2016年01月22日

求人中だから考えておきたいこと(1)「孤独について」

一緒に働いてくれる鍼灸師を募集中(東京の求人情報)』のつづき

社員を求人中の今だから、これから何回かに分けて、これから作ろうとしている組織について書こうと思います。組織を構成するには人ですから、人とはどういう存在なのか、というところから始めたいと思います。回りくどいようですが、組織の中に入ったら必ず考えることになる問題だと思うので逃げずに書いていこうと思います。

鍼灸師募集(東京都港区/品川駅)≫募集要項


■人は孤独に弱い生き物

孤独を感じたことはありませんか?

誰もが持っている孤独感は私の中にもあり、仲間と同じ目標に向かって走るのは、そういう孤独感から逃げるためだと思います。患者さんを見ていても、孤独と戦っているのが分かります。症状がツライというのが表面的な苦しみであり、深層には孤独という苦しみがあるのだと思います。

人は孤独を感じると、誰でも弱くなるのだと思います。

孤独

私は誰かと話している時間がとても大好きです。夜中にPCでカタカタしている時間も多いのですが、それ以上に人と接している時間が多いです。朝9時頃から昼の休憩を挟んで夜は8時半頃まで、ずっと誰かと一緒です。それは患者さんのことです。仕事が終わってから家族とわずかな時間を過ごし、夜中にPCの前でカタカタしたり…。

休診日も社内研修やセミナー講師なので、一人になる時間は本当に少ないです。1日を振り返って、今日もずっと話していたなぁ、と思う日ばかりです。これは自分が選んだ生き方ですから、本質的な背景には、一人でいる時間が得意ではないのだろうと思います。やはり孤独が苦手なんです。

かといって、誰かと一緒に居れば孤独が解消されるというわけではないと思うのです。誰と一緒に居るかがとても大切です。大勢に囲まれていても、彼らと心が通じていなければ孤独です。むしろ、通じていない人が近くにたくさんいるほど孤独を感じるものです。まさに私がそうです。人が少ない群馬に居るより、東京の街を一人で歩いている時に孤独感を感じることが多いです。

孤独になるかならないかは、「つながっている感」で決まると思います。人は常にその孤独を埋め合わせようと行動する生き物かもしれません。誰かの孤独、そして自分の孤独、それを埋め合わせようと思う時、その主役は心です。

「ロボットと人間の違いは、心があるかないか」みたいな話ってよく聞きますよね。その心って合理的なものではありません。だから、人間は合理的な行動をするとは限りません。スマホのゲームに夢中になって気が付いたら朝、なんていうのは合理的な行動ではないのに、やってしまいがちな行動です。

心を持つ人間は、合理的な存在でも、合理を求める存在でもないと思うのです。

仲間


■非合理なものに惹かれるのが人間

趣味なんてものは非合理の塊。妻は、私の趣味であるスキーやクルマのことには無関心です。スキーに誘っても積極的に滑ることはしないし、クルマは乗れれば何でもいいと言います。でも、妻は自分の好きなバレエやミュージカルを見に行くことには熱心です。その理由は「感動するから」です。

私もスキーやクルマで感動しているんですけどね。要するに、自分が好きなものに理由も合理性もないのです。「好きだから好き」、趣味も男女の仲もそれだけだと思います。

もし、理由なんてものがあったら、自分だけに通用するものを創作しているに過ぎないと思います。だから、趣味の必要性を論じるのはナンセンスですよね。

結局、人は非合理的なものが大好きです。料理なんてその代表例だと思います。胃袋に入ったら一緒、なんて理屈は通用しません。栄養だけを価値にしないからこそ人間なんだと思います。



■合理的な趣味がない理由

同じ趣味を持つ人が集まった場所であれば、非合理的な行動を共にすることができます。これがビジネス集団となると合理的な考えを優先して行動しなければなりません。利益を追求しなければならないからです。

ビジネスでは合理的に動かなければ利益が出ずに倒産してしまいます。最初は趣味で始めた仕事が、仕事にした途端にストレスになる、なんて話がありますよね。それは、非合理と合理が衝突するのだから当然です。


