2012年10月11日

活法の視点! 中心を整える方法=歪みを治す方法

活法の視点! 歪みと動きの中心
活法の視点! 動作における中心の位置と半径
活法の視点! 整体で整えるべき中心「正しい姿勢とは?
と合わせてお読み下さい。


活法で中心を取り戻す


前回の記事で、「静的バランスと動的バランスが一致している」理想モデルと、「静的バランスと動的バランスが一致するとは限らない」現実モデルを提案しました。

経験上、理想モデルが通用する体の方が治療がラクです。体を真っ直ぐにすれば症状が改善するからです。実際に、改善する例は多数あります。

しかし、そうでない場合があります。「骨盤を整えてもらったのに腰が治らない」とおっしゃる患者さんも見受けられます。

こんな時に役立つのが現実モデルです。「動いている時の中心がどこなのか」という視点を加えるだけで解決の糸口が見つかることがあります。

見た目は問題ないのになぜか症状が取れない。そんな時、中心をズラすと劇的に症状が改善することがあります。


活法_動的安定(動きの調整)


中心を整えるための理論は、実にシンプルです。本来の中心で身体を動かすだけです。患者さん自らが動くことで本来の位置に戻す方法と、術者が患者さんの身体を動かす方法の2つがあります(具体的な方法はセミナーで)。

活法の視点から見ると、次のような注意が必要です。

動的に安定している(無理なく動ける)のに、見た目の中心に合わせようとすると動きが悪くなるのです。「矯正は成功したのに症状は悪化」という事態を招きます。


活法_静的安定(見た目の調整)


人は誰でも生まれながらのクセ(曲)があります。そのクセ(曲)を補正するためのマガリ(弯)は必要なものです。必要でないものはユガミ(歪)です。

患者さんを見たとき、それがマガリ(必要なもの)なのか、ユガミ(必要ないもの)を判断するのは、動きです。動きの観察やテストで判断します。

碓井流活法では「ユガミのない心と身体を目指します。理想な姿勢は、真っ直ぐに見えることではなく、時と場合に応じた姿勢です。時と場合によっては、それが真っ直ぐになるだけです。

続けてきた活法理論ですが、そろそろ大詰めです。
次回は、鍼に応用しやすい理論の話です。

(つづく…鍼灸で中心を整える方法


【投票ボタン】2つのランキングに参加中
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  


PR【マル秘テクニック公開セミナー(上半身編)】
 日時:10月21日(日) 11:00〜17:30(受付10:30〜) 
 会場:ホテルサーブ会議室(東京都目黒区)
 定員:残り若干
 料金:12,000円(活法研究会会員 10,000円)
 詳細活法研究会


【PR】活法研究会
鍼灸師のための古武術整体(活法研究会)

yoki at 16:00│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活法 | 鍼灸

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本