2016年12月01日 鍼灸師求人 

■東京というブランド


今、求人の準備をしています。来年に1〜2名のスタッフを募集しようと考えているところです。その前にこれまでを振り返りながら、自分がどこに向かっていこうとしているのか再確認しようと思います。

法人化の時に頂いた花
法人設立の際に活法研究会の会員さんから頂いたお花


会社が立ち上がったのが、2013年7月。たった3年ですが、私にとっては激動でした。設立のきっかけになったのは、活法研究会の法人化と並行して行った鍼灸院の新設でした。

当時、「古武術鍼法」(現在、「整動鍼」)と呼んでいた技術の価値を証明したいと思い、品川に鍼灸院を設置することになりました。群馬でがんばっても認めてもらうのは難しいだろう、と判断したからです。

「同じことをするなら東京の方が認められる」

本物ならどこでやっても認められる。それが、真実なのだろうと思います。ただ、私には群馬に居ながら技術の価値を認めてもらえる自信がなかったのです。

群馬に住む人の中には、よい鍼灸院を求めて東京まで足を伸ばす人がいます。時には、「東京の有名なところに通っていたんですが、遠いので通いきれなくなったので近場にすることにしました。」と来院する患者さんもいらっしゃいます。

群馬の鍼灸院(養気院)が忙しくなってきた頃から、「群馬だから患者さんが多いだけ。東京の激戦区に出たら通用しないよ。」そんな声がどこからか聞こえて来るのです。それは私自身が作り出した幻聴かもしれません。

「東京には最高のものがある」

誰もがそう思っていると言えませんが、そういう傾向は少なからずあります。まして、群馬は東京から1〜2時間です。東京が届くところにあるのです。心のライバルは常に東京なのです。群馬で開業してから、ずっと「東京の鍼灸院」をライバル視してきました。

仕事としてだけ考えるなら、群馬の地で認めてもらえたら成功です。いっそう地元に必要とされることを考えて行くのが賢明だと思います。ただ、私が求めていたのは、そういものではなかったのです。



■自分の居場所


私は群馬に生まれ、神奈川に4年、東京に4年住み、それから群馬に戻ってきました。どの土地にもそれぞれの魅力があり、単純にどこが一番とは決められません。

40年間生きてきて、自分はどこに属しているのか、と振り返った時、どこにも属していないことがわかりました。群馬に住んでいるのも縁であり、神奈川で生活したのも、東京で生活したのも縁によるものです。

土地ではなく人と繋がっている感覚です。

極端なことを言えば、住む場所はどこでもいいのです。感覚的には日本語が通じればどこでもよいのです。英語が話せれば、もっとどこでもよくなる感覚です。

ただ、それは自分のことだけの話です。妻も子もいるし、近くには母がいます。今は大阪からやってきたスタッフもいます。自分の考えだけで自由に動くことはできません。何が一番なのか、バランスを考えて選択しなければなりません。それは縛りと言えますが、縛りこそ縁です。縁を大事にするということで、今の居場所があります。

群馬に執着心はありません。同じく東京にも執着心はありません。自分が居たいと思うところは、自分を必要としてくれる人が居るところです。今、群馬で必要としてくれる人がいます。そして、東京でセミナーをやっても必要としてくれる人がいます。今は、どちらも私の居場所です。

人が寂しいと感じるのは一人になることではなく、居場所がないと感じた時だと思うのです。だから、寂しくないところを常に探し続けているのかもしれません。

DSCF0059


■土地が違っても原理原則は同じ


東京に鍼灸院をつくったことで、東京側からの視点を手にしました。「東京は厳しいよ」と言われていましたが、ハッキリわかったのは、東京には東京の厳しさ、そして利点があり、群馬には群馬の厳しさ、そして利点があるということです。群馬の方が厳しいと感じるところも、東京の方がラクだと感じるところもあります。