工場


私は、人から「好きなことを仕事にできていいね」と言われることが多いです。15歳で鍼治療を受け、その衝撃で鍼灸師を目指した私は、親が必死に止めるのを振り切って鍼灸師になりました(途中から応援してくれた)。両親が止めたのは当然と言えば当然です。合理的に考える親からみたら、食べていける確率が低い鍼灸師を選ぶのはNGです。

それでも、私は強引に突き進みました(非合理的な行動)。食べていけるかどうかなんて関係なかったのです。そういう冷静な判断を失うほど鍼灸師になりたい気持ちが強かったのです。実際になってみたら、言われた通り、厳しい現実にぶち当たりました。やりたいと強く思えば思うほど、非合理な思考に落ちていきます。

周りからみれば現実逃避です。食べていけない私を見て、「マッサージをしたらいいのに」とアドバイスした人が何人もいました。私も“食べて行くには”マッサージをすることが合理的な方法であることは分かっていました。でも、私はマッサージではなく鍼灸がしたかったのです。こう言っている時点で、周りからは合理性の欠片もないわけです。

鍼灸師になろうした動機が「儲かりそう」という合理的な理由ではないので、合理的な思考ができるはずがないのです。好きなことを仕事にするというのは難しいことです。

だからと言って、後戻りはできません。

つづく…『(2)好きな仕事について


■鍼灸師が食べていくために必要な技術と作法

・活法1日体験会<上半身編>(2/21) 定員15名(先着順)
・活法1日体験会<下半身編>(2/28) 定員15名(先着順)

 柔整師・整体師の方はこちら≫活法整体塾(1日体験会)


【投票ボタン】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 01:48│Comments(7)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸師求人 | 鍼灸院経営

この記事へのコメント

1. Posted by 銀次   2016年01月24日 02:02
クリ助さん、お久しぶりです。
人はとても孤独な生き物ですが、だからこそ人の優しさに気付けるものだとも思います。
『住んでる距離より『心』の距離』
個人的にはそう思いますし、だからこそ組織を作る難しさってあると思っています。
患者さんでも心の距離が近い方は会話しているだけで嬉しくなりますし、そうじゃない方は少しでも距離が近づけばと思う今日この頃。
既に開業されて成功を収めているのに業界的に開業とかを含めた離職率が高い中でカポスを立ち上げ求人を出す勇気、もしクリ助さんの立場だったら守りに入っていると思いながらこの文章を書いています。
碓井先生のDVD、先日偶然発見したので予約しました。
数年後、活法はもっとメジャーになるでしょうね。
これから先、柔整の保険関連の事を考えたら鍼灸師よりも柔整師や整体師の方に強い需要があるように思います。
2. Posted by クリ助   2016年01月27日 12:43
>銀次さん

お久しぶりですっ!
おっしゃる通り、求人には勇気がいりますね。組織を作ることって本当に難しいと思います。実際の距離が離れているからなおさら。やりがいがあります。

DVDの予約ありがとうございます。確かに、柔整師や整体師のニーズが高まりそうですね。
本日は発売日ですが、既に在庫切れのようです。事前に予約ありがとうございました!
3. Posted by 銀次   2016年01月27日 22:02
数年先、クリ助さんも住吉鍼灸院グループを展開する栗山先生のように東京でカポスの姉妹店を何店舗も展開されるのかも知れませんがスタッフの定着率って永遠のテーマですよね。
沢山の店舗を展開している職場で働いていた時に思いました。
常にどこかの店舗で人が足りなくて使い勝手の良いスタッフを使い過ぎては離職され…と言うサイクルがありました。
本当、予約できて良かったです。
碓井先生のDVDが発売されると知った時に売り切れる事も可能性として考えていましたし、もしかしたら今後プレミアが付いてしまう可能性まで考えていました。
僕は九星気学とか奇門遁甲とか風水とかの本も結構読むのですが、本当に良い物は簡単に絶版になったりプレミアが付くので、それに近い感覚がありました。
ゲームで言えば気持ちはドラクエ最新作の発売日的な(笑)
いつの間にか古武術鍼法が整動鍼になっていたり久しぶりに見たブログに時の流れを感じました。
今は柔整師は保険の事もそうですし鍼灸師も美容鍼ができる鍼灸師だとか求人にも変化が見られるので、数年後には活法整体ができる治療家なんて求人も出てくるかも知れませんね。
このブログを見て思ったのですが活法整体に対する鍼技法は整動鍼ですが、灸技法って開発中なのでしょうか?
寒い地域に住む人だと体幹が冷え過ぎてて、お灸の熱さを感じない人も居るので、その辺も考えてしまいました。
4. Posted by クリ助   2016年01月28日 00:20
>銀次さん

