ヨシミコブログです。

ヨシミコです。 駅伝と落語と日本のロックとビールとカレーと自分が大好き。 ざっくり言うとそんなかんじです。 浮き沈みのある更新頻度で役に立たない日々の雑談などをなんとなく書いてます。 駅伝シーズン到来!!てなわけで、昨今は駅伝のことばっかりゴリゴリ書いてます。 昨今の主な話題は、駅伝、旅、旅先での飲酒。 そんなこんなの雑文集でございます。

ガチンコ三大駅伝現地観戦記 〜2015東日本実業団駅伝準備号〜

てなわけでヨシミコです。

昨晩、ぶじ伊勢から帰ってきまして、まだ録画したテレビ放送も観ていないうちに
すぐやってきちゃいますね。
東日本実業団駅伝!!

ニューイヤー駅伝の東日本の予選、な大会なのですが、
ニューイヤーの群馬よりもすぐ近く、埼玉県庁から熊谷までを、
実業団のあんな選手やこんな選手が走ると聞いたら、観にいかないわけには行かないぜ!!
とギラギラしつつ、
全日本のときに、現地観戦の乗り換えルート図をアップしたところ、
なかなかたくさんの方からお褒めいただけたので、調子にのって、
更に執拗なみっしり具合の乗り換え図を作成しましたのでUPしてみることにします!!

褒められたら、とことん尽くします!
それがヨシミコ。

もう一回かいときます。

褒められたら、とことん尽くします!
それがヨシミコ。

てな訳で、えいっ!!
image-7


なんと今回は、豪華5パターンの観戦ルートを作成!!
何なの、ヨシミコ、ひまなの?
と思われてそうでハラハラですが、持ち前のライト鉄ヲタの知識と選手君たちへの愛情を持て余して、
勢い余ってサクッと作ってしまったので公開しときます。

今回もPDFバージョンはコチラからDLできるようにしときます。

※この乗り換え表は私がここ数年で実際にやってみたルートをモトに作成してはおりますが、
当日の交通事情とか、レースが思いの外ハイペースで進んだ場合には、
役に立たなくなる可能性はモチロン大ありなので、自己判断でご参考程度にご覧いただければと思います。去年は高崎線遅延でかなり臨機応変に動くハメになったので、今年も油断はできません。


そんなこんなで、私は一番左の4区以外全部みるルートで回る予定です。
当初、3区は外国人ランナー区間だから私が応援するまでもなく皆すばらしい記録を出して
頑張られることでしょう。と思って、3区以外全部みるコースで回る予定だったのですが、
エントリーをみたら、わんさか居る強豪外国人選手に交じって、JR東日本の加藤光選手のお名前が!!
外国人選手の中で一人ふるふるしてる光くんを想像したら、4区のイケメン菊池くんの応援とかは
他の駅女の皆さんにお任せして、光くんの応援しなくちゃ!な熱が俄然急上昇したため、
チャカチャカっと4区以外みるルートを追加作成したのでした。

あと、そのついでに、第三中継所のある行田駅で中継所観戦にすると、全区間みるルートが2パターン組めることもわかったのでそっちの情報も追記してみました。

明日も早起きしますので、早寝しなくては。
てな訳で、今回はきになる選手紹介とかはザクッと割愛いたします。

名古屋から無事冷蔵状態で持ち帰った、白鷺の姉御こと神野くんのお婆ちゃまのお店のつくねを焼いてビール飲んでねます。

それではでは。現地観戦組のみなさま、明日も応援がんばりましょー☆



ガチンコ三大駅伝現地観戦記 〜2015全日本大学駅伝編〜

てなわけでヨシミコです。

出雲のレポも結局放置したままで恐縮ですが、いよいよ明日ですよ!!
はじまりますよ!!
全日本大学駅伝がっ!!
てなわけで、毎度の直前具合で恐縮ですが、毎度の直前準備号の更新でございます。

昨今、ヨシミコの駅伝ツイッター(@yocymicoyococma)宛に、
このブログを現地観戦の参考にしてまっせ!
というとてもありがたいお言葉を頂戴することがちょこちょこあり、
これまで誰の何の役にも立ってないだろうけど強烈な自己満足のために!
と書いてたこのブログが、ごくごく一部の方のお役に立ってたことを知り、
アワアワしている今日この頃なのですが、
これはとてもとても嬉しいことなので、調子に乗って、お役立ち情報どーんと大放出しちゃうことにしました!

CSi-gE3UsAIPeVh

どーん!!
全日本大学駅伝、現地観戦乗り換え表!

わぁわぁ!!いきなり秘密兵器みせちゃう!
OL時代に暇を持て余して、仕事してるフリしてせっせっと作ったやつ
公開しちゃう!!

詳しくみたり印刷したりしたい方用にPDFバージョンもコチラからご覧いただけるように
してみました。

わぁわぁ!なんたる過剰なサービス精神!!
褒められたら、とことん尽くします!
それがヨシミコ。

もう一回かいときます。

褒められたら、とことん尽くします!
それがヨシミコ。


※ちなみに、この乗り換え表は私がここ数年で実際にやってみたルートではあるのですが、
当日の交通事情とか、レースが思いの外ハイペースで進んだ場合には、
役に立たなくなる可能性はモチロン大ありなので、自己判断でご参考程度にご覧いただければと思います。


そんなこんなでもうすぐ新幹線乗っちゃうので、駆け足で、
今回の全日本大学駅伝の個人的な見どころかいて名古屋入りしてこようと思います。

《ヨシミコ的、全日本大学駅伝 個人的な見どころ》

■ 駒澤大学5連覇!!

とにかくとにかく、全日本ていったら、これですよ!!
5連覇よ、5連覇!!
なにそれ?早稲田の3冠より、東洋の3連覇より、数字のインパクトでかすぎる!!
今回もぶじ優勝してくれましたら、
駒澤大学は全日本大学駅伝5連覇なのですよっっっっっっ!!!

わぁわぁわぁ!!

初めて全日本の現地観戦をはじめた2010年から毎年の連続優勝!!
柏原くんから逃げ切って一番に内宮宇治橋前に飛び込んできた窪田くん!
1年坊主だった服部悠馬くんを追い抜いて1位でゴールした窪田くん!
”ゆ”と”ふ”の発音がフワフワしすぎて呼びづらいセクシーホクロこと油布さんの区間賞!
”く”と”が”の発音ががっつり叫びやすい、タイの一流ホテルマンのような好青年、久我さんの区間賞!
村山兄弟の1区兄弟バトル!

素敵な思い出がいっぱいすぎて、全日本には楽しい思い出しかない私です。
もう、テンション上がりすぎて大変で、早朝からひとりでユーチューブでスプーンおばさんの歌を
歌いながらこのブログを書いてた訳なのですが、
とにかく全日本大学駅伝は、駒澤が大得意な大会!
今年も青学ちゃんが強い!
てのはモチロンわかってますよ。そんなの当然わかってますとも!
でもね、でもね、それでもやってくれると信じる訳ですよ!!
駒澤大学5連覇!!

と、テンションあげてる間に新幹線の時間になったので、続きを車内で書いてる訳なのですが、ワタクシ三半規管がとても弱いので長時間画面見つめて文字打ちするとかできる気がしないので、あとは手短に、
気になる選手の見どころだとかをちらりと書いて終わりにしようと思います。


■ BABA馬場ちゃん!!
駒澤の選手君たちはどうしたって全員熱烈応援なのですが、それにしたってやっぱり一番応援したいのは、BABA馬場ちゃんなのです。
去年の箱根でブレーキしたあの姿、監督車からの大八木監督の「ゆっくりでいい、歩いてもいいから」という優しいお言葉に、号泣した人も少なくないと思いますが、本当に馬場ちゃんの頑張る姿には涙が止まらなくなるのですよ。

馬場選手は母子家庭の3人兄弟の長男。お母さんは介護ヘルパーの仕事をしながら女手一つで3人の子供を育て上げました。
小学生の頃、テレビで全日本大学駅伝を見ていた馬場選手は、いてもたってもいられず、「お母さん、ちょっと走ってくる!」と家を飛び出し走り出すような少年でした。
今年の箱根駅伝での辛い経験から一度は競技を辞めようとも考えていた馬場選手でしたが、これまで馬場選手が出場する大会には全国各地、どこへでも応援に行っていたお母さんは、「これからも色んなところに連れていってね」と励ましの言葉をかけ、馬場選手はもう一度頑張ろうと心にきめました。

ここ最近の、馬場ちゃんについての感動エピソードをざっくり要約して並べてみましたが、書きながら新幹線の車内でボロボロ泣いてます。
隣の席の見知らぬ神経質そうなサラリーマンのおじ様がチョコボールを食べながら不審な顔でこちらをチラ見してますが、こればっかしは致し方ありません!
泣いちゃうよ、こんなお話泣いちゃうって!!

泣きながらキーボードを叩く私に、神経質そうなおじ様がそっとチョコボールを差し出して、、、
なんて展開には残念ながらなっていないのですが、
とにかくそんなこんなの馬場ちゃんも4年生!!
最後の全日本の勇姿、しかと見届けてきちゃいますよ!!


なんて書いてるところで、三半規管が悲鳴を上げ始めました。
もうこからは更に雑にちゃちゃっと書いて、終わりにしようと思います。

■ 声に出して呼びたい!にゃいろ!!
先日の出雲駅伝で、衝撃の駅伝デビューを果たした、山梨学院大学の留学生選手、ドミニク・ニャイロ選手。
アンカー区間で、ズゴーン!な勢いで、駒澤ちゃんを追い抜いて山梨学院を2位まで押し上げた、あのニャイロ!
あまりに驚愕のスピードと、あまりにファンシーなその名前!
なんかわかんないけど、とりあえず声に出してよみあげたい「にゃいろ!」
あまりに心地よく発声できちゃうもんだから、出雲の閉会式の間じゅうずっと「にゃいろ!にゃいろ!!」と名前よびつづけて近くにいた、おっちゃん、オバちゃんたちから非常に怪訝な顔をされました。
それでも何故だか止められない!

声に出して呼びたい“にゃいろ!”

試しに一回、声に出してみてくださいよ。“カルパッチョ”ばりになんかクセになるから!!

