恋愛もの」以外でお願いします。     

作家(か行)

亡国記(北野 慶)3

亡国記















北野 慶の『亡国記』です。紹介して頂きまして読んでみました。【ロードノベル】としてのこの作品は面白かったですね。ただ、帯にある様に【近未来リアルノベル!】として読むと、僕的には所々に反感を頂いてしまう所がある作品でした。更に分かり難いプロレス技で例えますと、【投げっぱなしジャーマン】なんですね。この作品は、南海トラフ巨大地震によって原発が破壊されてしまうという事がスタートなのですが、その「原発の大爆発」=「ジャーマン・スープレックス」でホールドしないで、投げっぱなしなんですね。それが原因でラストは僕的にスッキリしなかったです。帯は最高です。

南海トラフ巨大地震発生!
未曾有の原発大爆発!
首都移転で国家機能停止!

迫り来る放射能の脅威を逃れて、父と娘の命がけの旅が始まった。流浪する二人を待ち受ける世界の憎悪と救い。息もつかせぬ旅の終わりに、辿り着いた世界の果てで、二人を待ち受けていた〈希望〉とは?
国家と国土が失われる究極の状況下で、
日本人とは何かを問いかける近未来リアルノベル!


という感じです。主人公は、妻と小学2年生になる娘を持つ、京都在住の【深田大輝】です。2017年4月1日午前7時10分、静岡県沖を震源とするマグニチュード8.6の地震が発生、東南海地震、南海地震が連動する南海トラフ巨大地震が起こったんですね。そして静岡県の「島岡原発3号機」の圧力容器そのものが破壊されて核爆発が起きるという災害が発生したんです。地震発生時は日本海を発達中の低気圧が進み、南西の強風にの乗って、核物質が首都圏を直撃し、やがて甲信越、東北地方に飛散します。その後は、次の低気圧が南東に変り、京阪神地方を直撃して、北海道と九州を除いた地域は長期的に人が住めない状態になったんです。主人公の【深田大輝】は、原発反対のデモにも参加していた程の人物で、京都でこの地震に遭うやいなや娘を伴なって、いち早く日本を脱出を試みるんですね。(大輝の妻は環境保護団体に所属していて、この地震の際、その島岡原発即時停止を求める署名を持って島岡原発に行っていて被災してしまう)この作品は、大輝父娘が放射能の脅威から逃れる為に、京都から、福岡→ソウル→大連→北京→ヴィリニュス→ギジツコ→ロンドン→トロント→イエローナイフ→ケアンズと旅する物語なんです。日本には帰れない状況で、娘を守る為に、様々な迫害などに遭いながらも各国を旅して、オーストラリアのケアンズに落ち着くまでの様子にハマってしまいました。

しかし先程の【投げっぱなしジャーマン】と書いたのですが、原発爆発後の日本での展開が、日本人としてのプライドを失ったままでラストを迎えたのはスッキリしなかったですね。
 ・北海道→ロシアに占領される→その後シベリア開発の為の強制労働
 ・九州→中国に占領される→避難民をウイグル・チベット・内モンゴル各自治区に強制移住
 ・本州→アメリカに占領される。
 ・北朝鮮→難民受け入れという名目で避難民を移住させ、強制労働。

 
少し煽り過ぎな感じでしたね〜。( ´∀`)つ


読書日記 ブログランキングへ 

モルフェウスの領域(海堂尊)2

もるふぇうす

海堂尊の『モルフェウスの領域』です。友人に貸してもらいまして、僕的には、初めての海堂尊作品でした。読み終えての感想はと言いますと、

  「う〜ん。どうでしょう?(長嶋名誉監督風)」 

です。(これ使うの3回目なのでこれで最後にします(* ̄∇ ̄*)エヘヘ)なんとか読み切ったという感じです。可もなく不可もなくという所ですかね。中途半端な印象です。もっとストレートな近未来の医療の物語とかの方が良かった気がしますね。

【時限立法・人体特殊凍眠法】・・・特殊疾病に対し治療法が二年以内に確立されるという情報がある場合、疾病の進行を遅らせることを目的に自ら人工冬眠を選択出来るという法律(コールドスリープ法)の事。(勿論架空です)

