蕎麦とラーメン食べ歩き と読書のブログ

蕎麦とラーメンの食べ歩きと読書のブログです。蕎麦は、結構詳しいので、蕎麦の評価は信用出来ると思います。ラーメンは、素人です。読書傾向は偏りがちです。

 お薦めの本を紹介してください!  コメント欄ではちょっと・・・。という方は、メールください。生意気言ってすみませんが、「恋愛もの」以外でお願いします。     

蕎麦屋探訪

吟八亭 やざ和(葛飾区亀有)4

2018年11月10日

今日は亀有で作業でした。ランチは「吟八亭 やざ和」さんに行ってきました。【新そば打ち始めました】のポップに惹かれたんですね。こちらは、「田舎せいろ」が一番美味しいのですが、勿論、普通の「せいろ」も美味しいので、両方共頂きたいですね。12時過ぎの入店で、店内満席でしたので、20食限定の「田舎せいろ」がまだ残っているか不安だったのですが、まだありました!先ずは、

せいろそば
「せいろそば」(900円)です。【新そば】という期待値からすると、香りと甘味が弱いですが、それでも十分過ぎる程の美味しい蕎麦ですね。そして相変わらずの「辛汁」の美味しさで満足度が高いです。そして次は、

田舎せいろそば
「田舎せいろそば」(1000円)です。何も付けずに食べてみましたら、甘味が凄いですね。やっぱりこちらの「田舎せいろ」は激ウマです。辛汁は、「せいろ」も「田舎」も同じモノなのですが、「せいろ」に合わせた感じの「辛汁」ですので、「田舎せいろ」用に、もっとまったりと濃い感じの辛汁を用意してくれたら最高です。

最後に濃厚でめちゃめちゃ美味しい蕎麦湯を頂きまして、大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ


続きを読む

手打ち蕎麦 湖庵(我孫子市若松)5

2017年5月12日

今日は我孫子で打ち合わせがありました。今の僕は、我孫子市と言えば
「手打ち蕎麦 湖庵」さんになってしまいます。(*´∇`*)

本日のそば

本日の蕎麦は北海道雨竜郡雨竜町の【キタワセ】との事です。北海道産のこの時期なら「新そば」なんでしょうね。もちろん辛味大根付きで頂きました。

辛味大根せいろ
「辛味大根せいろ」(900円)+「大盛」(250円)です。辛味大根は【長野県親田】の辛味大根です。先ずは何も付けずに蕎麦を頂いたのですが、甘い甘い。噛んだ瞬間に甘味の爆発があります。それをこちらのから汁に付けて頂くと

めちゃ美味しいです!

ホントこちらのまろみがある「から汁」が最高ですね。その「から汁」に先程の蕎麦を付けて食べるんでから間違いない美味しさですわ。そして更に更に「辛味大根」を投入して頂きますと、当然の如く更に更に美味しいです!残念だったのは「そば徳利」が無かった事ですね。辛味大根とから汁を自分で調整したかった。

最後に濃厚な蕎麦湯を頂きまして満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ




続きを読む

そば上人(台東区駒形)5

2018年10月20日

今日は特にランチを何処で頂くか決めてなかったのですが、通りかかった「新そば」のポップを見まして『そば上人』さんに行ってきました。こちらの店の素晴らしい所は、常時5種類以上の蕎麦があるという事ですね。本日は、「せいろ」「田舎」「ゆずきり」「けしきり」「茶きり」「うどん」の6種類でした。本日は3種類を頂きました。

3色そば
「三色蕎麦」(1400円)を頂きました。本日は、「せいろ」「田舎」「ゆずきり」を選択。先ずは「せいろ」を頂きました。北海道産の新そばとの事ですが、蕎麦の甘味が強くて美味しいですね。こちらの辛汁は「せいろ」に合わせていると思うのですが、カエシが主張し過ぎず、鰹節の出汁感も突出せず、バランスタイプの辛汁で美味しいです。次に「田舎」を頂きましたが、ミスター「田舎そば」と言える、スタンダードな「田舎そば」は甘味重視の硬めの仕上がりでやっぱり美味しい。そして、最後に頂きました「ゆずきり」は滅多に食べないのでめちゃめちゃ美味しく感じますね。柚子の風味が強いのに、土台となる更科がしっかりとしてまして、僕が食べてきた「ゆずきり」の中でナンバー1の美味しさです。

そして、蕎麦湯も手を抜かずしっかりと上品さと濃厚さを兼ね揃えてまして大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

浅草人生そば道場 [ 平沼孝之 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)

楽天で購入


続きを読む

そば処 承知庵(山梨県富士河口湖町)3

2018年8月30日

最近忙しくて、自宅に帰ってからもハイボール飲みながら仕事しているのですが、こんな僕からのアドバイスとしましては
「お酒を飲んでいる時に仕事のメールをして駄目!」
という事ですね。上司だろうが得意先の偉いさんだろうが、怖いモノなしの内容で返信してまして、結構、その後の仕事に影響出てます。( -д-)ノ

で、今日は2年越しの提案が実りまして、富士河口湖町に納品に行ってきました。山梨担当を外される2年前に提案していた案件が山梨担当に返り咲いた時に受注となったんですね。結局は山梨担当と言えば「次郎」なんですわ。(勿論、酔っ払いながらブログ書いてます)ランチは、チェックしていた蕎麦屋さんに行ってきました。

そば処承知庵
山梨県南都留郡富士河口湖町小立 3859-1 「そば処 承知庵」さんです。受注の報告を受けた際に、納品の際は「MIWA69'n」に行こう!なんて現地の担当を誘いましたら、現地の担当から既に閉店している情報を頂きまして、蕎麦屋さんのオススメをお聞きしましてお伺いする事にしました。(食べログでも「富士河口湖町」エリアの蕎麦屋1位)

メニュー

メニュー

メニュー

蘊蓄
メニューはこんな感じです。価格設定はかなり高めです。しかし、美味しければ文句はないです。今日は朝から何も食べてないので、

満腹セット

蕎麦湯
「まんぷくセット」(1950円)を。最近、キレやすいハニーがこのブログを見たら激高するかもしれない価格です。蕎麦は、独自にブレンドした蕎麦粉を使った十割と云う事です。先ずは何も付けずに頂きましたが、蕎麦の風味はイマイチ。甘みはなかなか有りますが、期待値は越えてこないです。舌触り良い蕎麦で、喉越しは良いですね。辛汁は、出汁感が前にくるタイプで、カエシが弱め。舌触りの良いつるっとタイプの蕎麦とは相性がイマイチかと思います。(先ずは「辛汁」から改良するだけで変わると思います)
しかし、この巨大な桜エビのかき揚げ丼は、めちゃ美味しいですね。味付けもしっかり濃いめ味付けで、これは食べる価値あります。蕎麦湯は、しっかりとした味が楽しめるもので、かき揚げ丼の箸休め的な感じで頂くと丁度良い感じでした。

腹がパンパンになりまして、夜になっても腹減らなかったです。満足しました。


石臼挽 自家製粉そば ふく田(静岡県沼津市)3

2018年8月23日

今日は沼津市で打ち合わせでした。都内から東名高速で静岡入った辺りから凄まじい豪雨でしたね。鮎沢PA(下り)の5キロ程手前の道路が水溜りが凄くて、全く前が見えず恐怖を感じましたね。(TДT)