呼び名が愉快で速いという点では、日大にいた“ベンジャミン”も相当だったけど、とにかくニャイロ!!
ってさっきからニャイロの名前のことばっかり書いていますけど、
ニャイロがまた、なんかラブリーでいい奴っぽいんだよ、コレが。

山梨学院の上田監督の息子さん、上田健太選手のインスタグラムでのニャイロとの仲良しぶりとか、余りにらぶりーすぎてキュンキュンしちゃう☆
市谷の目覚まし時計で遊ぶニャイロ

はわわわ!!
ジバニャンのオモチャではしゃぐニャイロ!!
かわいいなぁ、かわいいなぁ。
にゃいろもかわいいけど、ニャイロにジバニャン与える市谷くんも、
それを喜んで撮ってる上田健太くんもまた可愛いなぁ。

上田健太くんがさ、これまたイケメンなんだよね。
上田監督の息子殿ということだったので、そんなに期待していなかったのですが(ご無礼スミマセン!)、大学駅伝デビューした出雲駅伝での走る姿!!
普通にとってもすこぶるかっこいい!!
しかも、ツイッタのアイコンが、ニャイロとの2ショット!
ニャイロはブルガリアヨーグルト食ってるし!!(関係ないけど)

とにかく、そんなこんなで、声に出して呼びたいニャイロと、仲良しな上田健太選手!
今回、ニャイロは8区で、上田健太くんは4区なのだけど、いつか二人でキャッキャとタスキつなぐとことか、みたい!みたいっ!!


■白鷺の姉御、伊勢路にご降臨なるか!?
“山の神野”でおなじみの青山学院大学の神野大地くん。
全日本の開催地、名古屋は地元だから現地にお祖母様であるところの
白鷺の姉御がご降臨されたりしないかな?
と勝手にワクワクしています。

そいえば、白鷺の姉御のお店、“鳥孫商店” は名古屋駅のすぐ近くにあるんだよね。
神野くんも大好物という鳥孫商店のつくね、食べてこようかな。


と、そんなこんなで、いい加減、三半規管がやばい感じになってきたので、今日のところは、このへんで!!

引き続きの駅伝観戦の模様はTwitterの駅伝アカウント @yocymicoyococma
名古屋、伊勢での飲酒の模様は、Twitterの本体アカウント @yocymico
で、垂れ流しいたします!

それにしたって、まだつかねえよ。こだまってやっぱり遅いんだね。

それではでは、明日の全日本、今夜の名古屋飲酒ツアー、明日の伊勢飲酒ツアー、すこぶる楽しんでまります!!




ことしも出雲駅伝準備号!コースが延びたことに対する心底どうでもいい話。

てなわけでヨシミコです。

さぁて!いよいよ始まりますよ!!
三大駅伝の1戦目、出雲駅伝がっ!!

完結してない競艇レポートはいったん放置して、今日からゴリゴリの駅伝モードに入ります!!

てなわけで、明日の朝イチの飛行機で出雲入り!
去年は台風で中止の知らせを受けて、家で「ナルニア国物語」垂れ流しながらモヤモヤしておりましたが、
今年はなんとかお天気も持ちそう!レース開催中の時間だけ雨予報って何なんだ!とか懸念事項も色々ありますが、もう、この際開催してくれればそれだけで嬉しい!
と、きゃっきゃモードに入って、数日前から執拗に時刻表やら地図やらを見て観戦ルートを組む楽しい作業を進めてきた訳なのですが。
軽くビックリな、事態が発生ですね。

なんと今年から(いや、厳密に言ったら台風で中止になった去年かららしいんだけど)コース、延長になったそうですね!!
3区の距離が約600メートルも延びたっていうじゃない!!

おかげで、旅伏駅で下車してダッシュで1キロ走って3区のコースを観戦してから
駅に戻って、駅の反対口出てすぐの4区のコースの先頭走るチームの姿だけチラ見して電車に乗り込んで高浜駅で5区観戦。という、2区以外全部見る観戦が出来なくなる見込みなんですね。

なんて不便な!!

ちなみに、コチラに過去ブログの記事はっておきますが、
このルートで、原チャリレンタルして回った一昨年は、無事全区間見れた上に、アンカー6区は2箇所で応援できちゃったので、体力とか、集中力とか色んなものに自信のある方は原付での追っかけ現地観戦もある意味アリかもしれません。
物凄く疲れる上に移動中はテレビとかツイッター見れなくて情報収集もできなくてモヤモヤしっ放しなので、私はもう当分しないと思いますが。。
温州平田の4区のコース沿いにレンタルバイクのお店があって、わりかしお安くスクーターとか借りれます。
(たまにちょっとだけ有用なことを書いて自己満足)


それにしても何だって、3区のコース延びちゃったんだろう。
と思って新旧のコースマップを見比べてたら、
毎年出雲のコース地図を見てる時に、必ず心の中の中2男子が囁きかけてきた
どうでもよい独り言のこととか思い出してしまいました。

「出雲の3区〜4区の形って、なんかチ(以下自粛)」

すいません、なんか、はい、すいません。バカでしょーもないのは私じゃなくて、私の心の中の中2男子です。
心の中の中2男子は永遠に中2のまま成長せずに、心の中で私に喋りかけてくるので、
もう、こればっかりは大人になれ!とか言っても致し方ないのです。。

でもさぁ、見えるよね?
あ、見えないですか?
いや、もし見えてた方、いたらこっそり連絡くださいよ。
あんだけお年頃の男の子たちがわんさか集まっているのだから、選手君たちの中にも
2人か3人くらいは同じこと考えてる子がいるんじゃないかな?
と勝手に期待しているんですが、どうなんだろ?

おっと、油断してたら、心の中の中2男子がおだち始めてきたので、
(※おだつ:北海道弁で調子に乗るとか、浮かれる的な意味であって、下ネタ的な何かとかではない)
気持ちを引き締めよう。
ともかく、心の中2男子の琴線に触れるような形状をしていた3区から4区のコースは変更されて、何か普通に健全な形状のコースになったようです。という報告でした。

八百万の神様が宿る時期に八百万の神様の宿る土地に対して、そんなしょーもない下ネタ的なことを考えてたことがばれたら、八百万の神様から何かしらのお叱りを受けるのではないかと思い、
毎年出雲の観戦ルートを組むたびに、心の中2男子の声をぐっと心の奥底に押し込んでいた訳なのですが、今回のコース変更によって、この例年の無駄な葛藤から晴れて開放されることになりました!!
ありがとう!八百万の神様!

そんな訳で、明日の朝イチの飛行機で出雲空港に向かうために5時起きなので
ぼちぼち寝ます。

今年は、推し選手くんがそんなにたくさん居るでもないので、
気になる選手の紹介は、割愛させていただきます。

毎年ワタシのどうでもいい情報満載の選手紹介情報を楽しみにしているという
ごく少数の皆様、スミマセン。
今から数行かけてぐだぐだと言い訳させていただきますね。はい。

去年まで執拗にきゃっきゃしてた男の子の大半が卒業して実業団に行っちゃったので、
ぶっちゃけ昨今は実業団のレースの方がきゃっきゃ度合いが高いんですよね。。
更に加齢による記憶力の低下なのか、それとも短期間に結構な数の競艇選手とタカラジェンヌの顔と名前をインプットしていたおかげなのかわかりませんが、駅伝の男の子の新しい情報がどうにも頭ん入ってこなくて。。。
あぁ、歯がゆい!!ギブミー若さ!もしくは、ギブミー記憶力!!

そんなこんなの言い訳しつつも、よくよく思いおこしてみたら、いましたよ!
明日の出雲で、絶対にこの人だけは生で見て、あわよくば写真撮ったり握手したりしたい!したいぃぃぃ!!きゃっきゃっ!!!
ってなるような推しメンが!!

「徳という概念を人間の形にしたようなお方!でおなじみ、城西大学 櫛部静二監督様」

櫛部様はゴール手前の6区の沿道で選手に優しいお声がけをなさるに違いないので、
個人的には今回の出雲での一番のトキメキどころは、沿道で生徒にお声がけをなさる櫛部静二監督様。
ということで、お茶を濁して終わりにしたいと思います。



ちなみに、ブログは激しく不定期更新でありますが、
駅伝開催の期間中は、ツイッターで駅伝きゃっきゃしています。
@yocymicoyococma
こちらのツイッターアカウントをみていただくと、レース開催してる間、
ヨシミコがどの辺できゃっきゃしてるのかとかが、リアルタイムでわかったりします。
役に立つ情報は何らつぶやかないと思われますが、旅感とかリアルタイム感はなんとなく
感じてみたい方がいらっさいましたら、ご遠慮なくでフォローしてみてくださいまし。


そんなこんなをしてる間に、もうこんな時間!!
明日の荷造りして、早寝しなくちゃ。
てな訳で、おやすみなさい。ごきげんよう。

ガチンコ競艇初体験記!第1章〜煮こごりハンチングおじさん達との出会い〜

てなわけで、お久しぶりですヨシミコです。

10月になって、今年2度目の更新です!!
ぎゃー!!危うく存在わすれかけてたくらいのスカスカな更新頻度でスミマセン!!

そんなこんなで、今年もぼちぼち始まりますね。
三大駅伝。
去年はなんやかんやのご多忙で出雲も全日本も自宅でテレビ観戦になっちゃいましたが
今年は、出雲、伊勢、箱根、全部のお宿の手配も完了したので、
現地観戦ゴリゴリやっちゃいますよ!!!


