2006年03月31日

鍼灸師の収入(3)−就職vs独立開業

夢を抱いて鍼灸師になった。

「こんな収入のはずじゃなかった。」

と後悔する人、少なくないかもしれません。
低収入を覚悟していた私でさえ、そうでしたから。

検索サイトで「鍼灸 収入」と検索してみたら、初任給は20万円なんて書いてあるところが多いです。でも、実際はそんなにもらえないと思います。もし20万円以上の給料がほしいなら、鍼灸はできません。

ここだけの話、鍼灸師になっても鍼灸ができない現実があります。マッサージができる就職先はたくさんあるのです。マッサージなら初任給20万円と書かれいても違和感はありません。

ということで、初任給で見ると明らかに「鍼灸<マッサージ」なんです。少なくとも、私の就職活動の経験ではそういう結論になってしまいます。

そもそも鍼灸ができる就職先なんて滅多になかったのです。今はどうなのでしょう…。学校にたくさん募集が来ましたが、そのほとんどがマッサージ業務です。就職活動中は「はり師・きゅう師」の国家資格って何だろう…と思うことがしばしばありました。

よい就職先がないなら、独立開業だ!

というほど、思い切ってはいませんが、半ばそんな感じで独立してしまったクリ助です。待っていたのは厳しい現実。それもそのはず、「鍼灸がしたい」という気持ち以外は何もなかったのですから。物事には準備というものが必要です。それを無視すればやっかいな目に遭います。

今だから言えますが、電気もガスも止められた時期がありました。
ネタではありません。

それでも「鍼灸がやりたい」と思い続けられたのが私の唯一の才能かもしれません。思っていれば何かしらのアイデアは浮かぶものです。そのアイデアのほとんどは失敗に終わるのですが、10回に1回くらいはヒットしました。その一部始終は前に書いたことがありますので、興味のある方は読んでください。→鍼灸師のお仕事



これから鍼灸師を目指す人のためには、嘘でもいいから「もうかりまっせ!」と書いておいた方がよかったかもしれませんね。鍼灸師の卵を絶望させる内容を書いている自分に気が付きました(反省)。

大丈夫です。
コツコツやっていれば、
生活はできます。結婚もできます。国民年金も払えます。

結局のところ、収入という観点で選ぶ仕事ではないよ、ってことだけがいいたかったのです。やりがいを重視する人、技を極めたい人に向いている仕事だと思います。

お金以上のものが手に入ります♪

と、無責任にも言い切って終わってみます。→鍼灸師の収入(4)

ranking←クリ助のツボ。あなたには押す価値があるから。

yoki at 23:25│Comments(20)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸師の裏話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かもめ   2006年04月01日 12:47
10年前開業をしたとき、周囲からは心配されました。「本気で鍼灸だけでやってゆくつもり?」と。

実際、2年くらいは大変でしたね。家族もいるし、返済もあるし、患者は来ないし…。

待っててもしょうがないから、チラシを作って自分でポスティングして歩いてました。予約の電話が入ると治療室に飛んで帰って、そんなでしたね(^^;

縁あって来られた方、一人一人の治療を誠心誠意やり続ければ必ず地域の信頼が得られると思います。
2. Posted by クリ助   2006年04月01日 22:38
>かもめさん

かもめさんも最初は大変だったんですね。
就職活動をしているとき、「将来は鍼灸でやっていこうと思っています」みたいな志を言ったら、「そんなのムリムリ」という態度をとられたことを覚えています。鍼灸大好きの私は、鍼灸と自分を二重否定されたような気分になり、とても悔しい気持ちになりました。

鍼灸はすごいんだから、鍼灸でやっていこうと思って何が悪い!

