蕎麦とラーメン食べ歩き と読書のブログ

蕎麦とラーメンの食べ歩きと読書のブログです。蕎麦は、結構詳しいので、蕎麦の評価は信用出来ると思います。ラーメンは、素人です。読書傾向は偏りがちです。

 お薦めの本を紹介してください!  コメント欄ではちょっと・・・。という方は、メールください。生意気言ってすみませんが、「恋愛もの」以外でお願いします。     

作家(や・ら・わ行)

修羅走る 関ヶ原(山本兼一)3

修羅走る関ヶ原















 
山本兼一の『修羅走る 関ヶ原』です。待望の文庫化という事で読んでみました。関ヶ原の合戦をパノラマ写真風にぐるっと描いた作品です。関ヶ原の合戦は誰も知っている訳です。なので、この手の小説には圧倒的な【ドラマ】が必要なのですが、それがなかったですね。徳川でもなく、石田でもなく主人公不在で、誰でも良いので魅力的な人物を作り上げて欲しかったですね。

普通に読めるという感じでした。( ´∀`)つ

もぐら(矢月秀作)2

もぐら

 矢月秀作の『もぐら』です。第2弾の『もぐら讐』と第3弾の『もぐら乱』まで読んだのですが、全巻共通した感想は、

 陳腐

 なんですね。読んでいて、展開のお粗末さとか、人物の言動に臭みやあほらしさを感じてしまいました。僕の読書は、1つの作品だけを読んでいくのではなく、同時に何冊かを交互に読んでいくのですが、丁度この「もぐら」を読んでいる時に、黒川の「繚乱」を読んでいまして、作品の完成度のギャップをかなり感じてしまいました。
 しかし、(先輩にお借りしたとはいえ)第2弾、第3弾と手を伸ばして読んだという事は、僕では解明出来ない“良さ”が何かあると思います。( -д-)ノ

 主人公は、闇社会で「もぐら」と呼ばれて恐れられている、警視庁の組織犯罪対策部出身の【トラブルシューター影野竜司】です。1弾〜3弾までなら、(文章力はないですが)第1弾がまだまともで、第2弾が最悪でした。販売部数はかなりのものなので、僕と読書傾向が同じ方に一度読んでみてもらって、感想欲しいです。(*・ω・)ノ

 

小太郎の左腕(和田竜)3

kotarou

 和田竜の「小太郎の左腕」です。家族を買い物に連れていき、本屋さんで立ち読みしました。( ´∀`)つ 内容もページ数も立ち読み向きです。単純な内容なので、頭の中で映像化し易く、横山光輝の漫画を読んでいるような感覚で読み進める事が出来ました。前半から中盤までは、リズム良くて、先の事をあれこれ想像しながら読み進む事が出来て、面白かったのですが、後半は失速して少しぐだぐだな感じがしました。読み終わってみると45点位の作品という感じです。

 内容は今回も戦国時代が舞台です。(登場する人物とか知らないので、多分、架空の話だと思うのですが)勢力争いをしている戸沢家と児玉家。それぞれの陣営には、林半右衛門と花房喜兵衛という猛将がいる。この両家の争いに、凄腕の鉄砲使いの『小太郎』が活躍します。

 僕的には、主人公の「小太郎」の存在が魅力不足に思えました。僕が戦国時代の物語が好きな理由は、戦国時代の武将の気質というか「男気」が好きだからです。「命よりも名を惜しむ」的な男達の話が好きなのです。ですので、この作品での「小太郎」は、別にどうでも良い存在でした。この作品で楽しんだのは、林半右衛門と花房喜兵衛の2人の話。全く、目新しいものは無かったのですが、戦国ものが好きな読者を意識した展開が随所にあってなかなか楽しめました。

 ・絶対絶命な状況な時に、林半右衛門が花房喜兵衛と対峙した時に、「良き敵哉」かなと心で手を打った。(大坂夏の陣で、徳川方の越前北庄藩の松平忠直が、対峙した敵が真田幸村軍だったのを「良き敵なり」と喜んだ話もカッコいいです)

 ・林半右衛門が篭城している城から抜け出して、花房喜兵衛に会いに行きました。その会談後、喜兵衛の部下が、「殿、生かして城に帰すのでござるか」との問いに、「敵の武辺者を闇討ちしたなど、花房喜兵衛の男が下がるわ」と言った。

