2014年11月02日

VirtualBoxにCentOS7をインストールする

VirtualBox4.3.12 にCentOS7をインストールしました。

1. VirtualBoxにCentOS6.5をインストール

 基本的にCentOS6.5と同じですね。
 途中のメニュー形式はだいぶ変わってますけど。

 ソフトウェア選択画面で 「開発およびクリエイティブワークステーション」 を選択しました。

2. Guest Additionsをインストールする

 VirtualBoxメニュー「デバイス」>「Guest AdditionsのCDイメージを挿入」を選択。

 # cd /run/media/xxxx/VBOXADDITIONS_4.3.12_93733
 # sh ./VBoxLinuxAdditions.run

 ↑を実行したところ
 「Building the main Guest Additions module」 で 「失敗」 となりました。

 /var/log/vboxadd-install.log に
 /lib/modules/3.10.0-123.el7.x86_64/build/include/linux/version.h がない

 ってエラーログが出力されてました。

 /usr/include/linux/version.h をコピーしたけど、相変わらずエラーは出てます。

 /tmp/vbox.0/r0drv/linux/memobj-r0drv-linux.c でもエラーが出てたのでググっていたら、ソース修正しないといけないらしく・・・

 # cd /opt/VBoxGuestAdditions-4.3.12/src/vboxguest-4.3.12/vboxguest/r0drv/linux
 # vi memobj-r0drv-linux.c
  1536, 1541行目
   変更前 ~ KERNEL_VERSION(3, 13, 0)
   変更後 ~ KERNEL_VERSION(3, 10 0)
 
   ※ uname -r の実行結果は3.10.0 ・・・

 ソース修正したら
 # /etc/init.d/vboxadd setup
 を実行し、無事にインストールできました。
 再起動してフルスクリーンにできることも確認。

 なお、ここでまた
 # sh ./VBoxLinuxAdditions.run を実行してしまうと、memobj-r0drv-linux.c が修正前の状態に戻ってしまうので要注意です。
   
Posted by yoka3 at 23:02Comments(2)

2014年05月11日

VirtualBox & CentOS6.5再インストールとvsftpd

前回の記事で書きましたが、VirtualBoxを再インストールせよ、、、となってしまったので、じゃぁ、ということで。

verは4.3.10。

CentOS6.5ですが、今回は CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD1.iso を使って Desktop 版をインストールしました。

Windows と CentOS6.5 間の共有フォルダですが、今回はやめて vsftpd をセットアップすることにしました。


1. vsftpdをインストールする。
  一応、標準で入っているのか確認。

  # service vsftpd status

  「認識されていないサービスです。」・・・やっぱり。
  ということで、インストールします。

  # yum -y install vsftpd

2. /etc/vsftpd/vsftpd.conf を編集する。
  ローカル環境だから別に設定しなくてもよさそうなものもあるけど・・・

  匿名ログイン却下
    anonymous_enable=NO  ← "YES" を "NO" に変更
  ログ記録
    xferlog_enable=YES  ← "YES" のまま
    xferlog_file=/var/log/xferlog  ← 先頭の # 削除
    xferlog_std_format=NO  ← "YES" を "NO" に変更
  アスキー転送許可
    ascii_upload_enable=YES  ← 先頭の # 削除
    ascii_download_enable=YES  ← 先頭の # 削除
  ディレクトリ削除許可
    ls_recurse_enable=YES  ← 先頭の # 削除
  ログインユーザー制限
    userlist_enable=YES  ← "YES" のまま
    userlist_deny=NO  ← 追加(★)
    userlist_file=/etc/vsftpd/user_list  ← 追加(★)
  PASV(パッシブ)モード設定
    pasv_promiscuous=YES  ← 追加
    pasv_min_port=50000  ← 追加
    pasv_max_port=50000  ← 追加

3. /etc/vsftpd/user_list を編集する。
  /etc/vsftpd/vsftpd.conf で ★ の箇所を追加したので、アクセスを許可するユーザーを設定。
  userlist_deny次第で、user_list がブラックリストになったりホワイトリストになるようです。
  今回は userlist_deny=NO としたことで、user_list はホワイトリストになります。

4. ポートを解放する。
  /etc/sysconfig/iptables に下記追加。
  port 21は標準の待受けポート
  port 50000は転送用のポート(今回は1ポートだけ)
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --port 21 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --port 50000 -j ACCEPT

5. サービスを起動または再起動する。
  # service iptables restart  ← iptables再起動
  # service vsftpd start  ← vsftpd起動
  # chkconfig vsftpd on  ← OS起動時にvsftpdも起動

6. SELinuxを無効化する。
  SELinuxが働いてるとログインできません。
  内容理解して適切な設定をすればいいんだろうけど、手っ取り早く無効化します。
  今回のローカル環境では特に必要性も感じないし。

  /etc/selinux/config を編集します。
    SELINUX=disabled  ← "enforcing" を "disabled" に変更

  編集が終わったらCentOSを再起動します。

  ちなみに、現在のモードを調べるには
  # getenforce

7. 192.168.56.101にftpしてみる。
  普段から使っている ffftp で 192.168.56.101 に繋いでみます。
  デフォルトでPASVモード使うようになってるので、それはそのまま。

