2016年01月20日

『秘伝』の活法(かっぽう)

今回は『秘伝』の活法です。

『月刊 秘伝』という雑誌をご存じでしょうか。武道と武術をテーマにした、ちょっとマニア向けの雑誌です。全国の本屋さんで購入することができます。もちろん、アマゾンでも。

先週発刊された2月号に、活法研究会の設立秘話が5ページに渡って載っています。古武術から生まれた伝統療法をどのような縁で継承することになったのか、経緯を紹介しています。

『月刊 秘伝 2016年2月号』
『月刊 秘伝 2016年2月号』



■活法に砕かれたプライド

話は、活法研究会代表の橋本のプライドが、ある整体師によって打ち砕かれることから始まります。プライドを捨てた橋本は、その整体師に教えを請うことになり、それがきっかけとなり、その後師匠となる碓井誠先生に出合うのです。その後、碓井先生の技量をまざまざと見せつけられ、一念発起。本気の活法修行が始まったのです。

『月刊 秘伝』には、橋本目線の逸話が書かれているので、ここでは私目線で当時の様子を振り返ります。

橋本が活法の修行を始めた頃、私は群馬で開業したばかりで心が落ち着かない日々を過ごして言いました。鍼灸学校の同級生である橋本が、こんなことになっているなんて想像すらしていませんでした。正直に言うと、自分のことに必死で忘れていました。

橋本との再会はそれから3年後です。橋本が送ってきたダイレクトメールに入ったのは、明快なメッセージ。その時の現物がコレです。


T3Labo_腰痛で失敗しないための7つの方法


鍼灸師としては、誰でも腰痛治療を失敗したくありません。ここで言うところの「失敗」は「良くならない」という意味です。来院した時と全く同じ状態で会計をする時ほど、情けない気持ちになることはありません。腰痛で来院されたなら、完全でないにしても明らかに良い状態で帰って頂きたいのです。

情けない気持ちを味わっていた私にとって、この強気のメッセージが心にグサッと刺さりました。でも、客観的に見てこういうダイレクトメールは怪しいです。同級生が怪しいことを始めたと、最初はそう思いました。でも、怪しいと思うものほど見たくなるのも人間。私もそんな人間、ということで、体験会に申し込んでしまったのです。群馬から東京に、興味本位だけで足を運んだのです。どうかしていたのです。

そして、どうかしたまま、今になってしまいました。気が付けば『月刊 秘伝』で特集して頂くまでに、碓井流活法の噂が広まっていました。失礼承知で書きますが、私たちの師匠である碓井先生は業界でも無名です。特に鍼灸師に間では「誰?」という人物です。にも関わらず、腕はピカイチ。私も学生時代からそれなりに整体やカイロの名人と言われる人を見てきましたが、碓井先生は特別でした。


DSCF9177_400
『月刊 秘伝 2015年5月号』


「隠れた名人って本当にいるんだな」と思ったのを覚えています。「それだけに腕があるのに…(無名)」と思わせてしまう、師匠の人間性にも惚れました。というこで、私も碓井流活法の門下に。碓井先生から直接学ぶために、東京に通ったのです。

1年半ほどの月日が過ぎ、橋本の企画である活法セミナー、T3Labo(ティースリーラボ)が一段落しました。この間に200を越える手技の手ほどきを受けました。それからは、T3Laboが名を変えた活法研究会が私の学びの場になっていきました。2009年の話です。


■活法は誰から学ぶべきか

それから、7年が経とうとしています。活法研究会で学ぶ鍼灸師がどんどん増え、併設している活法整体塾では、柔道整復師や整体師が学んでいます。

「活法」という言葉も私が活法と出合った頃と比べると、耳にする機会が増えました。活法のセミナーを行う団体も増えてきました。活法が認められたきたという証であると同時に、活法研究会からしてみると「ライバルが出てきたぁ〜」とうかうかしていられない気分です。

活法の価値は、既に多くの方が臨床で示す通りです。怪しいと言われやすい活法ですが、それを自虐ネタにできない時代に突入しています。「活法を学ぶ価値はあるのか?」という時代から、既に「誰から学ぶべきか?」という時代に突入していると思います。


■活法の映像化

活法研究会は、日本最大の活法コミュニティを持っています。文字通り研究会です。師匠の技術を名人芸として讃えるのではなく、活法の術理を紐解き、誰もが理解でき、誰もが名人芸に達することができるカリキュラムを理想としています。理想で終わらせないために、日々その方法論を模索しているのが活法研究会です。

その成果がこのDVDです。『月刊 秘伝』の出版社であるBABジャパンさんと協力し、「活法とは何か」がわかるDVDを制作しました。今月の27日に発売予定です。全国の書店で販売されます。「秘伝ウェブショップ」でも送料無料で購入できます。アマゾンでは予約販売も始まっています。


『月刊 秘伝 2016年2月号』の裏表紙
『月刊 秘伝 2016年2月号』の裏表紙


DVDの紹介動画です。
シブイのが師匠。技を説明しているが橋本、技を受けているのが私です。




■スタッフ募集(鍼灸師1〜2名)

活法に興味のある鍼灸師の方は、私たちの会社で働いてみませんか。はりきゅうルーム カポス(東京都港区/品川駅)でスタッフを募集しています。鍼専門の鍼灸院ですが、技術の本質と体の使い方を学ぶために活法も練習しています。≫募集要項

【投票ボタン】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 19:39│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活法 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本