って、私の心の中はたいへん荒れていました(笑)

かもめさんのおっしゃる通り、待っていても事態がよくなるわけではありませんから、行動あるのみですよね。すごいな、って思う先生は行動力が違います。

かもめさんのように、私も誠心誠意やっていこうと思います。鍼灸ができることだけでもありがたいことですから。本当に感謝感謝。

いつもコメントありがとうございます。
3. Posted by ヒロ   2006年04月04日 17:25
僕は鍼灸師に夢を見すぎていたのかもしれません。

どうしても自由診療なので儲かるイメージがあります。でも実際はマッサージ主体なんですよね。

そこでクリ助さんとかもめさんにお聞きしたいのですが鍼灸一本でマッサージ無しで開業してる鍼灸院だと1日何人くらい入れば繁盛なのでしょうか?

お二人の主観で結構ですのでお答えくださいm(__)m
4. Posted by なちゅら   2006年04月04日 22:01
お久しぶりです。
クリ助さんの「お金以上のものが手に入ります♪」にうたれました〜♪
ほんとそうですね。鍼灸師たるもの。

追記:ブログ引越しました。
URLに新アドレスを記載しましたのでリンクのアドレス変更をお願い致します。
今後ともお付き合いのほどよろしくお願い致します。
5. Posted by クリ助   2006年04月04日 23:01
コメントありがとうございます。

プライベートなことなのですが、本日クリ助ジュニアが誕生しました。慌ただしくなっていますので、落ち着いたらお返事しますね。

夫として、鍼灸師としてお産に立ち合った感想なども、次の機会に書こうと思います。感動的なシーンは、まさにお金以上のものが手に入った瞬間でした☆
6. Posted by ヒロ   2006年04月05日 01:06
5 クリ助さんおめでとうございます(≧∇≦)/ ハハハ
7. Posted by かもめ   2006年04月05日 09:43
クリ助さん、おめでとうございます。(^0^
ヒロさん、質問の件、ちょっと待っててくださいね。夕方くらいには返事できると思います。
8. Posted by かもめ   2006年04月05日 17:24
ヒロさんへ、かもめより

まず、「繁盛」という言葉ですが、人数では図れないですね。たとえば、1日50人でもスタッフが多く、テナント料も高かったら赤字になるかもしれません。逆に数人でも経費がかからない方法でやれば、自分1人の食い扶持くらいは稼げます。でも、1日2,3人ではちょっと寂しいなぁ。

私の場合、家族4人の生活がかかっているし、テナント借りているので1日10人くらいはやらないと苦しいですね。「繁盛どころか、楽ではない!」というのが実感ですよ。

現実は、マッサージ主体の治療院の方が繁盛しているところ、多いと思います。でも、鍼灸が好きで一生懸命やれば食ってはいけますよ。とてもやりがいがあるし、クリ助さんが言われるように、収入以上の何かが得られる仕事だと思います。
9. Posted by なちゅら   2006年04月06日 15:35
それはそれは、おめでたい〜♪
ごまちさんにもよろしくお伝え下さい!!
今後、クリ助先生のお産立会いの報告のお話も楽しみにしています!
>感動的なシーンは、まさにお金以上のものが手に入った瞬間でした☆
・・・あ〜、いいフレーズ〜☆ 私もその言葉で幸せになれます!
10. Posted by クリ助   2006年04月06日 17:00
>みなさん

お祝いのお言葉ありがとうございます。
おかげさまで妻も息子も元気です♪

幸いなことに、妊娠中、出産直前、出産中、出産直後、すべてのシーンで妻に鍼灸をすることができました。

まだ1回きりですが、お産の一部始終に関われたことで色々な発見、気づきがありました。鍼灸師からみたお産というテーマで、投稿することを予定しています。
11. Posted by ヒロ   2006年04月06日 17:14
5 かもめさんありがとうございますm(__)m

お金では買えないもの→患者さんの感謝の気持ちですね!