なんて盛り上がっておきながら、大変恐縮ではありますが、今日は駅伝の話じゃない話題でございます。
この週末で、なかなかに刺激的な初体験をしてきまして、その感動とかザワザワとか、いろんな気持ちをツイッターの短い言葉では表現しきれないぜっ!!
と思いまして、久しぶりにブログに書いてやろうぜ。てな訳で久々にブログを更新するに至った訳なのです。

前々から、薄々気になってはいたあの場所についに足を踏み入れてみたのですね。
競 艇 場 。

ギャンブルに対する素養がほぼないらしく、競馬もパチンコも勝てた試しがない私なので、ギャンブルとしての競艇には、何ら興味を持っていないのですが、なんでわざわざ競艇場なんて行ってみたかといいましたらね、
要するに、男の子。

競艇選手の試験を受けれる条件ってのが
身長172センチ、体重55キロ以下。
つまり、低身長ヤセ男子しかいないという、駅伝男子顔負けの好みのカタチの男の子が
わんさかいるとの噂を聞きつけまして。
さらに、競艇選手におけるイケメン率ときたら、駅伝男子のその率をよもや超えちゃうんじゃね?
というくらいのものだということが判明しまして。
http://www.boatrace.jp/enjoy/ikemen/challenger/
ちなみに、私の推し選手は、4444番桐生順平選手、4604番岩瀬裕亮選手だよ☆
それから、3415番松井繁選手の妙齢なのにジャワジャワ溢れ出るエロさがとんでもなくカッコイイよ☆エロス放出させつつ生涯獲得賞金32億でとんでもないよ☆

結局のところ、そういうよこしまな感情であって、それでしかなかったのですが、
調べていくうちに競技としての競艇にも興味が湧いてきたので、
こうなったら、現地観戦デビューしちゃうぜ!
という訳でうららかな秋の休日、戸田競艇場に足を運んでみた訳なのでした。


って、毎度ながら、本題に入るまでの説明が長い!!
まぁ、これがブログの醍醐味なので、容赦なくダラダラ書きますけどね。


そんなこんなで、事前にアメトークの「競艇芸人」の回をみて予習などしまして、
とりあえず競艇場の前列には、歯のないハンチング帽のオッサンがわんさか居るとの情報を得て
一人でいくのはさすがに勇気が要るなぁと思ったので、
競馬好きの友人、岡巻(おかまき)を連れて戸田競艇場の最寄駅、戸田公園駅にゴー。

駅からは競艇場行きの無料送迎バスが出ているらしいのですが、乗り場がわからん!
とキョロキョロしていましたら、いかにもな服装のオッサンが目の前を通過!
IMG_6571

このセカンドバッグのオッサンについてけば絶対にバス乗り場に辿りつくはず!
と野生のカンが働き後をつけていくと、予感は的中!
IMG_6572

本当に競艇場行きのバス乗り場に辿りつきました。

バスの最後列に座って様子を伺っていると、次から次へとジャンパーにハンチング帽のオッサンが乗り込んできます。冗談でも誇張でもなく、本当にハンチングとジャンパー率6割。残りの3割くらいはキャップに釣りベストなどでしたが、そんなこんなで、5分もしないうちにバスの中は、ジャンパー姿のオッサンで満員に。

何つーか、日頃まったく触れ合わない類の人たちがすし詰めのバス車内。
イケメン狙いの普通の女子が一人で乗り込んだら、ビビって下車しちゃうんじゃないか。ってくらいに、何つーか、カイジ的な世界に足を踏み入れたヤバい空気がにじみ出ていました。

ちなみに、このとんでもない異空間で感じた衝撃を、隣に座っている同行者の岡巻と語り合いたいけど、声に出してオッサン達に聞かれたら、生きて帰れないやも、、、という危機を感じたので、
隣に居るのにメールで会話をしていた訳なのですが、その内容があまりに的確にその空間を表現してたので、記録に残しておくことにします。

岡巻「この、普段ほとんど見かけない人種の人達は一体どこから集まってきたんだろう?」

ヨシミコ「足立区」

いや、明らかな偏見ってことはわかってますよ。本当すみません。
でも、正解じゃないのかもしれないけどね、バスの中の異空間を漢字三文字で表現するには、相当的確なワードだったな。と我ながら感心した訳なのですが、

そんなこんなで、地下帝国行きのバス、あ、ちがった、戸田競艇場行きのバスが出発。
競艇場まではバスで約5分。
なのですが、本当にこのバス、競艇場に連れてってくれるのかな?
間違って、カイジの豪華客船に連れてかれてそのまま敗者は地下帝国へ、
そして5万ペリカの缶ビールを……
と、不安な心がいらん妄想を生み出して……

ちうか、久しぶりのブログだからしょーがないけど、本題と関係ない話多すぎやしないか!?
初めての競艇というタイトルなのに、こんだけの文字数使って、まだ競艇場にもたどり着いていない。

まぁ、そんなこんなで、地下帝国に怯えながらバスに揺られること数分、
突然バスの前方に立っていたオッサンが怒号をあげ始めました。
「へたくそ!!引っ込め!馬鹿野郎!!死んじまえ!クソ野郎がぁ!!」
車内に突然響き渡る怒号にも、周囲のハンチング帽達はまったく動じません。
一体何が起きてるんだよぉ。
とビビりながら窓の外を見てみたら、バスが右折しようとした道路を直進してきた車がオロオロしながら後退。
よくあるちょっとした交通トラブルだったのでしょうけど、
オッサンはその後も息巻いて、とっくに通り過ぎていった車に対する怒号をあげ続けていました。。。

そうしている間に、バスは競艇場に到着。
場所に着くまでのわずか数分で、かなり何かを消耗した模様。
これは、競艇場という異空間に行くための禊というものなんだろうか。。。

そんなこんなで、バスを降りると、会場内のレースを放映するテレビが置いてあり、ジャンパーのオッサン達が、バスの中のヤジ親父と同じテンションで、一様にテレビに向かって怒号をあげておりました。
「馬鹿野郎!!死んじまえへたくそがぁ!!」
「クソ野郎!てめーなんて辞めちまえ!!」
「死ね!!この馬鹿野郎!!」


会場ん中入る前から、どえらいモン見ちゃったなぁ。
と思ってましたら、日頃競馬場やウィンズ(場外馬券場)に行き慣れている同行者の岡巻も
「いやぁ、これはすごい。競馬場にいる一部の濃ゆい人たちを、更に煮出して固めた煮こごりのような人が100パーセントを構成しておる」
としみじみしておりまして。

何ていうか、リアルカイジな世界に足を踏み入れたことにビビりつつ、競艇場に向かう綺麗に整備された橋を歩いていった訳なのですが。
煮こごりのようなオッサン達から、意識をそらして橋の下の川をみてみると、
ボートレースのコースが広がっていて、レースとレースの合間の時間に練習をしている選手たちのボートが見えました。
IMG_6574

煮こごりのようなオッサンたちにはビビったけど、やっぱり間近で生で見ると迫力が違う!カッコイイ!!
超高速で水しぶきをあげて直線を走ってきたボートがターンマークを曲がる迫力!
しかも選手は低身長軽体重のイケメン男子!!
天気も快晴!こんな気持ち良い水辺でビールなんて飲みながら美味しいモノ食べながら
イケメン男子のレース観戦!!
これはこれはテンション上がるぜぃ!!

と写真なんかを撮りつつ、ようやくテンションが上がってきたところで左隣になんだか不穏な気配が……。

「子供を20人は産めるな!!こりゃあいい!!あんた20人は子供を産める!ガーッハッハ!!」

煮こごりハンチングおじさんがすぐ隣に立ってる。。。
やばい、ここでオッサンに反応してしまったら、何だかとても面倒なことになりそうだ。。
こういう類の事態には、電車の中などで時折遭遇したりしますが、そんな時と同様に、最善と思われる方法、
心を無にしてオッサンの存在にまったく気づいていない様子を貫く、
を実践してみます。
なおも続くオッサンの囁きに耳をかさず、心を無にして、目の前のレーサーたちの姿に集中すること数分……
ようやく、煮こごりおじさんは「子供を20人産める…」とつぶやきながら立ち去って行きました。


そんなこんなで更なる禊を受けつつ、ようやく長い橋(通称ブレイブメンロード、と勝手に命名)を渡りきって、戸田競艇場の入り口に到着。
IMG_6575

いやぁ、長かった!!
あまりに衝撃的な出来事が多すぎて、会場に入るまでの話でこんなに長文書いちゃったので、
ひとまず今日のところはこの辺で一区切りとさせていただきます。


この後、会場に入ってからは、イケメン男子選手にキャッキャしたり、初めての舟券購入にワクワクしたり、競艇場グルメと呼ばれるB級グルメを満喫したり、初めての当たり舟券を手にしてキャッキャしたりと、ボートレース協会さんのHPに載ってるボートレース女子(通称ボレ女)のブログのような華やかな展開もありつつ、
だけどやっぱり、わんさか溢れる煮こごりおじさん達との触れ合いエピソードもわんさかありつつで、せっかくだから記録しておきたい刺激的な初めてがわんさかだったので、
時間を見つけて更新してみようと思っております。

それにしたって、刺激的すぎたな。ボートレース。
楽しかったから、来週もまた行ってみたい。
(って、今日の日記を読んで思う人、いるだろうか、、、そのへんの展開は次回書きますんでね、うん)

それではまた、ごきげんよう。

ガチンコ三大駅伝観戦記〜第91回箱根駅伝直前準備号 今年は寝坊できないから超ざっくりっす〜

てなわけで、あけましておめでとうございます。
ヨシミコです。

先ほど群馬県で行われましたニューイヤー駅伝からぶじ帰還いたしました。
タイトルに書いて早速言い訳してますが、もうね、すんごい疲れたのと、
明日は絶対に寝坊ができませんのため、今年はすんごいざっくり書きます!準備号!!

と言いますのも、本日行われたニューイヤー駅伝、スタートを群馬県庁で観て、そこから電車を乗り継いで、1区、4区、5区、6区と現地観戦の予定で、AM3:30起床のスケジュールを組んでいたわけなのですが、目覚めたらAM6:30!!がっつり寝坊して、スタートは電車の中でワンセグ観戦。。。
その後、なんやかんやで、4区、5区、6区とぶじ観戦できて、推しチームのDeNAも入賞して、帰りの電車でのんだビールも美味しかったので大変満足な旅ではあったのですが、、
明日はこうは行かんのです!!
箱根ですよ!?箱根駅伝!!
実業団のお兄ちゃん達は、来年も大半の方が同じユニフォーム、同じチームで走るけど、大学生ランナー君たちが大学のユニフォームを着て走るのは4年だけ!!
しかも今年は、とにかく2区が豪華!絶対に絶対にナマで観たいっっっっ!!