「東京は家賃が高いから大変でしょ」

と言われます。確かに群馬より高いです。その代わり、ウェブサイトの反応もよく、施術費も高くできます。出て行くお金と入ってくるお金の量とスピードが違うだけです。原理原則に違いはありません。東京だから東京の経営がある、とは思っていません。

ただし、土地の利点を最大に利用するように心がけています。原理原則は同じでも、土地が違えば条件が違います。
地方と都心では戦略を変えています。具体的に言うと、東京では“専門性”を強く意識しています。



■求人に鍼灸師が集まるかどうかは○○次第


今、それぞれで戦略を練っています。群馬はスタッフを増やし、受け入れられる患者さんを増やそうと思っています。東京は当初の計画どおり、2院目を用意したいと思っています。それには人が必要です。

私の、経営者と教育者としての資質が否応なくが問われる時期に入ってきています。一番成長しなければいけないのは、他ならぬ私なのです。休みも少なく仕事量も増えましたが、こうした経験ができる環境にとても感謝しています。たいへんだけど、とても充実した毎日です(スケジュールがパンパンという充実感かもしれませんが…)。間違いなく、一人でやっていたら味わえない感動ばかりです。

これから新しいスタッフと出会い、共に成長していく喜びを感じたいと思っています。技術者として、経営者として、そして、これからは教育者として自分を磨いていかなければなりません。求人で人が集まるかどうかは、私次第だと思っています。実は、仕事の中でもっとも緊張し、重みを感じるのが求人です。


つづく…


【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 16:39│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月21日 鍼灸 ツボ(経穴)

■鍼灸治療のあと耳鳴りが強くなる理由


突発性難聴が好転する際に、耳鳴が一時的に強くなることがあります。理由は、耳内部の血流が改善し、聴力が変化しているためと考えられます。聞こえていなかった音が脳に飛び込み、脳が混乱するのでしょう。

鍼灸治療がよく効いている証拠です。このあと、耳鳴りが徐々に弱まり、聴力が回復していきます。ただ、鍼治療を終えた後に耳鳴りが強くなったと感じた患者さんは「鍼治療で悪化したのでは!?」と不安に襲われることがあります。そうならないように、必ずこうした現象が起こることを事前に説明するようにしています。

鍼灸のあと耳鳴が強くなった


■不安は、気遣いだけでは消えない


治療が良く効いている時ほど、変化も大きくなります。患者さんにその変化を正しく解釈して頂くことが大事です。「効いている証拠です」と説明しても、患者さんは「このまま悪化してしまったらどうしよう…」と不安から抜け出せないことがあります。

鍼灸師は信頼されていなければなりません。

「患者さんを不安にさせない」ためには、配慮や気遣いだけでは足りません。マナーやホスピタリティ(もてなし術)も大事だとは思いますが、それは満足度の要素になるでしょう。施術がもたらす変化を正確に予測することで安心が生まれます。正確な予測をするには、正確な施術が必要です。つまり、安心をつくるのは技術です。


■突発性難聴の本当の意味


突発性難聴の治療は、結果が数字で出ます。耳鼻科で「突発性難聴」と診断され、約2週間のステロイドを処方されます。点滴の場合もあれば、服用の場合もあります。当院に訪れる患者さんの多くは、突発性難聴と診断された後、脳の検査(CT/MRI)まで済ませている場合があります。

脳の検査は、突発性難聴の証拠をつかむためではなく、脳に悪いものが潜んでいないかを調べるために行われます。脳にも耳にも悪いものが見つからず、聴力が突然低下したものが突発性難聴です。

突発性難聴である証拠はどこにも見つかりません。見つからないものが突発性難聴です。患者さんは、「突発性難聴」という言葉にこだわり、縛られます。でも、「原因が見つからない突然の聴力低下が突発性難聴」というのが本当のところです。

突発性難聴は原因不明な難聴


病気の中には、病名がわかると同時に治療法や対策がわかるものがあります。感染症は典型例です。そのいっぽうで、病名というのは、原因が特定できない症状にも付けられます。治療をする際に、病名が大事になる場合と、病名が全く役に立たない場合があります。突発難聴は後者です。

