2006年04月17日

鍼灸師とお産(1)

出産祝いわたくしゴトなんですが、4月4日に息子(第一子)が生まれました。
たくさんの方から祝福していただき、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。

ありがとうございます☆

親になった“思い”も溢れるほどあるのですが、このブログでは鍼灸師としてクリ助が思ったこと、感じたことを書こうと思っています。鍼灸師として、出産っていいものだよ!って伝えたいです。

今回はそのプロローグです。

「立ち合い出産」が行われることが多くなりましたが、私は立ち合うだけでは満足できそうになく、参加させてくれー、って思いが強かったです。嬉しいことに、その願望は叶いました。出産の一部始終を間近でみることができたのです。この喜びは文章には書き表せませんので、素直に書くのはあきらめます。

すぐにでも、その全貌を書きたいのですが、その前に、お伝えしなければならないことがあります。それは、フリースタイル出産についてです。

言葉の通り、自由な出産です。

今では分娩台が当たり前になっていますが、昔は分娩台はありませんでした。だから、本来は使わずに産む方が自然なはずです。でも、いつの間にか分娩台が常識となってしまったようで…。

フリースタイルと近い意味で使われる言葉にアクティブバースがあります。簡単にいうと産む側(母)を主役にしましょうという概念です。分娩台は、医療者側の都合でデザインされているもので、アクティブバースと相反するものです。

こうしたフリースタイルやアクティブバースを実践する産院は少ないのですが、運がよいことにクリ助宅から通える距離にありました。自然な出産スタイルを追求する先生に出会い、鍼灸師であるクリ助は心が弾みました♪フリースタイルなら、鍼灸をやるのも自由かもしれないと思ったからです。ダメって言われたらどうしようと内心ドキドキしていましたが、産院であっけなくOKをもらえて拍子抜けしました。

この書き方ですと、出産の時だけに鍼灸をするみたいですが、日頃のケアの方が大切です。出産の場だけで鍼灸をして…というのではうまくいかなかったでしょう。

日頃のケアに関して、誤解をされていたのでは、と気になることがあるのです。妻は産む直前まで私と一緒に鍼灸院で働いたので、それを見ていた患者さんは「お腹の大きい妊婦に仕事をさせてヒドイ!」と思っていたかもしれません。私もあえて説明はしませんでしたからね。

でも、すべて安産のための作戦だったのです。直前まで適度な運動をしていたからこそ、安産だったと思います。陣痛開始から約3時間で息子と対面できました。もちろん、安産だったのは支えてくれた皆さんの力があってこそです。本当にありがとうございました。生活の指導をしてくださった産院の先生、助産師さんにとても感謝しています。

つづく→鍼灸師とお産(2)

ranking←クリ助のツボ。少子化対策に一票(?)

yoki at 00:05│Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 妊婦・出産・逆子 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Chab   2006年04月17日 09:20
待ってました!
ご出産、本当におめでとうございます。

アクティブバース、いいですよね。
私も望んでいましたが、
通っていたのは産婦人科「医院」でしたので、
到底無理でした。

そして、自宅や助産院での出産に対する
周囲の拒絶を説得し切れませんでした。

ぜひぜひ、続きが聞きたいです!
2. Posted by クリ助   2006年04月17日 11:03
>chabさん

ありがとうございます。
出産の価値観ていろいろですよね。周りの理解を得ること一つとっても大変なことかもしれませんね。

このブログでは、感じたまま、既存の価値観にとらわれず自分の言葉で書いていこうと思います。
3. Posted by かもめ   2006年04月17日 19:36
へぇ〜、そんな出産法があるんですか。子供2人の父ですが全く知りませんでした。
3人目で体験したいところですが、妻も私も高齢で(笑)無理でしょう。
クリ助さんの今後の記事が本当に楽しみです。^^)
4. Posted by クリ助   2006年04月17日 21:27
>かもめさん

具体的に書いていく予定なので、待っていてくださいね♪
5. Posted by 爽健美茶   2006年04月17日 22:28
おめでとうございます!!
なんと私の鍼灸の先生も去年の4月4日に男の子を出産されてたんです〜(^^)おめでたい偶然ですね
妊婦さんへの鍼灸って本当によく聞きますけど、実際に治療されているところに遭遇したことがありません。
でも、自分自身が女性であり、とても身近に感じられることですので興味があります。
人間の不思議をすごく感じます。
クリ助さん、ブログの続きをお待ちしております(^^)

6. Posted by クリ助   2006年04月17日 22:52
>爽健美茶さん

偶然ですね(*_*)
息子とちょうど1歳違いになりますね。

妊婦さんの鍼灸って本当によいです!
薬を使いにくい時期だけに、鍼灸の本領発揮ってところです。でも、残念なことにまだまだ一般的になっていないと思うのです。

ぜひぜひ、身近に感じてください。妊婦さんの治療をできるだけリアルにお伝えしたいと思っています。また読んで下さいね。
7. Posted by osan03   2006年09月18日 02:36
始めまして、他の方のブログを拝見していましたら目に入りました。‘お産’と言う言葉にすぐ 反応してしまいます・私は‘産婆’をしています!良いお産をした人の妊娠中の生活に関心があり、読ませて頂きました。
8. Posted by クリ助   2006年09月18日 23:32
>osan03さん

読んでいただけて光栄です。
専門家の方はどんなふうな印象をもたれたのか、とても興味があります。

妻はいたって普通でした。普通に仕事して、普通に動いていましたよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本