2005年01月25日

ツボで花粉症対策

今年のスギ花粉の飛散量が昨年の15〜30倍になるという予測がされて、花粉症対策にてんやわんやのこの時節。

当院でも、最近になって花粉症対策を望む患者さんが目立つようになりました。花粉症に悩む方にとっては最悪の春になってしまいそうですね。外出をしない人が増えて、景気を悪化させると予測する学者もいるようで。

せっかく回復傾向にある景気が悪化してはみんなが困ります。
そうはならないよう、花粉症対策のツボをたっぷり紹介します。

■東洋医学は強い味方
東洋医学で花粉症に対応するとき、まず肺の臓と肝の臓に着目します。東洋医学でいう臓器は近代医学で言われているものよりも概念が広く、たとえば肺なら鼻や皮膚、水分代謝などの機能も含みます。肝の臓は、目にも深く関わっています。この他にも、体の水分代謝が悪い人が花粉症になりやすい傾向にあるようです。

難しい話は省略して、花粉症になりやすい人を挙げてみます。

 1.ストレスが多い人
 2.呼吸器の弱い人
 3.消化器が悪い人
 4.偏食の人
 5.睡眠不足の人
 6.運動不足の人

4〜6は、ツボで対処できませんが、1〜3はツボが強い味方になります。

花粉症になりやすい季節は春と秋ですが、春は1との関わりがより深くなり、秋は3との関わりが深くなります。今度襲ってくるスギ花粉は春ですから、特にストレスとの関連が深いと言えます。

まず、何よりも心理的に楽に過ごすこと。これが大切ですね。
ストレスが原因で肩こりになっている方もたくさんいると思います。そういう方は肩こりをとってあげると花粉症が緩和します。

そこで、肩こりに効果のあるツボ療法を紹介します。
使うツボは天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)。
細かい場所は考えなくても、この2つのツボを刺激できるよい方法を教えます。

蒸しタオルを用意します。

電子レンジを使うと30秒くらいで作れます(清潔なタオルをぞうきんのようにしぼって、電子レンジで約20〜30秒)。

この蒸しタオルを後頭部にあてます。だいたい頭蓋骨と首の骨のつなぎ目付近です。押して気持ちのよいところでかまいません。ここを温めて筋肉の緊張を和らげます。ここが和らぐと、僧帽筋という筋肉がやわらかくなって、肩こりが軽くなります。蒸しタオルが冷めてしまったら何度か繰り返してもかまいません。

肩こりの次ぎは目と鼻に効くツボに刺激を与えます。
今度は少し温度をひかえめにした蒸しタオルをつくります。顔は熱すぎるとやけどしますので。その蒸しタオルで、印堂(いんどう)と迎香(げいこう)を刺激します。

印堂は目と目の間(ギバちゃんのシワのところです)、迎香は小鼻の左右にあります。仰向けになって、蒸しタオルを目と鼻を覆うようにかけてください。鼻の穴を空けておかないと息苦しくなるので注意。

この方法で目の周辺から鼻の周辺のツボが刺激されて「気」の通りがよくなります。

後頭部も、目と鼻の蒸しタオルも「気持ちよい」程度に。あまりやりすぎてもいけません。

症状が出ていない時も、繰り返すことで徐々にツボ効果を得ることができます。蒸しタオルをしながら、気持ちよく指圧すると効果倍増です。あまり、ツボの位置にこだわらず、気持ちよいところであれば効果が期待できます。

この方法は、症状が激しい時でなく、軽いうちに繰り返し行っておくことで効果が得られます。
また、手のひらの中央には労宮(ろうきゅう)というツボがあって、ここも花粉症に効果があります。普段から手のひらをマッサージしておくとよいです。


実際の鍼灸の治療では、お一人お一人の体質に合わせてツボを決めています。
花粉症はなってからではなく、なる前の治療が大切で、症状がでていないうちが勝負だと言われています。症状が出てしまうとどうしても、対症療法になってしまって、根本を治療できないからです。

運動もしてください。

足の裏の湧泉(ゆうせん)というツボも刺激すると精神の疲労回復に役立ちます。時間がない方は青竹踏みでもよいです。現代人は足裏の刺激が少ないので、足裏を刺激は必須かもしれません。

参考にしてください。
花粉に負けない体を一緒につくりましょう!

花粉症関連最新記事:花粉症の原因が「ストレス」では納得できない

ranking←クリ助のツボ(1日1押ししてもらえるとクリ助の元気ランクが上がります。いつも応援ありがとうございます!)

このブログのトップページに戻る▲

yoki at 18:11│Comments(5)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 ツボ(経穴) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 花粉症対策編!  [ Message... ]   2005年01月25日 22:56
今年は花粉の飛散する量がとても多いことはわかりましたが、そもそも花粉症とは何なの...

この記事へのコメント

1. Posted by kei   2005年01月25日 22:53
はじめまして!TB有難うございます。
ツボで花粉症対策が出来るんですね。それにストレスが影響するとは知りませんでした。私は肩がよく凝るんですが、早速蒸しタオルを使って試してみようと思います。花粉症も軽くなれば良いんですけど!
2. Posted by 右京大夫   2005年03月16日 23:36
抗アレルギー剤を飲んでしのいでいますが、いい話を読ませていただきました。早速ためしてみます。
3. Posted by thanks-mail   2007年01月31日 17:20
現在、カリフォルニア州に留学している学生です。
まだ、1月末だというのに花粉症に悩まされ始めました。
こっちの病院に行くのも不安だし、かといって薬に頼るのも嫌だ。
何かないかと検索しているとこのページに辿り着きました。
半信半疑でやってみると、目のかゆみ、はなずまりが顕著に、くしゃみ、鼻水が僅かながら改善されました!
花粉症は、物事に集中できなくなり授業にも悪影響を及ぼします。まさか、アメリカまで来て、花粉症に悩まされるとは思ってもみませんでしたが、
栗助さんのおかげで、この問題は解決できそうです!
どうもありがとうございました!
4. Posted by thanks-mail   2007年01月31日 17:21
5 評価忘れてました・・・
もちろん5です。
5. Posted by クリ助   2007年02月04日 21:57
>thanks-mailさん

カリフォルニアでも花粉症ですか…!アメリカの花粉状況は全く知らないのですが、そちらで発症するといろいろ大変ですよね。

私が書いた記事が役立ったということで大変嬉しいです。カリフォルニアからご報告ありがとうございます。「Diary of TSUBO International」になったような錯覚です。

日本語で書いたブログだから、外国在住の日本人も読めるのは当然ですが、なんだか不思議な感じ。特に毎日鍼灸院にこもりっきりですから(笑)

また、何かでお役に立てれば嬉しいです♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本