SRPG_Studio製作

エリュテイヤサガの製作ブログ ・当サイト内の画像等の著作権は、FE-fun に有ります。 無断転載・加工・複製等は行わないで下さい。

現況

進んではいます()
流れは8、9割決まっていますが会話シーンの作りこみはやはり一番難しいし時間がかかる。
10章まで本編が整理&顔グラ揃えたらci-enでも出します。

シナリオの人は本編で。
自身がプランナー的な位置付けで。
やる気を出させるのも役目です

しばらくは内容は伏せたいところですが
シナリオの概要、以前紹介で使った文です。

1.stone's tone's
☆あらすじ アルカン暦399年。ベラム大陸中部、オズベイン王国の第一王子 エドヴィン=ケネスは、その12歳の誕生日---すなわち、 オズベイン南西、パレミアの領主パレミア家の長女 イグレナとの 婚礼の日 を、間近に控えていた…



・リスター家
オズベイン王国に従属する名家のうちの1つ。
リスター家の長男は代々オズベイン王の護衛を
務め、次男が領主となるのがしきたり。

・婚礼の儀「禊(みそぎ)」
上記婚礼の日より前に、「清廉の泉」と呼ばれる泉にて身を清める風習。


リスター家長男ライゼル
ライゼル・リスター顔グラ





は、王太子妃となるイグレナの
王都への案内人および仲人としての務めを任じられていた。

物語はこの婚礼の儀を行う時から始まる。


物語重視でゲームバランスはぬるめに設定する予定です
キャラ画像はシナリオの人が線画まで描いてから依頼する事にします。







2.「タイトル未定(外伝的な位置付け)」
色々挑戦したけど書いてて楽しい。
ゲームバランスを難しめに調整予定
コンセプトは「旅」
クエスト形式に目的の手がかりを収集していく。

商売して傭兵して時には捕まって。


主人公:リベルタ
商人の父と貴族の母の間に生まれた娘。
母親の死後、教会に入れられる。
しかし、街は元騎士が賊となり滅ぼされてしまう。t父親もその際死亡。

天性の身のこなしを持つ。
シスターとしてはあまり真面目とはいえない。(生い立ちの影響)

街が滅ぼされる時に出会った傭兵に助けられ、行動を共にする。






マップ作り
手加減不要となれば作ってて楽しい
勝利条件も色々試せます。


スクリーンショット 2019-05-12 20.28.36





















気長によろしくお願いします

ヴェスタリアサーガ外伝プレイ

ネタばれありです。
駄目の場合は戻るをクリック
↓ここから































今回も素晴らしい出来だったと思います
自分は何より、加賀氏の細やかな経済設定、個々キャラの細かい設定、地理情報
マップ構成が好きで
バランスの調整も絶妙でした。
たまにあるお遊び心も忘れないのが◎
スクリーンショット 2019-04-03 21.43.27


ノリノリだな!!
















そして、味方ユニットはどのキャラにも見せ場があり、前作キャラの掘り下げもあり
愛着が沸いてきました
サブキャラまで掘り下げるのはベルサガでもありましたが
それがどれほど時間のかかることかよくわかります。
ティアリングサーガや聖戦、ベルサガでさえストーリーが書ききれなかった感があったので
いくらでも書いてもいい&いくら難しくしてもいい
というのは相性がよかったのでしょう


難易度的には前回本編より難しく、前作5章クラスは沢山出ます。
トラキア、ベルサガ好きならok
元々上級者くらいしかやろうと思わないし、商業でもないのでこれで全然構わないですが…
それが遊べるのが非常にありがたいです
ストーリーは読みたいけどクリア出来ない!という方は実況へ。

そして、ツールの使い方に慣れてきているのか、古いバージョンながら様々なアイデアを凝らしていると感じました。



一周目、章雑感
1章 
基本的に加賀氏のマップデザインは開けたマップというのが少なく
狭い道がいくつもあり、リスクのある近道、クネクネした感じのものが多いです
1章から放出してくるあたり、これが当然の感覚で作ってるというものを感じます。
ギミックが最初からあり、そこだけ注意。
スジャータを回避盾にしようとここで決定

実は個々のマップBGMここでしか流れません
この曲好きです

2章 
とても2章のマップには見えないですが上級クラスばかりなので妥当か
正体を隠す気がないあのキャラはイベント戦だろうと考えスルー

3章 
マップの色彩感覚に富んでいます
単調にならない色合いを意識しているようです。
シュリ石一週目取り逃しました
ベイモンクがベルサガアンソロジーのクレイマーみたく愛剣に話しかけるキャラになっています。
食事風景でもバルムンク、風呂でもバルムンク