てなわけで、明日の寝坊は命取りなので今年の準備号は、もう本当にざっくりと最小限で行かせていただきます。
(って、ここまでの、雑である旨の言い訳にこんだけの分量費やす間に、なんか有用な情報かけたんじゃね?とかそういう意見は各自心の中にしまっておいてください)

私のごくごく個人的な、第91回箱根駅伝の楽しみポイントを物凄く絞って書きますと

その1:2区:村山双子の成長っぷり!
その2:5区:今年も櫛部静二監督様!
その3:5区:白鷺の姐御、ご降臨なるか!?

の3点かなぁ、と思ってます。
いや、他にもね、ものすごくたくさんあるのですよ、なのですが、明日は絶対寝坊ができんので、22時には寝たい!
てな訳で、ものすごくざっくり駆け足で書きますけどね。

その1:2区:村山双子の成長っぷり!

これはもう、各メディアでも最注目選手としてわんさか記事になってるから紹介するまでもないんですけどね、村山双子ですよ!!
駒澤大学の村山謙太くんと、城西大学の村山紘太くん。
こちらのブログの方で最初に紹介したのは、彼らが1年生だった3年前。
スモックと黄色い帽子が似合いそうな幼稚園児顏の双子ちゃん。
と好き勝手書きつつ、鬼の大八木監督がご指導する駒澤大学に進んだ兄謙太、仏の櫛部静二監督がご指導する城西大学に進んだ弟紘太、この二人が4年間でどんな成長をするのかしらん。
なんてことを何だか毎年執拗に書いてたような気がするのですがね、、
いやぁ、なんかね、4年間で男の子って成長するんだね。
もう、スモックも黄色い帽子も一切連想できないほどに、大人になって
3年前まであんなに幼稚園児顔だったのに、アンタらもう、立派な大学生やぁ!
と親戚のおばさんみたいな目で成長を喜んでいるのです。
ちなみに、先日目にした駅伝関連のネットニュース情報によると、
「謙太よりも俺の方がモテるし友達が多い」と紘太君がインタビューに答えていたそうです。
櫛部静二監督の元、健やかに、かつ伸びやかに育ったのだろうなぁと目を細めてニヤニヤしてしまいました。

そんな訳で、明日は、同じような顔をした双子の力走と、背後の監督車から飛ばされる、大八木監督の檄と、櫛部静二監督様のやさし〜ぃ囁きの対照的っぷりも個人的には大注目しております。

さぁ、早く寝なくちゃだからサクサク進めていきますよ。

その2:5区:今年も櫛部静二監督様
てなわけで、現地観戦の醍醐味といえば、5区山登り!!
過酷な山登りに挑む選手たちの息遣いを、現地で寒さや坂道の辛さを体感しながら応援する!
というのが箱根5区の楽しみ方のメインと思って毎年激混みの登山鉄道に揺られて山へ向かう訳なのですが、それに加えまして、
監督車から選手を励ます、城西大学の櫛部静二様のお声を聞く。
というのが、実は毎年のビッグイベントとなっておりまして。。。

箱根駅伝の山登り5区は、選手の後ろに一台ずつ各大学の監督車がつきまして、辛い山道を上る選手にスピーカーから声をかけ続けて励まし続けている訳なのですが、
とにかくしんどい箱根の山登り、選手をなんとか勇気づけようと必死のマイクパフォーマンスも個人的にテレビでは味わえない楽しみがあって素晴らしいと思っている訳なのですが。
そんな素晴らしきマイクパフォーマンスの中でも、群を抜いて私のハートを鷲掴みにしておられるのが、私の駅伝ブログではおなじみ、「徳」という概念を人の形にしたような監督こと、城西大学の櫛部静二監督様!!
「足が軽くな〜る!」「いいよ〜、ナオキ〜この中でナオキが一番よく走れてるよ〜」「よ〜し!気持ちが楽〜になってきたぞぉ!」などなど、お優しい声で選手を常に優し〜く励まされるそのお声に、勝手に毎年励まされ、辛いとき、「いいよ〜、ヨシミコ〜この中でヨシミコが一番よく書けてるよ〜」など、脳内で勝手に励まし語録を編集して励まされて、一年を過ごしているのです。

あぁ!もう油断してたら、また長文じゃないのっっ!!
とにかく櫛部様サイコーってことでサクサク次に進めますけどね、

その3:5区:白鷺の姐御、ご降臨なるか!?
最後に唐突に、何!?って話題をブチこんでみました。
「白鷺の姐御」ってなんぞ!?と思われる方の方が多いと思いますが、
これは、青山学院大学の選手として今年、5区を走る神野君のお祖母様のこと。
TBSの安住アナが日曜日にやっているラジオ「日曜天国」の中ではすっかり有名人の、大相撲名古屋場所を観戦されている謎の和服女性「白鷺の姐御」。
そのお孫さんが青学の神野君だっていうからもう、なんだか唐突に、「姐御のお孫様!がんばってください!!」と応援したい気持ちでいっぱいになってしまっている次第なのです。
ちなみに、白鷺の姐御についてはこちらのまとめを見るとざっくりその素敵さが伝わるかと思います。
更に、安住アナが白鷺の姐御のご自宅を訪問した際のラジオのポッドキャストがまた超絶面白い!そして姐御が超絶威勢良くてカッコイイ!!
駅伝と全く関係ない話題で恐縮なのだけど、こんなカッコイイ姐御の孫として育てられた駅伝選手が、箱根の山でどんな走りを見せるのか!?
選手の周りの環境だとか、ご家族の話だとかを知ってしまうと、その選手のことがより一層身近に感じて、より一層応援したくなる、というのも、駅伝マジックの一つと思いますので、私にとっては、ある意味、安住アナの「白鷺の姐御スペシャル」も、もう一つの箱根駅伝、だったりする訳なのです。もうあんまし時間ないですが、もし聴く余裕ある方は、ポッドキャスト聴いておくと、もう神野君応援したいっっ!!てなること間違いないです。
それから、山ん中、ワンセグの写りが悪いから私は当日みれないけど、テレビ観戦組の方で、山の沿道に白鷺の姐御を見つけた方がいましたら、ぜひ教えていただきたいです。

わぁ!もう油断してたら22時になっちゃった!!
てなわけで、今年はとにかく雑に(っていって随分書いちゃったな、、)個人的な楽しみポイントを説明してみました。

明日は、1区鮫洲、2区戸塚、5区大平台で観戦予定!
観戦ちうの様子は、なんら役にたつ情報ないと思いますが、Twitterでもつぶやいてます。
@yocymicoyococma

そんなこんなで、いよいよ明日!!

本当の本気で寝坊できないので、もう寝ます。
それではでは、ごきげんよう。

2014年思い出集 〜 函館港イルミナシオン映画祭 編〜

てなわけで、駆け足で今年の思い出を記録しておりますが、
とにかくもう、今年の一番の思い出といいましたらば、函館ですよ!!
函館港イルミナシオン映画祭!!

楽しかった!!
本当に、映画祭開催中の3日間、お城の舞踏会に招かれたような、夢のように楽しい時間を過ごさせていただきました。

もう、ぎっしり色々書きたいことがありすぎて、整理できないままに時間が過ぎてしまいましたが、
ものすごい駆け足でざっくりと記録させていただきます。

初日12月5日(金)
午前中の飛行機で函館に到着!
今年3度目の函館。

昨年応募したシナリオが一次落ちという悔しさから、今年は絶対に函館で1等とる!と息巻いて、
大雪の降る3月と、爽やかな初夏の6月に函館にシナハン(兼酒場探訪)で函館に行った訳なのですが、
6月に函館にいった時に、帰りの空港に向かうシャトルバスの中で、酔っ払ってケロケロになりながら、「絶対に12月にグランプリ獲って招待されて函館に来る!!」と言った独り言。
それが本当に実現しちゃったのだなぁと胸いっぱいで函館シティに乗り込みました。

そんな、鼻息ムンムンの強い気持ちと感慨をいっぱい抱いて迎えた授賞式。
事前のご連絡で、グランプリをいただけるということはわかっていたから、
授賞式でコメントを求められたらこんなこと言おう、という準備をしてきたハズだというのに、いざ賞状をいただいて、「コメントをどうぞ」と言われてみると、もう2年越しの目標が達成できたという嬉しさで頭ん中が思考停止になってしまって、気づいたら涙だらだら流してマトモに喋れない状態。。
ようやく、
「北海道出身の私なのでどうしてもこの賞が欲しくて、2年ごしでそれが叶って本当に嬉しです!函館の街を歩きまわって見つけた、大好きな函館を詰め込んだお話を書きました!」
というようなことを喋ったような気がします。
実は胸いっぱすぎて、このあたりの記憶曖昧なんですよね。。後日、函館新聞さんの記事を頼りに思い出した次第なんです。。
(記事のWEB版はコチラ

ちなみに、本当はちゃんと喋れたら言おうとしていたコメントというやつを、
今更だけどここに載っけてみます。

前回、応募した脚本が一次落ちをしたことが本当に悔しくて、グランプリを受賞された、いとう菜のはさんの「函館珈琲」を読み、なるほど函館に行って珈琲飲みたくなるような函館の魅力を詰め込んだ素敵なお話!と思い、函館の魅力を探すため、函館取材に2度行った。その中で、私が函館に行って飲みたいもの、それ即ちお酒!ということで、裏テーマ「函館酒場」と思って、函館に飲みに行きたくなるようなカワイイお話を書こうと思って作ったお話です。

こんなことを伝えたかったのに、もう半分も言えてなかったのね。。

ちなみにそんな、函館の魅力たっぷりの昨年のグランプリ脚本「函館珈琲」の制作発表が、受賞式の後に行われました!
函館の美しい景色とか、優しさのつまった美しい脚本だったので、今から映像化がとても楽しみです!菜のはさん、そして監督をされる西尾さん、素敵な作品、楽しみにしておりますっっ!!

それからそれから、授賞式が終わって舞台を降りましたら、嬉しいサプライズがあったのでした。
私宛に可愛らしいミッキーマウスの人形つき電報が届いているとのことで、司会の方がメッセージを読み上げてくださいました。
一体どなかたから!?
と思いましたら、伊参スタジオ映画祭で、大変にお世話になりました篠原哲雄監督からでした。
本当にびっくりのサプライズ、とてもとても嬉しかったです!


