2016年01月28日

求人中だから考えておきたいこと(5)「チームワークについて」

鍼灸師募集(東京都港区/品川駅)≫カポスの募集要項
鍼灸専門の鍼灸院で働きたい鍼灸師を1〜2名募集中です。
----------------------------------------------------------------


(4)自分の限界について』のつづき

■チームの意味

カポスは、技術屋である私が一人の限界を感じて作った鍼灸院です。だからチームワークをとても重視しています。「こんなことは一人の鍼灸院だったら無理だよね」と思われる仕事がしたいのです。一人の鍼灸院では絶対にできない価値を提供することができます。

一人ではできない仕事


私が感じている限界を突破するのがカポスの目的です。ここ2年でスタッフが3人になり、既に養気院が真似できない領域に入りかけています。4人になったら、完全に養気院の上です。「羨ましいなぁ」と思います。嫉妬が既に始まっています。

カポスはチームです。だから、現場のスタッフが「これなら一人でもできる」と思ったらカポスがある理由が消えてしまいます。カポスを経営している意味もなくなります。スタッフ一人一人が「カポスがあってよかった」と思える条件と環境を整えることがカポスにおける私の仕事です。

チームワークとは何なのでしょうか。

私の答えは「誰かが苦手なことを自分が補い、自分が苦手なことを誰かに補ってもらうという関係で働くこと」です。みんなが同じスキルを身につけ、同じ行動を取ることではありません。同じ方向を見ているけれど、みんな少しずつ違う動きをしている、という状態です。

仲間の動きや能力を察知するには、仲間に関心がなければなりません。自分のことにしか興味がないという者は、誰かを助けることも誰かに助けてもらうこともできません。活法は「活かす法」です。他人の力を活かすのも活法です。自分磨きをしている者が互いに活かし合ったらすごいことになると思いませんか。だから、鍼灸の技能と同じくらい、チームワークを重視することにしています。


■開業という非効率な仕事

独立も開業もゴールではなくスタートです。自動車が発進の時に大きな力を必要とするように開業時には大きなパワーが必要です。技能や頭脳も必要ですが、勇気も体力も必要です。時には図々しさも必要です。

当たり前ですが、鍼灸院の開業は「鍼灸師+経営者」になることです。どんなに小さな鍼灸院だって生き残るルールは大企業と同じです。経営の基本を身につけなければ、鍼灸施術は買ってもらえません。買ってもらうためには、パッケージが必要です。裸の鍼灸は誰も買ってはくれません。


パンダの買い物


鍼灸師は独立するのが当たり前という風潮があります。これだと、起業の才能がなければ、鍼灸の才能が活かせないことになってしまいます。鍼灸をする環境を手にするために、起業という大きなリスクを背負うことになります。背負った経験があるので、この重みをよく知っています。今も背負いつつづけている状態です。

安定した収入が得られ、“想い”と“環境”と“経験”が共有できる場があるならば、リスクを冒してまで開業する必要なんてないと思うのです。鍼灸院を職場として見る時は「自分が学生だったらどんな鍼灸院に就職したいだろうか…」と問いかけています。

「カポスをどんな鍼灸院に育てたいか?」と聞かれたら、必ずこう答えます。

「自分が学生だとしたら、もっとも働きたい鍼灸院」
「開業している今なら、もっとも競合したくない鍼灸院」

<シリーズ完> 

次シリーズにつづく…『東京で鍼灸師を求人している理由


■ご案内「鍼灸師が食べていくために必要な技術と作法」

・整体入門<骨盤編>(2/14-15) 定員15名(先着順)
・活法1日体験会<上半身編>(2/21) 定員15名(先着順)
・活法1日体験会<下半身編>(2/28) 定員15名(先着順)

 柔整師・整体師の方はこちら≫活法整体塾(1日体験会)


【投票ボタン】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 01:17│Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸師求人 | 鍼灸院経営

この記事へのコメント

1. Posted by 銀次   2016年01月28日 02:35
書いてある事はシビアですが、パンダがそれを柔らかくしてますね(笑)
カポスは最も競合したくない鍼灸院、確かにそうですね。
その技術、それはまるで魔法ですから。
突出した治療効果はヤンキースに居る田中将大投手に似ているように思います。
2013年に楽天イーグルスにてシーズン24勝0敗と言うこれから先100年出て来ないかも知れないくらい圧倒的な結果を出した田中マー君が抜けたあとの楽天は2年連続最下位。
活法整体も覚えれば最強ですが、敵に回したり使えないとその差に愕然としてしまいます。
以前、新卒から育ててくれた治療院の目と鼻の先に開業した恩知らずな治療家が居たのですが本当に人を採用するって難しいなぁ…って思ってしまいました。
もうカポスはクリ助さんが嫉妬(笑)してしまうレベルにまで到達しちゃってるんですか?
それならカポスがある程度落ち着いたら養気院でもスタッフを募集してみてはいかがでしょうか?
数年先になると思いますが活法整体を学び、クリ助さんの技術を見たい先生方は沢山居ると思いますよ(^-^)
2. Posted by クリ助   2016年02月01日 19:23
>銀次さん

私が初めて活法(碓井先生の技)を目の当たりにしたとき、まさに田中将大投手です。言葉が出ないくらい圧倒されました。この人とこの技は敵に回したくないと本能が働きました。

群馬の養気院は、今後もスタッフを募集する予定はありません。その理由は、次の記事に書きますね。
3. Posted by 銀次   2016年02月02日 05:25
やっぱりクリ助さんも同じ思いだったんですか。
凄いですよね活法整体。
何故に今まで知られてなかったのか不思議なくらいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本