カポスは、現時点での計画では品川で3院です。私一人の力でできることではないので、スタッフと力を合わせて作っていきたいと思っています。患者さんの利便性と並行してスタッフ自身が働きやすい職場を構築するという目的があります。住吉鍼灸院グループの勢いはすごいですよね。あのエネルギーと組織力には見習うところが多いです。私は自分の役割の中で何ができるか考えて進んでいいたいと思います。

正直、DVDがこれほど売れるとは思っていませんでした。売れてもらわなければ出版社も困りますから、これでとりあえずは安心です(^o^)

スパッと動きを変えるという意味で、ツボへの刺激は鍼がベースですが、同じツボに灸を使っても効果が得られるものがあります。灸を優先して使うものもあります。ですので、整動鍼灸としても良いのですが、鍼メインなので、「整動鍼」で切ってしまいました。整動鍼でも冷えの治療ができます。お灸を使わずに。


5. Posted by 銀次   2016年01月28日 02:51
今の勢いで行けば3店舗じゃ患者さんが多過ぎて予約しても3ヶ月待ちとかありそうですね。
クリ助さんの経営能力にも脱帽ですが、活法整体にはそれだけ絶大なチカラが…。
世の中、知ってるか知らないかで紙一重なのに雲泥の差が生まれてしまいますもんね(汗)
整動鍼でも冷えの治療ができるとかレベルが違いますね。
本当に体が冷えている方は多いので、整動鍼もDVDとして発売していただきたいです。
内緒の話ですが今回のDVDは僕の宝物です。
碓井先生の活法整体、全身で何手あるかわかりませんが今回のヒットを受けて第2弾、第3弾とシリーズ化されて行く事を願っています。
DVDを見て活法整体を知り、セミナーに参加する先生方もこれから先増えるでしょうし。
6. Posted by クリ助   2016年02月01日 02:02
>銀次さん

私のことを買い被りですよ〜。現場のスタッフの力が本当にスゴイんです。いくら整動鍼に力があっても、使いこなす人がいなければダメですし。人が育つには時間がかかりますから、じっくりと時間をかけて目標に向かっていこうと思います。

DVDの応援ありがとうございます。第2弾も出したいです。そういう話はあるのですが、第1弾を売り出したばかりなので、具体的に動くのはもう少し先になりそうです。
7. Posted by 銀次   2016年02月01日 06:23
正直、僕はお世辞を言えるような人間では無いのでクリ助さんを買い被っているわけではありませんよ(笑)
今まで治療家としての能力はあっても人間性が…みたいな人、沢山見て来ましたし活法整体と言う圧倒的な技術をマスターしたとしても人によっては天狗になり傲慢な考え方で突き進むパターンも普通にあると思っている中でのクリ助さんの変わらないスタンス。
治療家である前に経営者である前に1人の人間として尊敬されるようにならないといけないんだなと思ったのは内緒の話ですが、環境が変わって行く中でずっと自然体のままで居る事って本当に難しい事だと思います。
人が育つのに時間がかかるのはどんな仕事でも同じですが治療院によっては育つまで待てないところもあるので、どんな場所で働くかって本当に重要ですよね。
DVD、第2弾の話があるんですか?
良かったです(^-^)
楽しみにしてます。
次も予約しないと(汗)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本