初日、授賞式の思い出だけで、こんなにぎっしり書いてしまいましたが、
映画祭は5日〜7日まで3日間。函館山の山頂、赤レンガの金森倉庫、市電の分岐する十字街という、3大 函館の美しい名所 にある3つの会場で、同時進行で上映されておりまして。
「観たい作品かぶってる!」とか「どうやって移動すればみれるかな?」と考えながら
いろんな会場を回る、ロックフェス的な楽しさもあって、
キラキラの冬の街を巡って映画を観る!というワクワク感に満ちた3日間でした。

もう、本当きれいだったんだから!!

映画祭のスタッフの方々も本当に皆さん優しくて暖かくて、
毎夜すてきなパーティがあって、それから明け方まで松風街のBARで二次会。
そして翌朝は、ホテルの豪華な朝食ブッフェで、海鮮丼とカレー食べ放題!(あ、別にカレーはメインじゃないんですけどね。あと、海鮮丼とカレーは恐ろしく合わない)

本当は3日分レポろうと思ってたのですが、魔法の国みたいな3日間を全部書いてたら、もう絶対に年内で収まらないほどの想い出っぷりなので、ひとまず記録はここまでにしてみますが、
函館港イルミナシオン映画祭、初めて行きましたが本当に最高に素敵なイベントです!!
あまりに楽しすぎて、映画祭が終わって自宅に帰る途中、函館空港で1回、飛行機ん中で1回、吉祥寺行きのバスの中で1回、何だか寂しくなって泣きました。そのくらい最高に楽しくて幸せな3日間でした!!

ちなみに、私の書きました脚本「白孔雀 白い花嫁 白い米」は、もう少ししましたら電子書籍的なものになって、皆様に読んでいただけるみたいです。
また動きがありましたらお知らせします!
映像化、できたらいいな!いいな!!いいなっ!!!



《想い出お写真》

函館山の夜景
函館夜景

あんまし素敵に撮れてないので、よその旅行者の方などの素晴らしき写真をみてもらった方がよいと思いますが、とにかくもう、写真には写らない美しさが(以下略)でした!

赤レンガ倉庫のクリスマスツリー
緑ツリー

赤ツリー

ツリーは緑の日と赤の日がありました。
うしろに写ってるのは函館山です。ロマンチックが止まらないっっっ!!

豪華すぎる朝ごはん
函館朝食

こんな素晴らしい朝食3日も食べましたよ。
Majiで痛風 5秒前!!


そんなこんなで、長文になりましたが、駆け足で今年の思い出ぎっしり書いてみました。

2015年もどうぞよろしくお願いいたします!
もうちと頻繁にブログ更新できるようがんばります。

2014年思い出集 〜深大寺恋物語の授賞式の思い出編〜

てな訳で、年末に慌てて2014年の大きな出来事を記録しよう、ってなわけでまずは深大寺恋物語の授賞式の時の記録を書いてみます。

深大寺恋物語とは、「ゲゲゲの女房」の舞台としても有名になりました調布市のお寺、深大寺を舞台にした短編小説のコンペです。

授賞式が行われたのは11月29日の土曜日。
事前に、「当日まで何賞かはナイショだけど、何かしらの賞をあげるから当日、深大寺にきてね」という趣旨のご連絡をいただいており、とどきどきしながら会場に向かった訳なのですが、、

吉祥寺から深大寺行きのバスに乗るときに、乗り場がわからずオロオロしてる間に1本バスを乗り過ごし、集合時間ギリギリに深大寺に到着。受付で名前を言って受付ようとしましたら

「あ、ノーパンの方ですね!間に合ってヨカッタ!」
と受付の方。

ノーパンの方。。。

んでもって、本来でしたら深大寺の境内で授賞式を行うハズでしたが、お外があいにくの雨模様だったため、授賞式は深大寺の本堂にて行われることになりまして、本堂に向かう途中でも、

「あ、ノーパンの方!(ニヤニヤ)こちらです!」
と別の係の方。

歴史ある霊験あらたかなお寺、深大寺の敷地内で、初対面の大人たちから、次々と
「ノーパンの方」
と呼ばれるというこの事態、、、

一体なんぞと思われるやもなのですが、まぁこれも全て自己責任なわけでございまして。

深大寺を舞台にした恋物語。
ということで、何ちうか、情緒あふれる美しいタイトルが並ぶ中、
「神様、ノーパンはお好きですか」という、
がっつり攻めの姿勢を貫いたタイトルで準グランプリ相当のとても素晴らしい賞をいただくことができたことに、軽い動揺と大きな満足感を抱きつつ、賞状をいただき、
受賞のコメントを、とふられましたので、
「こんなふざけたタイトルで賞をいただけたことに驚きましたが、結果、神様はノーパンがお好きだったことがわかって、嬉しいです!」
という実にふざけたコメントをして、霊験あらたかな深大寺の本堂に『ノーパン』という言葉を執拗に響かせてまいりました。

縁結びで有名なお寺とのことですので、今後の恋愛運が大いに心配です。。。

そんなこんなの授賞式のあとは、深大寺にある立派なお蕎麦屋さんの宴会場にて、審査員の先生方とのお食事会!
直木賞作家の、村松友視先生、井上荒野先生、日本ペンクラブ理事の清原康正先生という大変にやんごとなき方々と一緒に天ぷらをつついてビールを飲んで、お蕎麦をいただきつつ、受賞作品の講評をいただきました。
「このタイトルは審査員への挑戦か!?と思ったけど、チャレンジングな姿勢を感じて、こういう作品を選んでみてもよいんじゃないかと選定しました」
というお言葉、大変に嬉しかったです。
そして、やんごとなき先生方が、口々に「ノーパンの話はね…」「ノーパンは…」と「ノーパン」という単語を立て続けに発してくださる様子には、とてもホコホコニヤニヤしてしまいました。

帰りには、深大寺でお土産に売っているお煎餅やお餅の入ったお土産までいただいて、本当に至れり尽くせりな素晴らしい1日でした。


ちなみに「神様ノーパンはお好きですか?」は、来年春ころに、ほかの受賞者の方の作品と一緒にまとまっての短編小説集になりまして、深大寺の境内やネット通販で手に入るようになるそうです。

また時期が近づきましたら、おしらせいたします。

そんなこんなで、今年のうちに記録しなくちゃー!てなわけで、さほどのオチもないままで恐縮ですが、深大寺恋物語とノーパンの思い出でした。

2014のご報告☆

てな訳で、今年2度目の更新。
すっかりゴブサタしておりました!お久しぶりですヨシミコです!

今年も残り2日となりましたね。
Twitter(@yocymico)などではちょこちょこ近況をご報告をしておりましたが、
2014年は、素晴らしい賞を2つもいただくことができました!!

わーわー!!
報告遅すぎてスミマセン!!

短編小説 深大寺恋物語 審査員特別賞
深大寺賞状



函館港イルミナシオン映画祭 第18回シナリオ大賞グランプリ
函館賞状


本当、血を吐きそうに嬉しい結果を残すことができました。


伊参の受賞から数年、何も結果を残すことができず、報告事項もないまま時間が過ぎ去って、
すっかり「あの人は今、、」状態になっておりましたが、
ようやくのこと、帰って来ることが出来ました!!!

わーわーわー!!!
ブログとか久しぶりに書くから、書き方わかんなくなっちゃった。


とにかく、本当に本気だして頑張ったら素晴らしい結果をいただくことができて
ご選定いただいた関係者の皆様、支えてくださった皆様、それから地底を彷徨い続けていた間も帰還を待っていてくださった皆様には、改めまして感謝感謝でございます!!


本当に大変遅ればせましてのご報告で恐縮すぎますが、
2014年の結果報告でございました。

2015年はより一層、ガチで頑張る所存です!!
引き続き、ご愛顧のことよろしくお願いいたします。


ヨシミコ。

ガチンコ三大駅伝観戦記〜第90回箱根駅伝直前準備号〜

てなわけで、群馬で行われたニューイヤー駅伝現地観戦から帰って参りましたよ、ヨシミコです。

朝5時起きで現地いって、わーわーしてきたので本気で疲れてますが、いよいよ明日じゃないですかぁ!!箱根駅伝!!

てな訳で、毎年恒例の、ごくごく個人的な今大会の注目選手やちょっとした選手のエピソードなんかをまとめてみようと思うのですが、その前にちょっと雑談。

「そもそもだけど、駅伝とかマラソンとか、長時間人が走ってるだけの姿をみて一体何が楽しいの?」みたいな質問をよく投げかけられることが非常に多いので、全く駅伝興味ない人向けに、世界陸上直前に書いた、日記のリンクを貼ってみます。
長距離陸上の魅力って何?みたいな問いに、私なりのよこしまな回答をしたメモ

レース開始までにいよいよ暇でお時間のある方はこちらもご覧いただくとよいやもしれません。
まぁ、何ら役立つ情報のないよこしまなお話なんですけどね。。


んでもって、こちら↑の日記に書いた内容を超絶ざっくりまとめてみると、私の思う長距離走競技の魅力は
・ルールが簡単
・選手が細マッチョでイケメン率が高い
・大迫さんの彫刻が彫りたい
ということなのですが、それ以外にね、本当はこれがメインでは?と思うくらいに一番の魅力と感じているのがこちら!!
「垂れ流される選手の個人情報!!男の子たちの 成 長 物 語 ! !」

毎年の箱根駅伝やその他三大駅伝と言われる大会の中で私が楽しみにしているのが、この選手の個人情報の垂れ流し!
言葉が非常に悪くて恐縮ですが、つーか垂れ流しじゃなくて、アレですね、うん。
「抜群の取材力で選手の魅力を紹介するナレーション!!」
これがあるかないかで楽しみ方は遥かに違って来る訳なのですが、
これまで何ら興味を抱いていなかった選手の個人情報を知ってしまったら突然高感度が上がって応援!!なんてこともちょこちょこあったりするのです。

「本田選手、実家はトマト農家のためトマトが大好きです!」
「大串選手は小学生の頃肥満児でしたが、海軍出のおじいちゃんが心配して毎朝ジョギングに連れ出しているうち、走ることに魅力を感じ……」

なんてアナウンスを聞いたら、何だか応援したくなっちゃいますでしょ?
選手の情報とか頭に残って、知ってる男の子が頑張ってる姿を見たら応援しなくちゃ!
ってなりますでしょ?