で、ランチは事前にチェックしていた「蕎麦屋」さんに行ってきました。

ふく田

ふく田
静岡県沼津市岡宮1433−7 「石臼挽 自家製粉そば ふく田」さんです。こちらの店の拘りは半端ないです。

…耕邯旧上村の在来種を全国一使用している。
∨萃、使用する分だけ「脱穀」して4時間以上かけて製粉。
水は「富士山霊水」を使用。
づ形獲絮荏り昆布を使用。


これは一部を抜粋しただけで、カエシから山葵等、拘りで言ったら、蕎麦屋界の最高峰ですね。

拘り

メニュー
メニューはこんな感じです。何にしようか迷ったのですが、「おろし」は辛味大根を使っているとの事でしたので、

天ぶらおろし
「天ぷらおろし」(1300円)を頂きました。エビは「車エビ」でお願いしました。蕎麦は切幅がソロってなくて短いタイプの蕎麦です。蕎麦の風味は強いのですが、甘味はそこそこという感じです。期待値を超える程ではないのですが、美味しいですね。この手の蕎麦は(喉越しも悪い事ですし)太めの幅の方が、しっかりと風味と甘味を受け止める事が出来るので、全体的にもう少し太めに切った方が生きる気がします。辛汁は、適度な出汁感に濃いめのカエシが広がりまして美味しいですね。辛味大根と相性が良い辛汁です。最後に蕎麦湯を頂きましたが、しっかりとした濃いめの蕎麦湯で凄く美味しかったです。満足しました。(*´∇`*)

※在来種と聞くと、イメージ的には、かなり蕎麦の香りや風味が強いという印象ですが、僕が美味しいと思う蕎麦屋さんで出会う「改良種」も全然負けてないな。という感想でした。


関東食べ歩き ブログランキングへ




手打ち蕎麦 朴仙(墨田区押上)4

2018年7月11日

以前のブログで「群馬県産」の辛味大根の事を書いたのですが(辛さを謳わず美味さを軸にして新たなブランドを確立するという話)、あれは自信がありまして、ブログアップした後は、新しいブランド確立の為に、商品名とか色々考えて、問い合わせがくるのを待っていたのですが、誰からも何の反応も無かったです。(ノд・。) グスン

で、今日は押上にある有名な企業にて商談がありました。ランチは、チェックしていた近くの蕎麦屋さんに行ってきました。

手打ち蕎麦 朴仙
墨田区押上1‐22‐7 「手打ち蕎麦 朴仙」さんです。自家製粉の美味しい蕎麦が食べれると知り合いに教えて頂きましてチェックしておりました。

蕎麦のメニュー
蕎麦のメニューは、こんな感じです。ランチ限定で、お得な「天丼セット」(1000円)なんかもやっています。せいろと田舎で迷ったのですが、せいろにしました。

辛味大根おろしそば
「辛味大根おろしそば」(850円)+「大盛」(200円)です。蕎麦はやや太めで腰が強めです。先ずは何も付けずに頂きましたが、腰が強いので蕎麦の旨味の広がりは悪いのですが、風味はそこそこ、甘みは普通のせいろとしては、十分な甘味があります。辛汁は、上品な出汁が、濃いめのカエシを邪魔する事なく、前で主張していて、ハイレベルな辛汁で美味しいですね。そして、辛味大根は、後味で【ピキー】と辛味が主張するものでなかなかでした。

蕎麦湯は、トロンと濃厚なモノでめちゃくちゃ美味しかったです。想定以上に美味しくて満足しました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

群馬県産 辛味大根(1個)
価格:226円(税込、送料別) (2018/7/12時点)



そば遊歩(埼玉県深谷市)5

2018年7月3日

発売されたばかりの黒川博行の「泥濘」をソッコーでブログアップしたので、「泥濘」で検索して訪問する方が多い感じで、この2日間の訪問者は倍増です。しかし、そこから「クリック」→「購入」は誰もいないです。(ノд・。) グスン

で、今日は埼玉県の深谷市で商談でした。ランチは、「深谷市 石臼挽き 手打ち蕎麦」で検索した店に行ってきました。

そば遊歩
深谷市国済寺493−1『そば遊歩』さんです。竹林に囲まれたお店は雰囲気が良いですね。八ヶ岳山麓産の信濃1号の品種を使っている蕎麦屋さんとの事です。メニューはこんな感じです。

メニュー
蕎麦は「セイロ(十割)」「粗挽き」(火・金・土)「玄挽き」(日・月)の3種類があります。本日は火曜日なので「粗挽き」の日でした。数量限定ですが、まだあるとの事で、

粗挽き

粗挽きアップ
「粗挽き」(820円)+「大盛」(280円)です。先ずは、何も付けずに蕎麦を頂きましたが、

香りと甘味が凄い

蕎麦の甘味が口の中で暴れまくりますね。9割蕎麦にしているからか、食感的な食べ応えもあって良い感じです。そして、こちらの辛汁がめちゃ僕好みです。カエシが濃いめで、そのカエシの邪魔をしないけど、しっかりとした絶妙な出汁感で、パーフェクトなバランスの辛汁です。この辛汁に付けた「粗挽き」は、更に甘味も引き立ちまして美味しいですね。

最後に「そば湯」を頂きましたが、そば湯は「サラッと」系の蕎麦で少し残念でしたが、こちらの辛汁が美味しいので、辛汁で割る感じで飲めばそこそこイケました。大満足でした。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

油絵 肉筆絵画 F4サイズ 「八ヶ岳山麓」 土屋 茂 木枠付 -新品
価格:15552円(税込、送料別) (2018/7/4時点)



蕎匠十石(群馬県太田市)3

2018年6月22日

アフィリエイトで全然まだまだ稼げてないのですが結構ハマってます。管理画面で、どのショップで何回クリックされているかとか見れるので毎日チェックしてしまってます。今月で一番クリックされている商品は、予想はしてましたが、一昨日の「セクシースクール水着」です。(* ̄∇ ̄*)

で、今日は群馬県の太田市で納品がありましたので、事前にチェックしていて店に行って来ました。

外観
群馬県太田市大原町1843−3 『蕎匠 十石』さんです。太田市は初めてなので、「群馬県太田市」「蕎麦」で検索してお伺いしました。

メニュー1

メニュー2
メニューはこんな感じです。蕎麦は、「せいろ」「田舎」「生粉打」というラインナップです。こちらは「丼モノ」のセットもありまして何にしようか迷いますね。かなり悩みましたが、

合いもり
「合いもり(せいろ・田舎)」(900円)+「辛味大根」(200円)を頂きました。先ずはせいろから頂きました。そば粉は北海道多度志の玄そば100%使用との事ですが、風味と甘みが少し弱いです。しかし普通に美味しい蕎麦ではありますね。手打ちの蕎麦としての出来は良い感じです。田舎蕎麦は、せいろよりは甘みがありますが、もっと甘味があっても良いですね。辛汁は、出汁の程よい旨味が前にくる上品な辛汁で美味しいです。辛味大根は、しっかり「ピリっと」くる辛味大根で美味しいですね。この量で200円もするから、大した事なかったらショックを受ける所だったのでが満足感ある辛味大根でした。

最後に「蕎麦湯」を頂きましたが、残念ながら「サラッと」タイプの蕎麦湯でしたが、全体的には「優等生」な蕎麦でした。店主さんも丁寧な接客で満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ




石臼挽き手打ちそば 壱乃蔵(群馬県昭和村)5

2018年6月20日(ベロベロに酔って書いてます)

