自然ウォチング

東京近郊自然観察  (八王子/高尾 近傍の住人)

ヒロバフユエダシャク

19_02_15_P2150666

観察日 2019/02/15 05:58
場所  高尾/清滝
観察  全幅31mm。今朝も寒い。2℃を示していました。明日あたりから寒さも緩むという予報です。今朝はこれとの出会いだけでした。

何マルハキバガ?

19_02_14_P2140695
19_02_14_P2140701

観察日 2019/02/14 05:35
場所  高尾/清滝
観察  全幅4mm。全長9mm。過去にも際立った模様のない同じような色彩の蛾に早春に出会っています。

ウスバフユシャク

19_02_14_P2140693

観察日 2019/o2/14 05:28
場所  高尾/清滝
観察  全幅11mm。全長16mm。

クロテンフユシャク

19_02_14_P2140690

観察日 2019/02/14 05:26
場所  高尾/清滝
観察  全幅12mm。全長16mm。

ウスモンフユシャク

19_02_14_P2140686

観察日 2019/02/14 05:21
場所  高尾/清滝
観察  全幅13mm。全長17mm。

ウスモンフユシャク

19_02_14_P2140681

観察日 2019/02/14 05:21
場所  高尾/清滝
観察  全幅11mm。全長16mm。

クロテンフユシャク

19_02_13_P2130673
19_02_13_P2130661

観察日 2019/02/13 16:12
場所  高尾/6号路
観察  口吻があるのかどうか? 少なくとも発条(ぜんまい)状のようなものは見当たりません。

クロテンフユシャク

19_02_13_P2130653

観察日 2019/02/13 15:02
場所  高尾山口
観察  全幅12mm。全長17mm。2頭ほぼ同じところにいました。今朝は出そびれて今の時間の散歩。昨日は風があったのですが、今朝は曇天ですが無風で蛾達の飛行にはいい状況だったようです。

クロテンフユシャク

19_02_13_P2130654

観察日 2019/02/13 15:02
場所  高尾山口
観察  全幅10mm。全長15mm。

19_02_13_P2130632

観察日 2019/02/1314:51
場所  浅川市民センター
観察  長さ17mm。ふわふわとして弾力がありました。見当がつかない繭の世界です。

クロテンフユシャク

19_02_12_P2120643

観察日 2019/02/12 05:44
場所  高尾/清滝
観察  全幅10mm。全長16mm。今朝2℃前後。湿度があるせいか寒さが増す。出会えたのはこれ一頭。今日は晴れのようで放射冷却も加わった冷え込みでした。

ウスモンフユシャク

19_02_11_P2110639

観察日 2019/02/11 05:50
場所  高尾山口
観察  全幅12mm。全長17mm。1/17にクロテンフユシャクに出会って以来のこの場所での観察は
約1か月ぶりです。風、温度など微妙に飛翔距離に影響している感じです。

シロフフユエダシャク

19_02_11_P2110624

観察日 2019/02/11 05:44
場所  廿里町/白山神社
観察  全幅28mm。

カシワキボシキリガ

19_02_11_P2110637

観察日 2019/02/11 05:40
場所  廿里町/白山神社
観察  全幅10mm。全長19mm。

ヒロバフユエダシャク

19_02_10_P2100617 (1)

観察日 2019/02/10 05:54
場所  高尾/清滝
観察  全幅30mm。

ハイイロフユハマキ

19_-2_10_p2100611
19_02_10_P2100617

観察日 2019/02/10 05:52
場所  高尾/清滝
観察  全長17mm。全幅7mm。同じ位置で同じ個体と今日で3日目の観察です。どうするのでしょうね? どうなるのかな? 今朝は2℃。.

ハイイロフユハマキ

19_02_09_P2090597

観察日 2019/02/09 10:11
場所  高尾/清滝
観察  全長16mm。前日と同じ個体。

ヒロバフユエダシャク

19_02_09_P2090588

観察日 2019/02/09 10:04
場所  高尾/清滝
観察  全幅29mm。この時間、日中もにもかかわらず4℃前後。雪空ですが、まだ雪は降っていません。

ハイイロフユハマキ

19_02_08_p2080579

観察日 2019/02/08 05:12
場所  高尾/清滝
観察  全幅7mm。全長15mm。例年今頃出会っています。

ニホンミツバチ

19_02_07_P2070559

観察日 2019/02/07 16:09
場所  高尾ケーブル終点
観察  全長14mm。今日は4月初旬並みの暖かさという事もあってこの蜂に出会えたようです。Web図鑑より「ニホンミツバチはその寒さに強いという特徴を生かし、2月の寒い時期にも開花するフキノトウやフクジュソウなどの花にやってきて受粉を助けていると言われています。」
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ギャラリー
  • ヒロバフユエダシャク
  • 何マルハキバガ?
  • 何マルハキバガ?
  • ウスバフユシャク
  • クロテンフユシャク
  • ウスモンフユシャク
  • ウスモンフユシャク
  • クロテンフユシャク
  • クロテンフユシャク
  • クロテンフユシャク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