2005年04月06日

クリ助の鍼に疑惑浮上

frog「鍼の先に薬がついているんですか?」

坐骨神経痛の治療をした時によくある質問とその回答です(FAQ)。

鍼灸師の私にとって、衝撃的な質問です。

鍼に薬が付いているわけないですから〜!

と、心の中では、ついつい思ってしまうのですが、(^^;)
鍼灸がまだまだ一般的ではない証拠です。こんな質問は素朴で大好きです。でも、こういう質問がなくなるように鍼灸を普及させたいな、って思いながら患者さんには丁寧に説明するようにしています。このブログも役に立つことを願っています。

もちろんのことながら、鍼灸用の鍼に薬はついていません。
坐骨神経痛の患者さんが指している薬は、鎮痛剤のことだと思います。

そんな質問をしてしまう理由は、鎮痛剤でも付いているのではないかと思うくらい

効いた!

と思ったからでしょう。

私のような青二才鍼灸師にとって、このヘンテコな質問(←失礼承知です)は結果的に最高の褒め言葉になっています(笑)

鍼灸にかかれば坐骨神経痛の痛みはほどんどのケースで直後に緩和します。それだけ鍼灸という道具が優れているということです。オートマチックに効くって感じですよ。ツボを外さなければ、痛みの方から勝手に逃げていくように効いてきます。

不通則痛(ふつうそくつう)、通則不痛(つうそくふつう)

という言葉があります。
これは「巡りが悪くなれば痛みが出て、通りがよくなれば痛みませんよ」ってことです。鍼は言ってみれば「通すための道具」です。東洋医学の言葉でいうと「気を通す」ということになるのですが、体内で循環する物質が滞りなく流れるようにするという意味です。

つまり、体内のエネルギーと物質の循環が改善されると痛みが取れます。

誤解のないように付け加えておきますと、鍼は痛みを取るだけの道具ではありません。「流れ」を改善させる道具です。流れを改善させて、いろいろな病気を治療するのです。あんなシンプルな道具で治療できるのですから不思議です。でも、本当に不思議なのは人体の方です。神秘的ですね。

今度はどんな質問があるだろう…新種の質問が楽しみです♪
またブログのネタにしてしまうと思います(^^)v

鍼灸の適応疾患一覧

ranking←クリ助のツボ(1日1押ししてもらえるとクリ助の元気ランクが上がります。いつも応援ありがとうございます!)

このブログのトップページに戻る▲

yoki at 22:25│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by じょこきち   2005年04月07日 12:08
コメントありがとうございました。
早速、遊びにきました。鍼灸には関心があります。
うつ病患者は肩こりや腰痛の方が多いようなので
すが、鍼灸は効果あるのでしょうか。
自律神経の乱れからくるものなので結構効果あり
かもしれないですね。
近くであればお願いしたいところですが、群馬で
は通えそうにないですね。関西ですので。
HP拝見しましたが、良心的な営業をされている
ようで関心しました。
鍼灸師とインターネットという組み合わせも面白
いですね。これからも拝見させて頂きます。
追い越せ、広島波動整体院!ですね。
最後にあの眩しいアイコンをクリックして帰りま
す。それでは。
2. Posted by クリ助   2005年04月07日 22:02
> じょこきちさん
訪問ありがとうございます。肩こりや腰痛には効果テキメンですよ。自律神経の機能を整えることができるので、うつ病にも鍼灸はイイですよ。得意としている先生もたくさんいます。

肩こりや腰痛がとれるだけでも、体が楽になるので心にもプラスになるでしょうね。関西は鍼灸のレベルが高いので、きっとお近くによい先生がいると思いますよ。ぜひ一度鍼灸をお試しください。

私もじょこきちさんに投票しますね。今後もよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本