「佐々木アツシ」・・・網膜芽腫(レティノブラストーマ)の再発で、両眼の失明の危機にある小学4年生の少年。この人体特殊凍眠法で、5年間の「凍眠」をする事になる。

「日比野涼子」・・・未来医学探求センター(コールドスリープセンター)の専任施設担当官。5年もの間「佐々木アツシ」の維持作業に従事する。

上記の2人が主人公の話。簡単に言えば、凍眠から醒めた「佐々木アツシ」に、様々思惑で障害が立ち塞がるのですが、その障害に「佐々木アツシ」に恋をしてしまった「日比野涼子」が立ち向かうという話。そんな骨組に、いまいち魅力のない脇役達が「日比野涼子」の両脇を固めます。「人体特殊凍眠法」という発想は、凄く興味深かかったのですが、その先の展開がいまいちな感じがしました。
 僕なんか、母が病気になった際、実際に母に使えればという薬がまだ認可されてなくて、こんな技術があればと思った事があったので、この作品の掴みはOKだった訳ですよ。これだけでもう、身内が書いた作品を評価するような、甘い評価しか出来ないはずが、こんな評価になったという事は、やっぱり大した事ない作品なんだろうと思います。( -д-)ノ

天使の眠り(岸田るり子)3

110605_1711~01

岸田るり子の『天使の眠り』です。たしか、岸田るり子の3作目の作品です。僕の会社近くの本屋さんがお薦めしていたので購入してみましたが、なかなか面白かったです。中盤戦に差し掛かる前に、だいたいの謎が予想出来てしまうのですが、1つだけ予想出来なくて、その謎が解けた時は、また違った感動を覚えました。

同僚の結婚式に出席した【秋沢宗一】は、自分の席を探している時に、13年前に別れた恋人の名前を目にする。【亜木保一二三(あきほひふみ)】という珍しい名前から、昔の恋人だと確信した【秋沢宗一】だが、現れた人物は別人だった・・・。


という感じで話は進んでいきます。心の奥深くで封印されていた亜木保への気持ちが甦った秋沢は、亜木保の周辺を調べていくうちに驚くべき事実を知るのですが、その事実の【カラクリ】はすぐ読めてしまうのですが、とある人物が意外な形で関わっていたのには、驚きました。
読み終えたばかりなので、よく考えてないですが、「岸田るり子」作品では、1、2を争う面白さだと思います。文庫なら絶対買いです!

長い腕(川崎草志)3

長い腕
 
川崎草志の『長い腕』です。一昨日のブログにも書きましたが、木更津市の「精文館書店」の文庫コーナーで、

「騙されたと思って読んでみてください」

という手書きのポップに釣られて、購入して読んでみました。で、読み終わっての感想なのですが、僕的には「まぁまぁだったな」という感想です。横溝正史ミステリ大賞受賞作という看板で少し期待し過ぎました。文庫だったので、お値段との兼ね合いを考慮すると納得が出来ましたが、ハードカバーだったら、「店員に文句言っちゃうかもなぁ」といった感じでした。序盤は、僕の知らないゲーム業界の事が描かれていて、ぐいっと引き込まれたのですが、中盤以降は、場面を頭の中で映像化しずらく、かなり分かり難い場面が多々あり、行ったり来たりしたゃいました(いつも言ってますが、僕が馬鹿なのか文章が下手なのかどっちかです)そして、小さな疑問や不満を多々残したままエンディングになってしまったという感じです。主人公にも「惹き」はないし、ストーリー展開もリズム悪いし、悪い所も多いのですが、「惜しいな」と思わせる作品です。

ゲーム制作会社で働く汐路(しおじ)の同僚2人が飛び降り自殺をする。同じ時期に汐路の故郷の中学で女学生が同級生を猟銃で射殺するという事件が起きる。この2つの出来事が、ある「キャラクターグッズ」を通して関連がある事に気がつく。汐路は真相究明に動きだす・・・・。

という感じかな。これ読んだ方の感想聞きたいです。ネットで検索してみます    (*・ω・)ノ



 