僕の周りの蕎麦好きな方達には群馬県産の「辛味大根」は評価が低いんですね。その理由は、辛くないからなんです。あの親田の辛味大根のイメージで頂くと、辛味は全然無いと言っていいでしょう。しかし、群馬県産の辛味大根をよく味わってみますと、辛味はないけど、しっかりとした「旨味」がありまして、辛味を除いて評価するととてもとても美味しい大根なんですね。ですので、この評判を作っているのはネーミングが悪いからなんですね。主導しているのが群馬県の農協だか何だかは分かりませんが、明らかに名前に【辛味】を付けた事による「ブランディング」の失敗です。群馬県産の美味しい「辛味大根」はリブランディングが必要です。別に辛くなくてもいいんです。あの旨味のある群馬県産の大根をリブランディングして、もっと価値を高めた方が良いと思います。ブログでこんな事を書いた縁ですので、僕に任せて頂いても良いです。新しいネーミングや、販売戦略を含めて、120万円ポッキリでこの仕事を受けてもいいです。マジで(*´∇`*)

で、僕のブログを毎日チェックしている120人位のマニアックな方しか分からないと思いますが、今日は「モモコ」抱きに群馬県沼田市に行ってきました。千葉の男は「亭主関白やで」というアピールです。( ´∀`)つ 
 ランチは、今回も「自家製粉」「手打ちそば」「沼田市」で検索して出てきたお店に行ってきました。

壱乃蔵
群馬県利根郡昭和村森下557−1『石臼挽き手打ちそば 壱乃蔵』さんです。僕の嫌いな「食べログ」の評価は、この条件で検索した際には1番評価が良い店でしたのでお伺いしました。

メニュー1

メニュー2

メニュー3

メニュー4
メニューはこんな感じです。やはり「平日限定」のお得なメニューに惹かれてしまいますね。


満腹セット

蕎麦アップ

豚丼

季節の野菜天ぷら

天ぷらは「雪塩」で
「まんぷくセット」(1080円)+「季節の野菜天ぷら」(540円)です。先ずは蕎麦から頂きました。その蕎麦は店内の石臼で挽いた(メッシュは分かりませんが)「粗挽き」の9割蕎麦との事で、甘味がビンビン広がる蕎麦で、

美味しいです!

この蕎麦は甘味と風味が強烈でとても美味しいですね。店の雰囲気とか色々な先入観で、そんなハードルを高く設定していなかったのですが、軽々とそのハードルを越えてしまう美味しさで、大満足です。何も知らずに、「手挽きの田舎そば(十割)」です。と出されても納得してしまう感じです。辛汁の方は、出汁が前にきて、カエシは優しめの「辛汁」で美味しいのですが、この蕎麦には絶対に「カエシ」が濃いめの方が合いますね。
 蕎麦を食べ終えてから「豚丼」を頂いたのですが、こちらの豚丼のタレが凄く美味しくて、これだけ頂いても満足感あります。蕎麦だけに固執してない所がかなり評価高いです。そして、追加で頼んだ「野菜天ぷら」は、「雪塩」で頂くのですが、これも美味しいです!かき揚げとサツマイモが特に美味しかったです。

締めの「蕎麦湯」は残念ながら薄い蕎麦湯だったのですが、出汁が主役の辛汁だったので、薄くても美味しく頂けました。

大満足でした。ハニーを連れて行きたいですね。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ

↓依頼があれば僕も本を出しても良いのですが、依頼が無いので、これを読んで女性を口説いてください。




そば晃(群馬県伊勢崎市)4

2018年6月19日

先月のブログで、群馬県の「ハイヒールモモコ似」のお客様に振り回されたなんて事を書いたのですが、この方のワガママ振りは僕の「群馬県の女性」の評価を落とす程だったのですが「力」は持っていたんですね。このモモコの紹介で今週は毎日の様に群馬県に行く事となりました。抱かなアカンかもです。(嘘やがな)

で、今日はそのモモコ関連で伊勢崎市で納品だったので、「伊勢崎市」「自家製粉」「蕎麦」で検索して、納品先近くのお店に行ってきました。

そば晃
群馬県伊勢崎市堀口町41-1 『そば晃』さんです。何軒が候補があったのですが、ネットに投稿されていた蕎麦の画像を見て美味しいそうだと思いましてコチラに決めました。

メニュー1

メニュー2
メニュー(冷たい蕎麦の)はこんな感じです。めちゃお得なランチメニューがありましたので、それにしました。

そばセット

炊き込みご飯



























「そばセット」(1000円)です。これに更にドリンクが付いてます。このラインナップで1000円というのはかなりお得ですね。そして、一瞬「更科そばのケシ切り」かと思える蕎麦のビジュアルが良いですね。その蕎麦は、口当たりがソフトで、それが心地良くて甘みも凄くある蕎麦で美味しいです。都内で頂く「お得なセット」に出てくる蕎麦の数段レベルの高い蕎麦で、想定以上の美味しさです。辛汁は、出汁が強めで、カエシより出汁が前にくるタイプです。カエシの弱さが、中盤以降の「辛汁」が薄まっていった際にはマイナスポイントになってしまいますが、この蕎麦には合ってますね。天ぷらは、「茄子」「ピーマン」「舞茸」の3点です。茄子が少し大味なのですが、これも普通に美味しいです。炊き込みご飯も美味しかったです。

最後に蕎麦湯を頂きましたが、これは残念ながら「釜湯系」の蕎麦湯でした。まあ「出汁」主力の辛汁には、これでも充分でしたけど。ドリンクを無くして、その分の原価を蕎麦湯に向けたらパーフェクトでした。(*´∇`*)

蕎麦も美味しかったし、お腹も一杯になりましたし満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ

↓僕も認めるセクシー男優です。


そば薫る 山水(川崎市高津区)4

2018年6月4日

会社のナンバー2がフラッと現れまして強制的に飲みに連れて行かれたのですが、飲みに行った先で、酔い過ぎまして、電子タバコの「グロー」を忘れてきてしまいました。これを機に禁煙を誓ったのですが、ミツオ先輩が確保してくれてまして、やっぱり迷ってます。(*´∇`*)

で、今日は武蔵新城で作業でした。ランチは近くの蕎麦屋さんに行ってきました。

山水

石臼
川崎市高津区千年新町14-10 『そば薫る 山水』さんです。事前情報とか全く無かったのですが、お店の前を通った際に「石臼」が見えたので、お伺いしてみました。

メニュー
メニューはこんな感じです。「自家製粉・手打ち」ときて、カツ丼や天丼なんかもありまして「町蕎麦屋」さんとしては、最高クラスのお店だと分かりますね。せっかくだから、丼モノのセットを頂きたかったのですが、今日の暑さでそんなには食欲なかったので、蕎麦だけにしました。

梅おろしせいろ
「梅おろしせいろ」(980円 税別)+「大盛」(250円 税別)です。先ずは何も付けずに頂きましたが、細切りの蕎麦は想像以上に甘味があって美味しいです!見た目は線が細いので、今までの経験から味の予想をしてしまっていたのですが、しっかりとした美味しさです。そして、「梅おろし」の具は、典型的な具材が揃っておりまして、梅、おろし、大葉、紫蘇、鰹節、のり等、最強メンバーで、これに付けて食べる蕎麦が美味しくないはずがないっす。辛汁は、カエシも濃いめで、出汁感もあり、この「梅おろし」の具材達に負けない「辛汁」で美味しいですね。

蕎麦湯
最後に「蕎麦湯」を頂きましたが、理想はもっと濃い方が好きですが、しっかりとした蕎麦湯を堪能できました。

かなり満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ

↓ 誰かこれを買って試してみて、結果報告ください。(*´∇`*)



蕎麦 わび介(千葉市緑区)3

2018年5月29日

息子から、パソコンが壊れたから僕のパソコンを貸して欲しいと言われまして、ブックマークのエロサイトや閲覧履歴などを削除しまくって綺麗な状態にして貸したはずだったですが、お気に入りバーの方に「あだるとあだると」が残ってまして、「削除させてもらった!」とLINEが着ました。(*´∇`*)

