2005年11月19日

逆子が直る(治る)確率

<ある助産師さんの反応>

Aさんは逆子で来院され、逆子がすぐに直りました。現在は、安産のために週1回のペースで通っています。

そのAさんが、お友達の助産師さんに鍼灸を受けたことをお話したようです。その時の様子を話してくれました。「クリ助さんは気分悪くされるかもしれませんが…」という前置きがありましたので、ちょっとドキドキしながら聞いてみました。

Aさんが、「鍼灸をすると8〜9割くらいは直るみたい」と言ったところ、助産師から「何もしなくても、それくらいは直るんじゃないかしら」と返ってきたようです。

それを聞いて、Aさんは「せっかく逆子が直っていい気分になっていたのに…!」と気分を害されたとのこと。Aさんは私の味方になってくれたので、私もAさんの肩を持ちたい気持ちです。でも、助産師さんの言い分も一理あると思いました。そもそも8〜9割は私の経験値でしかありません。助産師さんのツッコミは妥当です。でも、直って喜んでいる妊婦さんに言う言葉ではないと思います。

助産師さんは、逆子になる妊婦さんのうち8〜9割は直るのは当たり前という意味で発言しています。一方、私の言った8〜9割という経験値は、逆子体操や寝る向きを工夫しても逆子が直らない妊婦さんが直る確率です。逆子になってすぐに直る方は鍼灸院に来ませんから。

 自然に治る妊婦さんは鍼灸院に来ることは少なく、
 治りにくい妊婦さんが鍼灸院に来て、7〜8割くらい治っていく

(8〜9割は治療を継続された場合。1回で諦めてしまわれる方もいますので、全体では7〜8割になります。)

ということなんです。

逆子体操はどうなんでしょうか。これも信頼できるデータがほとんどありません(論文を知っている人は教えてください!)。逆子体操と鍼灸を比較検討したものがあれば、一番よいのですが、このような論文も知りません。

<鍼灸の有効性を証明するために>

統計的に説明はできなくても、逆子に鍼灸が有効であることは、多くの鍼灸師が経験しています。効果を否定することの方が難しいでしょう。私自身の経験でも、確かに効果があると確信しています。堂々と「鍼灸は効果があります!」と言いたいころですが、統計的に証明した方がよいと思います。

でも、困ったことに、統計をとるのが極めて困難なのです。

 直った人数
 ─────
  来院数

では正しい確率にならないからです。「何もしなくても直るような人ばかりが来院したかもしれない」とつっこまれたらおしまいです。

統計をとるなら、逆子になった妊婦さんを“鍼灸を受けるグループ”と“何もしないグループ”に分ける必要があります。このようなことは産科の協力がなければできません。鍼灸師の力だけではどうしようもありません。

私から積極的に仕掛ける準備をしているところです。

〜直ると治る〜
赤ちゃんの姿勢が直ると考えれば、「逆子が直る」
お母さんの体調が整って治ると考えれば、「逆子が治る」

<関連>
逆子になったら
逆子になったら2
予約の向こう側−逆子の場合
逆子(骨盤位)−鍼灸適応症
逆子治療の体験談

ranking←クリ助のツボ。逆子を直すツボではありませんが…

yoki at 10:15│Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 妊婦・出産・逆子 | 鍼灸

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Chab   2005年11月19日 19:55
あ〜、どこにもそういう人居ますよね。
喜びに放水する(水をさすどころではない)人って。
鍼灸師の力を認めてしまうと、自分の助産師としての立場が
危うくなるとでも思ったのでしょう。
助産師だって、産婦人科医から一段低く見られて
悔しい思いをしていた時代だってあるはずなのに・・・・・。

私もクリ助さんの、「鍼灸で逆子が直る」という意見に大賛成です。
妊婦には鍼灸ですよ。間違いない。
2. Posted by ジャッカル   2005年11月19日 21:28
治りにくい逆子が鍼灸で治ったのか、もともと治りそうだった逆子が自然に治ったのか。

これはムズカシイ話ですね。

それにAさんの逆子が何もしなくても治るレベルだったのか否かも分からないし。

助産師さんの言葉は「鍼灸で逆子が治ったのかどうかは分からないよ」って意味でしょうけどね。

「鍼灸しなくても治った」とまでは言い切れないなら余計なことは言わなきゃいいのにね。この助産師さんはプロとしては失格ですね。

鍼灸師にとっては当然のことでも、素人(鍼灸師以外のプロ含む)には理解出来ないことは沢山ありますから。

鍼灸師なら鍼灸で治ったと思うケースでも、素人はそうは思わない場合もある。

私達治療家はいちいち証明するのが仕事ではないですから。地道に治療効果を上げるしかないですね。

3. Posted by クリ助   2005年11月19日 22:21
>Chabさん
>ジャッカルさん

コメントありがとうございます。
Chabさん、味方になってくれてありがとうございます。口だけの鍼灸師にならないよう、ジャッカルさんのいうように、地道に治療効果を上げていこうと思います。

この助産師さんのお話から、「医療者が発言するときには慎重にならなければならない」ことがよくわかりました。明日は我が身、気を付けようと思います。
4. Posted by かもめ   2006年03月13日 15:32
数は多くありませんが、たまに逆子の治療をします。実際、よく治ると思います。有効率は一番じゃないでしょうか。よっぽど、膝、肩とかの方が治しにくいですよね。(笑)ただし、やっぱり臨月だとちょっと厳しいかな、と私も思います。胎児は回りたくてもひっかってしまうようですね。私の兄が産婦人科の勤務医でして、数年前、逆子の話になったとき、「俺も病院でお灸で治療してるよ。よく治るよ、8割くらいの感じかな。」と言ってましたよ。
もっともっと、このことを知ってほしいもんですね。
5. Posted by クリ助   2006年03月18日 16:13
>かもめさん

お兄さまが産婦人科医なんですね。それは羨ましいです。私は「情報を入手する先があればいいな」っていつも思っています。

実際、逆子の治療に興味をもっている産婦人科医って少ないと感じています。逆子体操で治らなければ仕方ないと考えている先生が多い気がします。

もっと、鍼灸が逆子治療に有効だって世間に広めたいと思います。まずは、私の治療院で結果を重ねないことには先に進みません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本