無事に繋がりました。


※2015/10/6(火)
CentOS7でもvsftpを動かそうと思って、上記手順を実施したけどダメでした。
systemctl やら firewall-cmd やら、いろいろコマンド変わったみたい。
結局いろいろググッって他サイトの情報を参考にさせてもらい、無事に解決しました。


  
Posted by yoka3 at 00:54Comments(0)

2014年05月05日

Windows8 → 8.1 にバージョンアップ

以前から Windows8.1 へのバージョンアップのメッセージは出ていたのですが、スルーしてました。



今日は気分変わったのでバージョンアップしてみました。

完了するまで2Hくらいかかったでしょうか・・・

TV見ながら半分放置してたので、正確な時間はわかりません (^^;

無事に終わったので、普段使うソフトを動かして、特に何もないなと一安心したところ・・・

VirtualBox起動したら

 「再インストールが必要です」

のダイアログ。

無視して進めたところVirtualBoxマネージャーは起動したのですが、ゲストOS(CentOS)の起動で

ホストオンリーアダプターの物理ネットワークインタフェースが見つからない、というエラーで止まりました。

マジか・・・

  
Posted by yoka3 at 01:32Comments(0)

2014年03月31日

VirtualBoxのCentOS6.5にSSH接続できるようにする

現状、オイラのVirtualBoxは、ネットワークアダプタに NAT だけが設定されている状態。

NATってなんだって調べてみたら
 ・ゲストOSから外に出ることが可能。
 ・ホストOSからゲストOSにアクセスすることは不可能。

だそうです。

ホストOSからゲストOSにアクセスするためのアダプタを追加設定します。

1. ホストオンリーアダプター追加
 VirtualBoxマネージャーでCentOSを選択した状態で、「設定」>「ネットワーク」と進みます。
 「アダプター2」タブを選択し、「ネットワークアダプターを有効化」チェックボックスをON。
 「割り当て」コンボボックスから「ホストオンリーアダプター」を選択。
img20140331-01

2.ホストオンリーアダプターのIPアドレスを確認
 VirtualBoxマネージャーで「ファイル」>「環境設定」>「ネットワーク」と進み
 「ホストオンリーネットワーク」タブを選択。
 「ホストオンリーネットワークを編集」ボタンを押下すると、IPアドレスが確認できます。
 192.168.56.1になってました。 

2. ifcfg-eth1作成
 CentOSを起動し、rootユーザーで作業します。
 /etc/sysconfig/network-scripts に移動し、ifcfg-eth1 を新規に作成します。
 オイラは下記のようにしました。

  DEVICE=eth1
  TYPE=Ethernet
  ONBOOT=yes
  BOOTPROTO=static
  HWADDR=08:00:27:E3:F3:AC ←VirtualBoxマネージャーで確認しておく
  NAME="System eth1"
  IPADDR=192.168.56.101 ←適当に
  NETMASK=255.255.255.0
  NETWORK=192.168.56.0

3. ネットワークIFを起動
 # ifup eth1

4. SSHクライアントで接続してみる
 TeraTerm等で192.168.56.101 にSSH接続してみます。
 無事にログインできました。

ちなみに、/etc/sysconfig/iptables 見てみたら、SSHポート(22)は開放されてました。

  
Posted by yoka3 at 01:49Comments(0)

2014年03月22日

VirtualBoxで共有フォルダ設定

VirtualBoxのゲストOS(CentOS6.5)と、ホストOS(Windows8)の間で共有できるフォルダを作成します。

これをやる前に GuestAdditions のインストールが必要になります。

1. CentOS6.5を起動
 VirtualBoxでCentOS6.5を起動します。

2. VirtualBox側の設定
 起動したCentOS6.5のメニューから「デバイス」>「共有フォルダー設定...」を選択します。

 共有フォルダーの設定画面が開いたら、フォルダー追加ボタンを押下します。
 (フォルダーアイコンに+マークが付いたボタン)
 オイラはデスクトップにフォルダ作りました。
 
 共有フォルダーの追加画面が開いたら、パスとフォルダー名を入力します。
 このとき「自動マウント」「永続化する」チェックボックスも選択。

3. CentOS6.5側の設定
 手順2.で「自動マウント」選択していれば、特に何もしなくていいみたい・・・
 CentOS6.5を再起動すると、/media に sf_VBoxShare フォルダーが作成されてました。
 この /media/sf_VBoxShare と Windows8上のフォルダ間でファイルが共有できます。


 ちなみに、下記の要領でも共有可能。

  3.1 ホストOSと共有するためのフォルダを作成
    ここでは /mnt に share を作りました。
    # mkdir /mnt/share

  3.2 共有フォルダをマウント
    3.1 で作ったフォルダをマウントします。
    # mount -t vboxsf VBoxShare /mnt/share

  3.3 再起動時に自動でマウントさせる
    /etc/rc.local へ マウントするためのコマンドを追加します。
    ネットで調べてたら、/etc/fstab へ設定してもマウントに失敗するみたい。
  
Posted by yoka3 at 14:08Comments(0)