で、今日は千葉市緑区で納品だったので、チェックしていた店に行ってきました。

蕎麦 わび介
千葉市緑区おゆみ野南5-6-2 『蕎麦 わび介』さんです。今日の納品が決まった際に「千葉市緑区 自家製粉 蕎麦」で検索して事前にチェックしてました。メニューは、注文の際に引き上げられてしまいまして、あまり覚えてないのですが、店員さんのオススメのモノを頂きました。

春野菜の天ぷら

その他

天ぷらアップ

おかわりせいろ
「春野菜の天せいろ」(1400円)+「おかわりせいろ」(420円)です。先ずは何も付けずに蕎麦だけ頂きました。蕎麦は「北海道産」との事ですが、この時期だからか風味は弱めですが、甘味は結構ありますね。口に含んだ瞬間の口当たりは角がなくて「円い!」と言った口当たりです。舌触りは滑らかで喉越しは良いですね。残念なのは「辛汁」に深みが無く、蕎麦の甘味を後押しをしてくれないので、辛汁を付けての相乗効果がなくて、いつも使わないけど「薬味」を欲して山葵を投入して頂きました。
 しかし、天ぷらは「めちゃウマ!」珍しめの「春野菜」を期待してたので、少しこのラインナップだと弱いと思ったのですが、塩を付けて食べるこちらの「天ぷら」は野菜の素材の良さもあってか、星「5つ」レベルです。特に玉ネギの「かき揚げ」はサイコーでした。

蕎麦湯
蕎麦湯はうっすら白い蕎麦湯で「サラッと系」です。辛汁なしでは飲まないタイプですが、それなりには楽しめました。

店内の雰囲気も良いし、器も良いし、天ぷらもめちゃウマだったので、トータル的には満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アダルトサイトの経済学 [ 沢田高士 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/5/30時点)



蕎麦 いけだ(群馬県沼田市)3

2018年5月21日

先週、沼田市に納品に行ったのですが、突然の現場キャンセルがありまして、本日は商品を変更して納品に行ってきました。ランチは、前回お伺いした店が美味しかったので、再訪しようか迷ったのですが、沼田市に来るチャンスはめったにないので違う店に行ってきました。

蕎麦いけだ
群馬県沼田市白沢町高平244−13 『蕎麦 いけだ』さんです。こちらも前回の「下山」さんを教えて頂いた方からの紹介です。

蕎麦いけだ
店内からの眺めが良いですね。仕事なんて忘れてずっと外を眺めていたい気分になります。女性と来たいです。(*´∇`*)

メニュー

メニュー

メニュー
メニューはこんな感じです。蕎麦は「十割」です。油揚ステーキなんかもあります。最初は「もりそば」と「そばがき」を頼んだのですが、「そばがき」は店主不在の為、出来ないとの事でしたので、

おろしそば大盛
「おろしそば」(980円)+「大盛」(320円)を頂きました。
こちらの十割蕎麦は、厚みの薄い、平打ちの太麺で、薄皮も入っている感じのコシのある蕎麦で、噛めば噛む程、しっかりとした甘味が広がる蕎麦で美味しいですね。おろしは、群馬県産かは分かりませんが、群馬県産でよく出会う、辛味が弱い「辛味大根」でしょうかね?(群馬県産の辛味大根は辛味は弱いのですが旨味がしっかりしているのが特徴で、好みは分かれますが僕は好きです)とにかく美味しい大根ですね。から汁は、バランスタイプの辛汁で美味しいのですが、「おろし」で頂くとカエシが弱く感じてしまいますね。「おろし」にはもう少し濃いめが合いそうです。

さらっと蕎麦湯
最後に「蕎麦湯」を頂きましたが、ほぼ透明ですね。めちゃ薄い蕎麦湯で、大量の辛汁には、この蕎麦湯だとイマイチで残念でした。

それでも蕎麦自体は非常に美味しくて満足しました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蕎麦本 蕎麦好きが通う旨い店 (ぐるぐる文庫) [ 静岡新聞社 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)





生そば 下山(群馬県沼田市)5

2018年5月14日

今日はイレギュラーで群馬県の沼田市で納品作業でした。群馬県は「かかあ天下」の県と言われますが、正にそうだなと思う出来事がありました。社長である旦那様と念入りな打ち合わせをした上での納品だったのですが、「ハイヒールモモコ」似の奥さん登場で全て白紙となってしまいました。旦那反論出来ず。(ノд・。) グスン

で、ランチはチェックしていた蕎麦屋さんに行ってきました。

生そば下山
群馬県沼田市上発知町199‐2 『生そば 下山』さんです。群馬出身の方からオススメ頂きましてチェックしてました。店作りも落ち着いたオシャレな感じで良いですね。僕が金持ちだったら、こちらの様な店を作って、愛人に任せたいです。

メニュー1

メニュー2

メニュー3
メニューはこんな感じです。「大根しぼりそいろ」がそそりますね。しかし、普通の「せいろ」も食べてみたいという僕にぴったりなメニューがありましたので、それにしました。

食べ比べ
「味くらべ」(1400円)です。本日の蕎麦は、

秋の新そば 群馬県赤城高原産 常陸秋そばとの事です。

僕が最も美味しいと思う蕎麦の品種で期待出来ますね。先ずは、「大根しぼりせいろ」から頂きました。お店の方に食べ方を教えて頂きました。先ずは、大根のしぼり汁で頂いて、醤油で味を調整して、その後に「味噌」を追加して味を楽しむという感じです。僕は蕎麦の薬味では、「山葵」より「大根」が一番蕎麦に合うと思っている程、大根が好きなので、大根のしぼり汁で頂く蕎麦はさっぱりとしていて、蕎麦の甘味をよく引き立ていて美味しいですね。二八の蕎麦は、香りはそんなでもないですが、甘味が凄いあって美味しいですわ。次に少しずつ「醤油」を足していきまして自分なりの好みの調整で頂くのですが、醤油の主張が強めに出た辺りが僕好みの「つけ汁」になりまして、それはそれは美味しいですね。その後に「味噌」を投入するのですが、「味噌」は後味が良いですね。僕の勝手な「ひらめき」なのですが、こちらの「大根のしぼり汁」に更に「辛味大根」を少量追加して合わせたら僕的に「最強のつけ汁」になると思いました。
 次に「せいろ」を頂きました。こちらの「辛汁」は、濃いめの「カエシ」を主張させながら、後味でしっかり「鰹節」の出汁感がキックしてくる「辛汁」でめちゃ美味しい「辛汁」です。このバランスが最高ですね。勿論、この辛汁で頂く蕎麦は、甘味が更に引き立てられて美味しいです。

最後に「蕎麦湯」を頂きました。ドロドロ系ではないのですが、しっかりとした濃度がありまして美味しい「蕎麦湯」でした。あと少しだけ「蕎麦粉」を追加してくれたら「パーフェクト」でした。

大満足でした。「ハイヒールモモコ」の所為で、来週また沼田市に訪問しなければならないのですが、他も行こうか、今回注文しなかった「梅おろし」と「そばがき」を頂きに再訪するかめちゃくちゃ迷います。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ



専心庵 (山梨県甲府市)3

2018年4月6日

4月から山梨県の担当に返り咲いたので、本日は引継ぎに行ってきました。久しぶりの山梨訪問で予定を立てたのは、1つは「信玄餅」を買う。そして「専心庵 」さんに行く事でしたので、予定通りお伺いしてきました。( ´∀`)つ

メニューは前回と少し変わってました。

メニュー
「十割粗びき蕎麦と十割細打ち蕎麦とそば豆腐の そばセット」(1290円)を頂きました。そばがきもお願いしましたのですが、今日は無いとの事で、そりゃあ無いだろとおもいまして、

蕎麦粉が無いんですか?