ちなみにコレ以外にも、選手共感あるあるとしまして、
一般入試で早稲田に受かった選手に肩入れしがち
とか、
母子家庭で育った選手の親孝行コメント胸熱くなりがち
など、駅伝実況あるあるというポイントは色々ある訳なのです。

そんな訳で、前フリが非常に長くなってしまいましたが、今年は
「駅伝観戦初めての方でも楽しめる、選手のぷち情報 事前に垂れ流し!」
をメインに選手のご紹介ができたらよいなと思っております。

熱心な駅伝ファンの方のブログで拝見する、「今シーズンのタイムや成績からの戦力分析」とか、そういう役立ちそうな情報一切ありませんからね!!
どの男の子がカッコいいとか、どの男の子の言動が愉快とか、どの男の子の家業は何とか、そいういう観点で、もうBOY NEXT DOOR(その辺にいる男の子)みたいな感覚で選手君たちを紹介しちゃいますよ!!


それでは今年も区間順にワタシの気になる選手をご紹介〜!

【1区】
駒澤大 中村くん
今シーズン、出雲、全日本での駒澤圧勝の立役者ってやつなんですよ!
とにかくメンタル強くて動じない!抜群の安定感!去年は3区で砂嵐の吹き荒れる湘南の海沿いで大迫さんに競り勝ってますからね!今年も期待ムンムンです!
ちなみに、走ってるときは闘志ムンムンの攻めの走りと、インタビューのあの声の小ささ、覇気のなさのギャップも観どころの一つ!攻めの走りで区間賞をとって、また声の小さいインタビューを見せてくださいっっ!!


早稲田大 大迫くん
もうこの人については過去3年、執拗にその魅力を書きまくってますのでざっくりとしか書きませんけど、とにかく日本長距離陸上界一番のイケメン!!そして実力も社会人ランナー入れても国内トップの実力者。
走る大迫さんの体のラインの美しさ、もう何年も言ってますけど、「美大に入学して彫刻を専攻して石膏で彫りたい!!」って思っちゃうレベルですからね!!
わー、楽しみすぎる。

中央大 新庄くん
去年の箱根2区、襷リレー直前でふらふらになり何度も転倒しながらも必死こいて襷をつないだそのお姿を覚えている方も多いんじゃないでしょか。
しかもチームはまさかのシード落ち。
去年の悔しさをバネに頑張る姿、色んな事前番組で見て胸熱させていただきました。
今年は1区で去年の借りをリベンジ!!
余談ですが、私の中で今年の選手イケメンランキングベスト5に入るカッコ良さです。

順天堂大 松村(優)くん
大好き双子ランナー!という訳で、順天堂の双子の男の子。
双子ランナー、今回は
3組おりますがその中の1組。イケメン双子ランナーといわれてます。他がまぁイケメン枠でもないからアレって感じがせんでもないですが、いやいや、らぶりーな双子ちゃんです。

大東文化大 市田 (宏)くん
こちらも双子ランナー!
市田君双子のインタビューは毎度、ザ・たっちもびっくりのシンクロっぷりで物凄くキューとです。たまらんです!!
双子の見分けポイントは歯並び、と言ってましたが、走ってる途中でそんなに見える訳じゃない箇所だからなぁ。。しかしとにかくらぶりー。大好き双子ランナー!

ちなみに全くどうでもいいけど、今日のニューイヤー駅伝で双子ランナーの総本家こと、宗兄弟のどっちかの方が解説されてましたが、
「このあたり、宗さんはどう思われますか?」
など、アナウンサーに意見を求められると、必ず
「そうですねぇ………」
と前置きをして喋り出してたのが序盤から非常に気になって気になって。
いやいや、わかってるよ!今年から解説は瀬古さんじゃなくて宗さんになったことは、みんなわかってるから、いちいち名乗らんでよろし!!
といらん突っ込みをしながら見てしまいました。。

あ、油断してたらまたいらん話しちゃった。。時間泥棒っ。
てなわけで駆け足で進めます。

【2区】
駒澤大 村山(謙)
またもや双子ランナーの紹介です!
双子といえば村山!!村山といえば双子!!
というくらいに、1年生の頃から推している選手の村山君!!
去年までは、「黄色い帽子とスモックが良く似合いそうな幼稚園児顔」という勝手な印象(でも多くの方から賛同いただきました)の紹介をしてましたがね、先月の駒澤大学の箱根駅伝壮行会で久しぶりに顔を見て驚いたね。
幼稚園児からいきなり、高校生くらいの顔になっちょる!!!
今シーズン、「村山は今イチバン調子がいい大学生ランナー」と言われるほどに調子がよくて出雲、全日本ともに区間新記録!
自信がついたら、人の顔ってこんなに変わっちゃうものなの!?と思うほどの少年の成長ぶりに、勝手に執拗なファンのお姉さんは胸を熱くしている訳なのですよ。
スモックと黄色い帽子を脱ぎ捨てて、さぁ!藤色のユニフォームで走りだせっっ!!
(まぁ、スモック姿とか完全に私の妄想なんだけどね、、すみません、、)

城西大 村山(紘)
村山双子対決がついに花の2区で実現です!!
駒澤の村山くんの双子の弟、村山紘太君。
兄と揃ってスモックが似合いそうなラブリーな少年だったのに、今年は弟も、箱根駅伝予選会日本人トップという凄い結果を残して、こちらも、脱スモック!(←だからあくまで勝手な妄想ですよ。すみません)
予選会後のチーム全体の記念撮影では、チームに仲間から
「村山さん、いつものかけ声お願いしますっっ!!」
「俺、いつも何も言ってねー!!」
ときゃっきゃしたりする姿が印象的でした。愛されてんだろうなぁ。。
ちなみに城西大学は、私が勝手に「徳という概念を人間の型にしたようなお方」と呼んで崇めている、徳の塊のようなお方、櫛部静二監督様率いるチーム。
沿道観戦される方は、監督車から聞こえる櫛部静二監督様の選手を励ますお優しいトークにも大注目ですっ!!
「いいよぉ〜、ナオキぃ〜、足が軽くな〜る、ナオキの足が軽くな〜る!」
は伝説に残る名言なのです!


油断してたら、物凄い文字数だ!!
みっしり過ぎて明日までに書き上がらないと困るので、ここからは出来る限りざっくり書いちゃいます。


大東文化大 市田孝くん
んでもって、また双子の話題。
先ほど1区で紹介した市田双子ちゃんの片割れ。双子の襷リレーは、きゅんとするものがありますね。

国学院大 寺田くん
「国学院、コースを間違えたぁあぁぁっっ!」という鮮烈な駅伝デビューを果たした寺田ナッキー君も今年が最後の箱根。キャプテンで花の2区!
一年目に道を間違えたせいで、2年目で山登りの5区を走った時には皆が、山の中で道を間違えたら遭難してしまわないか!とハラハラしたものですが無事ゴール。去年は花の2区を走るエースに成長し、今年も2区に!!
2度目の2区だし、もう道は間違えないと思うから、沿道での「道を間違えるな!」という声援はやめてあげましょう。(←未だに彼を観るとそう言っちゃうファンの気持ち、わからなくはないんだけどね。。)

日体大 本田くん
実家がトマト農家の本田君。1年の時に箱根を走っている折、「実家はトマト農家でトマトが大好きです!」と紹介されてからというもの、本田くんの事を大多数の駅伝ファンのは「トマトの本田」と呼んでいます。トマトパワーでがんばって!

東農大 津野くん
2年前、山登りの5区で、雪のちらつく中ふらふらになりながら山を登り、大ブレーキで何とかゴールした津野君が、エースに成長して箱根に帰ってきたよ!!
これは応援せざるを得ない!!
2年前の箱根では、前日に走ることが突然決まり、高知県の実家に連絡したら、高知県から車に布団を積んで一晩車を走らせて家族が応援に来た。という心にしみるエピソードもあった津野君!
リベンジ!!がんばってっっっ!!

山梨学院 オムワンバくん
速くてらぶりーなケニア人留学生、オムワンバ。
駅伝の事前特番が放送されるたび、キーボードを弾きながら熱唱する姿が映し出されてます。黒人ランナーの弾き語り、何かキャッチーな映像ではあるけど、それにしたって弾き語り過ぎだ!どの曲の事前番組でもやってたよ、オムワンバの弾き語り!見てるうちにどんどん好きになっちゃうらぶりーな選手です。


【3区】
駒澤大 油布さん
コードネーム、セクシーホクロ!(←勝手に呼んでるだけです。すみません)
「ゆ」「ふ」という息のふわ〜っと漏れる優しい響きのお名前とは裏腹にクールで力のあるランナー油布さん!!
今年も沿道で「ゆ」「ふ」「ゆ」「ふ」と白い息をふわふわ吐き出しながら応援頑張ります!

明治大 八木沢元樹くん
やる気!元気!八木沢!!
でお馴染み、八木沢くん。前回の箱根前の監督トークバトルでは、西監督が
「アイツは怪我で調子が悪いので、八木沢病気と呼んでますよ!へへっっ」
と言って冷やかしておりましたが、病気は治ったかな?
やる気、元気、期待してます!


【4区】
明治 北 魁道くん
魁!男塾!!みたいな名前でお馴染み、北魁道くん!!
名前が派手!!顔が派手!!何だか物凄く華のある選手だなぁと1年の頃から注目していましたが、今年ついにキャプテンになってたのですね!
この子はガチでかっこいいですよ!!イケメンランナーランキング上位!!
魁(さきがけ)!!北!魁!道!!
わー、カッコいいな。
宮下あきら先生、そういう漫画描いてくれないかな。。
憧れの大先輩の名前は鎧坂様だし、何かキャッチーな漫画になると思うんだけどな。。


【5区】
日体大 服部くん
出てきた出てきた山男!!
昨年の箱根駅伝のMVP服部君!この人はもう仕方ない。注目しちゃうよね。うん。

駒澤大 馬場くん
B A B A ババちゃんが箱根のお山にデビュですよ!!
外見は物凄くラブリーな小学生のような馬場ちゃん!
喋り方のもしゃもしゃ具合もたまらなくラブリーな馬場ちゃん!
でも大八木監督がしきりに「馬場は面白い存在だ!」と絶賛している馬場ちゃん!
全日本大学駅伝での駅伝デビューでいきなり区間賞を獲得しちゃった馬場ちゃん!!
ステキな情報が多過ぎる馬場ちゃんですが、全日本大学駅伝の解説で知った情報によると、3人兄弟の末っ子で、「お母さんが介護の仕事をしながら女手一つで育て上げてくれたのでお母さんに恩返しの走りがしたい」んだとな!!
きゃわー!!片親親孝行ランナーにはどうしたって肩入れしちゃうよ!!
そんな訳で、今年の山は、みんな、B A B A 馬場ちゃんを応援しましょー!!
B!A!B!A!馬!!場!!
B!A!B!A!馬!!場!!