突発性難聴と言われた時点で、原因が見つからなかった(見つかりそうにない)と解釈するのが正しいのです。

では、ここから鍼灸でどのように考えているのか書きます。


■鍼灸院の突発性難聴の治療はどうしているのか


鍼灸で突発性難聴を治療する際に、注目しているのは血流です。ただ、耳の中の血流というのは、目に見えませんし、検査でも調べることができません(検査で出るほどの血流不全であれば耳の問題どころではないです)。つまり、突発性難聴をもたらす耳内部の血流不全は、微少レベルだと言えます。

わずかでも酸素と栄養が足りていなければ、聴覚は狂います。100ボルトを必要とする電気製品に90ボルトの電圧しか提供しなかったら、仮定の電気製品のいくつかは異常を示すでしょう。パソコンのような電子機器では特に。耳は精密なセンサーですから、わずかな血流減少でも影響を受けてしまいます。


鍼灸で内耳の循環不全を改善させる


このように考え、鍼治療で血流改善を促すと、聴力が回復していく例がたくさんあります。ただ、その効果を科学的に証明するのは難しいと言えます。ただし、治効メカニズムを科学的に説明できないのは他も同じです。突発性難聴の時に使用されることが多いステロイドも治効メカニズムを説明できません。そもそも、突発性難聴が原因不明と定義しているわけですから、薬の根拠はないのです。


■科学的であることより大事なこと


残念ながら、ツボの根拠を示すのは難しいです。言えるのは、「○○というツボを使ったら聴力が回復した症例がある」という話だけです。中には、"たまたま効いた"と思われても仕方ないものもあります。

ただ、毎日何例も診ていると(現在、半数の患者さんが突発性難聴か耳鳴)、突発性難聴に鍼灸治療が有効であることは経験的に間違いありません。カルテを見返せば、あのツボが良く効いたのだろう、という傾向を探ることもできます。

自分の臨床経験は積極的に共有するようにしています。現在、私が院長をしている養気院(群馬県伊勢崎市)と、姉妹院であるカポス(東京都港区/品川駅)でシェアしている症例は数多くあり、現在も増えています。完治する症例もあれば、思うように改善に至らなかった症例もあります。どちらも鍼灸治療の実際です。

100%の回復を約束することはできません。

治らなかった一例を取り上げて、鍼灸を批判しようとする人もいます。それも自由です。私は、ただ症例を積み重ねるだけです。

臨床家として関心があるのは、目の前にいる患者さんなのです。聴力が回復する方法を探すのが仕事です。治効メカニズムが証明されるまで何十年と待つなんてことはしません。誤解しないでください。科学的な証明に価値がないと考えているわけではありません。できるなら科学的な裏付けがあった方が何かと便利です。


■ツボと向き合って答えを探す


臨床は、パターンを試すことが大事です。実際の臨床では、いくつものツボの組み合わせを用意して、順番に試すことが多いです。

ツボ一つ一つに丁寧に向き合うことが大事です。ツボ一つ一つがもたらす変化を丁寧に観察していくと、特定のツボで耳の状態に変化が起こることがあります。時に、その場で変化します。

鍼灸治療は安全でやさしい治療法です。ただ、身体中に何百本と鍼を連続したり...などしたら体力を奪われてグッタリしてしまうでしょう。さすがにそんな非常識な鍼灸師はいないと思いますが…。ツボの栄養と同じでその時に必要な分があるのです。過剰なのはよくありません。


■万能なツボはない


残念ながら「必ず聴力が上がる」というツボはありません。ツボは言葉と似たところがあり、その状況や使い方によって意味が変わります。「けっこう」ですが、時に承認、時に拒絶の意味になるのと似ています。

だから、同じツボが時に違う効果になります。

同じ症状や病名なのに、鍼灸では違うツボを使うことは珍しくありません。鍼灸師は、言葉を選ぶようにツボを選ぶのです。器用は不器用も鍼灸師の差になりますが、状況に合わせた最適なチョイスも腕の差です。