と聞いてしまいました。回答は「蕎麦粉が間に合わない」との事でした。「そばがき」で使うそば粉と「蕎麦湯」で使うそば粉が違うみたいですね。(*´∇`*)

粗挽き十割
先ずは「十割粗びき蕎麦」ですが、蕎麦の甘味が凄いですね。蕎麦自体は短いので、ホント蕎麦の甘味を楽しむのに特化させた感じです。から汁は前回の感想と同じで、上品な出汁が前にくるタイプで、「粗びき」には、そんなには合わないのですが美味しいには美味しいです。この甘味がある粗びきには、濃いめのカエシで合わさないと十分な良さは出ないですね。

細打ち十割
次は「十割細打ち蕎麦」です。から汁も十割細打ちとか二八に合わせた「から汁」だと思うので、細打ちの蕎麦と「から汁」のコンビが絶妙なバランスで美味しいですね。細打ちなのに、しっかり甘味が伝わり満足感ありました。

そば豆腐
次に「そば豆腐」です。そば会席とかで、何度も食べた事あるのですが、その中でもこちらの「そば豆腐」はトップクラスです。ぷるんとした食感と、きな粉と黒蜜に付けて食べると最強に美味しいです。

蕎麦湯
最後に、蕎麦湯を頂きましたが、相変わらずのドロドロ具合で美味しかったです。しかし、あの香ばしい蕎麦の風味は無くなっていたのと、温度の低下が著しくて満足度は3割減でした。

何やかんや言いましても、久しぶりにこちらの蕎麦を堪能しまして満足しました。^ ^


関東食べ歩き ブログランキングへ



続きを読む

加満幸【かまこう】(神奈川県足柄下郡箱根町湯本)

2017年11月9日

11月に入ってから昼は仕事に夜は飲み会に忙しいです。今日は箱根で商談でした。ランチは商談前に駅前の蕎麦屋さんに寄ってきました。(この後サクッと商談を済ませて【天山湯治郷】でまったりしました)

加満幸
神奈川県足柄下郡箱根町湯本706 「加満幸 (かまこう)」さんです。1Fはお土産屋さん、2Fが蕎麦屋さんという感じです。

メニュー
メニューはこんな感じです。やはり観光地だからか値段は高めですね。このメニューの中で一番お得感がありそうなのものにしました。

ざる&ミニ天丼セット
「ざる&ミニ天丼セット」(1150円)です。蕎麦の色を見て、そば粉とツナギの比率なんかを想像しましたが、思った以上に蕎麦を感じますね。から汁は出汁感弱め。逆にミニ天丼が想像以下でした。(ねちゃっとしてた)

蕎麦湯は隣の席の「天ざる」を食べていた方には提供がありましたが、セットの僕には無かったです。値段を考えると満足は出来ました。


関東食べ歩き ブログランキングへ

そば処 市川 (ひたちなか市)3

2017年5月1日

今日は茨城県ひたちなか市で納品でした。10時からだったのですが、ミツオ先輩が、

GWの常磐道なんて激コミで、5時間位かかるでー

なんて言うので5時に出発したら、7時ちょい過ぎに到着してしまいました。(≧∇≦)
で、納品を速攻で終わらせまして、ランチは、

自家製粉  常陸秋そば  手打ち蕎麦  ひたちなか市


で検索してヒットした店に行ってきました。

そば処 市川
ひたちなか市西十三奉行11694-2 『そば処 市川』さんです。11時半のオープンで、11時20分位に到着したのですが、20台程停められる駐車場の8割が埋まっていて、オープン待ちの方多数でした。人気のあるお店ですね。朝ご飯食べてなかったのでガッツリいきました。

辛味大根おろしそば

二八そばアップ
「辛味大根おろしそば」(850円)+「大盛」(200円)+「ミニネギトロ丼」(450円)です。蕎麦は【二八そば】です。見た目から美味しそうですね。平打ちで、口当たりが非常に良い蕎麦は、十分な香りと甘みがあって、美味しいですね。ただ、「常陸秋そば」という期待感からすると、(もっと香りと甘みが立ち昇ってくる常陸秋そばを経験した事があるので)もっと甘みカモン!なんて言う思いもありましたね。から汁は、じっくり寝かされた非常に深みのあるから汁で、出汁とカエシ感が絶妙で、この「から汁」はトップクラスのから汁で、めちゃめちゃ美味しいです。辛味大根との相性も悪くないけど、辛味大根おろしそばを食べる為のチューニングではないですね。辛味大根に合わすなら、もっとカエシが主張した方が合いますね。ミニネギトロ丼も普通に美味しかったです。

辛味大根で蕎麦を頂いたので問題ないですが、山葵は練り山葵だったのと、蕎麦湯が釜湯系のサラッとタイプなのが残念でしたが、CPも良いし大満足でした。(*´∇`*)


関東食べ歩き ブログランキングへ

手打ちそば 更里(台東区浅草橋)3

2017年3月31日

3月決算の会社のサラリーマンは、今日は飲み会が多いでしょうね。僕も勿論飲む気満々だったのですが、相棒のミツオ先輩が仕事とか言って逃げたんですね。あれは女と飲むんやね。(* ̄∇ ̄*)

で、今日のランチは蕎麦屋さんに行ってきました。これからは毎週金曜日のランチは「蕎麦」にしようと思ってます。

更里
台東区浅草橋1−11−3 『手打ちそば 更里』さんです。全く下調べぜずに、「手打ち」という案内と店の作りが良い雰囲気だったので飛び込んでみました。店名から「更科系」ですね。メニュー的には(冷たい蕎麦では)「もりそば」「生粉打ち」「さらしな」という感じで期待出来ますね。僕好みのメニューがあったのでそれを頂きました。

二色せいろ
「二色せいろ(生粉、さらしな)」(1230円)です。まずは「生粉」から頂きました。生粉の割には香りや風味が弱いのですが、こちらの「辛汁」が美味しいので、その相乗効果で蕎麦の旨味が引き立ちまして美味しいですね。辛汁は濃厚でまったりとした辛汁で、寝かしが絶妙なのだと思いますが、カエシの尖った所もなくて凄く美味しいです。次に「さらしな」の方を頂きました。ノーマルの「さらしな」はあまり美味しいと思わないタイプなのですが、先程と同じ理由で美味しかったです。

最後に「そば湯」を頂きましたが、ライト系の「そば湯」で、普通なら満足度も低く、あまり飲まないのですが、「辛汁」が美味しいので、それなりに美味しかったです。ランチのローテに入れても良いです。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

石臼挽き蕎麦 美津田(江東区亀戸)3

2017年3月17日

今日は亀戸で打ち合わせでした。ランチは、打ち合わせ先の近くで「自家製粉」の幟を発見したのでお伺いしました。

美津田
江東区亀戸4-22-1 『石臼挽き蕎麦 美津田』さんです。僕の蕎麦屋さんの食べ歩きには一応基準がありまして「自家製粉」が基本なんですね。(勿論、そうでない店も行きますが)自家製粉でも蕎麦の味の差はだいぶありますが、その代わりに大きな失敗はないですね。(美味しい蕎麦を提供しようと思ったら「自家製粉」は基本なんで)店前の看板には、「気軽に飲めるお酒あります」なんて案内ありまして、僕みたいなサラリーマンのツボを押さえてますね。