法政大 関口くん
Mr.パーフェクト!
昨年の走りと彼のプロフィール、エピソードを総合すると、この称号しか出てきません。
昨年、山登りの5区で、日体大服部君に次ぐ2位!
出身高校は、群馬のガチ進学校、高崎高校!
「教育実習で行った老人ホームのお爺さんお婆さんに元気を出してもらうために、箱根で頑張って走る!」
という老若男女に好感度150パーセントの事前コメント!!
頭が良くって、スポーツ超できて、お年寄りに優しい。しかも男前。
もう、非の打ち所ねーっすよ。。。Mr.パーフェクト。


【6区】
明治 廣瀬くん
事前番組、「箱根駅伝絆の物語」のエピソードに大号泣してしまいましたよ。
あんな感動的なエピソード知っちゃったら、区間賞とって欲しいと思っちゃうよ。。
亡き母に捧げる最後の箱根。もう1回くらい再放送あるかもだから、観れる人は見たらいい。声あげて泣いちゃったよ、私は。。

中央大 代田くん
この子のエピソードもまた泣けるんだよ。。
去年、5区で途中棄権した中央大学。「襷は途切れても心の襷は繋がっている」という気合いの走りで6区を駆け下りた代田君のエピソード。
今流行のNEVERまとめにまとまってるから、お時間ある方は読んで泣いたらいい!
【明日俺が巻き返す】2013箱根駅伝 中央大学・代田修平のツイートが泣ける【心の襷はつながってる】


【7区】
順大 村松(和)くん
双子ランナーの魅力はもうみっしり書いたけど、とにかく双子は好きだ!!
解説の宗さんの「そうですね……」も聴き過ぎて慣れてきたよ!
(ニューイヤー駅伝の録画を見ながらこの文章を書いているのです)

明治大 松井くん
個人的に、イケメン選手ランキング上位の選手くん。
去年、9区で突然まさかの失速をしてふらふらになりながら何とか襷をつないだ松井くん。今年はその借りを返すべく、全日本大学駅伝も区間2位!
根性あるぜぃ、松井君、しかもイケメン。しかし昨今の髪型はどうしちゃったのだろ?
全日本ではデトロイトメタルシティの根岸君みたいな髪型が非常に気になりましたが当日はどんな髪型で登場するかな?楽しみです!できればもう少し短い方がカッコいいと思うんだけどな、お姉さんは。。

日大 田村くん
この子はもう1年の頃から推してる選手です!
ヤンチャ!元気!溌剌!!を絵にかいたような”男の子”な感じ全開の男の子。
兄弟仲がよくて、同じく駅伝をやってたお兄ちゃんと別チームで5区を走ったときのことがとても印象深いです。
あと、去年の全日本大学駅伝でシード獲得したときの留学生選手ベンジャミンとキャッキャしていた姿が非常にラブリーでした。総括するにらぶりーな男の子です。


【8区】
駒澤大 郡司くん
「郡司、豚パワー全開!!」でお馴染みのグンちゃん。
ご実家が栃木県で養豚所を営まれているそうで、少し前のスポーツ報知の駒大特集にでかでかと、「郡司、豚パワー全開!」という見出しと、豚のイラスト、爽やかに微笑む郡司くんの写真が掲載されていて非常にらぶりーでした。
日体大のトマト農家の本田くん。
駒澤の養豚所の郡司くん。
選手の家業のことなど知ってしまうと、何故だか応援に力が入ってしまうのは何でだろうな。。
ちなみに郡司君とこの養豚所で作ってるハムは色々こだわってて美味しいんだって。
是非お取り寄せして食べてみたいっっっ!!

【9区】
日体大 矢野くん
イケメン!去年の日体大優勝後の、怒濤の日テレバラエティ出演の時にも、散々イケメンキャラとしていじられてましたが、本当に何つーかキラキラ過ぎてびびります。
キラキラランナーのキラキラぶりはことらのNEVERまとめからも確認できます。
【2014箱根駅伝】双子・兄弟・イケメン…注目選手まとめ
このまとめ、今まで私が紹介した大抵のイケメンと大抵の双子の事が紹介されてますから画像で確認したかった方はよく見ておくと良いと思いますよ。
ていうか、このまとめを読めば私の無駄な長文読まなくてもいいんじゃない?今更だけどさ。。

【10区】
駒澤大 猪浦くん
この子はまた、きれいなお顔のクリっとした美少年です。
これまで駅伝走っているとこみたことないので非常に楽しみではありますが、どんなキャラの子なのか、情報ないんです!!
何せ私のよこしま情報の情報源は前回までのレースの解説で得た情報がメインなもんで。。今回活躍して、愉快なエピソードが色々聴けること、期待してます。


【補欠】
10区まで、人によっては過剰に、人によっては非常に雑に勝手なことを色々書いてみましたが、これらの選手の他に、補欠という枠の中にびっしりと有名選手が潜んでおりまして。。。
箱根駅伝の「補欠」の概念は一般的なスポーツの補欠とちょっとニュアンス異なりまして、というか明らかに2種類に別れている訳でして、、
まず1種類目は、調子がイマイチだからメンバーに入ってない選手。これはまぁわかる。確かに補欠だ。
しかしながらもう1種。すげー調子いいけどどの区間を走らせるか、他チームの出方をみて考えちゃう。みたいな意味合いでエントリーされてない選手。
当日の朝6時50分までに往路復路合わせて最大4人まで、補欠選手とのエントリー変更が出来るので、誰がどの区間にくるかは謎なのですが、各監督とも他のチームの配置をみて秘密兵器の投入場所を探っているようです。まさに心理戦。。。

駒澤 窪田くん
ご存知駒澤の大エース。よっぽどの病気にでもなってない限り、まぁ走るんでしょうよ、主要区間をね。
個人的には9区あたりかな。と思ってます。
最後の箱根!!
復路の駒大、ですからね、復路の終盤でガツンと走って欲しいね。


東洋 設楽双子
この二人をエントリせずに様子を伺うなんて、酒井監督、なんたる策士!!
今年の区間エントリみて一番最初にびびったポイントでした。
酒井監督、、、本気過ぎてこわい。。。
二人揃って、1万メートルを27分台で走った記録を持つという非常に恐ろしく力のある双子。
果たしてどこに入れるんだろか。
個人的には、啓太が9区、悠太は……むぅ、これ見えないんだけど瀬古さんは5区って予想してたね。でも瀬古さんの言うことだからなぁ。。
ちなみに、全く余談ですが、4年目にしてワタクシ、設楽双子の見分け方を完全にマスターしましたよ!!
【2014箱根駅伝】双子・兄弟・イケメン…注目選手まとめ
こちらの双子まとめの写真をみて、区別つきますか?
私は全部つくようになりましたよ!!わー!!
見分け方のポイント、たった1カ所だけ注目したらすぐにわかるようになったのです。
ポイントは、口元!
右の口角が常にちょっと上がっているのが悠太、上がってないのが啓太。
「口元が "ゆ"がんでるのが、"ゆ"うた」って覚えると忘れないですね。はい。
(失礼と感じられた方、いらっしゃったらすみません。悪気とか全然ないんです。ただ覚えたい一心で。。)
卒業後は違う実業団に進んで違うユニフォームで走ることになる二人。
同じ東洋のユニフォーム姿の彼らを、「悠太だっけ?啓太だっけ?」と見分けて遊べるのもこれが最後!!
個人的にちょっと楽しみにしているポイントの1つだったりします。

早稲田 山本 修平くん
修平がまさかの補欠!?毎年、顔を歪めながら必死こいて5区の山道を登る修平の根性あふれる走りに元気をもらっていたというのに、補欠なの!?
「根性なら誰にも負けません!」という言葉の通り、早稲田で駅伝走りたくて、愛知県の進学校、時習館高校から1浪して一般入試で入ったという修平くん。
♪一般入試で早稲田に入った選手に肩入れしがち〜♪という箱根あるあるの見本のように、根性溢れる走りで心をつかんで来た修平が、5区を走らないかもしれないですと!?
むぐぅ、一部で怪我説とかあがってるけど、何とか回復して走って!!
今年も修平の山登りに元気もらいたいっっっっ!!!


早稲田大 柳くん
心配だ。柳のことが実に心配だ。
出雲、全日本と両方とも1区で出遅れて結果を残せなかった柳。。
その後、不眠症になり、睡眠薬生活に入っているとの報道もあった柳。。
大丈夫かい?心は、体は大丈夫なのかい?
柳の復活を、はらはらしながら待ちわびているよ。がんばれ。

青山学院大 小椋くん
大学駅伝界では希少な道産子ランナー。
箱根ランナーに道産子ってほぼ居ないのでそれだけで応援したくなる!

法政大 西池くん
何つーか、存在に華があり過ぎてアイドル性を過剰に放出している(と私が勝手に思っている)選手、西池くん。
高校の頃はその世代では敵なしのトップ選手で、勝利のゴールテープを切る瞬間に投げキッスをするようなナルシストな所が愉快で素敵だった西池くん。
チャラそうな言動を多くみて注目していた選手なのですが、大学に入ってからは随分と怪我に苦しんだようで。そんな西池くんの、秋頃に発売された駅伝雑誌のインタビュー記事の決意表明は物凄く胸に刺さるものがありました。
「高校時代、自分は走れば必ず勝てると言う気持ちを持っていた時期がありました。その自信を取り戻したいんです。きっと、きっかけ一つで変われると思う。それには、結果を出すしかない」
一度高みを見た人にしかわからない苦しみと悩みを抱えながらも、前に進もうとしている言葉に、猛烈に胸を打たれました。
しっかり良い結果を出して復活して欲しい!!
がんばれ!!西池くんっっっ!!!