■突発性難聴のツボは、顎のツボ


最後に、突発性難聴に対してどのようにツボを選ぶのかを説明します。

突発性難聴は耳の中の血流が悪くなると発症すると考えられるわけですが、注目すべきは、耳が顎の関節と隣接していることです。耳の穴の中に指を差し込んで口を開けたり閉じたりすると、顎の関節が耳に近いことを実感できます。

問診の際に、こうした話をすると、何割かの患者さんは「わたし顎関節症なんです」と教えてくれます。「発症前に顎や耳の周辺に痛みを感じた」という話も多いです。

突発性難聴に顎関節が関係している


耳に隣接する顎は身体のアチコチから影響を受けています。頚、肩、肘、手、腰、膝、足首など…。どこからの影響がもっとも強いのかを考えることが最初の一歩です。手首にあると判断すれば手のツボを使い、足首にあると判断すれば足のツボを使います。

難聴だから耳の周り、顎だから顎の周り、と考えて済むほど耳の治療は単純ではありません。耳の周辺ばかりに鍼をして改善したら何も苦労はしないのですが...。

結論として、顎を良くするツボが大事です。

養気院(群馬県)でもカポス(東京都)でも、そうした考え方でツボ選びをして実際に成果を上げています。顎が整うと、首も肩も整うので、首こりや肩こりが軽くなっていいきます。突発性難聴の治療は首こり・肩こり治療の延長上にあります。ただし、例外もあって、首や肩にこだわらずにツボを選ぶ時もあります。


■実際の症例


こちらのページで症例の一部を紹介しています。

・養気院(群馬県伊勢崎市)の症例
・カポス(東京都港区/品川駅)の症例


■ブログ内の関連記事


突発性難聴になったらすぐに読んでほしい記事(2014-8-9)
突発性難聴になったら2番目に読んでほしい記事(2014-8-10)
突発性難聴を半年経ってから治療した症例(2014-8-23)
実際のところ、鍼灸院で突発性難聴と耳鳴りは治るのか?(2014-11-23)

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 01:51│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月18日 鍼灸院経営 勉強会

■本棚を見せることは精神の恥部を見せること


実は、群馬の鍼灸院、養気院の本棚は4つのエリアの分かれています。

1.患者さんが手に取れる本棚(待合室)
2.患者さんの目に触れる本棚(問診室)
3.業者さんや同業者の目に触れる本棚(アトリエ
4.自分だけの本棚(スタッフルームの屋根裏)

昨年までは1、2、4でしたが、今年から3を新設しました。1は、基本的に私や妻が読みたい漫画ばかりです。その一部を置いています。『ブラックジャック』『シティハンター』『北斗の拳』『るろうに剣心』など、全て私の趣味です。

妻クリ子の趣味も反映されています。『コウノドリ』や『テルマエロマエ』などです。そして、最近、スタッフの光山くんの趣味である『スラムダンク』を追加しました。


養気院の本棚に「スラムダンク」が入って喜ぶ光山
養気院スタッフ:光山


養気院の本棚は名作揃いです。その中で「おや?」と思うのが『ピアノのムシ』です。連載中の漫画で最新の8巻までそろえてあります。調律師を主人公とした、マニアックな話です。調律の世界を知りたければ、この漫画を読めば全て分かるというくらい、緻密に描かれています。作者はどう考えているかわかりませんが、調律師版の『ブラックジャック』といった感じです。

ピアノのムシ1〜8巻

よくここまで調べ上げたものだと、その取材力と探究心に感心します。今度、作者に聞いてみようと思います。私なら簡単に聞けるのです。なぜなら、作者の荒川三喜夫は幼なじみだからです。近所同士で、小さい頃からよく一緒に遊んでいました。小学生の頃から絵画や漫画に親しんでいましたが、まさか本当に漫画家になるとは!