 等、戦国もの好きの僕の心をくすぐる話が織り交ぜられていたので、後半のつまらない展開を考慮しても、なかなか楽しめました。(*・ω・)ノ

のぼうの城(和田竜)3

のぼうの城







 和田竜の「のぼうの城」です。前フリ長いので、作品紹介を読みたい人は、2段目から読んでください!
 この本は、後輩からいただきました。以前の会社にいた時の後輩なのですが、この前、僕の現在勤めている会社の前で待っていた。(営業から帰ってきた19時頃)全く意図が読めないのですが、

 「次郎さん、これ。」

 といって買ったままの袋ごとくれた。僕の誕生日は、5月だから、誕生日プレゼントではない。あ〜、そうかと思い出した。そういえば、ついこの前のブログで、今欲しい本というのを載せた。(楡周平の新刊と、ほりえもんの本)それを見て買ってきてくれたのだ!と思って、後で中を確認したら、この「のぼうの城」でした。僕が大の歴史好きだと知っていたから、歴史モノを買ってきてくれたのだろうと単純に考えました。しかし、その時の僕は、すごく忙しく、まだまだやる事があったので、近況をちょろっと聞いて、「今度飲もう。ありがとうね。」と言って、2分位しか話が出来なかった。
そしてその夜、布団に入って、寝る前に、ふと今日の出来事を考えた。

 「なんで、突然現れて、本をくれたのだろうか?」

 ・結婚して、子供が生まれてばかりで、マンションまで買ったみたいなので、ホモではない。

 ・僕の欲しい本ではなかったので、僕のブログを見て本をプレゼントしてあげようと思って来た訳でもない。

 などと色々考えると思いあたる事があった。僕の以前の会社は、業績不振で今月をもって、解散整理されてしまう。次の就職先も決まってないとの事なので、相談したかったのではないか?いや、でもそれなら、いつが暇とか都合聞くなり、会社の終わり頃を待つなりするだろう。などと考えていたら、浅田次郎の「勇気凛々〜」での出来事を思い出した。
 浅田次郎が、ブティックの会社の社長として、デパートで催事の準備を夜中までしていて、それが終わった時に、デパートの社員に飲みに誘われた。デパートの社員というのは、出入りの業者にたかるものだから、奢れという意味で誘われたと思い、断った。そうしたら、その夜、その社員は、電車に飛び込んで、自殺してしまった。浅田次郎は、そいつの誘いを受けて、飲みに行っていたら、その自殺を止めれたのではなかったかと悔やんだという話。
 その話を思い出してしまった。そういえば、状況的には、なくもない状況だなと少し心配した。しかし、その後何のアクションもしませんでしたが、今現在もその後輩は、しっかり生存が確認されているので安心しました。(後輩よ!何か相談あるなら、話を聞くぞ!)というような思い出のある本です。せっかく頂いたので、読む本の優先順位をトップにもってきて読みました。


 この作品は、一言で言えば、まあまあ面白かった。ただ歴史マニアな僕には、少し不満が残る作品です。歴史モノが好きでない人に好きになってもらうには、いい作品だと思います。いわば、入門編という感じの作品です。僕も「坂本龍馬」を好きになったきっかけは、中学1年の時に、「ヤングサンデー」で連載していた、武田鉄矢原作の「お〜い、龍馬」(題名微妙に違うかも)を読んだからです。それから、司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を読み、様々な龍馬本を読むようになりました。そういう面では、この本をきっかけにして、戦国時代を好きになってもらえるのではないかと思える作品です。
 秀吉は、惣無事令違反を理由に北条氏を征伐する号令を発した。その北条方についていた「成田長親」の物語。秀吉の小田原征伐で、最後まで落城しなかった城を守っていたのが、「成田長親」の守る『忍城』で、その時の出来事を人情ドラマ風に描いた作品。少し現代風にしすぎてありえない事が多々あるけど、このような作品に、いちいちケチつけてもしょうがないので、中学の時に「お〜い、龍馬」を読んで感動した純真な気持ちで読んだ。そうすると、なかなか面白かったです。この作品を読んで、感動した人は、池波正太郎の「真田太平記」をお奨めします。という事で、まずは、この作品を読んでみてください。
Categories
記事検索
プロフィール

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 中村麺三郎商店(相模原市中央区)
  • 中村麺三郎商店(相模原市中央区)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor 天気
Profile

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
J-CASTニュース
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

次郎

  • ライブドアブログ