めぐり会い(岸田るり子)4

kisida4

岸田るり子の『めぐり会い』です。岸田るり子作品を全部読んだ訳ではないですが、読んだ中では1番良かったです。今回は何の予備知識もなく読み始めました。なので、物語のリズムの良さと先の展開への期待感の相乗効果で、かなり楽しめました。交互に展開されるストーリーがいつリンクするのか?時空を越えたラブストーリーなのか?サスペンスなのか?など最後まで色々な期待感を持って読めました。特に中盤以降のストーリー展開は、

「岸田るり子、上手くなったなぁ〜」

と一人で呟いてしまった(本当の刊行順分からないですが)<笑>僕レベルの単純な人間には、きっと好評価だと思います。

ストーリー的には、愛のない生活に嫌気がさしていた「華美」は、間違って手にいれたデジカメの中の少年に恋をして・・・・・・。という感じ(笑)とにかくお薦めです。

 続きを読む

密室の鎮魂歌 (岸田るり子)3

kisida3







 岸田るり子の『密室の鎮魂歌』です。デビュー作としてはレベルの高い作品だと思います。ただ、「密室」を扱った作品の「密室モノ」のジャンルの中で考えると凡庸な感じです。ただ、その後の数作品しか読んでないですが、着実にレベルが上がっているので、今後の作品には、期待できそうです。

 ストーリー的には、主人公の「麻美」の大学時代の友人である、画家の「麗子」の個展会場で、「汝、レクイエムを聴け」をいう作品を見た、「麻美」の高校時代の友人の「由加」が、失踪してしまった由加の夫の「鷹夫」の行方を知ってはずだと主張する。(解説のパクリです)「汝、レクイエムを聴け」という作品の中にある旗のマークのが、失踪した「鷹夫」の背中にあった刺青を同じだという事が理由である。そして、その事がきっかけで、次々と「麻美」の周りで不可解な事件が起きる・・・・。

 という感じかな。読み易いし、直球な感じでいいと思います。しかし、よくよく考えてしまうと、「由加」が騒ぐメリットは全くない。読んだ方がいたら、そもそも「由加」が騒がなくてはならなかった理由が分かる方は教えてください。( -д-)ノ

 読んでない方は、読んでみて、教えてください!(と言う事で、岸田るり子を布教しています( ̄ー ̄)ニヤリッ )続きを読む

ランボー・クラブ (岸田るり子)3

kisida2







岸田るり子の『ランボー・クラブ』です。この作品は、なかなか面白かったです。この作品の三分の二位の所までは、作品の中にぐいぐい引っ張られました。平凡な主人公、平凡な探偵と助手なのにも係わらず、作品のスートーリー展開の巧みさが、僕を飽きさせる事なく、ぐいっと惹きつけたまま読ましてくれました。ただ後半になって、全貌が分かりかけてくると、陳腐なクロージングに向かって一直線という感じになってしまった感があります。(疑問点ややるせない行動が出まくりました)後半が少しあれなので、☆が3つですが、気持ち的には、☆4つの面白さをかなり長く持てた作品です(意味分からないかも)

 中学生になってから、主人公の菊巳は、自分で自分が分からなくなっていた。夢と現実の境界線が曖昧で、ある時、今の自分は、偽りの自分だと気がついた時、学校に行けなくなってしまった。引きこもり生活を続けている時に、「ランボー・クラブ」のサイトに出会い、惹かれていく。そんな中、菊巳の実の父だという男が現れ、菊巳の過去が徐々に明らかになっていく。やはり、菊巳には、複雑な過去があった。「ランボー・クラブ」サイトの予言、母や父への不信。菊巳の味方は誰で、菊巳は、どうなっていくのか?

