Firefoxがバージョンアップされるとメディアの再生設定が勝手に書き換えられてしまう。
バージョンアップ前はメディアファイルのリンクを踏むと「このファイルどうする?」と
ダイアログが出てきていたのに、今は謎のプレーヤー画面が現れて
勝手にファイルの再生を始めるようになってしまっている。
俺はmp3などのメディアファイルは普段使っている再生ソフトに直接送るか
ディスク上に保存するかの二択なので、ブラウザ上で勝手に再生されるのは非常に邪魔だ。
Quicktimeのような迷惑プラグインとは違ってファイルの保存などの操作はできるみたいだが、
小さいプレーヤーの上にカーソル合わせて右クリックして
ポップアップメニューから保存を選んでクリックして…
という手間が非常に煩わしい。こんなプレーヤーがデフォで立ち上がるのはストレスが貯まる。

というわけでバージョンアップするたびにこのプレーヤーをストップするように設定しているわけだが、
Firefoxがバージョンアップするたび毎度設定方法を忘れてしまって直し方を検索することになるので
とりあえずここにメモしておくことにする。

・Firefoxは、アドレスバーに about:config と打ち込むことで設定画面に入ることができる。
・ここで、「検索」覧に「media」と打ち込む。これでヒットするのが
 メディアファイル関係の処理だと思われる。
●勝手に再生開始されるのを防ぐ
 (ブラウザのプレーヤーでファイルを開くが、勝手に再生開始しないようにする)
 「media.autoplay.enabled」を「True」から「False」に変更。
●Firefoxのブラウザ上のプレーヤー自体を使わない(従来のダイアログが出てくるようにする)
 「media.directshow.enabled」を「True」から「False」に変更。

無題










こういう設定を勝手に書き換えるのは本当にやめて頂きたいんですけどねえ。