メニューを見ると、「カツ丼」とか「親子丼」とか「カレー丼」もありまして、今注目されている『町蕎麦屋』さんです。自家製粉の蕎麦屋さんで「丼」モノがあるのは、「町蕎麦屋」さんの最高峰と言われております。僕は「カツ丼」好きなので、それのセットを頂きました。

美津田2

IMG_0126
「カツ丼セット」(850円)です。まずは「自家製粉」の蕎麦で、この価格は素晴らしいですね。蕎麦は、「北海道産」(北海道の何処は忘れました)の新蕎麦との事ですが、北海道産でこの時期で新蕎麦なんてあるんですね。で、その蕎麦なんですが、蕎麦の風味や甘味はあまり無くて、7:3以下の配合かと思われますが、この価格で考えると十分満足感がありますね。辛汁は、コクはあまり無いのですが、しっかり出汁感はあります。そして「カツ丼」は、これぞ「町蕎麦」の王道なカツ丼で美味しいです!しっかりとした「丼タレ」だからこそ、この美味しい「カツ丼」になるんですね。

こういうのも好きです。お腹も一杯になりまして、満足しました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

ほそ川 (墨田区亀沢)4

2017年3月3日

今日は両国で商談でした。ランチは「ほそ川」さんに行ってきました。13時過ぎの訪問で店内満席の外待ちが4名でした。メニューは以前より絞られてまして「田舎」とか「そばがき」が昼のメニューにはなかったですね。「青ねぎおろしそば」なんてメニューがありまして、その「おろし」は【辛味大根】が使われているとの事でしたので、「せいろ」に、別で「辛味大根」を付けて貰えないか?とお聞きしましたが、断られてしまいました。(駄目なら駄目で良いですが理由を言ってくれると良いのですね)


せいろ
「せいろ」(1080円)です。香りはそうでもないのですが、甘味が凄い蕎麦で美味しいですね。蕎麦を噛んだ瞬間の甘味の広がり方は半端ないです。繊細な蕎麦なので、啜り心地は良くないので、ソフトに口に含んでゆっくり噛み締めるのが、この蕎麦の美味しさを最大限に引き出す方法ですね。そして辛汁は、節系の出汁がガッツリ効いて、カエシもワイルドな辛汁で、蕎麦の甘味を引き立てますね。

そば湯












最後に濃厚な「そば湯」を頂きました。この蕎麦湯も美味しいですね。この時に改めて、こちらの辛汁の良さを認識しました。

相変わらず美味しい蕎麦で満足しました。ただ、前回も書きしたが、今回も「味は一流」、「接客は三流」でしたね。辛味大根を断れたから言ってるのではなく、「せいろ」の置き方が雑(軽く投げた感ありました)、バタバタ慌てすぎ、商品説明が下手等、お節介なんだけど、指導したくなりました。(*´∇`*)


読書日記 ブログランキングへ
続きを読む

一東庵(北区東十条)5

2017年1月27日

今日は東十条で商談があったので、チェックしていた蕎麦屋さんに行ってきました。

一東庵
北区東十条2−16−10 『一東庵』さんです。以前から何度かお伺いしていたのですが、悉くフラれてしまいまして、やっと食べる事が出来ました。メニューを見ると、欲張りの僕にぴったりの「おまかせ3種せいろ」(1728円)なんてのがありましたのでそれを頂きました。

1品目
まずは「北海道産のキタワセ」です。(北海道の何処かの説明があったのですが、忘れてしまいました)香りはそんな凄くはないのですが、甘味が凄くあって美味しいですね。繊細な口当たりも心地良くてトータルバランスの良い優等生な蕎麦という感じです。そして辛汁は、カエシも濃いめに主張させながら「出汁」がビンビン広がる辛汁で美味しいですね。この蕎麦と辛汁の相性はぴったりですね。

2品目
2品目は「埼玉県三芳の秋蕎麦」です。この粗挽きの蕎麦は、衝撃の美味しさでした。プンプン広がる香りと、噛み締めた瞬間の甘味の爆発力は、僕が経験した蕎麦の中でもトップクラスの美味しい蕎麦でした。理想を言うと、この激ウマの蕎麦に、こちらの辛汁の強めの「出汁感」が後味に引っ掛かるので、鰹節の抑え目の辛汁で食べてみたいですね。とにかく、この三芳の秋蕎麦は最高でした。

3品目
3品目は「茨城県笠間産」です。(茨城県笠間までしか覚えてません)2品目の激ウマの蕎麦を頂きまして、3品目はどんな蕎麦なのかと期待してましたが、こちの蕎麦は、蕎麦の芳ばしい香りと味が凄い!甘味に関しては、先程の2品目に敵わないのですが、蕎麦蕎麦蕎麦〜という感じの攻撃的な蕎麦で、こちらの蕎麦も美味しいですね。この蕎麦には、こちらの辛汁との相性もぴったりでした。

最後に濃厚な蕎麦湯を頂きましてこれも美味しくて大満足でした。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ


重吉(足立区綾瀬)4

2017年1月6日

今日は綾瀬で商談だったので、2017年の1発目の蕎麦屋さんに行ってきました。

重吉
足立区綾瀬1−33−16 『重吉』さんです。手挽きの「田舎そば」が美味しいとの情報を頂きましてずっとチェックしていた店です。しかしながら「田舎そば」は中旬以降に始まるとの事で本日はありませんでした。ですので、こちらで言う通常の「せいろ」を頂きました。


天せいろ

天ぷらアップ

せいろアップ
「天せいろ」(1420円)+「大盛り」(220円)です。こちらは、様々な産地の蕎麦を使用するそうで、本日は「宮崎産」と「福井産」との事です。まずは「蕎麦」から頂きました。見ての通りの細切りの蕎麦は、(最近ずっと常陸秋そばの新蕎麦を食べていた僕が、その蕎麦と比較すると)香りと甘味は、大した事はないのですが、それでも十分な甘味を感じる蕎麦で美味しいですね。蕎麦を口に含んで嚙みしめた感じですと、繋ぎは殆んど使ってない様な繊細さを感じます。辛汁は、しっかり出汁を効かしながら、カエシが前面に押し出してくる辛汁で美味しいですね。細切りの蕎麦の店は、出汁が効きすぎの所が多い気がしますが、こちらは蕎麦の甘味を引き立てる絶妙な「辛汁」となっております。
 そして、こちらの天ぷらはめちゃ美味しいですね。「かりっと」ではなく「サクッと」した天ぷらで、良い油使ってるなと思わせる仕上がり具合の天ぷらで美味しいです。こちらに来たら「天ぷら」頼まないと損ですね。

最後に蕎麦湯を頂きました。温度が少し低かったのですが、しっかり濃厚な蕎麦湯で美味しかったです。満足しました。また来ます。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ


更科 すず季(流山市)5

2016年11月8日

ちょっと前までは、いくら酔っても、身の周りのモノをなくすとか、置いてきてしまう事はなかったのですが、先週の飲み会で、楽しく読んでいた浅田次郎の新刊を失くしてしまいました。ランチ代を削ってやっとゲットした本だったのですが、朝起きたら鞄はあったのですが、本だけなかったです。(ノд・。) グスン

で、今日は豊四季で納品でした。ここまで来たら、頭に浮かんでくるのは『すず季』さんの蕎麦なんですね。

すず季
ちょうどお昼時で店内ほぼ満席でした。メニューを見ると、蕎麦の種類は、前回訪問時と変わらず【生粉】【手挽き田舎】という感じですね。せっかく来たんだから、2種類食べたくなっちゃいます。