結局、何が言いたいのかというと、本棚には自分自身の趣向や人間関係が投影されてしまうということです。そして、その本に影響を受けた自分がいるということです。だから「本棚≒恥部」です。

本棚を見えるということは恥ずかしいことです。ある人が「精神の裸踊り」と表現していました。本当にその通りだと思います。だから、逆にいえば、本当に気心の知れた仲でなければお見せできません。



■男三人だけの車内は危険がいっぱい


今週の日曜日、二人の鍼灸師が群馬の養気院にやってきました。その二人とは、いつも一緒に勉強してくれる秋田の小松田先生、そして札幌の谷地先生です。

この二人は、まだ出会って年数が浅いのですが、活法研究会ではすっかりおなじみの顔です。もう10年前から知っているような錯覚に陥ります。

勉強会が始まる前の挨拶の際、「きっかけは、谷地先生のブログです」と切り出す鍼灸師・柔整師が最近続出しています。少し前までは「クリ助さんのブログです」という人が多かったので、ジェラシーを感じずにはいられません。北海道(→日本)ではとても有名で影響力のある先生です。

そんな谷地先生のブログでネタにされ、いじられているのが北の巨人こと、小松田先生です。秋田-東京間、そして美人店長のいる喫茶店を行き来しています。これまでFacebookで存在感を示してしたのですが、何を思ったのかブログを始め、才能を開花させつつあります。

こうして新しい人間関係がブログをきっかけにしてどんどん生まれています。

今回、なぜ、そのお二人が群馬にやってきたのか?

ある日の勉強会でこと。小松田先生に「養気院の見学ってできますか?」と頼まれたのです。あの小松田さんの頼みですから断れません。「施術は見せられないけど...」という条件でお受けしました。情報はどこから漏れたのか、谷地先生もやってきて言いました。「お願いがあるんですけど・・・」と。

勉強会にたくさんの鍼灸師を誘っている谷地さんの頼みも断れません。むしろ、恩返しをするチャンスができました。

13日の夜、東京での経営の勉強会を終えると、私の車にお二人が乗りこみ、群馬へと走らせたのです。閉ざされた車内空間。ついつい油断して、仕事や鍼灸師のこと、言いたい放題になりました。三人とも、ここまで本音を出して話したことはありませんでした。



■屋根裏部屋の本棚


群馬に着いたのは真夜中。静まりかえった養気院の中へ二人を案内しました。

一通り、施設案内をすると、専門書が置いてある本棚の前で足が止まりました。この本棚が、臨床家のクリ助をつくったと言っても過言ではありません。そして、これからもこの本棚に育ててもらうつもりです。

養気院の問診室の本棚の前で

本棚の前で盛り上がっていると、小松田先生があることに気が付きました。

「こっちの部屋はなんですか?」

扉の存在に気が付かれてしまいました。ごまかせる雰囲気ではなかったので、扉の向こう側を案内することになりました。そこはスタッフルーム。施設の心臓部です。そして、その心臓部を登っていくと現れてくる屋根裏部屋(非公開)。

「落ちないように気を付けてください」

と二人に注意を促しながら誘導していきました。ここには漫画の『頭文字D』だけでなく、ジャンルを問わずいろいろな本を収納しています。表の本棚には置くことのない本ばかりです。急なハシゴを登らなければたどり着けない空間に二人は興奮気味でした。

男子なら誰でも興奮する屋根裏部屋。実用性は二の次です。その空間がある理由は「ワクワクする」だけで十分なのです。私にとって、この本棚の開示はこれ以上はない自己開示です。開示すればするほど、好き嫌いの判断をされます。だから、嫌われる覚悟がなければ見せられません。屋根裏部屋で披露した精神の裸踊りだったのです。



■「良いブログを書くには?」という話


谷地先生は言葉選びの達人。鍼灸師になる前は、プロのライターをしていたホンモノの物書きです。その文章センスに憧れずにはいられません。「なんで鍼灸師やっているのだろう…?」と不思議に思います。