きっと彼もそうだ
本体はクライマハイ

4章  
中盤で見そうなマップですが序盤で来ています。
一応、右下はあからさまに増援が出てきそうな「道」がありますので
分かる人は割りと警戒していたと思います。
増援を警戒しすぎて海賊出さずクリア
シュリ石またもとり損ねる。

5章  
曲が前作の高難易度の15章だったので警戒していましたがあっさり
悪臭おじさんはベルトーリアがぬっ殺しました
ここは章始めの敵会話でランダムで作戦が決まるようです。
密集重歩兵軍団が一番難易度が高い模様

6章  
ドレークがいないor長弓がないと急に難易度が上がる章
死人召還杖だけは真っ先に潰しました。
ドレークを使って正面突破のため大幅に時間があまり、残りは稼ぎマップ状態に。
ベネットの力がモリモリあがる。

6章外伝 
ひたすら設定語り
めちゃくちゃ長い!人物相関図が全然把握しきれない
しかしここまで語れるのも作りこみが物凄いおかげ
    

7章  
同じマップを用いての防衛
新人騎兵も育っていなかったため引き篭もって終了
壊れない城での篭城なんて強いに決まっている
金塊とかレアアイテム他にドロップするなら一周目でもうってでてもよかったかもしれない

7章外伝 
いかに先回りして足止めしながらヒットアンドアウェイするかを考える章
最終地点さえ押さえていればあとは狩場
補給部隊を奇襲する作戦はベルサガだと多かったですが
今回そういうシチュ多めでした。


8章 
山賊多ェェェェ!!!
ただし無限武器があるので大丈夫
カラヤンはフードをとっても悪人にしかみえない

9章 
開けたマップにはみえますが実質飛行以外はろくに移動出来ません
海岸砂付近でも突進してくる騎兵は雑魚でしかない
エリートでプライドが高いが故に愚かな策を使わせるのは加賀氏お得意の流れ。
実は自軍がろくに動けないまま迎撃をするシチュエーションは過去作でもなし。
何かしら城門をおさえたりするなど、能動的に迎撃するシチュエーションはあれど
最初から外に出れないところでずっと維持して終わるのはありません。(7章はある程度広いし…)

歴史を勉強してたりしてる人にはあの戦いかなと思わせたり
色んなシチュエーションを試したい気持ちが伝わってきます

10章
主人公は見てないが、人質がいるように見せかけたりする味方
そうそう見れるシーンではないですね笑
仮に最近のFEでやってたら、味方()の悪人で最終的には倒されるようなキャラがやっているイメージ
ジェフリートが☆なのに捕獲しても使えなかったのはどういうことだ!

11章 
即移動はあかん!!!
マップ下はギリギリとおいやし、遠距離回復が届く距離でザイードセーフ
割と簡易なマップ。
   
12章 
また実にレアなシチュエーションとマップ
崖下に閉じ込められひたすら火矢を受けるシチュエーション
崖も上れる火矢を受けてもほぼ無傷の若妻というチートを目の当たりにして
当然人間と思えるはずもなく。
   
そしてフィヴィクラスチェンジ
騎馬魔道士が使えないわけがない
バルークが無能なのは早々に殺すところを確認しないところ

13章 
仲間になる女盗賊などいないので堕ちたやつらは殺します
稼ぎマップ

14章
連続の稼ぎマップに嫌な予感がしたので満遍なく育成。
ムチはスジャータへ。
スクリーンショット 2019-03-30 14.31.31



















踊る要員が二人いたらレベルマックスは一瞬。
移動がマックス。しかしもとから速い上
上限もひくいので、重要なのは移動力のみ。
不死と回避と移動とムチで最強の切り込み屋。

ここで姫戦士の剣を5つ購入。
他は割りとどうでもよかった。

15章
警告内容からして読みとしては、ローレック周辺部隊は流れからして出ざるをえないだろうなと
いうところから、ラフィネ、フィヴィ、ルシオン強化していたため苦労はせず処理。
ただ、本来こういう風に、自分は安全なところにいながら遠距離バンバンやってくるのが
正しいよね
シチュエーションで蹴り落とされるから、ある意味笑えてくるし
わざわざ戦うことになるわけで。

16章
パズル再び。
しかし、把握さえしてればいいレベルのパズル。

今回は、触れないほうがいいという集団はひたすら強めなので
諦めも肝心。
回避盾も使えないほど命中が高く、武器が高性能な傭兵団
遊んでる時間もないので、スルー

17章
見た目はド派手なマップだが、外堀を埋めるように攻略出来るマップ。
しかし、船を強く思わせたい意思があるのか。よく出てくるようになります。
まぁ強いんだけど。
動くアーチだからね
ギガント撃破依頼。