生粉
「今昔そば」(1400円)+「生粉の大盛」(320円)+「辛味大根」(200円)です。先ずは「生粉」(大盛)からです。何も付けず頂いたのですが、甘味がありますね〜。そして、生粉の辛汁は、ベクトルは「カエシ」の方に向いていて濃いめではあるのですが、ある程度の「出汁」感も後味でキックさせている、カエシと出汁のバランスが良いタイプで美味しいです。生粉であるがゆえの繊細な食感と甘味が、この辛汁と絡む事によって、更に持ち上がりますね。毎回書きますが、そして更に辛味大根を投入すると、更にの美味しさとなります。

手挽き田舎

手挽き田舎2
次は「手挽き田舎」です。次郎的千葉ナンバーワンの「すず季」さんのナンバーワンたる所以は、この手挽き田舎なんですね。今回も、この手挽き田舎用の「辛汁」が別にありまして深くて濃いという表現がぴったりの辛汁で美味しいですね。これこそ、ホント蕎麦の先だけ付けて頂くと甘味のパワーが凄いですね。そしてまたまた「辛味大根」を投入しまして、更なる美味しさを堪能しました。

蕎麦湯以外は大満足でした。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ続きを読む

手打そば 奥藤本店 (山梨県甲府市)3

2016年10月28日

 10月から16年下期となりまして、6年位ずっと担当していた山梨県の担当を外れる事になったんですね。何でも上司が山梨に行って視察する度に他社メーカーの機械ばかりを目にするとの事で、担当を変えろという事になってしまったんですね。山梨県で女友達を作るという目標を達成する事が叶わず、志半ばで担当を降りる事は悔しいです。(ノд・。) グスン

 で、ランチは挨拶に訪れたお客様に『手打ちそば 奥藤 本店』さんに連れて行ってもらいました。こちらに来たら鉄板のメニューを頂きました。

鳥もつセット
「甲州鳥もつセット」です。蕎麦は、以前と変わらず「そこそこ」美味しいレベルの蕎麦ですが、以前の記憶よりは甘味がありますね。から汁は、以前と変わらずもう少し深みが欲しいところです。そして、「鳥もつ」はやはり凄く美味しいです。

ブランド力がある店なのでお客様を連れて行くには良いですね。

また山梨担当に返り咲いたらお伺いします。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ 
続きを読む

手打そば ひらが(千葉県いすみ市)3

2016年4月6日

 同行依頼がありまして、いすみ市に行ってきました。知らない場所に行く時は、せっかくだから美味しいランチを頂きたいので、事前にネットで検索するのですが、知らない場所で美味しい蕎麦に出会う為の最低条件の検索ワードって

 自家製粉 蕎麦 

 なんですね。これでヒットする蕎麦屋は、確率的には、ただ店の雰囲気で選ぶよりは良いですね。今回もこれに【いすみ市】を追加して検索したら、この条件に更に期待値アップの【自家栽培】なんて店を発見しまして行ってきました。


ひらが

ひらが2




































 千葉県いすみ市岬町東中滝429 『手打そば ひらが』さんです。僕のナビでは、こちらの電話番号入力したら出てましたので、電話番号入力でお伺いすると良いですね。(0470−87−3036)こちらは自宅改造型の蕎麦屋さんで、蕎麦打ち教室なんかも同じ敷地内にある建物でやっているみたいです。今もそうなのか分かりませんが、店内にある張り紙には、畑で蕎麦の栽培もしていてそれを使用していると書いてありました。これは期待持てますね。メニューは、一般的なラインナップで、蕎麦の種類は【二八そば】のみという感じでした。魅力的なメニューがあったので、それを頂きました。


天もり














 
 「海鮮天もりそば」(1350円)です。蕎麦は、口当たりが良くて、腰があるタイプで美味しいですね。ただ、事前の期待値からすると、風味と甘味はもう少し欲しいです。から汁は、カエシが前にきて、後味に優しく出汁感が広がるタイプで美味しいですね。天ぷらは、海老・キス・ホタテ・イカ・茄子で豪華ですね。天ぷらも普通に美味しいです。

 最後に蕎麦湯を頂きましたが、蕎麦湯はサラッと系でした。ほんとに拘るなら、蕎麦湯と山葵まで拘ると文句なしですね。それにしても、味的にも量的にも満足は出来ました。( ´∀`)つ


関東食べ歩き ブログランキングへ

手打ち蕎麦切り 匠(千代田区神田須田町)4

2016年2月22日

 今日は僕が担当する神田のお客様のアフター・フォローに行ってきました。営業マンの僕はこれを大事にしているんですね。商品を購入して頂いた後のこの時間は、購入前の時よりも対等にお話出来るので、女性でも男性でも仲良くなれるチャンスなんですね。仲良くなれたら、必然と次のお客様の紹介へと発展していくんです。今日も、

お客様 「次郎君、うちのを見て、知り合いの社長が良い商品だって褒めてたよ。あちらもだいぶ古いの使ってるから、営業に行ってきなよ」
次郎 「ありがとうございます!では、その社長を紹介してください!」
 
 なんてお願いしたのですが、
お客様 「そんなの面倒くせえ、名前と場所だけ教えてあげるから自分で行ってきなよ」 
 なんて言われてしまいました。僕も面倒くせえわ。( -д-)ノ

 で、今日は蕎麦の気分だったので、紹介してもらってチェックしていた蕎麦屋さんに行ってきました。

匠




















 千代田区神田須田町2−25−2 『手打ち蕎麦切り 匠』さんです。ラーメン好きな方なら「あたりや食堂 」さんの道路挟んだ目の前と言えば分かるかと思います。自家製粉で、常陸秋そばを使用した生粉打ちが頂けるとの事でチェックしていたました。基本メニューは、【ざる蕎麦 】と【田舎】という感じですね。天ざるとか辛味おろしとかもあったのですが、魅力的な【合盛り】があったので、それにしました。

合盛り















 「合盛り」(970円)です。綺麗なビジュアルですね〜。まずは、【ざる蕎麦】から頂きました。自家製粉で常陸秋そばを使った生粉打ちという「最強トリオ」からくる期待値からしますと、甘味が足りないですが、十分美味しい蕎麦ですね。食感も口当たりも良くて美味しいです。そして、こちらの辛汁は凄く美味しいですね。上品だけど深みがあるカエシが前にきて、後味に節系のしっかりとしたダシがキックしてくる辛汁で最上ランクの辛汁ですね。
 次に【田舎】ですが、細切りタイプですが、モチッとした食感から甘味が弾けるしっかりとした【田舎そば】で美味しいですね。この田舎は辛味大根で食べてみたいです。

 最後に蕎麦湯を頂きましたが、濃厚な蕎麦湯でめちゃ旨でした。あの美味しい辛汁に、この濃厚な蕎麦湯は最強ですね。満足しました。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

蕎麦 三久 (八千代市)4

2015年12月2日

 前にも書きましたが、忘年会の時期になりましたね。僕が担当している代理店さんから、またまた忘年会の催促があったんですね。経費削減が叫ばれている中、承認を得る為に僕の上司がまたまた、

 今期、〇〇で6,000万円の売上を取る為に懇親会を開催します。承認の程、宜しくお願いします。
 
 と、申請してくれました。Σ(=゚ω゚=;) ホント、自腹の方がマシな気がします。     (*´∇`*)