 自分で書いた、上記のストーリー解説の文章を読み返して、失笑してしまいましが、多分頑張って考えても、大して変わらないので、こんな感じで、御勘弁を f^_^;

 ファンクラブ会員の僕からすると『購入』して読んでくださるよう願いますm(_ _)m

 続きで、くだらない話をしようかな。かなり意味ないので、暇な方だけクリックしてください。続きを読む

檻 (北方謙三)4

SH3D0030

北方謙三の『檻』です。僕のブログで何度か言ってるのですが、この作品は、僕の好きな作家の「白川道」が作家を目指すきっかけになった作品です。なので、読んでみたいとは思っていたのですが、なかなか機会がなく、やっと読む事が出来ました。読み始めたら面白くて1日で、一気に読んでしまいました。今から25年以上前の作品なのに、色あせる事なく面白かったです。

北方謙三は、「三国志」しか読んだ事はなかったのですが、この作品を読んでみると、初めてな感じがしませんでした。主人公の思考回路、物語の展開などが馴染みがありました。そうです、 (・o・)ノ 白川道の世界と似てますね。表現の仕方が悪いので訂正すると、ネットとかにも出てるように、白川道は、この北方謙三の『檻』を読んで、小説家を志しただけあって、白川道作品は、北方謙三作品に似てますね。「北方謙三」を読んで来なかったので、「本家」の良さを今頃になって知りました。(しかし、北方謙三のハードボイルド作品は、白川道の「小説の中と実際の自分は同じ」理論のような気がするので、北方謙三の他作品が想像出来るので、これからも北方謙三作品を読んで行こうとは思いませんが)白川道作品の根底には、北方謙三があるという事ですね。しかし、白川道作品は、北方謙三の作品をよりブラッシュアップさせているので、白川道作品の方が上だと思います。(この作品を読んだだけでは)

内容的には、ヤクザから足を洗って、真面目にスーパーを経営している主人公の滝野和也の元に、営業妨害をするチンピラが現れる。滝野は、チンピラを叩きのめす事によって、ヤクザだった頃の本能が甦ってしまう。そして、ヤクザだった頃の相棒に会いにいき、自ら危ない世界に踏み込んでいく・・・・。

簡単すぎますがこんな感じです。滝野和也には、堅気になり、スーパーを経営しているのは、「檻」に入れられているようなものであり、修羅場のような世界が本来の生きる道であった。そして再び、自ら踏み入れた世界で、「ヤクザの幹部とそのヤクザの幹部の情婦(その幹部が所属する組織の会長の娘)を海外に逃がしてくれ。」との依頼を受ける。そこからイッキにストーリーは動いていくのですが、もう途中で読むのを止める事が出来なかった。その展開の中に、腕利きの刑事が出てきて、物語が更に、深く面白いものになっていきます。納得出来ない所もありますが、面白かったです。

この作品を読んでいると、ある場面は、白川道の「天国への階段」を想像したり、「執着駅」を想像したり、最初の掴みは、馳星周の「沈黙の森」を連想したりして、この作品は、潜在的に、色々な影響を与えているのかなと思いました。

読んでない方は、読んでみてください!

Fの悲劇 (岸田るり子)3

fnohigeki







 岸田るり子の「Fの悲劇」です。何か一味足りない気もするのですが、なかなか面白かったです。ネットで検索してみたら、ファンクラブがあったので、とりあえず、入会申し込んでおきました。ファンクラブの心得に、

 「必ず買おう。間違っても借りて読むなどということがないように。」

 という事が書いてありました。これは、常識的に当然だと思いますが、今回の僕の場合、借りて読んだら、面白かったという感じなので、お許しを。  (●´ω`●) 次回は、購入してみます。次回作が面白くなかったら、脱退する方向ですが・・・・・・・。


 不思議な力を持つ「さくら」が、叔母の「ゆう子」の死の真相を追い求めていく話。飽きずには読めるのですが、ぐいぐい引っ張られる魅力に欠ける。「さくら」の不思議な力の方向性が曖昧な感じ。しかし、岸田るり子に、何か才能のようなものを感じた。

 今日は、泥酔状態なので、ストーリーも巧く書けないので、後日編集します。この「後日編集します。」って言って、編集してないのが、かなりあるので、もしかしたら、放置プレイかもですが。

嘘は罪(栗本薫)4

uso







栗本薫の「嘘は罪」です。栗本さんは残念ながら、今年の5月に亡くなられましたが、好きな作家でした。この作品は、シリーズと言えばそうなるかもしれませんが、この作品単体で読んでも面白いです。この作品は、賛否両論ありますが、僕的には、なかなか良かった。(同姓愛者でもバイでもありませんが)