スジャータのイベントは今作から作りこまれた設定に見えますが
綺麗にまとまったのでよし。
ただ、記憶が戻った後普通に戦えたのは何か理由がほしかったかも
体が覚えている的な話でもいいから
(出てたっけ?)
クラスチェンジで力の上限が上がってほしかった。


そしてこの章
こういう自信満々だったはずの指揮官が次々と策を潰されて敗走するのは面白いですね


18章
匂い袋の使いどころが結局わからずスルー
フラヴィアもクールベントも皆殺し
難しさは特にない章
ウィッチドールは騎士のランスで殺せばok
中央は弓騎士さえ排除出来ればいくらでも内部侵入可能なので問題にはならず。

19章
次の章に力溜めておけと言われてるので2軍でいったところ結構きつめに。
兵舎上側に育ててないキャラを集中
クリア寸前のネタはシチュエーションとして面白いギミックになっていました。


20章
ラゼリアとフォッグスと名前無し歩兵しかいない寂しい友軍
5ターン目~10ターン目まで超前線で戦ってました。

スクリーンショット 2019-04-04 23.53.37




















エイブラム隣接護衛と料理の防御パワー。
10ターン目くらいから後退始めました。
とにかくランス部隊さえ退ければそれほどでもなかったです。

21章
実は40ターンギリギリ。
アシュラム病気ネタがここで解消するかと思ってたため…
ラヴィニアとミァンは強いですが出番少な目。

22章
海賊ここまで育ててなかったですがいきなり強くなる。
船が本体。
ここのギミックはそこまで面白いギミックではない。
人間ユニット敵が少ないと仕方なし。
ただ左上は遊び心。

23章
終盤に向けての助走
ここが無ければ話が盛り上がらない


24章
ギミック量なら今作一番多い章。
結局ここをクリアしてもウィッチドールの詳細は不明
後編のシヴィル王女とバレリウス、ウダガルの末裔との戦いに持ち越される感じ。

アトル救出のところはこのゲームの目的


25章
あまりのビジュアルにびびりました。
11ターン、ターシャとスジャとフォロスがそろった
つまり全滅だ
そのターンに全て片がつきました。

演出がとてもよい
前章、前々章の盛り上げから一気に行けたので気分は大盛り上がりでした。


終章
一人ひとりの物語に深堀りして終わっていくところに寂しさはあれど大満足
残す話は西の聖戦
アリシャ、メルディ、シルティン関連の話。
やるとしたらまた別キャラ主人公で来るのだろうか?





どのキャラもどこかで注目され、深堀りしてきて、マップでイベントがあります。
ベルサガだと専用マップですが
そういうところがキャラ好きになるんですよね

マップ上でのキャラの深堀りイベントが多いのはよかったです。

・組み合わせで好きだった話。
ラフィネ、アムリュート
フィヴィ
というかローレック関連の話は好きでした。

アシュラム、スジャータ
いずれはバーンワースとマレーネのようになる
・・・と匂わせる程度
それがいいんですけどね


・エース
スジャータ
料理で力上げてのケルベロス
回避盾
ムチ
潜む
不死身
山も崖も自由自在
ダガー使い強くしたい自分としてはとても使いやすかったです。
スクリーンショット 2019-04-05 20.38.35



















強化杖+料理+ベネットでさらにとんでもないことに。
致命攻撃スキルは次周つけてあげようかな


ラフィネとフィヴィ
ラフィネは姫戦士の剣
フィヴィは光魔法と待ち伏せ持ってから。


ラヴィニア、ミァン
終盤も終盤すぎてありがたみがあまりない
強いのは分かるけど、ほぼ雑魚狩り専門。
17章くらいで仲間になってたら重宝していた。

ハルヴィア
無限武器が使えないわけがない


ヘスティオン、アレクサンダ
やっぱりランスナイトは強い
二人セット運用。


二週目からは取りもらしがないように、後欲張り要素も回収してゆっくり楽しもうかなと思います
何年後になるかわかりませんが加賀氏の今後の後編制作活動を応援しています!

近況20190127

現場異動になりました。2月からです。

シナリオ書いてる人もひとまず仕事はひと段落か
絵もシステムもほぼ完成なのでシナリオのみです。
ちまちまマップ作成しています。

また素材発注しようかな


記事検索
ブログパーツ.com
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