その谷地先生のブログを楽しそうに読んでいた小松田先生が、何を思ったか最近ブログを書き始めました。Facebookの交流で鍛えた瞬発力と読書で鍛えた語彙力であっという間にファンを獲得しています。しかも、全ての文章をスマホのフリック入力のみで行っているというから、さらに驚きです。

私もブログには思い入れがあります。この三人が会話をすれば、ブログの話になります。「良いブログを書くには?」は重要なテーマです。「自己開示が大切」というところは共通の認識のようです。

菊水堂のポテトチップスを食べながら談笑

思うことを好きなように書くという勇気は必要です。書くことは楽しみであるいっぽうで恐怖でもあります。誰かを傷つける文章はいけないわけですが、自分が傷つくことは恐れない方がよいのです。

他人の言葉をもってきても力がありません。
人を動かす力があるのは、自分の言葉だけです。



■私がブログを書くときに意識している5つのポイント


自分のこだわり部分を少し紹介すると、書く時に気を付けているのは、「カレ」、「ピリ」、「ノリ」、「コク」、「テク」の5つです。この分類は完全オリジナルです。

カレは、読み手のイメージです。全員が満足する内容は用意できないので、どんな人に読んでほしいのかを明確にイメージします。このツボ日記は、始めた当初(もう10年以上も前)は、患者さん向けに書いていましたが、今は同業者の方を意識して書いています。ただし、患者さんが読んでも大丈夫な体裁になるようにしています。

ピリは、着眼点です。日常や普段、気が付かないこと、思い付かないこと、話題にしないことに触れる行為です。ピリがないと当たり前な話に感じます。ただ、読み手のことを考えずに書くとピリピリした内容になるので注意しています。

ノリは、自分が気持ちを乗せて書くという意味が一つ。もう一つは、読み手の気持ちを乗せる言葉の選び方や文章の運びの意味です。「気が付いたら最後まで読んでしまった」と誘い込めたら最高なのです。

コクは、書き手の人間性です。文章に自然と出てしまう人間味です。普段の自分が出てしまうので、普段の思考や行動から気を付けるようにしています。

テクは、テクニックです。スラスラと読み進められる文章を書くには、リズムやテンポが必要です。相手の頭の中にスッと入っていく文章が書けたらいいな、と思っています。



■鍼灸師は、鍼灸のスキルだけでは食べていけない現実


鍼灸師を仕事にするというのは、「最低でも鍼灸をする」ということでしかありません。鍼灸だけやっていても生きてはいけません。もし、そういう環境があるならば、とても恵まれた環境です。うちの鍼灸師は、私を入れてスタッフは6名ですが、誰一人として鍼灸のことだけ考えていれば大丈夫な環境を手にしていません。

免許だけでは食べられません。人間性が大事という抽象的な話で片付けられてしまっても困ります。鍼灸の他にどんなスキルが必要なのか具体的に示してくれる人が必要です。そういう事情もあって、率先して情報発信をするようにしています。

今、月に1回経営セミナーの講師をしています。鍼灸師の他、柔整師、整体師、セラピストなど、いゆわる治療家と言われる人たちが参加しています。そこでお伝えしている内容は、具体的なスキルです。この勉強会に参加してくださっているのは、患者さんのことを真に思って施術している方だけです。

思っていても、私たちの気持ちがそのまま患者さんに伝わるとは限りません。誠実であれば繁盛するわけではありません。だから、私たちの想いと患者さんを結びつける必要があります。そのために必要な情報発信の方法を一緒に考える会です。

「その勉強会に参加者するには、どうすればいいですか?」

と何度か訊かれましたが、新しい募集の予定はありません。改めて似たような機会を設けるかもしれません。残りの4ヶ月、25名の仲間と高め合っていきます。

深谷駅に向かう谷地先生と小松田先生


もし、よろしければ小松田先生のブログもぜひ。
養気院訪問記を読むことができます。

◎養気院訪問記<前編><中編><後編


【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 13:09│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本