 今度編集します!月末で忙しいので、更新は怪しいので、週末にでも訪問してみてください。

 今日のランチは、「タンメン」を食べたのですが、不味くて、アップ出来ないので、お休みします。

ファイナル・ゲーム(黒武洋)2

ファイナル・ゲーム






 黒武洋の「ファイナル・ゲーム」です。僕は、いろんなエリアの「ブックオフ」を定期的に訪問するのですが、一時期ですが、何処の「ブックオフ」に行っても、100円コーナーに、黒武洋の「そして粛清の扉を」があった。ホラーサスペンス大賞受賞作という事で、100円なら買ってみようと思って読んでみたのが始まりです。「そして粛清の扉を」は、飽きる事なく読めてなかなか面白かったけど、新人賞レベルの作品でした。しかし、成長してイッキに面白い作品を書きそうな力は秘めているなと思わせる作家でした。という事で、どんだけ成長したか楽しみに読んだのですが、そんな成長してなかった。ストーリーとかもなかなか良い線いっているのですが、少し力不足でした。多分、他の人もそうだと思うのですが、僕は本を読む時は、活字を目で追いながら、その活字を映像化しているのですが、文章力のある作家ですと、この映像化が簡単なのですが、下手な作家だとなかなか映像化出来ない。そういう基準で考えると、この「ファイナル・ゲーム」は、映像化出来ない場面が多々あった。そして、納得がいかないストーリー展開もしていた。筋はいいので、あともう少し頑張ってもらいたい。

 ストーリー的には、大学時代のサークルの「試全倶楽部」のリーダーの呼びかけで、7年ぶりに、6人のメンバーが集まった。リーダーの桜は、孤島にある施設に面白いものがあると言って、みんなを連れて行く。そして、リーダーの桜は、施設にメンバーの5人を閉じ込めて、

 「俺の指示を伝える。長年培ってきた友情や信頼と、たった今この場で生じた疑惑、その苦悩の間で死んでいくメンバーの死亡直後の絶妙な表情をデジカメで撮り、パソコンを使って、俺宛にメールしろ」 

と言ってきた。この5人のメンバーの中に桜の指示を受けて、初めから知っていた奴がいるという事も伝えられる。そして、桜の言った通り、1人、また1人とメンバーが消されていく・・・・・。

 という感じで話が流れていきます。結構いい感じなのですが、少し巧さが足りなくて、不満な所もあった。買ってまで読んでみてとは勧められないけど、図書館で借りたり、100円で買えるなら、読んでみても損はないです。

マネー・ハッキング(幸田真音)

マネーハッキング






 幸田真音の「マネー・ハッキング」です。これは、だいぶ前の本だけど面白かった。少し余談なのですが、以前、僕が「ブックオフ」や「図書館」の弊害について書いたと思うのですが、これらの存在は、作家にとって、悪い事ばかりでなく、新品は買いたくなかった作家も、ブックオフなどで安かったら買ってもいい作家がいて、そこから、その作家が好きになり、新品の本を買うようになった作家もいると書いたと思います。(僕の場合、花村萬月とか)しかし、幸田真音の場合、逆で、最初は、新品を買っていたのですが、ブックオフで、すぐに100円で売られるので、新品で買うのがばからしくなって、それ以後新品で買わなくなってしまった作家です。新刊が出たら、すぐにでも買いたいという程好きではないからだと思いますが。

 この「マネーハッキング」は、希望退職制度で退職を勧められた、外資系銀行の業務部門に所属する米山志乃と、別の外資系銀行で外債ディーラーをやっている長峰卓と、コンピュータの天才の後藤知哉が、力を合わせて、銀行のコンピュータに侵入して、ディーリングを行おうとする!って感じの金融小説です。専門の方が見ると色々穴みたいなのが、見えてしまうと思うのですが、素人の僕は、面白い金融小説でした。
Categories
記事検索
プロフィール

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 中村麺三郎商店(相模原市中央区)
  • 中村麺三郎商店(相模原市中央区)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor 天気
Profile

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
J-CASTニュース
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

次郎

  • ライブドアブログ