 で、今日は八千代市で納品でした。ランチはお客様と『蕎麦 三久』さんに行ってきました。


蕎麦 三久













 5年ぶりの訪問になりますね。メニュー的には、「ざるそば」と「限定10食 十割そば」という感じでした。前回頂いた「田舎そば」は、本日は無かったと思います。


天付















 「天ざる」(1320円)です。面白いのは、辛汁の他に【クルミたれ】が付いてきまして、味変的なアイテムです。こういうのは嬉しいですね。蕎麦は、「新そば」の案内がありましたが、産地は不明です。まずは何も付けずに頂きますと、甘味と香りが前面に押し出してくるタイプではなく、後味の余韻に蕎麦の甘味が広がるタイプの蕎麦です。これはこれで美味しいですね。辛汁は、出汁もしっかりしたカエシが前にくるタイプで、僕好みの辛汁で、蕎麦の甘味が引き立ちます。蕎麦の最後の方に、【クルミたれ】に付けて頂きました。ファーストインパクトは、そんな絡みも良くなく感じたのですが、後味として、優しくクルミの甘味が広がりまして、蕎麦自体も後味の「余韻」タイプなので、相乗効果が相まって、これは美味しいですね。僕みたいなおっさんより、女性受けしそうな感じですが、僕みたいなおっさんもお気に入りです。
 天ぷらは、野菜はどれも美味しくてもっと食べたくなりましたね。海老天は、普通な感じでした。

 最後に「蕎麦湯」を頂きましたが、前回同様、「さらっと」タイプの蕎麦湯で、満足度は低いです。しかし、トータル的には、十分満足しました。同行者は絶賛でした。またお伺いします。( ´∀`)つ

 
関東食べ歩き ブログランキングへ
続きを読む

巴町 砂場(港区虎ノ門)3

2015年10月1日
 
 今日は神谷町で納品でした。ランチは、老舗の蕎麦屋さんに行ってきました。


巴町 砂場
















 港区虎ノ門3−11−13 『巴町 砂場』さんです。13時ちょい前に到着しまして店内ほぼ満席(座敷は確認してませんが)でしたが、13時を過ぎるとあっという間に空きましたね。ここ等辺で飲食店をやるのは、賃料とか客層とか難しそうな感じです。こちらは、「とろろそば」の発祥の店との情報を得ていましたので、それにしました。


とろろ

とろろ2



































 「趣味のとろそば」(1512円)+「大盛」(216円)です。蕎麦は、細切りの二八そばで、香りや甘みにこれといって特筆する所はないのですが、こちらの「とろろ」が激旨で満足度がありますね〜。このとろろは、卵白と辛汁の構成だと思うのですが、こちらの出汁が効いた「辛汁」が上品で美味しいので、この美味しい「とろろ」が出来上がるんでしょうね。それである程度食べてから卵黄を潰してかき混ぜると、まろやかさが出て美味しいです。
 そして、物腰の柔らかい店員さんからサービスのごはんの確認を頂きましたので、残った「とろろ」をかけて頂きましたが、これがまた美味しかったです。最後に蕎麦湯を頂きましたが、「さらっと」タイプの蕎麦湯でしたが、別で付いている「辛汁」と割って頂くと、それなりに美味しかったです。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

自家製粉 手打ちそば 矢打 (江戸川区江戸川)3

2015年9月1日

 前にも書いたのですが、空手少年だったんですね。小・中学生の頃はかなり真面目に空手に励んでいたのですが、高校生の頃に悪い女性に捕まってしまって、次第に空手から遠ざかっていったんです。後になって、「あの頃、女に溺れず空手をやっていたらなぁ」って後悔したので、息子に空手を習わしたんですね。それが今では、高校生となってあの頃の僕に追いついた訳です。今の所、彼女いない歴16年で順調です。(・∀・)つ

 で、今日は江戸川区で納品があったので、蕎麦の世界では、デカ盛で有名なお店に行ってきました。


矢打
















 江戸川区江戸川5ー23ー39 『自家製粉手打ちそば 矢打』さんです。こちらはもうだいぶ前から知ってますが、相変わらずの繁盛店ですね。14時過ぎにお伺いして、店内待ちが4名でした。すぐ席が空いて座れたのですが、その後も引っ切り無しにお客さんが来店してました。こちらは鴨汁そばが有名ですが、僕的には、「鴨」より「辛味大根」なんで、辛味大根でお願いしました。

辛味大根おろしそば















「辛味大根おろしそば(大)」(1500円)です。蕎麦の量は、並が450g、中が750g、大が1キロあります。画像だと分かり難いですが、1キロあります。食べても食べてもなかなか減らなかったですね。蕎麦は、「田舎蕎麦」タイプの蕎麦で、かなり太くて腰があります。噛めば噛む程甘味が広がりまして美味しいですね。辛味大根は、水分が多めのちょっと低ランク感が否めない辛味大根ですが、十分にこの蕎麦の甘味を引き立ててくれます。から汁は、カエシが前にきて出汁が支える僕好みのから汁ですが、もう少し深みがあると最高ですね。後半、辛味大根がなくなったのですが、ちゃんとネギと山葵も用意してありまして、味変を楽しみまして完食しました。蕎麦湯は、さらっとタイプの蕎麦湯で、ちょっと残念でしたが、お客さんが多い繁盛店なので、蕎麦を沢山茹でているから、さらっとタイプの中でも満足出来る美味しい蕎麦湯でした。

 美味しいそばを、お腹いっぱい食べれて満足しました。接客も良い感じですし、おススメです。( ´∀`)つ


東京食べ歩き ブログランキングへ

そば処 ますや(江戸川区江戸川)4

2015年8月6日

 今日は江戸川区で商談があったので、江戸川区で自家製粉で辛味大根がある蕎麦家さんを調べて行ってきました。

ますや
















 江戸川区江戸川1ー48 『そば処 ますや』さんです。駐車場がないとの事だったので、大通りにコインパーキングがありましたので、そちらに駐めました。メニューを見ると、結構魅力的なメニューがありますね〜。平日は、【外二】の蕎麦で、土日祝限定で十割もやっているとの事です。今日は勿論、辛味大根の蕎麦にしました。

ますや2

















 「辛味おろしそば」(850円)+「大盛」(150円)です。写真がぼけていてすみません。(無音カメラに切替えたのですが、上手く撮れなかったです)辛味大根は、時々見る紫の辛味大根で、見た目が良いですね。蕎麦の方は、自家製粉の蕎麦としての期待値通りの甘みのある蕎麦で、辛味大根と絡んで美味しいですね。から汁の方は、カエシが前にきてダシが後味で優しく纏める僕好みのから汁で、このから汁は美味しいです。
 
 何処の蕎麦屋さんでもそうですが、「辛味大根」と冠が付く蕎麦は、蕎麦の量に対して、辛味大根の量が多いので、やたらめったら辛味大根を使うのではなく、半分くらいは残しておきます。蕎麦湯の際に、余った辛味大根を使うんですね。余った辛味大根を投入して、これまた余った辛汁を少量投入して、最後に蕎麦湯を入れまして、良く混ぜて頂きます。こちらの蕎麦湯は、濃厚系な蕎麦湯でこの次郎ブレンドがかなり美味しく頂けました。

 強烈なインパクトはないのですが、レベルの高い蕎麦で満足しました。メニューにあった【季節の冷やし蕎麦】の「揚げ茄子とおろしのぶっかけ蕎麦」と「鶏と卵の親子つけ汁せいろ」「サラダそば」が気になったので、またお伺いさせて頂きます。


東京食べ歩き ブログランキングへ
Categories
記事検索
プロフィール

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 中村麺三郎商店(相模原市中央区)
  • 中村麺三郎商店(相模原市中央区)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
  • 手打ち中華そば 凌駕(甲府市国母)
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor 天気
Profile

次郎

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
J-CASTニュース
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

次郎

  • ライブドアブログ