よく考えてみると人に感謝される仕事って少ないかもしれないですね☆
12. Posted by クリ助   2006年04月06日 17:21
>鍼灸一本でマッサージ無しで開業してる鍼灸院だと1日何人くらい入れば繁盛なのでしょうか?(ヒロさんの質問)

家族を養っていけるという話では、かもめさんと同じ見解で1日10人くらいが目安になると思います。

自由診療なので、少ない人数を丁寧に施術スタイルと、大勢の患者さんをコンパクトな施術で対応するスタイルなど方法も自由です。料金設定も自由です。

1日10人というのは、相場の料金設定で行った場合ですね。価格をグンと下げて、たくさんの患者さんをテキパキと診ている鍼灸師も知っています。逆に、一日数人だけど、施術料を高くして丁寧に診る鍼灸師も知っています。(つづく)
13. Posted by クリ助   2006年04月06日 17:32
ただし、安くすればたくさん来て、高くすれば少なくなるという単純なものではありません。どのようなスタイルでも、ニーズがなければなりたちません。ニーズを知ることも、ニーズを探すことも必要です。さらにいえば、ニーズを作り出せたら繁盛するでしょう。

私は、おかげさまで毎日多忙な日々を送っていますが、それでも「繁盛している」と思ったことは一度もありません。

開業鍼灸師が忙しいのと、ラーメン屋の店主が忙しいのでは、質が違うかもしれません。ラーメン屋が忙しいと「2店舗目つくるか!」なんて話になるかもしれませんが、鍼灸ではそういう展開は難しいですね。

また、接骨院さんが分院というカタチで業務を拡大することが多いですが、鍼灸院が分院を作るのはたいへん難しいことです。また、作りたいと思う先生も少ないでしょうね。自ら患者さんに接し、直接感謝されることが鍼灸師の醍醐味ですから♪
14. Posted by ヒロ   2006年04月08日 01:39
クリ助さんご意見ありがとうございますm(__)m

もし鍼灸のみの治療院でスタッフの人が2〜4人くらいで1日30〜50人くらいお客さんが入る治療院があったら資格取得後に弟子入りした方が良いんですか?

これから先、僕や友達が鍼灸師になる事があった時の為に色々お聞きしてすいませんクリ助さんかもめさんm(__)m鍼灸師に憧れ始めた今日この頃の僕です。
鍼灸院は3年持てば良い方とか、開業率と廃業率がほぼ同じくらいで水準はだいたい一定って聞いた事があります。厳しい業界だと思いますが、でも技術や人間的魅力を磨ける業界だと…つづく
15. Posted by ヒロ   2006年04月08日 01:49
思いました。

弟子入りするなら給料安くても実になる先生についたほうが良いですよね♪中々近くにみつからないのが現状なのでしょうが…

同じ3年でも質が違えばできる事も違ってきますよね。僕は空手をやっていたのでその辺は痛いほどわかります。
16. Posted by クリ助   2006年04月08日 22:34
>もし鍼灸のみの治療院でスタッフの人が2〜4人くらいで1日30〜50人くらいお客さんが入る治療院があったら資格取得後に弟子入りした方が良いんですか?(ヒロさんのコメントより)

このような治療院はすごいと思います。でも、弟子入りすべきかどうかは数字だけでは決められません。治療方針や技術が自分にふさわしいかどうかを十分に検討する必要があると思います。

もし私なら、その治療院に患者として行ってみます。自分が納得できない治療なら弟子入りしてもストレスばかりがたまってしまうかもしれませんよ。

流派が違うと得意疾患や治療スタイルがガラリと変わります。まず患者として色々な鍼灸を受けに行くことをおすすめします。どんどん行ってみてください☆
17. Posted by かもめ   2006年04月09日 21:33
ヒロさんへ。

そんなにいい所なら私が行きたい。(笑)

結果を恐れず、ここ!と思ったらどんどんチャレンジしてください。

失敗や、挫折を味わったとしても、それはそれでいいじゃないですか。

いろいろ経験することが将来の貴重な財産になると思いますよ。
18. Posted by ヒロ   2006年04月09日 23:33
5 クリ助さん、かもめさんありがとうございますm(__)m

よく考えてみます☆
19. Posted by 匿名希望   2008年01月29日 19:12
鍼灸師は給料安い。
仕方ないっすよ。
鍼灸師で稼げるのはごくわずか・・・。
20. Posted by クリ助   2008年01月29日 21:58
>匿名希望さん

理想論かもしれませんが、みんなが「ごくわずか」を目指して鍼灸のニーズを切り開いていくしかありませんね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本