2016年02月24日

技術より大切なものに出会うために

ありがとうございます。

先日、誕生日を迎え40代の仲間入りしました。SNSを通じてたくさんの方からメッセージを頂きました。この場をお借りしてお礼を言いたいと思います。温かいお言葉に励まされ、気力が沸いてきました。私の鍼灸師人生の半分程度を活法が占めています。

DSCF9525_400



■7年間の成長

活法の世界に魅了され、橋本と共に活法研究会を立ち上げたのが2009年ですから、それから7年です。

7年も経つと人は成長します。自分は成長したかもしれませんが、周りだって成長しています。時間は残酷です。いつまでも同じポジションを許してはくれません。講師としては技術を教える関係からスタートしても、その関係がずっと続くわけではありません。自分の成長を止めた瞬間、最初の関係ではないのです。

講師は、特定範囲において、ちょっとだけ優位な立場にあるだけです。何もかも優れているなんてことはありません。むしろ逆で、自分の得意分野から一歩外に出たら、自分の知っていること以外は全て知らないのですから、こちらが学ぶ側です。活法研究会の運営や講師にやりがいを感じてきたのは、良質な学びの場が得られるからでした。

自分の向上心をひけらかすつもりはありません。向上心なしにこの世界で生き伸びる余裕がないだけです。成長している周りを見ると不安になります。周りに置いて行かれるのが怖いのです。

この7年間、学びのネタに困ることはありませんでした。自分にないものを持っている人を羨ましく思いながら、少しでも近づきたいと思って取り組んできました。

技術屋として、技術習得に取り組むことはプライドを保ち続けるために必要です。技術の上手下手は確かにあると思います。

でも、本当に難しいのは、カリキュラムにしようがない技術以外のところです。学べるかどうかは自分次第です。技術より大切なものがあると思うのです。


■嫉妬したくなる才能と魅力

「他人の長所を認めて良いところを真似る」というのは、簡単なようでいて難しいことだと思います。自分の弱さ、低さ、狭さは、できれば認めたくありませんから。どうでもいいプライドまで動き出してしまうからです。プライドというものは不便なものです。必要なプライドと不必要なプライドは、分けられそうで分けられません。

「悔しい」と思った時、そう思わせているのはプライドだと思うのですが、「自分にできないはずがない」と思う気持ち、「あんなヤツに負けたくない」と思う気持ち、どっちがエネルギーがパワフルで健全なのかよくわかりません。

何にせよ、時が経てば経つほど、自分を高めなければその場に居られないという状況に追い込まれていくのです。最初にあった特定範囲のアドバンテージすら危うくなります。7年もやっているので、嫉妬するような才能に数えきらないほど出会ってきました。

 ・体や手を器用に使える人
 ・話が面白い人、話が上手な人
 ・素直な人
 ・真っ直ぐな人
 ・先読みしながら動ける人
 ・頭脳明晰な人
 ・何でも知っている人
 ・品のある人
 ・声がいい人
 ・かっこいい人
 ・きれいな人、かわいい人
 ・なんかいいなと思う人
 ・一緒に居て心地よい人
 ・向上心の塊のような人
 ・野心が旺盛な人
 ・経営力、経済力のある人
 ・文章が上手い人
 ・真似の出来ない技を持つ人

本人が意識しているとは限りませんが、みなさん独自の魅力を放っています。勉強会という場を通じて、生き方や成功の形は十人十色だと教わっています。私も、自分にしかない色を探さなければなりませんし、そこを期待されていると思うので、毎回気が抜けません。


■謙虚に、攻める!

鍼灸師に限らず、仕事というものは「誰かが必要とするコトやモノ」を提供することですが、理屈では説明できない因子がたくさんあると思うのです。だから、技術より大切なものを探すために技術を追究しているのかもしれません。それが何であるかを知るためには、鍼灸師としてではなく一人の人間として仕事に向き合わなければならないと感じています。

仕事も生き方も、何が正解になるのかわかりません。だから、今信じていることを貫き通すしかありません。正しいかどうかは、きっと後で周りが教えてくれるでしょう。謙虚に攻める生き方をしようと思います。


■スタッフ募集に関する記事(2016年)

鍼灸師募集1〜2名(勤務地:東京都港区/品川駅から徒歩3分)
・東京で鍼灸師を求人している理由(1)「ブランドづくり
・求人中だから考えておきたいこと(1)「孤独について


■鍼灸師と整体師のためのセミナー案内

・活法1日体験会<下半身編>(2/28) 定員15名(先着順)
・整体入門<腰痛編>(4/10-11) 定員15名(先着順)
・整動鍼<脊柱編> A日程(4/17-18) B日程(5/8-9)

 柔整師・整体師の方はこちら≫活法整体塾(1日体験会)


【投票ボタン】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 02:22│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事日記 | ひとりごと

この記事へのコメント

1. Posted by takahashi   2016年02月29日 13:28
昨日はお世話になりました。
コメント欄で失礼いたします。


当日はもちろん、セミナー後のフォローまであり充実していてびっくり&本当に参加させていただいてよかったな〜と思っています。

何がこんなに楽しくてこんなに満足させてもらったのかな・・と考えてみたのですが、技術のことはもちろんなのですが、その場と場をつくっている講師の方々!が大きいな〜と。活法の3手をどうにか自分でできるようにしてほしい、という熱意とコツの紹介、何度も何度も見てくれ直すところを考えてくれ、最初はまったくできなかったのに自信がもてるようにまでなりました。楽しくて、身近な人にまずやってみたいです。

講師!先生!カリスマ!という雰囲気を見事に消し去り丁寧に教えてくださってたな〜と(なんか上手に表現できていないですが、伝わりますでしょうか?)、考えていたところにブログを拝見したら、まさにそれに通ずる内容が!

私は小さな治療院で細々としているような状態ですが、それでも【先生】と呼ばれることがよくあります。それに奢ることなく、でも呼ばれても恥ずかしくないよう努力していこうと思っています。

またお会いできるのを楽しみにしてます。
よろしくお願いいたします。

高橋
2. Posted by クリ助   2016年02月29日 19:05
>高橋さん

昨日は、ご参加ありがとうございました。このコメント欄で全然問題ありませよ〜。
セミナーのアンケートに追加して感想を頂けるのは嬉しいです。

「伝えたくて仕方ない!」という空気が伝わって良かったです(笑)
初めて活法に出会った時の感動が一番大事だと思うので、何年経ってもその頃のことを忘れないように気を付けています。長い鍼灸師人生で考えれば、ちょっとだけ先に活法を知っただけですからね。謙虚に。でも、好きだという気持ちは大胆に♪

次にお目にかかれる日を楽しみにしています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本