そんな訳で、ものすごくざっくりかつみっしりと注目選手めもを書いてるうちに、スタートまであと8時間。
これから風呂に入って明日の支度をして寝て起きてコースに向かわねば。。
あー、忙しい忙しいっ。

去年は電車乗り継ぎの沿道観戦で、
1区、2区、3区、5区、6区、7区、8区、9区、10区、10区
の合計9区間10カ所での沿道観戦をすることができました。

現地観戦も今年で4回目!!年々積み上げてきた過剰な経験と知恵を駆使して今年もがっつり応援してきまっせ!!

それではでは、おやすみなさい、および、いってきまーーす!!

33歳の夏休み ガチンコ沖縄珍道中 7日目【竹富島2日目〜東京】 〜牛、ビール、海、センチメンタル、現実に帰るぜぃ な最終回〜

てなわけで、年内完結に向けて、無理矢理更新進めております沖縄旅日記も今回で最終回!
6泊7日の楽しい夏休みの最終日を迎えた訳なんでございます。

8月7日(水)

7時過ぎに起床。ついに旅の最終日を迎えてしまいましたが今日も快晴!
朝早くに島の人たちが白い砂の道をきれいにお掃除するそうで、道路がこの通り。
誰もいない真っ白な道の真ん中に黒猫がちょこなん。
IMG_3059

んでもって、島を歩いてぶらぶらしつつ、昨日も登った竹富島の一番高い場所から朝の一枚。
IMG_3064

赤い瓦と白い道。美しい。

んでもって朝食まで時間があるのでチャリンコこいで朝のカイジ浜。
昨日はあんなに沢山の人が星を取りまくってたのに誰も居なくてひどく静かです。
IMG_3069
みんな地下帝国に連れてかれたのかな。。
ざわ…、ざわ…、

そんなこんなで、朝食タイム。おかずがたくさんあってどれも美味しい!
波照間の宿の食事って何だったのだろう。。。来年は波照間は違う宿だな。竹富はここ定宿で良い気がしてきました。

そんなこんなで、お昼過ぎの船で石垣島に戻るのでそれまでで竹富島観光!!

ザ・島観光!!ということで、非常にベダだけど、水牛車とか乗っちゃう!!
IMG_3080


水牛のワカちゃん、力持ち!!
まったりとしたペースで島の道路を普通に牛車が歩いていきます。
IMG_3094


水牛車ツアー、ガイドの方のお話も面白いし、途中で三線で安里家ユンタを歌うライブもあって、物凄く贅沢で楽しいからとにかくおすすめ!まったりできます。

んでもって、牛車をおりたら、海にも行かずに外ビールまつり。
水牛車で通った道ぞいにとても雰囲気のよい食堂のテラスが見えたので、もずくを肴にオリオンビール!!
IMG_3098


朝10時台の食堂のテラスは他に客がおらず、一人でのんびりビールを満喫。
飲みながらまったりしている間にも、目の前を牛車がゆっくりのんびり通り過ぎていきます。
贅沢だなぁ。ゆったり。。

ひとしきりまったりしているうちに、ビールの力も借りて無駄にテンション上がってきました。
てなわけで、予定変更!やっぱりビーチでも飲んじゃう!!
IMG_3104


干潮の時間だったこともあり物凄い遠くまで海が浅かったので、海の中に温泉のように座って、海の中でオリオンビールの飲み納め。
ぷっかー!!幸せぃ!!!

そんなこんなで、島を出発する時間。
宿のスタッフのお姉さんに車で港まで送ってもらいます。

車の中でお姉さんと宿泊客の女性の会話が何か印象的だったので、とりあえずのことメモしておきます。
宿泊客「お姉さんはこっちの人なんですか?」
お姉さん「いえ、出身埼玉で、こっちには3年くらい」
宿泊客「いいなぁ。やっぱりこっちに永住とかしちゃうんですか?島の人と結婚して」
お姉さん「そうなっても楽しいですけどねぇ、わかんないですねぇ」
宿泊客「帰りたくなくなりますよね、こんなステキな島なら」
お姉さん「でも私、埼玉も好きですよ!向こうの友達にも会いたいからよく帰ってます」

何となくですが、その宿泊客の女性は都会に息苦しさ感じて島に来たのかな。という様子が会話の端々から伺えたので、宿のお姉さんのことを、「都会で嫌な事があって島にきてハッピー」みないな人と思ってお話を進めてる様子だったのですが、お姉さんのびっくりする程のサバサバ加減に拍子抜けしたようで。

なるほどなるほど。
波照間の島の女子会の時にも感じたことではありますが、
結局の所、島でうまくやれる人は、都会でもうまくやれるし、逆もまたしかりなんじゃないかな。
て考えてしまう印象深いエピソードでした。
今居る場所でうまく出来ないからって、場所を変えればうまく行くとは限らない。
今居る場所で楽しく出来る方法を考えにゃいかんな。と勝手に心に刻んでみたのでありました。

現実逃避で旅に出るのはとてもよいけど、現実逃避で移住とかやるのはキケンだぜ!!

そんなことを考えながら、港から船に乗ります。
今日も海が青い。
ぐっばい竹富島!!またくるねーー!!!
IMG_3122


てなわけで、船はわずか10分で石垣島に到着。
石垣島に戻ったら、余りに都会でびびりました。
3日見なかっただけでコンビニに物凄く感動しました。
すごいね、コンビニって何でも売ってる!いつでもやってる!!
IMG_3126

しかしながら、コンビニって便利だな。と思う一方で、別にコンビになくても何とか生きれるものだなということも3日間の島旅で学んだのでした。

飛行機の時間は夕方なので、気になる24時間営業のステーキ屋にイーン!!
v1376056243

沖縄の人は24時間ステーキ食べるんだなぁ、と異文化ぶりを感じながら異常にボリュームのあるステーキをがしがし食べました。
カレーが異様においしそうだったから次回はカレーを食べること。(私的な備忘録)

そんなこんなで、市場でお買い物などしつつ、飛行機の時間が近づいていたのでバスに乗って空港に向かいます。

IMG_3127

石垣空港着。どうしよう、旅終わっちゃうよ。荷物を預けているうちに、本当に旅の終わりを感じはじめて猛烈に寂しくなりました。
島では常にぶらぶらしてると誰かしらに声かけられてしゃべったりしてたのに、空港ついたらガチで一人。。さびしい。。

寂しさを紛らわす方法を、私は一つしかしらない。。。
IMG_3128

という訳で、本当に本当のシメの一本、オリオンビール。
ぐっばい沖縄。またくる、必ず!!

ということで、ビールを飲み干し飛行機に乗り込んだのでした。
6泊7日、長い長い沖縄旅が終って行きますよ。。。

てなわけで飛行機ついた。が、東京じゃないんだぜぇぃ!!
飛行機代安いからと、石垣空港から成田空港の直行便をとったので、まだまだ西荻は遠いのです。
にしても成田空港、閑散とし過ぎだろっ!!
IMG_3130

旅の終わりとか関係なく恐ろしく淋しい成田空港国内線ターミナル。これまたパラレルワールドなのっ!?と思うようながらんがらん。

がらんがらんの中、荷物の到着を待っていると、見た事のある人たちを発見!
波照間初日に一緒に飲んだKさんEさんと再会!!
偶然にも同じ飛行機だったようで、再会をきゃっきゃと喜んで、その後どの島でどんなことしたかを互いに報告し合って、元気をいただきました!

思いがけない再会になんか嬉しくなってキュンキュンしつつ、ハイタッチをしてお別れ。
旅の終わりは毎度ながらセンチメンタル過剰でいかんね。
荷物をガラガラ引きずって、京成電車に乗って東京を目指します。

乗っても乗っても東京に着かない京成電車の中でヒマ過ぎるのでこの7日間、旅先で食べた物を書き出してみましたら、
偏り過ぎで驚愕しました。

餃子×7回
カレー×3回
ステーキ×2回
沖縄料理×2回
その他×各1回
結論→沖縄の餃子は美味しかったよ。

そんなこんなでホームタウン西荻窪に到着。
そういえば、大好きな沖縄料理らふてーを一度も食べてなかったことを思い出し、駅前の熊本ラーメンのお店で豚角煮ライスをいただき、1杯ひっかけて帰ってみましたとさ。




さてさてさーて、そんなこんなで、長い長い6泊7日のみっしり旅レポがついに完結しましたよ!!
やったー!!年内にぶじ完結したっっ!!

行くとこ行くとこで色んな愉快な人に出会って楽しくお酒飲んだな。っていうのが全日ぶっ通しての旅の一番の想い出。
離島はハマると辞められないといいますが、あれ、本当ね。
来年も遊びにいけるように、仕事もがんばらねば。そして肝臓を中心に健康で居続けねば!!
来年の夏休みまであと7ヶ月!!
もろもろがんばるぞー!!いえーーーー!!!

【追伸】
果たして何人いらっしゃるのか謎ですが、全部読んで下さった方、大変お疲れさまでした。
無駄に過剰な長文れぽにお付き合いいただき、ありがとうございます。
お礼にちんすこうの一つも差し上げたい気持ちでいっぱいなのですが、もう4ヶ月も前のちんすこうですからね、冷凍庫からでてきたけど、いらないですよね。。
ちなみに、もしご希望の方がいらっしゃいましたら、本島2日目に撮影した「私こんなに可愛かったっけ!?」と30回以上連呼した超らぶりーグラビア写真の年賀状差し上げます!
まぁ、これから作成に入るから発送は2月くらいになるかもしれませんけどねっっ☆



最後に、波照間ブルーの写真を一枚
IMG_2906




ついでに、今回の幻みたいにたのしかった7日間の旅の総括テーマソング
「B.B.QUEENS ぼくらの七日間戦争〜Seven Days Dream〜」
波照間島をチャリンコこぎながら何度も聴きましたっけね。
♪青い夏のマボロシ、セブンディズ マイ ドリーム♪
偶然の奇跡があり過ぎたよ!!
旅の写真見ながら聴いてたら、あの夏休み感満載の感覚がよみがえってきてキュンキュンしちゃった。
あなどるまじ、BBクイーンズ。



訪問者数

Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